【ホラー映画好きは必見】ついに『呪怨』が完結!「最も怖い映画シリーズ」総まとめ

2015.06.20
まとめ

Nobody's Perfect.

久保田和馬

90年代に日本の映画界を席巻したJホラーブームの中で、『リング』シリーズと並ぶ人気を博している『呪怨』シリーズ。日本国民が選ぶ「最も怖い映画シリーズ」で第1位に輝いたこのシリーズ。皆さんは全部観ておりますでしょうか?

本日6月20日より公開されている『呪怨 ザ・ファイナル』は、16年続いたこのシリーズの最終作として注目すべき一本です。これまでシリーズを追いかけていた人も、そうでない人も、今回の新作をより楽しむために、まずはこれまでの『呪怨』シリーズをすべて振り返って紹介していこうと思います。

<最恐のメインシリーズ>

『呪怨』(1999年・オリジナルビデオ版)

呪怨OV

すべての始まりとも言える、99年に発売されたVシネマ。不登校児の家へ家庭訪問に訪れた小学校教師、数年後にその家で暮らしている家族とその周囲に起こる不穏な現象を描き出し、いわゆる"ショッカー描写"がほとんどないにも関わらず一貫された不気味な世界観がクセになる第1作目です。

『呪怨2』(1999年・オリジナルビデオ版)

呪怨2OV

『呪怨』と同時に発売された『呪怨2』では、1作目の家族の後にあの家に暮らす家族と、1作目に登場した教師の暮らしていたアパートの一室に暮らし始めた家族を中心に描かれていきます。間違いなく、シリーズで一番怖い作品はこれ。1作目と同時に9日間で撮影されたとはとても思えないクオリティの高さです。

『呪怨』(2002年・劇場版)

呪怨1

そして一般層に『呪怨』の存在を定着させた、劇場版第1作目が本作。あの家に暮らす家族と、その祖母の世話を任されたホームヘルパーに降りかかる恐怖を描く一方、さらに時系列が過去と未来へと飛躍し、映画らしいスケール感が出てくるのです。ちなみに俊雄くん役の男の子は、ビデオ版の小山僚太くんから尾関優哉くんに変わります。彼が一番俊雄くんらしさがあります。

『呪怨2』(2003年・劇場版)

呪怨2

これまでのシリーズでは、「あの家」に住んだ家族の周囲に降りかかる恐怖が中心でしたが、本作はかなり特殊。「あの家」に取材に訪れたテレビクルーとその関係者が恐怖に見舞われるという筋書きで、より物語の深くへと入っていきます。これまでの『呪怨』シリーズが継承してきた世界観と、清水崇監督の次作『輪廻』を彷彿とさせる死生観とが非常に上手く絡み合っています。

<こちらも必見の番外編>

『学校の怪談G』(1998年)

98年にテレビ放映された、ホラー短編集。黒沢清を筆頭に、前田晢と清水崇がそれぞれ演出を手がけ、構成にはあの「小中理論」でおなじみの小中千昭がクレジットされています。この中の、清水崇が演出を務めた『片隅』と『4444444444』は、オリジナルビデオ版『呪怨』とリンクしておりますので、是非とも御覧ください。これが日曜日の昼間にテレビでやっていたんですよ。 

『呪怨 白い老女』『呪怨 黒い少女』(2009年)

呪怨白

呪怨黒

『呪怨』シリーズ10周年を記念して作られた、それぞれ1時間の連作中篇。原案と監修を清水崇が務めているが、メガフォンを執ったのは次世代のホラー映画界を牽引するであろう安里麻里と三宅隆太のふたり。とくに三宅監督の『呪怨 白い老女』は、彼が監督を務めた『怪談 新耳袋』の一編とリンクされているので、そちらも注目である。

<〜恐怖は海を渡る〜 ハリウッドリメイク版>

『THE JUON/呪怨』(2004年)

ザ呪怨1

清水崇監督がハリウッドに渡り、主演に『ラストサマー』のサラ・ミシェル・ゲラーを迎え、新たにハリウッドで作り変えた本作。大筋は劇場版1作目に似た作りになっているのですが、多少ディテールが変わっておりますし、何より留学生という設定に無理を感じなくはないのですが……。日本人監督として初めて全米興収1位を獲得した大ヒット作です。

『呪怨 パンデミック』(2006年)

