『たかが世界の終わり』グザヴィエ・ドランが描いた愛の形とは?

Filmarks公式

フィルマーくま

たかが世界の終わり1

2月11日(土)グザヴィエ・ドランの最新作、『たかが世界の終わり』が公開されます。2016年、ついにカンヌ国際映画祭のグランプリを獲得し、27歳という若さで全世界にその才能を見せつけた今作。

自らの死を告げるために12年ぶりに帰郷した男性と、彼を迎え入れる家族の〈ある1日〉をドランならではの映像表現とともに描かれています。

 

映画界の話題を席巻する美しき天才、グザヴィエ・ドラン

2009年、19歳での初監督作品『マイ・マザー』でのデビュー以降、美しき天才と呼ばれ、次々と人々を魅了する新作を生み出し続けるグザヴィエ・ドラン。

2010年『胸騒ぎの恋人』、2012年『わたしはロランス』、2013年『トム・アット・ザ・ファーム』と発表の度に国内外様々な映画祭で上映され、彼自身の経験や信念を反映したセンセーショナルなテーマや、アーティスティックな映像表現で瞬く間に映画界の注目の的となりました。

2014年には『Mommy/マミー』にて、巨匠ジャン=リュック・ゴダールと並んでカンヌ国際映画祭審査員特別賞に輝き、その受賞スピーチで彼が語った「夢を捨てなければ、世界は変えられる」というメッセージは世界中のメディアが取り上げ、人々に深い感銘を与えました。

たかが世界の終わり2

  • ■心があたたかくなるわけでもない、悲しくなるわけでもない、切ないわけでもない、でも、観てよかった。観なかったわたしの人生はどうなってたんだろうという気持ちになった。グザヴィエ・ドラン!27歳!すごいよ!!(みわさん)

  • ■光をうまく取り込んだシーンを挟むことで重くなりすぎないで見続けることができました。今作ではピントと前後にずらすシーンが多く、またカメラで遊んでる!?と思って楽しく観れました(コマさん)

  • ■ピントとボケの使い方があまりにも巧妙で、音楽の入るタイミングから色味から、全てドランの作り出す唯一無二の世界観!(り さん)

《新たな挑戦!》グザヴィエ・ドランが本作で描いた愛の形とは?

これまで自身の作品において様々な愛の形を描いてきたグザヴィエ・ドランですが、その形は何かしら自分自身を投影した〈主人公〉と〈母親、恋人、友人、兄妹〉などの、二者の間での愛でした。

しかし、今回彼がテーマにしたのは〈家族の愛〉。主人公の男性を含め、彼を迎え入れる家族それぞれが不完全で、自身の在り方や家族への複雑な思い、様々な迷いや悩みを持ちながら生きています。

12年ぶりに集まった家族の、核心を避ける意味の無い会話や、ためらい、沈黙の時間、そして家族だからこそ起きてしまう激しい衝突。

現代の多様化する家族関係に於いて、誰もがどこか共感できるであろう複雑な家族の形がスクリーンに映し出されます

これまでの作品とは異なる、家族だからこそより複雑な愛の形をドランはどう描くのか彼の新しい挑戦を目撃することが出来る作品なのです。

たかが世界の終わり3

  • ■切っても切れない存在。とても寂しくて、冷たいやりとりの中で、各々がぶつけ合う感情だったり言葉だったりがすごく重かった。大きな事件なんか、何一つ起きてないのに、見離していい瞬間が一度もない(ChihiroTarumii さん)

  • ■沈黙と発話、兄と弟、情熱と冷静、様々な二つの間にある物なんて本来何も大したものではないはずなのに、何がそんな狭間を広げているんだろう。100分がとても短かった。感情のやりとりがここまで密だったからかな(和出善大朗 さん)

  • ■それぞれの嘘、秘密、葛藤、表情、沈黙は、全部愛だと理解できているのに、時に嫌悪感さえ抱いてしまった。けど同時にその人間らしさが愛おしくも感じるという奇妙な感覚に陥った。至近距離での撮影だからこそ捉えられ、映し出されたものだったから、本当に呼吸、まばたきすらも見逃せない(ヤマヒツジさん)

《今最注目の一流俳優が集結!》再び観たくなるほどの濃密あるやりとり

今作では様々な大作で主役を務める一流の俳優たちがドランの新作のために集まっています。

有名な作家として活躍しながらも家族に心を閉ざす主人公ルイを演じるのは『SAINT LAURENT/サンローラン』でセザール賞にノミネートされたギャスパー・ウリエル

兄に憧れる妹のシュザンヌに『アデル、ブルーは熱い色』でカンヌ国際映画祭パルムドールに輝いたレア・セドゥ。短気で暴力的な兄アントワーヌには『美女と野獣』のヴァンサン・カッセル

