美への執着と憧れを描く『ネオン・デーモン』N・W・レフン監督インタビュー

2017.01.12
インタビュー

Filmarks編集部

フィルマーくま

neondemon_int1

ライアン・ゴズリング主演の『ドライヴ』で一躍注目された、デンマークの俊英ニコラス・ウィンディング・レフン監督。その独特のセンス溢れる映像で、世界的に注目を浴びる同監督の最新作『ネオン・デーモン』がついに公開となります。

カンヌを湧かせた『ドライヴ』以来の再びロサンゼルスを舞台にした本作ではレフン監督がこれまで描いてきた男の世界ではなく、美を追求する女性たちの欲望うずまくファッション業界を描いています。主演に『マレフィセント』のエル・ファニングを迎え、女性たちの美への執着、憧れをレフン監督ならではといえる美意識で撮りあげた注目の一作です。

そのレフン監督に本作の見どころについて語ってもらいました。

Neon_Demon4

美へ執着する”恐怖”を描きたかった

—今回の映画は「美」が重要な要素になっています。監督がこの美というものを撮りたいと思った理由は何でしょうか。

ニコラス・ウィンディング・レフン監督(以下レフン):人間にとって、美への執着というものは、とても巨大なものであると思いますが、現代は美の寿命がどんどん短くなっているように思います。若ければ若いほどいいという、若さに美しさを求める傾向が強くなっているように感じています。このままいけば、美というものが存在し続けるためには、蛇のウロボロスの輪のように、己を食い尽くすしかなくなってしまうのではないか、そしてそれは映画として、非常に面白いテーマじゃないかと思ったんです。

—監督は美というものを、どういうものだと捉えているのでしょうか。

レフン:世の中には美しい人と、美しくない人がいる、これはすごくバツが悪いというか、残酷な考え方です。僕も2人の娘の父親として子供たちに、この現実の社会の中で美が持つ力を本当は認識させたくないですが、美によって階級が生まれ、美しさによって損得が生まれてしまうというのは事実としてありますよね。

僕は、美しさは不完全にあると思いますが、完璧な美しさを求める執着や欲望というものは理解できますし、美はそういった感情も含めた複雑なものであるとも思います

neondemon_int3

美は社会の中で、いろんな問題の火種になりうるものですが、だからといって美しさにこだわるのは浅はかだ、と言うだけなら簡単です。実際に美しいものを求める心が人にあるのは確かだし、どんなに健全な思考の人間でも、虚栄心や美しさに対する欲望は持っていると思います。現代ではSNSなどを通じて、そうした欲望が力を増しているようにも思えますね。

neondemon2

カメラが恋するエル・ファニングという女優

—エル・ファニングを美しく撮るために、撮影面で何かこだわられたことはありますか。

レフン:それが特にないんです。どのアングルから撮っても素晴らしく、本当に撮ることが快感になるような女優でした。

彼女は生まれつき女優として素晴らしいものを持っていて、カメラが恋をするという言い方があるんですが、まさに自然にカメラが彼女に向かってしまうような、そんな魅力を彼女は持っています。それは彼女の内なる美しさからくるものだろうと思いますね。

完璧な骨格を持っている人でも、魅力を感じるかというとそうでもない場合もあります。美の本質は、内面にあるのだと思いますが、エルの場合は内も外も備わっています。肌も雪のように美しく、シルクのような肌ですし、もしかしてエイリアンかもしれませんね(笑) 

Neon_Demon5

—監督の過去の作品は、たとえば『ドライヴ』など男性同士のぶつかり合いを描いた作品が多く、必然的に男性キャストを演出することが多かったと思うんですが、今回は女性キャストが中心ですね。女性キャストを上手くのせるコツ、上手く演出するコツで何か掴んだことがあったら教えてください。

レフン:女性か男性かは関係なく、必要なことは個々の役者によって違います。その日のムードでシンプルに演じてもらったり、少し変えてみたりしています。

ナルシシズムを祝福する映画

—エル・ファニングがとても透明感があって、美しかったんですが、ジェシーという役を演じるにあたって彼女に対してどういったものを求めたのでしょうか。

レフン:何か要求したというよりも、むしろこういう映画を作りたいんだよね、と映画の話をしていたら、彼女も一緒にやりたいと言ってくれたんです。

年齢的には僕は彼女の父親でもおかしくないくらいですが、それぞれ理由は違えども、お互いに美というものへの執着に対して興味を持っていました。

この映画は美に対する執着を含めて、それらを祝福する映画でもあるんです。言い換えれば、ナルシシズムを奨励する作品なのですが、そういうところに2人とも興味を持っていました。今回、いくつかのシーンで鏡を使った演出を試みていますが、鏡は、この映画の中ではナルシシズムを祝福するものです。ナルシシズムというものは、すなわち自分自身に恋に落ちるということですから。鏡に写った自分自身にね。

