映画初日満足度ランキング(2月第1週)発表!《Filmarks調べ》

2017.02.06
【期間限定】編集企画

Filmarks編集部

フィルマーくま

満足度ランキング

毎週多くの映画が劇場公開されます。観たい作品はたくさんあるけれど、評判も気になるところ。

今回、国内最大級の映画レビューサービス「Filmarks(フィルマークス)」は、サービス内のデータに基づいた「2017年2月第1週上映スタート映画の初日満足度ランキング」を発表。第1位になった注目映画とは? 今週もユーザー満足度の高い映画をチェックしましょう。

【プレゼント】

“人は変われる”と希望がわいてくるストーリー

映画初日満足度ランキング(2月第1週上映スタート作品)

※2017年2月6日時点での★スコア(映画鑑賞後に★の数で評価をしたスコア/5点満点)とMark!数(ユーザーが観た映画として登録した数/登録は1作品につき1人1件まで)を集計。★スコアが高い作品から順に「映画初日満足度ランキング」として算出。

■1位:『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたちの評価・レビュー

ミス・ペレグリンポスター

子供の頃に1度は幽霊やモンスターが襲ってきたらどうしようと想像した世界があります!こんな冒険が出来る子供時代をおくりたかった〜(20代・女性)
特別な能力を持った子どもたちがみんなかわいかった(40代・女性)
ティム・バートンのカラフルな色彩に酔いました(20代・女性)
ひとりひとり個性があって可愛かった。原作見てみたい。 アクションの見せ方が好き(20代・女性)

▼その他のレビューはこちら

《関連記事》 

「次は日本版を作るよ!」日本大好きティム・バートン監督の来日会見レポ​

■2位:『LUPIN THE IIIRD 血煙の石川五ェ門』の評価・レビュー

LUPIN THE IIIRD 血煙の石川五ェ門

作品の全体的な雰囲気、登場人物たちの言動、全てがかっこよかった。次元、五右衛門の2人がゾーンに入ったかのようにフッと音が消える瞬間は鳥肌もの(20代・男性)
男の物語。手を貸したらそれは野暮だと、見守り続ける男たちと、未熟さゆえにトラウマを抱えた男がそれを乗り越えて仲間として加わる過程が、多くを語らず描かれていてとても素敵。 スローモーションが度々出てくるのが印象的だった。かっこいい演出!(20代・女性)
 

▼その他のレビューはこちら

■3位:『ニュートン・ナイト 自由の旗をかかげた男』の評価・レビュー

ニュートン・ナイト 自由の旗をかかげた男

ニュースや本だけでなく、こういう映画を観ることで知れたり知ろうとするきっかけにもなるんじゃないかなと(50代・女性)
このような映画を観て「あってはならない」と言うのは容易いけど、南部の複雑な歴史の沼は深い…(40代・女性)
平和な時を生きていられるのは、これまでの歴史が その時代を生きてきた人達が 基盤となる正しさを構築してきた人達がいるからだ(30代・男性)
学校で習う歴史は、年表なんかよりこういう映画を観せた方がよほどいい。歴史は試験のための暗記ではなく、人としての在り方を学ぶべきだと思う(30代・女性)

▼その他のレビューはこちら

《関連記事》 

【"共存"の真意とは?】忘れてはいけないアメリカ史実に隠された英雄がここに!ゴールデン・グローブ賞で作品賞受賞の俳優も出演する注目作!​

■4位:『君と100回目の恋

君と100回目の恋

※ ★スコアが同率の場合は、Mark!数が多い作品を上位にしています。
※ 本ランキングは★スコアが3.0以上の作品を掲載しています。
※ 本ランキングはMark!数が30件以上の作品を掲載しております。
※ 本ランキング及び記事内のデータは2017年2月6日時点のものです。

ほか話題作のレビューが無料読み放題!

Filmarks

Filmarksでは、試写会や海外で一足先に鑑賞したユーザーの賛否両論さまざまなレビュー投稿があり、過去作も含めた約7万本の映画に集まったレビューは2,000万件以上。今回の初日満足度ランキングとあわせて、今後の映画鑑賞の映画選びに役立ててみてはいかがでしょうか。

■映画レビューサービス「Filmarks(フィルマークス)」

■記事元 プレスリリース

(C)2016 Twentieth Century Fox (C)TMS (C)2016 STX FINANCING, LLC. ALL RIGHTS RESERVED. (C)2017「君と100回目の恋」製作委員会

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • 土屋ノリオ
    3.9
    全米で300万部以上の売り上げを記録して、ロングセラーになったランサム・ルグズの小説「ハヤブサが守る家」をティムバートン監督が映像化した本作。エヴァ・グリーンのファンでもあるので鑑賞したのだが、期待していた以上に面白かった。本題に入る前の準備が多いためか、前半は説明が多くてテンポが悪くなり、少々退屈でしつこく感じてしまう。しかしティム・バートン監督はマペットアニメ的なクライマックスのようなシーンが絡んでくると、突然見事なリズム感を作り出してくるので、終盤の展開だけで、この映画をみた甲斐があった。ラストの切ない展開とファンタジーの組み合わされた夢あふれる物語は十分に楽しめ、ラブストーリーでもあるので、心まで踊ってくるような良い作品でした。
  • ShioriFujino
    3.2
    ティムバートン感がすごい。 恋愛のくだり好きだった
  • Haya
    3.5
    なんかふわっとしたファンタジー。
  • miyu
    3.4
    記録
  • Noobさん
    4.0
    映像がすごいキレイ! 不思議な世界観と美しい映像に引き込まれました😄 中盤まではハラハラするような(グロさも加わって)感じだったけれど、最後の方はちょっとクスッとさせるような展開でした 特に骸骨達の戦闘シーンでのコンビネーションのよさに思わず笑ってしまいましたw 今回のようなジョーク混じりのようなラストも好きだったけど、もうちょっと別ルートの感動系に持ってくのも良かったような気もしました(というか、世界観と映像がとにかく良くて、そういうラストも見てみたかったw) あとは、最初の施設のちょっとアリスっぽい雰囲気が好きだったのであそこでのシーンをもう少し見たかった😶
「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」
のレビュー(14991件)