【★4.0の話題作】『かもめ食堂』の荻上直子監督・第二章! 性別、血縁を超えた家族の“普通の日常”に心揺さぶられる傑作邦画完成

2017.02.17
特集

Filmarks編集部

フィルマーくま

トランスジェンダーの女性とその彼、母が家出した孤独な少女。この3人の共同生活を描いた映画『彼らが本気で編むときは、』。『かもめ食堂』の荻上直子監督が5年ぶりに撮った最新作で、生田斗真がトランスジェンダーの女性を演じたことでも話題の作品です。Filmarksユーザー限定の試写会も行われ、★4.0と好評! その見どころは?

kareamu1_2

荻上監督の新境地! さまざまな家族のカタチや、血の繋がり以上に強い結びつきがあることを気付かせてくれる映画

小5のトモは母ヒロミと2人で暮らしていたが、男を追ってヒロミが家を出てしまい叔父のマキオの家へ行くことに。しかしそこにはマキオの彼女でトランスジェンダーのリンコがいて……。最初は戸惑いつつも、家庭的で愛情あふれるリンコに心を寄せていくトモ。次第に家族のようになっていく3人だったが……。

孤独だったトモが徐々に家庭の温かさを知っていく姿、トモやマキオに愛情を注ぐリンコ、すべて受け止めるマキオ。性別を超え、そして血の繋がりも超えた家族の姿を考えさせられる映画です。

また、監督自身が「“荻上直子・第二章”の始まりです」と公言する通り、『かもめ食堂』のような“癒し系”とはまったく違う作品に仕上がっていることにも注目!

kareamu2_2

■かもめ食堂の監督がトランスジェンダーを題材にした映画とのことで少し嫌な予感がした。でも映画をみてその心配はすぐに払拭された。(norurunさん)
■わかりやすい御涙頂戴ものという感じではなく、監督独特の演出というか、美しくて自然で、時に笑いもあり、色々と考えさせられました。(sakaki0214さん)
■全体的に愛と優しさにあふれていて、すべてのシーンが映像効果や感情描写にきれいに繋がっていて、丁寧なのに無駄がない、とても美しい映画だと思いました。(makiko226さん)

丁寧に描かれたバックグラウンドにとらわれない、どこにでもある日常が胸に刺さる

劇中では、セクシュアル・マイノリティであるリンコへの差別や、育児に積極的ではない母親に育てられたトモの、愛情に飢えた悲しみも描かれています。そのため、セクシュアル・マイノリティの人たちへの差別意識やうまく関係が作れない親子の問題など日本にある社会問題を感じることのできる作品でもあります。でもそれ以上に伝わってくるのは、どこにでもある日常

リンコはどこにでもいる女性と同じように仕事をし、恋をして、子供がいる温かい家庭を作ることを望み、マキオはそんなリンコの中にある清らかさを愛し、トモはリンコの母性に惹かれ素直に愛情を求めていきます。

そんな彼らのバックグラウンドにとらわれない“普通の生活”が丁寧に描かれ、そこにある愛情や家族の姿が強く胸に刺さる映画になっています!

kareamu3_2

■とにかく暖かくも心に突き刺さり観た人の性別年齢関係なく必ず誰かに感情が移入できると思います。(norurunさん)
■誰もが大切な人を想うがゆえに、誰かを傷つけてしまうこともある。だけど現代では他者と違う人達が堪えなければいけないことが多い。考えさせられるテーマでした。(sakurabassさん)
■この映画のテーマは解決しづらいことなのに、すごく穏やかな気持ちにさせてくれる映画。(あずたんさん)

彼らが本気で編む“煩悩”も物語のアクセントに!

リンコが悔しい思いをしたとき、“煩悩”を放つためにするのが編み物。でもそのモチーフは実は意外なもの……。何を編んでいるのかは劇場で!

