家で映画を見ていてなんだか集中できないときのオススメ対処法6選

2015.07.19
映画

映画ファン歴13年目突入

rakopon

みなさん、自宅で映画を観るのはお好きですか?やっぱり映画は映画館派!という方も多いと思いますが、自宅でくつろぎながら観るのも映画の楽しみ方の一つですよね。でも、バッチリ環境が整っている映画館と違って、なんだか集中できない・・・なんて経験をしたことがある方もいるのでは?

今回はそんな時に1度は試して頂きたい対処法を6つお届けします。

対処法1:部屋を暗くする

これは一番簡単にできますね!家で映画を観るときも私は必ずやっています。カーテンを閉めて電気も消して、お好みでジュースやポップコーンを用意して、映画館ぽい雰囲気を演出しましょう!そうすればより集中して映画の世界に入り込めるハズ。でも暗い部屋では、なるべく画面から離れて見てくださいね。

対処法2:立って観る

じっと座って観てるとソワソワしてくる方は、一時的に思い切って立ちあがってみましょう!私はティムバートン監督の『バットマン』を自宅鑑賞していたとき、ジョーカーの登場を待ち望み、彼が出てくるまで落ち着かず立ったままでした・・・。

立ちながらストレッチしてみたり、その場ジョギングをしながら観ると、運動もできて一石二鳥かもしれません(でもマンションの方はくれぐれも下の階の迷惑にならないようにご注意くださいね)。

バットマン

対処法3:シャドーイングしてみる

ちょっと集中力がきれたときに、このセリフ真似してみたい・・・なんて思う時はありませんか?そんな時は役になりきって、シャドーイング(音声を後から追いかけて復唱すること)してみましょう!

難易度は高いですが、ちょっとした気分転換にもなるし、英語の勉強にもなるのでオススメです。特に『カンバセーションズ』『オン・ザ・ハイウェイ』などの会話劇だと、挑戦のしがいがあるかもしれません。

カンバセーションズ

対処法4:早送りしながら観る

1.2倍速くらいだったら、ちょっとしたテンポアップ感覚で観れますよ。『ワイルド・スピード』鑑賞時は、早くカーレースシーンが見たくて思わず早送りモードにした経験が・・・(但し、この対処法が有効なのは、早送り中に音声が途切れないレコーダーに限ります)。

ワイルド・スピード

対処法5:観賞中に気になったことを調べてみる

集中力が途切れる理由は様々ですが、一つ挙げられるのは、観賞中に出てきたワードや人物、歴史的背景等について気になるとき。「この歴史上の人物や出来事の詳細が知りたい・・・」「この俳優・女優、ほかに何に出てたっけ?」など関連する様々なことが頭をよぎります。

そんな時、私はその場で調べてしまうことが多いです。『ココ・シャネル』鑑賞中は当時のフランスの情勢について、『帰らざる河』鑑賞中はマリリン・モンローの美貌に耐え切れず、画像検索始めてしまいました。おかげですっきりしました・・・。

ココ・シャネル

対処法6:思い切って途中でやめる

色々やったけどどうしても集中できない!そんな時は思い切って観賞を中断してもいいのではないでしょうか。映画を途中で中断するなんて気持ち悪い人もいると思いますが、物語が頭に入ってこないなら仕方ない。一端寝たり、用事を済ませたりして、後日コンディションが整ってから観ればいいんです。

番外編:お手製映画館で観る

ダンボール×スマートフォンorタブレットで作るお手製映画館をご存知でしょうか?手間と時間は若干かかりますが、寝ながら観れるし、イヤホンとセットで完璧に映画の世界に入り込めると好評です。映画鑑賞頻度の高い方なら、一度試してみて損はないかも。

いかがでしたか?観たい!と思って観始めた映画でも、疲れてると眠くなったり、なんだか気が散って集中できない時、ありますよね?もちろん最初から最後までしっかりと物語に入れるのがベストですが、気分がのらないときは無理をしなくたっていいんです(なので一番のオススメは「思い切って途中でやめる」!笑)。なんたって映画は、楽しみながら観ないとソンですからね!

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • てぃだ
    2.4
    やりたいことは分かる。分かるのだけれども、この分割のフレームが主張しすぎなせいか、どこからどう眺めればいいのか分からんのと、意外や意外、二人の会話があんまり楽しくない。なーぜー
  • iceman
    2.5
    コレといってヒットのない監督作。 男の理想は女性の現実に勝つ事は出来ない… いつまでも尾をひくのが男なら、現実を良く知る女性にとってこの映画は何か言いたげだ。 結婚式で久々に再会した男と女性を左右2分割画面で描いた作品。 最初の方はよく理解出来ず、こんなふうになるかなぁ⁉︎… でしたが、文化の違いもあるのだろうけど一風変わった作品ではある。 しかしどうだろうか? もしも昔の恋人とはち合わせしたら… たじろぐのか? それとも逃げるのか? そのまま別れて後悔するのか…? 確かにその時の直感の判断という事になるだろうけど… 一瞬の、究極の難しい選択… この世に男と女性は1人ではない。 短く付き合って伴に永く歩む人… 長く付き合っても別れて行く人… 様々。 要はフィーリングが合うか全ては生活環境の違う赤の他人から始まるもの。 イマイチ私には何とも言えずの絵面… が、ラスト近くTAXIに乗る前に女性の理想を捉えたカットがある。 監督が言いたいのはこの一瞬のカットではないのだろうか?? 男と女性の関係は僅か80分足らずでは解明出来ないのです…
  • FukaHamano
    3.9
    前に雑誌に「素敵な会話の出てくる映画」として「ビフォア・サンライズ」と並んで紹介されていて、ずっと見たかった映画。 2画面構成が面白い。 ビフォアシリーズ同様ずっと男女の会話を聴くタイプの映画になるので、2画面を目で追い、過去や現在を把握しつつ会話も聞かなくてはならないので目も耳も頭も忙しいけど、個人的にはうるさく感じなかった。 何回か見るとまた新たな発見があるのかも。 「男はズルいロマンチスト、女は罪なリアリスト」というキャッチコピーがついていたそうだけど、どうだろ。 どっちもズルいし罪だと思うけど… アーロン・エッカートにニタニタ顔は可愛く、小憎たらしい。 ヘレナ・ボナム=カーターは冷たく、色っぽい。 二人芝居とかにも出来そう。 エレベーターの女は欲しいけど。
  • ザン
    3.6
    音楽もなくストーリーも単調だが、単なるナンパか?→過去に訳ありの2人?→実は元夫婦!と進み最後に2画面が一つになるのは面白い。
  • miriam
    4.5
    ヘレナ・ボナム=カーターが好き
「カンバセーションズ」
のレビュー(372件)