【期待のアカデミー賞関連作も!】2月上映映画期待度ランキングTOP20

2017.01.26
映画

Filmarks公式

フィルマーくま

第89回アカデミー賞ノミネート作品も発表され、対象の作品も続々と日本公開されます。

今回、国内最大級の映画レビューサービス「Filmarks(フィルマークス)」は、2月劇場公開の映画作品を対象に、FilmarksのClip!数(ユーザーが観たい映画として登録している数)を集計し、「期待度ランキングTOP20」を発表しました。来月観る映画をいち早くチェックしましょう!

【アカデミー賞特集】

第89回アカデミー賞ノミネート発表!あなたの受賞予想は?

《映画ファン注目!》2月上映映画 期待度ランキング

17年2月期待度

※2017年1月25日時点でのFilmarksのClip!数(ユーザーが観たい映画として登録している数)を集計。Clip!数が多い作品20本を選出し、ランキング化しました。

■1位:『ラ・ラ・ランド(2月24日公開)の評価・レビュー

lalaland_p

・素晴らしいなんて言葉では到底足りない...。こんなに王道のミュージカル映画を観たのは本当に久しぶりで、これが元祖から受け継がれてきたハリウッドのミュージカル映画だということを改めて実感(20代・女性)
・アカデミー賞は間違いないと思う。必見、本当にお奨めの作品。老若男女、幅広く楽しめる映画(50代・男性)
・一つ一つの場面の色、配置、写し方、全てのバランスが徹底されていてほんの一瞬に心が踊る(20代・女性)
・今までつけたことのない5.0をつけるか本気で迷ったくらいの2016年の最高傑作です!(20代・女性)

■2位:『たかが世界の終わり(2月11日公開)の評価・レビュー

たかが世界の終わり

・はじめてのグザヴィエ・ドラン。映像が美しく、ウリエルの緑の瞳に吸い込まれそうになる。自分と大して年が変わらないのに、あんな世界観が作り出せるなんて(20代・女性)
・これまでの作品同様、鑑賞後は一言では表せない複雑な気持ちになったけれど、1つ1つのシーンを思い、想うと、本当に素晴らしい作品だったなと(30代・女性)
・ドランとセドゥ‼︎‼︎‼︎‼︎‼︎思いつく限り最高の組み合わせ‼︎‼︎‼︎(30代・男性)

■3位:『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち(2月3日公開)の評価・レビュー

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち

・毎度の事ながら、可愛さや面白さの中にちょい毒スパイスの配合が絶妙(30代・女性)
・ティムバートン!!という感じのちょっぴりホラーな作品で最高でした。登場人物もとってもキュートで、各々の魅せ方分かってるなあと。服装や全体的な色合いも大好き。世界観に入り込んでわくわくどきどきできる映画(20代・女性)
・ファンタジーだけど、実写版ティムバートン映画という感じで、不気味さも兼ね備えている(20代・女性)

■4位〜20位の作品はコチラ!

  4位:『雨の日は会えない、晴れた日は君を想う』(2月18日公開)
  5位:『愚行録』(2月18日公開)
  6位:『マリアンヌ』(2月10日公開)
  7位:『彼らが本気で編むときは、』(2月25日公開)
  8位:『素晴らしきかな、人生』(2月25日公開)
  9位:『君と100回目の恋』(2月4日公開)
10位:『ナイスガイズ!』(2月18日公開)
11位:『世界でいちばんのイチゴミルクのつくり方(2月11日公開)
12位:『一週間フレンズ。』(2月18日公開)
13位:『虐殺器官』(2月3日公開)
14位:『サバイバルファミリー』(2月11日公開)
15位:『クリミナル 2人の記憶を持つ男』(2月25日公開)
16位:『グリーンルーム​』(2月11日公開)
17位:『トリプルX:再起動』(2月24日公開)
18位:『王様のためのホログラム』(2月10日公開)
19位:『LUPIN THE IIIRD 血煙の石川五ェ門』(2月4日公開)
20位:『ニュートン・ナイト 自由の旗をかかげた男』(2月4日公開)

《特集記事》>> 2/4公開『ニュートン・ナイト 自由の旗をかかげた男

【"共存"の真意とは?】忘れてはいけないアメリカ史実に隠された英雄がここに!ゴールデン・グローブ賞で作品賞受賞の俳優も出演する注目作!​

《特集記事》>> 2/18公開『雨の日は会えない、晴れた日は君を想う

【早くも2017年ベスト候補?!】喪失からの再生を描く『雨の日は会えない、晴れた日は君を想う』"破壊"を経てたどり着いた人生で本当に大切なものとはー。​

ベスト20作品ほか話題作のレビューが無料読み放題!

Filmarksでは、試写会や海外で一足先に鑑賞したユーザーの賛否両論さまざまなレビュー投稿があり、過去作も含めた約7万本の映画に集まったレビューは2,000万件以上。期待度ランキングとあわせて、映画鑑賞に役立ててみてはいかがでしょうか。

■映画レビューサービス「Filmarks(フィルマークス)」

■記事元 プレスリリース

本ランキング及び記事内のClip!数、★評価、レビューは2017年1月25日時点のものです。

(C)2016 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved. Photo credit: EW0001: Sebastian (Ryan Gosling) and Mia (Emma Stone) in LA LA LAND.Photo courtesy of Lionsgate. (C)Shayne Laverdière, Sons of Manual (C)2016 Twentieth Century Fox

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • 前田
    5.0
    今の私の心情にマッチしすぎてて神としかいいようがない映画でした ミュージカルはあまり好きではないんですが、ほどよくミュージカルって感じでオシャレだし見やすかったです とりあえずライアンゴズリングに抱かれたい 私自身23歳で夢とは目標に関して悩む時期です、本当に そして彼氏のことも自分の夢と天秤にかけてしまう...... でもこの映画を見て私は今どうあるべきか、何を目標に進んでいくべきか見えてきた気がします。 うつ病で何もやる気が起きなかったけど、この映画のおかげでまた夢に向かって頑張れそうです とりあえずライアンゴズリングに抱かれたい
  • naoikeda
    3.3
    美しくて、夢に向かっていつも真っ直ぐで一生懸命。女優を目指すミアとジャズが本当に好きで、好きで、好きでしょうがないけれど、求められている表現方法と自分の求める表現方法とで悩むセブ。 お互いが、それぞれ夢をもっているからお互いを高め合い、支え合う2人。 2人は似てるからこそ、惹かれあっていたのかもしれない。 でも、本当に一緒になる人は似ている同士とは限らない。 それぞれのタイミングもあるし、運命のイタズラにも思える。
  • Zoe
    -
    ハッピーエンドな映画が好きです。 でもこの映画は必ずしも想像していた終わりではなかった。 離れてしまった男女が長い時を経てsebsで再会する。 一言も交わさずに、 かつて愛し合った二人は別の道に向かい、 また歩みはじめる。 昔を思い出し、 あぁ、あの時、もっとこうすればよかった。なんて思わずに清々しそうな様子。 途中まで別れの悲しいお話だったのに… あのシーンによって 私の中では完全にハッピーエンドで、 好きな映画になったのだ。
  • ぐりん
    4.4
    何度観ても最後のシーンは涙なしで観られません、、 ふたりのキャラも素敵
  • Atsu
    3.5
    前評判で期待値が上がり過ぎた。
「ラ・ラ・ランド」
のレビュー(157408件)