口下手だが誠実なアントワーヌの妻カトリーヌには『エディット・ピアフ愛の讃歌』でアカデミー賞受賞のマリオン・コティヤール。そして家族を深く愛する故に過干渉気味の母マルティーヌには『わたしはロランス』に続いて二度目のドランとのタッグとなるナタリー・バイ

一流の俳優それぞれが演じる家族の中の一人としての演技は瞬きひとつにまで想いが込められ、言葉に出来ない感情がそれぞれの表情、動作から溢れ出し、どのシーンからも目が離せません

代わる代わる映し出される緊張感のあるやりとりは一度の鑑賞では全てを汲み取れない程の濃密さで観るたびに新しい感覚を感じる事が出来るかもしれません。

たかが世界の終わり4

  • ■映像美、音楽、演技力、どれもすごかった!表情や汗にフォーカスされていてこちらまで歯痒さと緊張感が伝わってくる。ドランのほこりを舞わせる演出が好き(mdayaka さん)

  • ■感情のぶつかり合い見事でした。思わず息を呑みます。楽曲のセンスも相変わらずで、とても心地良かったです(しょーた さん)

  • ■自分が後何年生きたらこんな感情を表現できるのだろうか。ドラン映画は絶対に名シーンってのを残してくれるよね。キャスト全員有名で演技最高だった(おち さん)

《90年代の懐かしい楽曲》偉大な音楽家との融合、印象的な音楽の効果

今作もこれまでのドランの作品同様、物語の進行において90年代の懐かしい楽曲と併せ、挿入される音楽が効果的に使われています

『トム・アット・ザ・ファーム』に続き二回目のタッグとなるガブリエル・ヤレドが作曲したワルツを聞いたドランは、すぐさまこの曲を最後のシーンで使いたいと思い、曲について以下のように述べています。

「すべての描きたい感情が見えたんだ。他人の言葉に耳を傾けることが出来ない人や、将来に起こることが予測できない人の無力さ、そして本来当たり前のようにある足下の地盤が思いもよらず崩れ落ちた時の気持ちだ」

たかが世界の終わり5

ドラン作品ではおなじみの色彩の効果や光の印象を駆使した独特の映像。そこに挿入された音楽、楽曲の効果によって言葉で説明するのは難しい人間の感覚や心情の揺らぎが見事に表現されています。

作中に流れる音楽がこの物語の中で何を語っているのかに注目して鑑賞しても面白いかもしれません。

◆映画『たかが世界の終わり』information

たかが世界の終わり

あらすじ:「もうすぐ死ぬ」と家族に伝えるために、12年ぶりに帰郷する人気劇作家のルイ(ギャスパー・ウリエル)。母のマルティーヌ(ナタリー・バイ)は息子の好きな料理を用意し、幼い頃に別れた兄を覚えていない妹のシュザンヌ(レア・セドゥ)は慣れないオシャレをして待っていた。浮足立つ二人と違って、素っ気なく迎える兄のアントワーヌ(ヴァンサン・カッセル)、彼の妻のカトリーヌ(マリオン・コティヤール)はルイとは初対面だ。オードブルにメインとぎこちない会話が続き、デザートには打ち明けようと決意するルイ。だが、兄の激しい言葉を合図に、それぞれが隠していた思わぬ感情がほとばしる─。

上映時間:99分

〈2017年2月11日(土)全国ロードショー〉

▽公式サイト
http://gaga.ne.jp/sekainoowari-xdolan/[リンク
配給:ギャガ
(C)Shayne Laverdière, Sons of Manua