—冒頭からすごく死の匂いを感じ、死と美が隣り合わせであるかのような印象を受けました。

レフン:死と美というものはドラマの中の対局にあるものだからです。感情をそれぞれ別方向に極端にした先にあるものが美と死です。僕が作り手として過激なものを好むせいか、極端なものがあればあるほどワクワクするんです。

neondemon1

本作『ネオン・デーモン』は、1月13日(金)よりTOHOシネマズ 六本木ヒルズ他全国順次公開。

■参考記事:【試写会速報】美しさの真理を追究した衝撃作『ネオン・デーモン』の魅惑の虜にされる人続出!

neondemon_p

公式HP:http://gaga.ne.jp/neondemon/​

(C)2016,Space Rocket,Gaumont,Wild Bunch

(取材・文:杉本穂高、撮影:柏木雄介)

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • Emily
    5.0
    究極の美の追求。 「真の美しさはガラスのなかのダイヤ」 なるほど〜 グロオシャレ。エルファニングは妖精みたいに可愛い。美への執着を描いた映画大好き。
  • ぴーわた
    3.4
    なかなか狂気に満ちた話。 まぁまぁグロいラストシーンでは結構きます。 全体的に映像の撮り方や、BGMが好みでした! グロ耐性のない人や、エルファニングー、キアヌがでてるーみたいな感じで見た人にはきついんじゃないでしょうか!笑 とにかくエルファニングがとても美しくかわいかったです。
  • habatapan
    4.0
    この映画が面白かったのか面白くなかったのか、好きなのか嫌いなのか、未だによくわからない。 けどDVD出たらもう一度観てしまうだろうな。 とりあえずサントラはあの日から毎日聴いてます
  • aneragas
    -
    途中からなんとなく予想はしていたけれど、ラストの衝撃にもはや笑うしかない。吐き気を催す気持ち悪さと臭気がそこら中に漂っているが、観終わって思い返してみると何故かニヤついてしまう。これこそレフンマジック。彼が生み出す特有の色味が視覚から、音が聴覚から脳を直接刺激して、侵食される感覚。エル・ファニングの七変化感も凄い。ショーの自己陶酔シーンは目が離せない。 この映画を一つのジャンルに括るのはあまりにも難しい。コメディ要素もあり、ホラーっぽさもあり、更にはSF的な匂いもする。監督の理想は、全てが混在するカオスの世界なのだそうで、カオス世界を創る天才かな、と思う。ホドロフスキーと仲が良いっていうのは初めて知りましたが、そう言われてみれば、似たような匂いがする。 美悪女三人組が終わりには宇宙人に見えた。
  • miosium2
    2.0
    やっと観れた。 いや、観なくてよかった。観なくてよかったという感想は、観ないと言えないから、とりあえず観てよかった。 後半に行くにつれて、スクリーンからの光と血飛沫が強すぎて、薄眼で見てました。どうしても、私は受け入れられないタイプのもの…うぅ…
  • eternal
    -
    オカルトすぎん? 笑ってしまった
  • Aya
    3.4
    私はいったい何を見せられているんだろう・・・な2時間! いや、好きか嫌いかで言ったら断然好き!! もうレフン色が炸裂してますよね。 ポスタービジュアルもオープニングも音楽もセットも衣装も役者の身体でさえレフン!て感じでした。 ラメが凄い・・・一瞬レフンて女?と思ってしまった。 エル・ファニング身長が伸びてほんとよかった! 確かに可愛いけど・・・まだ幼くてモデルっぽい顔じゃないよなーと思っていたらまあメイクや服でバケるバケる! 他の女優さん、モデル仲間の二人も顔が説得力あるというか・・・整形の人とかほんと整形してるようにしか見えない(笑) ジェナ・マローンがまた凄いですよね! 思い切った! そこに華を添える男性陣。 変態写真家、好事家のデザイナー、アコギなロリコンフォビアキアヌ・リーヴスに私が好きだったのは最初に写真を撮ってくれた彼。 可愛いじゃない! 良いじゃない! アイツにしときなさいよ! アメリカってロリコンに対してめちゃくちゃ風当たり冷たいですよね。 日本がロリコン多いだけって感じもするけど。 あの山猫?ていうか虎じゃん!どうやって追い払ったのー?! えー?! 追い払えるもんなわけー?! とかほんとえー?!って箇所がめちゃくちゃ多くてほんと楽しかったです。 田舎から出てきた天涯孤独のかわい子ちゃんエル・ファニングがモデルとして業界に慣れてゆき、先輩モデルに嫉妬されて大変なことに・・・ってちゃんとお話もあるし、ラストの展開なんかもう全然ついていけてないしそれ自体どうでもいいんだけど、見やすいと思った。