そしてリンコはある目標のために、その“煩悩”を編み続けます。目標達成のために一緒に作り出すトモとマキオ。この“彼らが本気で編む”姿がタイトルに繋がり、そして映画に込められた意味を理解する手がかりに!

kareamu4_2

■タイトルが変わっているなと思いましたが物語が進むにつれて段々理解していき、深く込められた思いもラストで静かにわかりました。(kitamitsuさん)
■トモを優しく包むリンコさんとマキオ、編み物に願をかけながら3人の関係をも紡いでいくなかで溢れる思いやりが胸に沁みました。(ひなたさん)
■複雑だけど題名の意味がわかると涙がとまらない(なつこさん)

難しい役を演じた俳優陣の演技も必見!

リンコには生田斗真、マキオには桐谷健太、トモには本作で映画本格デビューとなる柿原りんかそれぞれ心に葛藤を抱える難しい役を自然に演じているところはぜひ注目してほしいポイントです! ほかにもミムラ小池栄子門脇麦りりィ田中美佐子といった実力派俳優が出演しているのもお見逃しなく。

kareamu5

■女性の心を持つ男性の母性愛を演じる生田斗真さんの演技が光りました。子役の柿原りんかちゃんも演技が光ってました。(じゅうじゅうさん)
■子役ちゃん、スゴく良かった!『すげ〜』のリフレインが耳に残ってる。(mewさん)
■登場人物それぞれの強さと弱さが丁寧に、丁寧に描かれていて、きれいすぎて怖いくらい美しかった どうかこの映画がもっと多くのひとに届きますように………(NatsukiFukayamaさん)

◆映画『彼らが本気で編むときは、』 information

kareamu1_2

第67回ベルリン国際映画祭 パノラマ部門、ジェネレーション部門 正式出品作品
文部科学省選定作品(少年向き・青年向き・成人向き)

あらすじ:優しさに満ちたトランスジェンダーの女性リンコ(生田斗真)と彼女の心の美しさに惹かれ、すべてを受け入れる恋人のマキオ(桐谷健太)。そんなカップルの前に現れた、愛を知らない孤独な少女トモ(柿原りんか)。桜の季節に出会った3人が、それぞれの幸せを見つけるまでの心温まる60日。
小学生のトモは、母ヒロミ(ミムラ)と二人暮らし。ある日、ヒロミが男を追って姿を消す。ひとりきりになったトモは、いつものように叔父であるマキオの家に向かう。ただ以前と違うのは、マキオはリンコという美しい恋人と一緒に暮らしていた。リンコの美味しい手料理や母親が決して与えてくれなかった家庭のぬくもりとトモへの愛情・・。最初は戸惑うトモだったが、リンコのやさしさに閉ざした心を少しずつ開いていくのだった・・・。本当の家族ではないけれど、3人で過ごす特別な日々は、自分らしさと本当の幸せを教えてくれた。嬉しいことも、悲しいことも、どうしようもないことも、それぞれの気持ちを編み物に託して、3人が本気で編んだ先にあるものは・・・

上映時間:127分

2017年2月25日(土)、新宿ピカデリー、丸の内ピカデリーほか全国ロードショー!

