【★4.0の話題作】『かもめ食堂』の荻上直子監督・第二章! 性別、血縁を超えた家族の“普通の日常”に心揺さぶられる傑作邦画完成

Filmarks公式

フィルマーくま

トランスジェンダーの女性とその彼、母が家出した孤独な少女。この3人の共同生活を描いた映画『彼らが本気で編むときは、』。『かもめ食堂』の荻上直子監督が5年ぶりに撮った最新作で、生田斗真がトランスジェンダーの女性を演じたことでも話題の作品です。Filmarksユーザー限定の試写会も行われ、★4.0と好評! その見どころは?

kareamu1_2

荻上監督の新境地! さまざまな家族のカタチや、血の繋がり以上に強い結びつきがあることを気付かせてくれる映画

小5のトモは母ヒロミと2人で暮らしていたが、男を追ってヒロミが家を出てしまい叔父のマキオの家へ行くことに。しかしそこにはマキオの彼女でトランスジェンダーのリンコがいて……。最初は戸惑いつつも、家庭的で愛情あふれるリンコに心を寄せていくトモ。次第に家族のようになっていく3人だったが……。

孤独だったトモが徐々に家庭の温かさを知っていく姿、トモやマキオに愛情を注ぐリンコ、すべて受け止めるマキオ。性別を超え、そして血の繋がりも超えた家族の姿を考えさせられる映画です。

また、監督自身が「“荻上直子・第二章”の始まりです」と公言する通り、『かもめ食堂』のような“癒し系”とはまったく違う作品に仕上がっていることにも注目!

kareamu2_2

■かもめ食堂の監督がトランスジェンダーを題材にした映画とのことで少し嫌な予感がした。でも映画をみてその心配はすぐに払拭された。(norurunさん)
■わかりやすい御涙頂戴ものという感じではなく、監督独特の演出というか、美しくて自然で、時に笑いもあり、色々と考えさせられました。(sakaki0214さん)
■全体的に愛と優しさにあふれていて、すべてのシーンが映像効果や感情描写にきれいに繋がっていて、丁寧なのに無駄がない、とても美しい映画だと思いました。(makiko226さん)

丁寧に描かれたバックグラウンドにとらわれない、どこにでもある日常が胸に刺さる

劇中では、セクシュアル・マイノリティであるリンコへの差別や、育児に積極的ではない母親に育てられたトモの、愛情に飢えた悲しみも描かれています。そのため、セクシュアル・マイノリティの人たちへの差別意識やうまく関係が作れない親子の問題など日本にある社会問題を感じることのできる作品でもあります。でもそれ以上に伝わってくるのは、どこにでもある日常

リンコはどこにでもいる女性と同じように仕事をし、恋をして、子供がいる温かい家庭を作ることを望み、マキオはそんなリンコの中にある清らかさを愛し、トモはリンコの母性に惹かれ素直に愛情を求めていきます。

そんな彼らのバックグラウンドにとらわれない“普通の生活”が丁寧に描かれ、そこにある愛情や家族の姿が強く胸に刺さる映画になっています!

kareamu3_2

■とにかく暖かくも心に突き刺さり観た人の性別年齢関係なく必ず誰かに感情が移入できると思います。(norurunさん)
■誰もが大切な人を想うがゆえに、誰かを傷つけてしまうこともある。だけど現代では他者と違う人達が堪えなければいけないことが多い。考えさせられるテーマでした。(sakurabassさん)
■この映画のテーマは解決しづらいことなのに、すごく穏やかな気持ちにさせてくれる映画。(あずたんさん)

彼らが本気で編む“煩悩”も物語のアクセントに!

リンコが悔しい思いをしたとき、“煩悩”を放つためにするのが編み物。でもそのモチーフは実は意外なもの……。何を編んでいるのかは劇場で!

そしてリンコはある目標のために、その“煩悩”を編み続けます。目標達成のために一緒に作り出すトモとマキオ。この“彼らが本気で編む”姿がタイトルに繋がり、そして映画に込められた意味を理解する手がかりに!

kareamu4_2

■タイトルが変わっているなと思いましたが物語が進むにつれて段々理解していき、深く込められた思いもラストで静かにわかりました。(kitamitsuさん)
■トモを優しく包むリンコさんとマキオ、編み物に願をかけながら3人の関係をも紡いでいくなかで溢れる思いやりが胸に沁みました。(ひなたさん)
■複雑だけど題名の意味がわかると涙がとまらない(なつこさん)

難しい役を演じた俳優陣の演技も必見!

リンコには生田斗真、マキオには桐谷健太、トモには本作で映画本格デビューとなる柿原りんかそれぞれ心に葛藤を抱える難しい役を自然に演じているところはぜひ注目してほしいポイントです! ほかにもミムラ小池栄子門脇麦りりィ田中美佐子といった実力派俳優が出演しているのもお見逃しなく。

kareamu5

■女性の心を持つ男性の母性愛を演じる生田斗真さんの演技が光りました。子役の柿原りんかちゃんも演技が光ってました。(じゅうじゅうさん)
■子役ちゃん、スゴく良かった!『すげ〜』のリフレインが耳に残ってる。(mewさん)
■登場人物それぞれの強さと弱さが丁寧に、丁寧に描かれていて、きれいすぎて怖いくらい美しかった どうかこの映画がもっと多くのひとに届きますように………(NatsukiFukayamaさん)

