【プレゼントあり】フランスのリアル金八先生に感動! 問題児たちの奇跡の物語がDVDに

2017.02.02
特集

Filmarks公式

フィルマーくま

カンヌ国際映画祭への正式出品やELLEシネマ大賞ノミネートなど数々の映画祭で話題となり、公開後、Filmarksでは★3.8と高い評価を得ているのが『奇跡の教室 受け継ぐ者たちへ』。観れば心を打たれること必至の感動作が2/8、DVDになってリリースされます!

kiseki_kyo1

“人は変われる”と希望がわいてくるストーリー

パリ郊外にある高校。落ちこぼれクラスの担任になった歴史教師のアンヌ・ゲゲンは、生徒たちに学ぶ楽しさを教えるため全国歴史コンクールへの参加を促すが、「アウシュヴィッツ」という難しいテーマに生徒たちは反発。しかし、強制収容所の生存者の話を聞いてから変わっていき……。

人種や宗教などフランスにある問題点を浮き彫りにしながら、まるで金八先生のように生徒に寄り添うアンヌ先生の授業から人は変われることを気付かされます。観れば希望がわいてくる映画です。

kiseki_kyo2

■どんなに落ちこぼれでも、人との出会いでこんなにも変われるんだと思い出すだけで泣ける。(nutsさん)
■時に優しく見守り、時に叱咤激励し生徒たちを信じる先生が素晴らしい(tohkoさん)
■多種多様な人種・宗教を乗り越えて深めていく絆が心地良く心を静かに揺さぶられる良作。(mokomokoさん)

実話&ドキュメンタリーのような描写に心が震える!

問題児たちが全国歴史コンクールに入賞するまでのサクセスストーリーを描いた本作は、なんと実話! また強制収容所の生存者レオン・ズィゲルが登場するシーンは役者ではなく本人が体験談を語っています。このように時折入るドキュメンタリーのような描写と生徒たちの成長がリンクして、さらに感動する物語になっています。

kiseki_kyo3

■最後、じーんときました。色々考えさせられましたし、これが実話なのだからすごい。(きみさん)
■撮り方が上手く、ドキュメンタリーを見ているようだったし、老人が語るシーンでは生徒の一人になって涙している感覚になった。(ちぃさん)
■映画というよりも上質のドキュメンタリーを見ている感じだった。(れおれさん)

アンヌ先生に教わった張本人も映画に登場!?

中心人物のひとりとして登場するマリック役を演じているアハメッド・ドゥラメは、この話の基になるストーリーを実体験し、マリー・カスティーユ・マンシオン・シャール監督にその企画を持ち込んだ人物。出演だけでなく脚本も担当。アンヌ先生によって変わった張本人が本作にも深く関わっていることもお見逃しなく!

kiseki_kyo4

■マリックって男の子は実際に表彰を受けたメンバーの1人で、彼が企画を持ち込んだらしい。これにはビックリ!(TAKAさん)
■多くの人々に見て欲しいまさに「受け継ぐ事」の映画(Garuさん)
■本でも映画でも、こういった作品はせめて子供には積極的に見せていきたい。(ぴなさん)

非売品! オリジナルトートバッグ&プレスシートをプレゼント!

DVDリリースを記念して、シンプルでかわいいオリジナルトートバッグと、関係者にしか配られない撮影秘話などが掲載されたプレスシートセットで5名様にプレゼント

ちなみにDVDにはレオン・ズィゲルの体験談がノーカットで収録されています。またアンヌ先生を演じるフランスを代表する名女優アリアンヌ・アスカリッドの演技にも胸打たれる本作。このトートバッグにDVDを入れて、友達などみんなで鑑賞するのにもオススメの作品です!

※応募は終了しました。たくさんのご応募ありがとうございました。
 
※応募期間:2月2日(木)〜2月21日(火)まで
※当選者には2月24日(金)までにメールにてご連絡いたします
※注意事項をよくお読みになってご応募ください
※賞品発送時の紛失につきましては対応いたしかねますのでご注意ください

◆映画『奇跡の教室 受け継ぐ者たちへ』information

『奇跡の教室 受け継ぐ者たちへ』

kiseki_kyo6

あらすじ:貧困層が暮らすパリ郊外のレオン・ブルム高校の新学期。様々な人種の生徒たちが集められた落ちこぼれクラスに、厳格な歴史教師アンヌ・ゲゲンが赴任してくる。情熱的なアンヌ先生は、生徒たちを全国歴史コンクールに参加するように促すが、「アウシュヴィッツ」という難しいテーマに彼らは反発する。 ある日、アンヌ先生は、強制収容所の生存者を授業に招待する。生き証人の悲惨な状況を知った生徒たちは、この日を境に変わっていく――。