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • 2.8
    邦題がいい。 彼に“次”はあるのかな…。
  • 素晴らしき哉映画
    -
    ⛱ 久しぶりに家族と再会のルイ 普通なら嬉しい気持ちと懐かしい話等色々尽きないんですがそうはならない事が多く徐々に何があったかは知れていきます ただ観る側に会話や顔の表情を読みとって考えさせる事が多いです ストーリーが進んで勝手に理解出来るとは違ってました それに5人の登場人物のそれぞれの立場になっても考えやすい ベン・ハーと最近のベン・ハー 7人の侍とマグニフィセント・セブン 何か違うなと思ったら やはり人間の内面や魅力の見せかたかなと個人的に思ってます 曲での盛り上げや見た目を派手にしたり 意表を突くのをメインにせず それらで誤魔化してない 映画を観る時、監督名や脚本、出演は気にしないようにしてますし年齢も関係もないだろうと それでも年齢にしては上手く出来ているなとびっくりです ___________________ ギャスパー・ウリエル♠︎ルイ(作家) マリオン・コティヤール♦️カトリーヌ(アントワーヌの妻) ヴァンサン・カッセル♠︎アントワーヌ(ルイの兄) レア・セドゥ♦️シュザンヌ(ルイの妹) ナタリー・バイ♦️マルティーヌ(ルイの母親) 1回目
  • 3.8
    レアセドゥ目当てで見た。家族との時間で、身の置き所が分からなくなっていく主人公がいい。
  • みなりんすきー
    3.2
    『12年の空白のあと 恐れを抱きながらも──僕はあの人たちに再び会おうと決めた』 『人は様々な動機に突き動かされて──自らの意思でそこから去る決断をする』 『あなたのことは何も知らず 人から聞いて想像するだけよ』 『愛されてないと?理解されてないと? そのとおりよ 理解できない でも愛してる』 ■ あらすじ ■ 昔田舎の家を出て都会で人気作家となったルイ(ギャスパー・ウリエル)は、12年振りに帰郷する。ルイは自分の死期が迫っており、それを伝える為に帰郷したのだ。 家で彼を出迎えた母のマルティーヌ(ナタリー・バイ)、兄のアントワーヌ(ヴァンサン・カッセル)、妹のシュザンヌ(レア・セドゥ)、兄嫁のカトリーヌ(マリオン・コティヤール)。彼らはそれぞれがルイへの思いを抱えていた。ルイは1人ずつと、そして皆でテーブルを囲みながら会話を交わし言い出すタイミングを探るが… ■ 感想 ■ 『たかが世界の終わり』 (『Juste la fin du monde』) カンヌ国際映画祭でグランプリとエキュメニカル審査員賞獲得、カナダ・スクリーン・アワードには9部門、フランスのセザール賞には6部門ノミネート。 随分前に観てたんだけどレビュー下書きに埋もれてた。 マリオン・コティヤール目当てなのが強かったけど、当時から予告見たりして雰囲気良さそうだったので気になってた作品のひとつ。 各賞受賞しまくっているし結構有名作だし、かなり期待して観てしまった。めちゃめちゃ心にズシンと響くものがありそうな、そんなイメージを勝手に持っていたので。 端的に言うと、めちゃめちゃイライラしました。観ていてフツーにストレスが溜まるレベル。何が原因かって、この家族同士のやり取り。なぜルイが若くして家を出て、それきり12年間一度も帰らなかったかって、全ての原因はそこにあると明白である。そりゃ家も出ますわ。 まずまともな会話が成立しない。唯一まともなのは妹だけ。一番ヤバイのが長男。癇癪持ちってこんなレベルでヤバイの?話せというから話し出したら逆ギレされ、他の人と話してるのに勝手に入ってきてまた勝手にキレてる。で、俺が悪者かよ?とか言い出す。こんな人が身近にいたら、私だったら絶縁するね。全く理解が出来ない。 ただ、色んな人の感想見て分かったんだけど、これって多分「この家族ヤバイな、異常だな」と思うのは結構正常な反応っぽい。嫌悪感抱いて当然というか。逆に、これに共感できる人っていうのは、きっと同じように家庭環境に恵まれずものすごく苦しい思いをしてきた方なんだと思う。だとしたら、見ていてもっと辛いものがあるだろうね。思い出したくない家族との嫌な思い出とかトラウマとか、そういうのが蘇ったりして。ただ、まるで別世界、全く理解出来ないものを延々と見せられるのも相当苦痛だったので、多分誰が見てもそこそこイラつく様なんだとは思います。笑 私だったら程なくして家にバズーカ撃ち込んで去ると思うけど、まぁルイはそうはせず、代わりにある意味とんでもない決断を下すんだよね。あのラストは、ある意味で本当に衝撃的。エンドロール見ながら、マジかよ・・・という言葉しか出てこなかった。でももう、ああするしかなかったんだろうね。もう。あれ以外にやる事がない。彼にとって家族という存在が、その価値が、その意味が、あの瞬間”そう”なったんだろう。ものすごくキツイけど。辛すぎるけど。でも、あの決断しかもうなかったんだと思う。 ラストまでのイライラをとにかく我慢しきれば、最後に「あぁ・・・」という脱力感、そしてある意味での衝撃を受けることが出来るので、忍耐力に自信がある人は是非観てみてほしい。途中で観るの投げ出しがちな人には向いていない。 最初のピックアップした台詞にも載せたけど、この映画の語らんとすることは、まさにこれに尽きます。 『人は様々な動機に突き動かされて──自らの意思でそこから去る決断をする』
  • ねぎうま
    2.6
    退屈だなぁ
「たかが世界の終わり」
のレビュー(17416件)