公式サイト:http://kareamu.com/

配給:スールキートス

(c)2017「彼らが本気で編むときは、」製作委員会

※本記事、タイトルにて紹介しているスコアは2017年2月6日時点のものです。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • あいなま
    5.0
    途中から女の人にしかみえなかった
  • にこま
    4.3
    邦画独特の表現が散りばめられていて あたたかくて優しいけれど、ずっしり胸にくる映画。観てよかったです。
  • おんゆ
    4.3
    生田斗真の演技がとてもよかったです。やはり女性らしさは所作から現れるなと、自分も気をつけたいと思いました(笑)女の子の演技もリアルでよかったです。
  • ピーナッツ
    5.0
    あのカッコイイ生田君が男性オーラを消し去り、 女性オーラ全開で演じていて凄く良かったです。 世間からみれば男性なのに女性になりたいなんて変な! だとしか思えないだろうけれど、そんな人だっているのです。 でも、実際にそういう人に出会ってしまうと受け入れることは簡単じゃない かも知れない。きっと悩んでしまうと思う。 でも、マキオがトモに語る言葉にズキーンときてしまった。 「初めは女性としてリンコさんを好きになった。 元は男性だと知って驚いたけれど、 だんだんそんなことはどうでもよくなった。 男だとか女だとか関係ない!リンコさんが好きなんだ。」 (セリフそのままでは無いけれど) なんて素晴らしい言葉なんだろうと思いました。 なかなかそこまで人を愛することを難しいと思う。 大きな愛と優しさを感じた。 桐谷さんも抑えた演技が凄く良かった。 トモを演じた柿原りんかちゃんも リアルな小学生を演じていて共感できました。 全体的に重たく暗い感じがあまり無く、幸せな気持ちになれました。 この映画がマイノリティーな人と理解しあえるきっかけになったくれればと思う。 あとリリィさんの遺作が、こんな素晴らしい映画で良かったと思います。
  • badhabid
    4.2
    新宿ピカデリー 冒頭20分見逃して申し訳なくも途中入館 美しくて穏やかで、優しい気持ちになれるいい映画。この先も春が来たらまたきっと見たくなる。 個人的に湯を沸かす〜よりもこちらの方が、ファミリームービーとしては上質に感じた。湯を沸かす、がサウナだとしたら、こちらはダウニーの香りの柔らかい毛布みたいな映画。 画面の美しさで度々飛び出すえげつない下ネタすらも下品に感じさせないところがいい。 あと最近の日本映画は食事シーンが本当に秀逸だなぁ。ミムラのだらしない母親役、意外と合ってた。
  • メパロ
    4.0
    冒頭から苦しくて辛くて言えないことも沢山あっただろうけど人ってその分優しさ、丁寧さ、温かさに変換されているのかな〜と思ったよ。
  • あめんぼおばさん
    3.0
    2017/2月末あたり 大泉 荻上作品ということで観に行った これまでと違うなぁ…という印象だった 柿原りんかちゃんの声がいい 第一声聞いただけで賢い子なんだ…とわかる、知性を感じさせる声 楽しみ〜〜 映画はこれまでの色々語らない荻上作品好きな私にはちょっと居心地が悪かった それはLGBTを描いてるからとかでなくて、ストーリーのあちこちにゴトゴト引っかかる感じ それが狙いなのかも…まんまと引っ掛けられたのか私? やっぱり荻上作品好きだなぁ〜〜
  • rin
    3.7
    予告にあった、 ”リンコさんのような心の人に惚れちゃったらね、後のいろいろなことは、どーでもいいんだよ” っていう言葉に惹かれて観た映画。 LGBTの方の気持ちを知る一つのきっかけになるのではないかと思う。 生田斗真、ほんとに女の人みたいだなぁ。きれい。ほんとにいろんなことがどうでもよくなっちゃうね。 音楽との兼ね合いも素敵だった。 p.s.これは映画館で見たんだけど、周りのおばさま方がいちいち下ネタで笑ってて、そこでイマイチ映画に入れなくてこの評価にしました。個人の問題。
  • W
    4.1