DVD発売日:2017年2月8日
価格:4,104円(税込)

【特典映像】
●レオン・ズィゲル氏の講話シーン(ノーカット完全版)
<レオン・ズィゲル氏:1927年、ポーランド系ユダヤ人移民の子としてパリに生まれる。1942年にドイツ警察に連行されてアアウシュヴィッツの強制収容所に収容されるが、奇跡的に生き延びる。2015年1月に逝去。>
●劇場オリジナル予告編

【仕様】
ディスク枚数:ディスク1枚
収録時間:本編105分+特典映像
仕様:片面二層/カラー/16:9シネスコ/音声:1.フランス語ドルビーデジタル5.1ch、2.フランス語ドルビーデジタル2.0ch 、3.日本語ドルビーデジタル2.0ch /字幕:1.日本語字幕、2.吹替字幕
発売元・販売元:バップ
提供:シンカ、NHKエンタープライズ

『奇跡の教室 受け継ぐ者たちへ』DVDスペシャルサイト:http://www.vap.co.jp/category/1478502487908/
『奇跡の教室 受け継ぐ者たちへ』公式サイト:http://kisekinokyoshitsu.jp/

(c) 2014 LOMA NASHA FILMS - VENDREDI FILM - TF1 DROITS AUDIOVISUELS - UGC IMAGES -FRANCE 2 CINÉMA - ORANGE STUDIO

※ 本記事、タイトルにて紹介しているスコアは2017年1月23日時点のものです。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • 泥酔かよ
    3.9
    これぞ教育の正しい姿なのかもしれない 実話を基にした映画。 この手の映画にはホントに弱いわあたしw 見つけるとすぐ観ちゃう👀✨ でもこの映画は、結構前から知ってたけど予告編を観て 大好きな「フリーダムライターズ」を思い出しちゃって、 二番煎じ感を感じてちょっと避けてたんだよね〜 まぁ結局観たんですけどもw 貧困層が暮らすパリ郊外の高校、落ちこぼれクラスを受け持った歴史教師のゲゲンが歴史コンクールへの参加を提案 最初はめんどくさいと嫌がり、またテーマが「アウシュヴィッツ」と彼らには未知で難しく重いテーマに反発も そんなある日、強制収容所の生存者を招待して話を聞くことになって.... ね?ちょっとフリーダムライターズ思い出すでしょ?w でも実際観てみるとやっぱり別物でしたw この映画は、いい意味でだけど ドラマティックに仕上げてなく、まるでドキュメンタリーを観ているかのように話が進んでいき、 自分もその中で一緒に学んでいる気分になった 問題児たちが歴史コンクールを通して関心を持ったり学んだりして変わっていく姿。 やっぱり好きだわーこういう映画! さて!明日(今日)はボヘミアン・ラプソディとハイスタのsound like shitを観に行くぞー(๑˃ٮ˂๑)♪ みんなのレビューを唇噛み締めながら読むの我慢するのも今日までや!!www 楽しみ楽しみ〜💓
  • yunshilkim
    3.5
    実話を元にしているらしい。落ちこぼれのクラスがアウシュビッツのことを調べるある授業?で知らなかったことを知り、変化していく。 落ちこぼれの子たちを、この担任の先生以外の大人は、ただ落ちこぼれとしか認識していなくて期待もしていない。でも担任だけは違って、子どもたちを信頼し新しいことを学ぶことを提案する。 当たり前だけど、子どもたちを信頼しないと始まらないよね。それ以外の大人たちがクソ過ぎるけど、よく見る光景だとも思った。 できすぎなストーリーでもあるけど、自分も先生してる身として教師とは?教育とは?的なことを考えたり勉強になった。
  • AiriKobayashi
    4.5
    よかった、泣いた
  • O
    3.7
    問題児の多い教室、救いようがない落ちこぼれの生徒たち。 差別的な発言は許さない。言葉の中に強い芯があって説得力がある。 ゲゲン先生は生徒たちにユダヤ人強制収容についてコンクールで討論をすることに決める。 どう歴史と向き合うかを見出すことが大切なの。 無知なので、初めて知ることばかりで生徒と同様な表情になってる。たぶん。 どうやって死んでしまった子たちの話をするのか?難しいけど彼らが生きた証や資料は残ってる。 先生は答えを生徒たちに尋ねるように質問して導かす。まず見出したことを褒めて、次にどうするかを教える。表面だけじゃなく中身がないと意味がない。 知らなかったことを知る。違う意見も受け入れてみる。 自慢でも何でもいいほんの些細なことが生き抜くための力になるんだよ。 紆余曲折ありながらも語り継ぐ人たちがこうして続いていくんだなあと胸が熱くなった。実話である事もグッとくる。
「奇跡の教室 受け継ぐ者たちへ」
のレビュー(2715件)