ザ呪怨2

再び清水崇監督によるハリウッド版です。今作では「あの家」に肝試しに訪れた若者たちが恐怖に見舞われるという筋書きで、ついに恐怖現象が海を渡り、海外でも起こるわけです。これまでのシリーズで伽倻子を演じた藤貴子さん、俊雄くんを演じた尾関優哉くんは本作まで。往年のファンにとっては、ここで一度完結したわけです。

『呪怨 ザ・グラッジ3』(2009年)

ザ呪怨3

一周回って再びオリジナルビデオ映画として帰ってきた、ハリウッド版3作目。劇場で上映されなかっただけに、観逃している人も多いのでは。監督はイギリス人のトビー・ウィルキンスに替わり、清水崇は製作総指揮で名を連ねております。一気に毛色が変わってしまいますが、『呪怨』スピリットは継承され続けておりますので、随所に「呪怨らしさ」は感じられます。

<再び蘇った新シリーズ>

『呪怨 ー終わりの始まりー』(2014年)

呪怨おわはじ

満を持して、日本で復活を遂げた新劇場版ともいえる一本。本作から清水崇の名前はクレジットされていませんが、監督を務めたのはJホラー映画の第一人者でもある落合正幸。佐々木希が演じる小学校教師が不登校児童の家を訪れるといった筋書きから、これまでのシリーズへのオマージュを捧げながら、新しい見せ方で恐怖描写を重ねていきます。

『呪怨 ーザ・ファイナルー』(2015年)

呪怨ふぁいなる

そしてついに今週公開されるのが、この『呪怨 ザ・ファイナル』。前作『呪怨 ー終わりの始まりー』で佐々木希が演じた主人公の姉を平愛梨が演じ、「あの家」がすでに解体されているにもかかわらず、繰り返される恐怖の連鎖の真相に迫ります。共演には、桐山漣や、おのののかを始め、前作のキャストも登場するので必見です。

 