    スタッフと役者が心を込めて作ったのが伝わって来る、ていねいに作られた作品だった。 いつもは華奢に見える生田斗真の肩幅の広さや背の高さに驚き、それがまたリンコさんの葛藤を生むのに効果的。 マキオの桐谷健太の静かに支えてる感じも良かった。 特筆は子役の柿原りんか。彼女はいい女優さんになるんだろうな。 この3人のキャスティングで、映画の3分の2は成功したと言ってもいい。 ミムラが意外なキャスティング。 あとは、料理やインテリアや衣裳や風景に相変わらずの萩野直子監督のセンスが光っている。「かもめ食堂」をはじめとした今までの雰囲気重視のつくりかたから一歩進み、よりドラマ部分に重心を置くことで、進化したように思う。 トランスジェンダーについても、重くなりすぎず、でもキチンと描いていると思う。 休日の昼下がりに見るのにはぴったりの作品。
  • Joh
    4.0
    よかった。たくさんの愛を感じました。特に、りんこさんのお母さんが素敵。だから、りんこさんはあんなに強く優しく美しくいれるんだなぁと感じました。大切な人を守れる人になりたいです。 いい映画は、エンドロールにメッセージ性のある歌が無くても泣けるんですね。
  • ip
    5.0
    トランスジェンダーの方の置かれた現状や苦悩を、荻上直子作品ののんびりとした作風に交えて映した良作。 しかしまぁいくら生田斗真が女性としても美しいからって、元男と知って驚いたとはさすがに無理があるだろう。 家族のあり方って血のつながりだけじゃないよねと思いながらも、最後にはダメな母親を選ぶ。辛いことや報われないことだらけでもすべて受け止める生田くんの強い姿が、彼らを異常などと思う人たちの心を変えてくれれば。
  • 1azusa
    3.9
    本当の家族でないものたちが共同生活を送る中で育まれていく複雑な感情、その解釈は多義的で深いメッセージに満ちている。 作中は育児放棄やLGBT、介護といった人間の本質に触れる幾つものモチーフを扱っている。親子関係や対人関係でうまく対処できず不安や不満をもつ登場人物の心情描写を多く言葉にせず、時にはユーモアを交えて深刻に描きすぎないところが、この映画に一貫してポジティブな雰囲気を作っている。いい映画だなと思った。
  • acott
    4.2
    編み物好きとして外せないと思って観に行った。やっぱり主題はトランスジェンダーの問題。というか問題とされてることが問題という問題提起。編む行為がフィーチャーされるのは後半。前情報で何を編んでいるかは知ってしまったけど、リンコさんとそのお母さんのセリフのあり方が、タブーなんてないと言わんばかりでグッときた。 親子関係や対人関係でうまく対処できず不安や不満を持っている登場人物が多い中、それを深刻に描きすぎず、優しいユーモアで包む感じがすごく良かった(あのシーン!といいたいけどネタバレになるのでやめておく)。こういう描き方はあんまり日本の映画では見ない気がする。 編み物というと一般的には「ほっこり」みたいな感じだろうけど、そう安直に扱わないところも良かった。さすが自身でも編まれる監督ならではだと思った。 性転換手術(作中では工事と呼ぶ)の詳しいところまで語らせたのにはびっくりした!しかも編み物使って(笑) あと編み溜めた大量の「煩悩」が舞うシーンは、『華麗なるギャツビー』のシャツ舞うシーンへのオマージュだな。
  • OPMIO
    4.5
    こ、これは、!!!やばい!!!! 今年始まってまだ3ヶ月だけと、今年で1番の映画に出会ってしまった感。 ほんとに、ほんとによかった! 全てがよかった! 色んな家族が詰まってた。 てか、生田斗真さん美しすぎた。女性より女性らしい。その演技に感嘆… 下ネタを軽くリズミカルな感じで描いてるから清々しく聞ける。リンコさんの煩悩であるちんこさんを投げ合い、スローで飛び交ってるシーンで3人の幸せをみれて、思わず笑顔に! 押入れに入ったトモにリンコさんが糸電話を渡して内緒話してるシーンが1番のお気に入り。 最後はズルいです。みんな幸せになってくれ!!!!!!!!!!!!!!!!!! 彼らが本気で編む理由が分かってよかった。この監督さんダイスキ、最高です。
  • 白畑伸
    5.0
