【レポート】辛酸なめ子が明かす衝撃的な幼少期とは? フィガロジャポン×TSUTAYAの映画トークイベント

2017.02.07
映画

Filmarks公式

フィルマーくま

絶賛発売中の「フィガロジャポン」3月号にて、さまざまな切り口から映画作品にせまった「ドラマティックな映画が観たい♡」特集が展開。去る2月3日、これと連動したスペシャルトークイベント「いま観たいのは、強い女たちの映画! ~女のドラマティックシネマナイト~」 がTSUTAYA TOKYO ROPPONGIにて開催され、漫画家の辛酸なめ子さんをはじめとする業界の“強い女”たちが登壇しました。

フィガロ

午後7時、約50人の女性たちに埋め尽くされた会場に登場したのは、映画に関するコラムを数多く執筆している漫画家・コラムニストの辛酸なめ子さんと、洋邦問わず良質な映画作品を配給しているキノフィルムズの代表取締役社長・武部由実子さん、そしてフィガロ編集部イチの映画マニアとして知られる“編集KIM”こと副編集長・森田聖美さん。

リアルに強そうな女性3人が選ぶ“強い女たちが登場する映画”とは?

フィガロジャポンがイチオシするのは、3月31日公開のアカデミー賞ノミネート作『ジャッキー ファーストレディ 最後の使命』。ジョン・F・ケネディ暗殺事件をファーストレディであったジャクリーン・ケネディの視点から描いた作品ですが、本作を一足先に観た辛酸さんは「夫が隣で亡くなってしまったなかで、あれだけの冷静さと気力を保っていたジャッキーの強さと、ホワイトハウスを先導した彼女の手腕は本当にすごいなと思った」と驚きと感嘆をあらわに。

また、配給元であるキノフィルムズの武部さんは、「女性こそ楽しめる作品」と絶賛しました。

続いて、すでにレンタルを開始している旧作のなかから、それぞれがピックアップした作品を紹介。武部さんは『テルマ&ルイーズ』『ピアニスト』『ニキータ』『グロリア』の4作品をチョイス。女同士のかたい友情を描いた『テルマ&ルイーズ』には、森田さんや会場の女性たちの多くが共感の声を上げていました。

フィガロ

辛酸さんが選んだのは、『マイ・インターン』『神様メール』『裸足の季節』の3作品。特に『裸足の季節』は、自分自身と重なるところがあると辛酸さんは言います。

フィガロ

両親を事故で亡くし、祖母と叔父たちと暮らしている5人姉妹。古い習慣と封建的な思想のもと、貞操観念を抑圧された生活を送ります。そんななか、末っ子のラーレは、自由を取り戻すべくある計画を立てますー。

劇中では、騎馬戦で男子の上にまたがっただけで「ふしだらだ」と叱責されるシーンがありますが、辛酸さんは「私の家庭もなかなか厳しかった」と明かします。「一家団らん中、テレビでラブシーンがはじまると両親が立ち上がり、そのシーンが終わるまでテレビの前に立ちはだかっていたり、雑誌に性的な模写があると、そのページがホッチキスで止められているか、墨で塗り尽くされていました。日本にも抑圧されている人はいます…」と語ると、会場から笑いがおこっていました。

森田さんはマーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』『ダイアナ』『彼女を見ればわかること』『ジュリー&ジュリア』をピックアップ。マーガレット・サッチャーを演じたメリル・ストリープについて「本当にエレガントで素敵な人」と羨望の的であることを明かしました。

フィガロ

三者三様の目線でお気に入りの作品を語り合ったトークイベントは、1時間があっという間に感じられるほどの盛り上がりのなか終焉。ちなみにTSUTAYA TOKYO ROPPONGIでは、森田さんが厳選したおすすめの作品を紹介するコーナーを展開中なので、足を運んでみては?

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • 叶愛
    4.0
    あたしは今、「この国の何処かにでも、学校にでも、誰か、あたしを幸せにしてくれるたった一人の人がおる筈や」と思ってる。ほんでそれを、待っとる。現れて、劇的な何かが再び起こって、また拠所にできる、あたしを、がらっと変えてくれる何か。現状が不満なわけじゃなくて、ただ、心細いだけ。宿木が、特別な陽光を浴びせてくれていた頃のことが忘れられんだけ。愛されるために愛することを求める欲望を持つ今。彼女たちは、そんな線も、飛び越えて、飛び越えさせられていて、ただ、あたしの今ある所に、立ち返りたがっていた。愛されることと、愛することを、完全に独立した願望として、二つ別々に持って、たった一つの体を、運んでいるように見えた。あたしの体、あたしの髪、あたしの手、あたしの指、あたしの足、あたしの胸や、あたしのあそこを、彼でもない、まだ見ぬ誰かでもない、たった一人のあたしの為だけに使う一重の懸命さを、金色に光る髪や、茶色の目や、銃声の音の中に、見た。髪が、きれいな女の子の映画に、弱いかもしれん。ずうっと腰まであった、一度も、生まれてから肩から上に切ったことのなかった自慢の髪を、高校の時好きだった人が、ショートが好きって聞いて、耳元まで、全部切った。それ以来、ずっと伸ばすことが出来んたけど、何年かかっても、また元通りに伸ばしたいと心から決めた。あたしの髪は、染めてもパサパサにならん、染める前から少し、緑の混じった綺麗な茶色で、あたしの体で、一番、褒めてもらえるところだった。忘れてしまっとったけど、あたしの為の髪だ。ずっと最初から、髪だけじゃなくて、あたしの体は、あたしの為の体だった。そんなうつくしい当たり前を、不充分な愛されたさに、潰されてしまっとったな。
  • のびのーび
    4.0
    トルコ版 ヴァージンスーサイズとでも言おうか。 これまた秀作。 舞台はトルコの田舎町。家や伝統に囚われた少女たちが、危なく、鋭く、儚く、美しく、自由を渇望する。 結構こういう風習が残ってる所が多いらしいトルコ。 宗教の違いとか、トルコの現状を知れるだけでも興味深い。
  • SakiKamada
    -
    女の子たちの透明感が抜群すぎて。
  • やす子
    3.9
    姉妹で一生懸命生きている姿がすごくよかった。 しあわせであってほしいなぁ。
  • AyanoSakai
    3.7
    軟禁状態なのに、ベッドをプールと見立てて遊んだり水着で過ごしたり、 姉妹で必死に生きてる姿が美しかった サッカー観戦のシーンとてもよかったなぁ
「裸足の季節」
のレビュー(5867件)