さて、最新作を含めて12本の『呪怨』シリーズ。どこから観てもJホラーの代表に相応しい一級品の恐怖が味わえます。

夏はやはりホラー映画!という人も多いはず。期待の新作が遂に公開されるということもあり、これを期に『呪怨』シリーズをおさらいしてみるのはいかがでしょうか。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • ちぇりー
    1.5
    ホラー系は基本無理だけど、見る機会があったので‥‥ 確かに怖かったのだけど、演技が気になってしょうがない( ˊoˋ ) 。゚
  • さい子
    3.8
    どうやってもあの呪いの家はなくならないし、誰も報われないってのがとても怖くて良かったです ただ旧佐伯家壊したおじちゃんをどうにかしてほしかった…あれで終わりはないでしょうに……
  • 2.0
    おのののかの演技の方がこわいよ
  • NANA
    2.7
    終わらないね
  • 238
    1.0
    ホラーコメディです。いや、コメディです。
  • Ryou
    1.6
    ファイナルなのに 最後まで面白くならない せめて良い役者起用してくれれば ちょっとは見応えも出てくる気もするが
  • ミッシェル
    2.5
    前作よりもなかなか怖い気もするが、おのののかの演技で半減。だが、あの家で起こる野菜の腐敗やら、なんやらがとても怖い描写で ゾクゾクした。
  • やみこ
    1.0
    ひどい駄作 なんでおのののか起用したのか..(笑)
  • django
    1.3
    クッソつまらん。クッソつまらん。 クッソつまらん過ぎて、やばすぎる。 呪怨初心者なのは許して。 でも、これはない。 たまに叫ぶ。でかい音。 怖くない。女優そこそこ可愛いの揃えてるし、ヒカキンも出るけど、 まるで魅力ない。 そもそも、仮面ライダーWが好き過ぎて、桐山漣を応援するつもりで、この映画観てみたのだが、かなり出てくるのに、フィルマークスのこの映画に、名前がない。 名前ない方がいいよ。 この映画は、誰一人魅力的に撮してない。みんな大根、クソ役者に見える。 仮面ライダーW観てなかったら、桐山漣=クソ役者だと思ってしまう出来。 まあ、頑張ってくれ。祈る。 この映画は闇の彼方へ。 呪いのような映画だった。 明日仕事なのに、こんなクソ映画観てテンション下がるわ。
  • へんりー
    2.5
    「終わりの始まり」がけっこう好きだったのに、これは失望・・・本当につまらない。全然期待がなかったのに。
  • manunited1
    2.0
    興行失敗だし、呪怨はこれで終わったのかな、、、。
  • mofumofu
    -
    鑑賞記録
  • ふるか
    1.5
    呪怨要素がどんどん消えてゆく! 俊雄にばっかりフォーカスされてるのも、あとせっかく前作の被害者の親類出してきたりするのにあんまり意味なさそうなのも、ちょっと残念。シリーズ最初のやつのほうがオムニバス形式もうまいこと使われてた気がする〜
  • ポルノ丸
    1.5
    くそつまらん… 結局一番最初のビデオ版は越えられないってのを痛感。
  • 吉田岳大
    1.0
    「終わるが、終わる」ってネタに走ってる時点で、期待してはいけなかった。
  • ドロロンパ
    3.8
    ァァァァァァァァァ カヤコとトシオ君は 流石です❄❄❄ 鑑賞済み
  • あかねまる
    -
    怖すぎた、叫んだ
  • ごんざぶろう
    1.8
    最後まで意図があやふやなまま終わった感が否めない。
  • Yuuuuu
    1.5
    ファイナルじゃなかった?^_^;
  • チコ
    2.7
    呪怨の前作を鑑賞したことがあったので、ザ・ファイナルも鑑賞。 前作の終わりの始まりで呪いの犠牲となった小学校の先生を演じた佐々木希の妹役として平愛梨が登場。 平愛梨が姉の失踪を不審に思い調べ始める。 トシオくんと伽倻子もいつものように登場。 良くも悪くも色々いつも通りなので新鮮味に欠けるのが残念だと思います。 よく言えば、ちゃんと呪怨してます。
  • べろべろばーあ
    2.0
    多分日本の幽霊の中で1番仲の良い親子だと思うよ、伽倻子と俊雄くん。
  • Yuki
    2.3
    どんどん劣化していくシリーズ、その名も「呪怨」
  • pecori
    1.8
    意味わからなすぎるだろ笑。 おのののののかは可愛かったから良い。
  • Pepe
    1.0
    平愛梨、おのののか、桐山漣、佐々木希は 一生映画に出演してはいけないレベルに演技できない。 脚本・監督の落合 正幸は映画の才能なし 猿にカメラ持たせた方がよっぽど良い映画撮るよ こんな映画撮って恥ずかしくないのかな ジャンル「ホラー」って他のどのジャンルよりも低予算で製作できて簡単に集客できて高い興行収入が見込めるジャンルだけど興行収入4億円って予算いくらだったんだろ もはや予算の問題じゃないけど 映画は3回作られる っていうけど 脚本・撮影・編集 3つ全てにおいて恐ろしいほど失敗してる。 脚本、本当に酷い。 映像と演技を通して物語を進めるのが映画なのにキャラクターが全部丁寧に口で説明してくれる。恐ろしく酷い演技で。 例えば 行方不明になったお姉さんの遺留品(?)を見ながら独り言で 「どうして?結衣、クラス担任になれたってあんなに嬉しそうにメールくれたじゃない。これがあなたのクラスだったの?」 って長々とありえないような独り言いうけどそんなんセリフにしないで役者の演技で伝えさせるのが役者の仕事でもあり良い脚本なんじゃないの? 遠くに見える牛を見て 「見て!牛だ!」 こういうのが1番センスがなくて下手くそな脚本。この映画はそういうのがオンパレードだし正直日本の映画結構そういうの多い。 後半からもデウスエックスマキナばっかしだし 何1つとして怖くない。 不自然なカットも多いし編集下手くそ Jホラーの代表作だった「呪怨」も地に堕ちたもん、 これで本当に終わって欲しい。
  • かりんship5
    3.3
    平愛梨と佐々木希が可愛すぎてストーリーに集中出来ない! 謎が出尽くした感があって新鮮さがあまり無いけど、怖いシーンはちゃんと怖い。 緩急あって物語の辻褄もちゃんとしているし初代より怖くないものの結構好きです
  • 温かなソイジョイ
    2.0
    怖さという点ではかなり劣化してきている気が… それともシリーズが続いて見慣れてしまったのか。 階段這ってくるの何回やんだよ
  • makoto
    2.5
    記録
  • KICCO
    2.5
    記録
  • mary
    2.0
    おのののかの顔はいつ見ても丸いですね。
「呪怨 ザ・ファイナル」
のレビュー(855件)