    な、なんだこの作品は… こんな大傑作がなぜ話題にならない… まず映像がすごく綺麗&丁寧。 川だったり桜だったり雨でさえも 他の映画とは違った美しさが ありました。また、 夜の薄暗い部屋から 土手の満開の桜に場面が移って 「うわっ、白!!明るっ!! 綺麗!!!この映画すげぇ!!」 ってさせられたり、 終盤での家のシーンで ある来客者が下手にはけて 画面がトモとリンコとマキオの 3人だけになったりと いろんなところがすごく良く 作り込まれていた作品だった。 役者陣の演技がすこぶる いいこといいこと!!!! トランスジェンダーという 難しい役柄を好演した 生田斗真さん。 所作が完全に女性でしたよ、ええ… 声の高さが時々違うことも 妙なリアルさを感じました。 また複雑な家庭環境で 育った女の子、トモを 柿原りんかちゃんが熱演。 彼女は大成するんだろうな〜… 作中では色々な恋愛の形があって それを対比して観るのもまた 楽しかった。 チンコ投げながらだんだんスローに なるとことか微笑まし過ぎて… ニッコニコしながら涙しました… あとこの作品は この親だからこう育つんだな〜とか、 こういう生活状態だったから こうなるよなそりゃとか、 そういう実在感が感じれて面白い。 結構下ネタ多めで驚いた。笑 そこまで敷居と高い映画でも なかったです、誰でも楽しめる。 この映画はリンコさんのような方の 映画でもリンコとマキオの映画では ありません、それなら 「二人が本気で〜」「彼女が本気で〜」 とかにすればいい。 これは家族の映画なのです。 そう「彼らが本気で編むときは、」 という名前の映画なんです。 終わり方がまあ卑怯でねぇ… もともとスコアは4.9付ける気でしたが 最後の最後でやってくれましたコノヤロー。 ブルーレイ買います、はい。 がしかし、今作は音楽など 映像がまあどちゃくそ綺麗なので ぜひ映画館で観ることをお勧めします。 と言ってももう上映も終わるけどね。 ?「観れない君はほんとかわいそう。」
  • こはる
    -
    ◎◎
  • クレミ
    3.6
    非常に良い点と悪い点が半分ずつくらい。 物語を進めるため、トモたち家族の関係性変化を図るために生み出された周囲の人間のキャラ付けが少し類型化されすぎている気がする。極端というか。あそこまで差別されたら逆に清々しい。もう少しジメッと、イヤーな感じであったらもっとリアルにトランスジェンダーへの目線を感じることができたのかなと思う。 リンコさんとマキオの関係性が素晴らしいからこそ、リンコさんが余りに神聖化され、その周囲の人間が差別に満ち満ちている、善と悪といったような色分けの仕方がちょっと残念。でもこれが日本のLGBTへのリアルな目線なのかなというか、映像としてまだまだこんな風にしか表現できないのかな。 手放しに評価したいのは何と言ってもリンコさんを演じ切った生田斗真。もう本当に美しい。表情や所作のひとつひとつから 優しさと内面の美しさを感じさせる。リンコさんのようになりたい、素直にそう思わせられる。生田斗真、こんなにいい役者さんだったのね。 神様が造形を間違えた。リンコさんが自分のことをそう言っているけど そういう人は自分が思っている以上に周りにいる。そういう人たちが自分らしく生きていける世の中になってほしいのはもちろんなのだけど、この作品を見ると ヘテロセクシャルでリンコさんを差別していた人たちでさえ上手く生きていけてないんだもの。みんなが自分らしく生きていける世の中って、本当に難しい。
  • ごるごん
    3.5
    生田斗真演じるリンコが本当に綺麗。日常の何気ないシーンの積み重ねで、マキオ、リンコとトモの仲がだんだん深まっていく様子が伝わってきた。
  • ゆゆ
    -
    記録
  • あーち
    3.7
    『ビール発明した人にノーベル賞あげたい』
  • orange
    -
    斗真美しすぎ!!!女の人役でも全然違和感なかった!!!!
  • mmmm
    3.9
    ただただリンコが綺麗。身も心も綺麗な人ってこういう人のことを言うんじゃないかな。悲しいけど、まだまだLGBTに偏見を持つ人は多いんだよね。性なんて関係ないのにね。
  • r
    4.2
    生田斗真さんが女のなかの女にみえました。 映画館でこの映画をみることができて本当によかった。
  • 木所将夫
    -
    リンコが作った可愛らしいお弁当が素敵だ。フードスタイリストの飯島奈美の見せる料理はいいな。切り干し大根やあさりの醤油煮もGood!
  • ぞのさき
    4.5
    どうしても観たくて、起きがけに 洗濯したばっかりのハンカチだけカバンに放りこんで、観に行ってきた。 ふわふわだったハンカチがもうね、しっとりですよ。 ネグレクトの母親をもつトモが、トランスジェンダーのりんこさんをまだ受け入れられてない状況のなかでもりんこさんが作ったご飯を食べるときの表情。 生きるために食べてた与えられるコンビニのおにぎりにはないあたたかさ! 人がていねいに作るご飯の放つ光が見えるみたいで最高でした。 人種差別みたいなダサいまねをする人がいなくなることを願います。 りんこさんが編み物をして、成仏させる気持ちはもっとくだらない悩みになりますように。する必要のない悔しくて悲しくて仕方ない思いがこの世から少しでもなくなりますように!
