映画初日満足度ランキング(1月第2週)発表!《Filmarks調べ》

2017.01.16
映画

Filmarks公式

フィルマーくま

満足度ランキング

毎週多くの映画が劇場公開されます。観たい作品はたくさんあるけれど、評判も気になるところ。

今回、国内最大級の映画レビューサービス「Filmarks(フィルマークス)」は、サービス内のデータに基づいた「2017年1月第2週上映スタート映画の初日満足度ランキング」を発表。第1位になった注目映画とは? 今週もユーザー満足度の高い映画をチェックしましょう。

映画初日満足度ランキング(1月第2週上映スタート作品)

※2017年1月16日時点での★スコア(映画鑑賞後に★の数で評価をしたスコア/5点満点)とMark!数(ユーザーが観た映画として登録した数/登録は1作品につき1人1件まで)を集計。★スコアが高い作品から順に「映画初日満足度ランキング」として算出。

■1位:『マッドマックス 怒りのデス・ロード ブラック&クロームエディションの評価・レビュー

マッドマックス 怒りのデス・ロード ブラック&クロームエディション

(C)2015 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED C2016 WARNER BROS. ENT. ALL RIGHTS RESERVED

モノクロになり情報量が減ることによって構図の素晴らしさや、人物の心情がより明確になっていて、心が激しく揺さぶられました(30代・男性)
2017年のベストムービーがもう決まってしまった。もう何回観たかわからないけど、初めて観たみたいにドキドキして、ハラハラして、ニヤニヤして、もちろん泣いてしまった(20代・男性)
私にとってマッドマックスは「泣ける映画」なので、白黒になることでよりストーリーにのめりこめてしまい、今回も泣けましたね。本当素晴らしかったです!!(30代・女性)

▼その他のレビューはこちら

■2位:『牝猫たち』の評価・レビュー

牝猫たち

(C)2016日活

初めてのロマンポルノ、勉強になりました。エロは使い方によってはやっぱり芸術だと思う。ほかで代替できない(20代・男性)
特別でもなんでもない、すぐそばにある普遍的な気持ちや想いがたっぷりと溢れている、そんな素晴らしい作品でした(20代・女性)
監督の言う女性の明日へ生きる力みたいなものが伝わりました(30代・男性)

▼その他のレビューはこちら

■3位:『ネオン・デーモン』の評価・レビュー

neondemon_p

(C)2016,Space Rocket,Gaumont,Wild Bunch

モデルがでてくるシーンはどれも雑誌の一ページを見ているようで、釘付けになってました(20代・女性)
映像と音楽に魅せられる映画でした。 後半狂気を感じました(20代・男性)
美しいミュージックビデオを観たような、アートブックが動き出したような映画(40代・男性)

▼その他のレビューはこちら

・特集記事はこちら>>

・N・W・レフン監督インタビュー記事はこちら>>

■4位:『トッド・ソロンズの子犬物語

トッド・ソロンズの子犬物語

(C)2015WHIFFLE BALLER,LLC.ALL RIGHTS RESERVED.

■5位:『本能寺ホテル

本能寺ホテル

(C)2017 フジテレビジョン 東宝 ホリプロ

■6位:『天使にショパンの歌声を

天使にショパンの歌声を

(C)2015  9294 - 9759 QUEBEC INC. (une filiale de Lyla Films Inc.)

※ ★スコアが同率の場合は、Mark!数が多い作品を上位にしています。
※ 本ランキングは★スコアが3.0以上の作品を掲載しています。
※ 本ランキングはMark!数が30件以上の作品を掲載しております。
※ 本ランキング及び記事内のデータは2017年1月16日時点のものです。

ほか話題作のレビューが無料読み放題!

Filmarks

Filmarksでは、試写会や海外で一足先に鑑賞したユーザーの賛否両論さまざまなレビュー投稿があり、過去作も含めた約7万本の映画に集まったレビューは2,000万件以上。今回の初日満足度ランキングとあわせて、今後の映画鑑賞の映画選びに役立ててみてはいかがでしょうか。

■映画レビューサービス「Filmarks(フィルマークス)」

■記事元 プレスリリース

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • りちょ
    5.0
    V8~~~!!!!
  • こうへい
    4.5
    過去鑑賞記録 カラーでもモノクロでもない、重く照り輝くメタリックを求める人への最上級の嗜好品。
  • ああああ
    5.0
    インスタグラムのフィルター(笑)みたいなグレーディングのオリジナルと比べ画面が締まって全てのショットが超絶カッコよくなってる。 たぶんオリジナル版は一生見ない。
  • Rockatansky
    4.9
    今作、ブラック・クローム・エディションにて最も輝くのは、 マックスでも フュリオサでも イモータン・ジョーでもない。 ニュークスであると私は思う。 モノクロである画に、元々顔が白いニュークスは変化が見られないのではないかと思っていたが、それは間違いであった。 ジョーに命を捧げるべく、口元を銀色に染め、目が合ったと興奮するその姿は、カラー版以上にカオスっぷりを見せてくれる。 確かに、このバージョンにおいては夜の砂漠のシーンや、砂嵐のシーンはそこまで威力を発揮しない。ただ、ニュークスをはじめとするウォーボーイズ達はこのバージョンの方が圧倒的に映えていた。 ニコラス・ホルト、すごい。とんでもない俳優なんだ。今更ながら気付かされた... 総合的に見ればカラー版のほうが勝るとは思う。なのでマイナス0.1点。 しかし、これだけの映像技術がある現代においてあえてモノクロ版を世に売り出すことは挑戦であるとも思う。ジョージ・ミラーの単なる遊び心にはすぎず、モノクロであろうと、モノクロだからこそ伝わる映像の良さもあると再認識させてくれた。 これを観るとまたカラー版を観たくなる。
  • MONDAYTHEATER
    4.0
    う〜ん。非常に長く感じましたね。 カラー版を知ってるから余計そう思うのかもしれませんね。 ストーリーがどうのこうのというより映像の美しさを楽しむための映画なのにモノクロによって情報が制限されていて若干のイラつきも感じました。カラー版は5.0を間違いなくあげてるのですが、これはそうはいきません。 時は近未来の砂漠地帯。主人公のマックス(トム ハーデイ)は過去にとらわれたアウトローでしたが、ウオーボーイズとやらに捕まり城内に立たされます。もう一人の主人公フュリオサ(シャーリース セロン)はある男に刃向かいガソリンを積んでトラックでマックスらを載せて逃げるのですが・・・ 主演のシャーリース セロンは今作のフュリオサが有名になりましたね。ものすごくかっこいい女性ヒロインを作り上げました。トム ハーデイ演じるマックスは1979年のオリジナル版マックスことメル ギブソンをタイムリーにアップグレードした感じです。 監督はオリジナル版「マッドマックス」3作や「ベイブ」「ハッピーフィート」のジョージ ミラー。彼のビジョンがなければ、この作品はありません。撮影監督には「イングリッシュ ペーシェント」「ジョン フック/目撃者」「リプリー」のジョン シール。音楽を手がけたのは 「デッドプール」等で知られるジャンキー XLです。 好きなシーンは砂嵐のシーンやモンスタートラックが出てくるシーンさらには夜のシーンも好きです。カラーとモノクロでは迫力が違いますね。いかにカラー慣れしてしまったかという点ですね。反省しなければなりません。 いずれにせよ、2015年の最高傑作をこのような形で見れて良かったです。
「マッドマックス 怒りのデス・ロード ブラック&クロームエディション」
のレビュー(2197件)