  • 結城
    3.4
    主演のエル・ファニングがとても美しい。 映像もとても綺麗で、引き込まれました。後半の展開は気持ち悪かった…
  • わに
    3.4
    登場人物たちの心情が全然理解できないっす
  • すえ
    4.0
    私この映画めちゃくちゃ好き 映像美がどんぴしゃやった 白い肌の女の子がうっすいワンピースきたり、血だらけなったり、ラメラメなったりすんねんで どんだけ美しいねんな キアヌがもったいないのと、 途中のマークが意味わからんのと、 突然のゴア表現が、びみょかったね
  • watac.
    3.9
    ファッキン映画です.
  • Theよこやま
    3.4
    ウロボロスみたかった
  • fumwater
    3.7
    「腐った牛乳より新鮮な肉」 若さと美しさへの嫉妬や羨望と、それを受けて美の自覚を増長させるエル・ファニングの退廃的な変貌に引き込まれる。 耽美主義的な作品。トランスでサイケでエログロな映像も良かった。 あんなフォトジェニックなモデル使いたい
  • YukoToriyama
    3.0
    エルファニングがカワイイ♡
  • ぐっすり
    3.6
    全力で走るモデルは心底怖いということがわかった。
  • arsenal
    4.0
    音楽が印象的。 たまらなく美しい映像美。 作り物の美には魅了されない。 ジェシーは光り輝くものを持ってる。 エルファニングは毎回私の心を鷲掴みにする…。
  • taxim
    3.5
    文学性がなく映画表現もない山猫が誘う幻想映画で楽しめました。
  • じゅんさん
    3.3
    夢の中での出来事のような現実に後から追いつく、そんな感じ。余白で魅せる映像作品、いろいろ追い込まれてる人多め、そんな感じ。
  • rkcoo
    2.0
    エルファニングの陶器のような肌と ロボットのような美しいモデル達 賑やかさが感じられないLAの街は抗菌された様だし 人の温度が排除され(フォトグラファーの男の子以外)嫉妬や野心が際立つクールかつファッショナブル!と思って観ていたが クライマックスに進むにつれ、あれなんだっけこれ?と突然「永遠に美しく」を思い出してしまい…ブラックジョークに変換されてしまった
  • yeal
    4.0
    全てのシーンがアートのような作品。 どのシーンを切り取っても、雑誌の表紙やショーウィンドウのポスターになるような映像美?カットの秀逸さが刺激的。 前衛的な映画だった
  • yaya
    3.7
    嫉妬というものは恐ろしく、最後の展開にただただ驚くしかなかった。
  • ナイルブルー
    -
    おもしろかった 男の子と二人で観たけど男の子と二人で観る映画ではなかった
  • Saka
    4.0
    記録
  • ろーくん
    4.0
    みんな美に取り憑かれてる。 全員狂ってて好き。
  • もいもい
    3.0
    目がとても疲れる、PVのような映画。 きっと彼女はお月様だったのだと思う。
  • yoshidaeriko
    3.3
    思ったよりこわかった、、
  • Shu
    3.0
    今更だけど「ネオン・デーモン」観てきた。 見逃してたけど渋谷UPLINKでやってて助かった。 田舎から出てきたばかりのモデルがカメラマンやデザイナーに見初められあれよあれよと言う間にトップに。そりゃ妬まれるわな。 色彩と映像が不気味なほど美しい。三角形をモチーフにしたりシンメトリーを多様したりしてるが今ひとつ奇をてらってる感じ。 終始PVを観てるような感じでエル・ファニングを始め女優陣全て美しく内容があまり無くても観てて飽きない美しさ。 グロいシーンがあるとは聞いてたけど思ったほどじゃなかった。 でもなんか急にそこに行くー? って感が拭えない。
  • きたむーB
    -
    2017/3/18 ルミエール秋田
  • やこ
    4.2
    信仰される美と、それと同化するための儀式映画。トランス状態になるショーやシューティングの臨場感にオカルトな演出が刺激的だった。こういう極端さ、好きよ。 時に(常に)相対的に扱われる美しさを、シンボルの力で絶対化して魅せている。正逆の三角形とそれらが結合したひし形からイメージする完全美が脳に刷り込まれる。メイクで変幻するエル・ファニングの染まってなさは、美しさのみならず、美しさにまつわる清濁のイメージが投影されるのにぴったりだった。 サラ役のアビー・リーの表情がすごく良かった。
  • mutsuha
    4.1
    色に刺された感覚
「ネオン・デーモン」
のレビュー(3767件)