  • Garu
    3.8
    タイトルを「めがね」などのタイプに変えるとしたら「〇っぱい」もしくは「〇んこ」だろう。 歌って踊らないジャニーズの生田斗真さんは持ち前のルックスだけに頼らない色々な役をこなし、素人目にも順調にいい役者さんになってきていると思う。今作も普通ジャニーズだったらオファーを受けなさそうな役どころだ。 もちろんルックスありきだと思われるが、日本でのトランスジェンダーの女性表現と言うのはやはりまだ難しい役どころだろう。もちろん恋人役の桐谷健太さんも同様、表現の難しい役をしっかりと演じていた。 「かもめ食堂」や「めがね」のあの全編ほっこり感はなくなり、かといって完全シリアスなわけでもなくクスクス笑ってしまう所も沢山ある、得意の間やフィックスの絵を上手に使った中間?のような雰囲気。 だから今まであのほっこり感が苦手だった人も楽しめそう。 居候することになる娘役の子がとても印象的だった。どこか大人っぽく見えるのだが子供らしさもポロポロ出してくるので、観てるこちらも親身になってしまうような可愛さがあり、愛情の受け方、与え方も抜群のだった。 誰に感情移入するかと言ったらあの子だ。 トランスジェンダーの女性に対しての劇中に出てくる批判的な意見が時代遅れに見えてしまったが、実際日本の世間的認識はまだこんなものなのかな?と考えさせられる。 抜群のラストシーンや間の取り方が独特なシーンは個性的でおもしろい。何より長回しに耐えられるのだからすごい。独特のほっこり感も全部なくしてしまわないでまた新作が観たい。
  • 瑠衣
    3.8
    自分を肯定してくれる母・パートナーに出会えたリンコの幸せを願わずにはいられない、そんな映画だった。 私も生田斗真の女性役に釣られた1人だけども、ミーハー精神を2つに斬って捨てられた気がしたw いくらLGBTへの偏見をなくそうと言っても実際に接する機会がないと難しい話で、排他的な日本では難しいだろうけどLGBTだと公表しやすい社会にならないだろうかと思った。
  • yuiri
    3.9
    リンコの容姿にはほとんど驚かなかった。 スクリーンに映っていたのは、美しい女性そのもののように感じたからだ。 こういう映画が公開され、どう感じるかは自由だが、とにかく多くの人が観た、ということだけで、とても重要なことだと思う。 最初は確かにむずむずするような感覚を覚えたが、次第にすっと入り込めた。 また、色んな人の悩みやつらさがちりばめられていて、やり切れなくなる所もあった。 しかし最終的には、映画が終わっても、リンコの優しさに包まれているような感覚が残った。温かかった。 それから、髙橋 楓翔くんに拍手を送りたかった!よくあの役をやりきっていたなと。 ただ一つ気になったのは、年齢設定。リンコの母やその夫のことを考えると、彼女をいくつくらいと捉えていいか分からなかった。
  • 奈菜子
    4.1
    久しぶりの邦画 心だけではなく胃袋もがっしりとつかまれました。 毎日川の字になって眠った彼らがどうして家族じゃないと言えるんだろう。 3人の生活(食卓も含めて)は観ていてただただ愛おしかったです。 生田斗真も桐谷健太も他の映像作品ではあまり見せない一面を見せていて、そういう意味でも貴重な作品。りんこさん(生田斗真)が「ともちゃんがかわいくて仕方ないの」と、本当の母親なら屈託なく言えるはずの言葉を泣きながらまきお(桐谷健太)に打ち明けるシーンは、なんというか言葉になりませんでした。
  • layla
    4.3
    偏見やいじめや育児放棄の厳しい問題を含みつつ、温かくて優しい話で泣けた。 生田斗真のごっつさが気になったのは最初のほんの一瞬で、女性らしい柔らかさを仕草や表情で見事に表現していて素晴らしく可愛いかった。 同級生のカイ君の様にいつまでもLGBTの子供が苦しまなければならない世の中ではいけないと強く思った。 LGBTを授業で取り上げる等、無知から来る誤解や偏見をなくす対策にも力を入れるべきだと思う。
「彼らが本気で編むときは、」
のレビュー(3151件)