◆映画『彼らが本気で編むときは、』 information

kareamu1_2

第67回ベルリン国際映画祭 パノラマ部門、ジェネレーション部門 正式出品作品
文部科学省選定作品(少年向き・青年向き・成人向き)

あらすじ:優しさに満ちたトランスジェンダーの女性リンコ(生田斗真)と彼女の心の美しさに惹かれ、すべてを受け入れる恋人のマキオ(桐谷健太)。そんなカップルの前に現れた、愛を知らない孤独な少女トモ(柿原りんか)。桜の季節に出会った3人が、それぞれの幸せを見つけるまでの心温まる60日。
小学生のトモは、母ヒロミ(ミムラ)と二人暮らし。ある日、ヒロミが男を追って姿を消す。ひとりきりになったトモは、いつものように叔父であるマキオの家に向かう。ただ以前と違うのは、マキオはリンコという美しい恋人と一緒に暮らしていた。リンコの美味しい手料理や母親が決して与えてくれなかった家庭のぬくもりとトモへの愛情・・。最初は戸惑うトモだったが、リンコのやさしさに閉ざした心を少しずつ開いていくのだった・・・。本当の家族ではないけれど、3人で過ごす特別な日々は、自分らしさと本当の幸せを教えてくれた。嬉しいことも、悲しいことも、どうしようもないことも、それぞれの気持ちを編み物に託して、3人が本気で編んだ先にあるものは・・・

上映時間:127分

2017年2月25日(土)、新宿ピカデリー、丸の内ピカデリーほか全国ロードショー!

公式サイト:http://kareamu.com/

配給:スールキートス

(c)2017「彼らが本気で編むときは、」製作委員会

※本記事、タイトルにて紹介しているスコアは2017年2月6日時点のものです。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • mizero
    5.0
    LGBTがテーマであるが、母と子そして家族の切ないけれど、どこか温かい(*´︶`*)...心震えました。 リンコさんとトモちゃんは心通う家族だね! そして特筆すべきは、間の取り方だと思います。 出演者の皆さんの話し方、掛け合い、そこから生まれる空気感は本当に魔法の様に絶妙です💯 (これが余りに自然過ぎるところが逸品) 今まで観た映画の中でも指折り、いや1番といっても過言ではなく...この作品に出会えて良かったと本気で思いました。 スコア5以上!
  • まい
    3.8
    「生田斗真が女装してる」って意識はすぐにどっかにいってしまって、リンコさんとしてしっかり見られたな。 そしてある意味衝撃のラスト。 女ってことにあぐらをかいているガサツな女性とリンコさんの対比とか。なんかちょっとしたシーンからいろんな想像が広がって、いろいろ感じたけれどうまく気持ちがまとまらない。けどすごくいろいろ感じた。 深くて難しいテーマながら、見終えた後に優しい余韻が残ります。 そして見終わってすぐより、時間が経ってからの方がジワジワきている。思い出してすこしじんわりしてしまった。 毛糸で編んだモフモフのアレが飛び交うシーンとか、浜辺に転がってるところとか、すごいシュールでムズムズしてしまうぐらいなんか愛おしかった。
  • みずいろ
    3.9
    大好きな監督の新作、遅ればせながら鑑賞。 はじめは、生田斗真というザ・ジャニーズの人はこの監督の作風にどうなんだろうか…と少し疑っていた…。 けれどいざ見てみると、最初こそ違和感が少しあったものの、慣れるともうりんこさんそのもの。 編み物をする事で、嫌な事、悔しい事をチャラにする、そんな風に自分の感情を操る、尊敬できる素敵な女性。 アキオのリンコさんに対する素直な言葉が沁みていく。 そして、フードスタイリストの飯島奈美さんの手がけるご飯は、今回もとても美味しそう。 レモンを添えた唐揚げに、朝の食卓に並ぶ小ぶりな黄色い卵焼き。 たっぷりのタコさんウィンナーに、しじみの醤油漬けが入ったお弁当。 映画「チョコレートドーナツ」と路線は同じでありながら、空気感は別物。 優しく、柔らかな気持ちで観られる映画。
  • べりす
    4.0
    ずっと見たかった映画。 おすすめされたのもあるけど、ここでの評価も高くて絶対見たかった。 LGBTを問題とした映画でもあるし、ネグレクト、親子の在り方も題材。 主人公の女の子はシンママに育てられていて、そんなママはすぐ仕事をやめてどこかに行ってしまったり男の人についていってしまう。 主人公はママの弟をまた頼りにする。 おじさんは先に言っておくことがあると、以前来たように独り暮らしではなくりんこさんという戸籍上はまだ男性の(性適合手術済、豊胸済、戸籍のみまだ変更なし)女性と同棲していることを告げた。 ここから1ヶ月以上そんな三人での生活が始まり話は進む。 ★★★★★★★★ 以下ネタバレ的な感想 ★★★★★★★★ どんなにネグレクトされても、結局はお母さんが大好きで、お母さんに愛されたいんだな。 りんこさんが悪いんじゃない。 りんこさんがどんだけ愛情を持ってキャラ弁作ったり、抱きしめてくれたり、話を聞いてくれたり、本当の家族のようにそばにいてくれてても母親なんだな。 まずはりんこさんを取り巻くLGBTの環境についての感想から。 りんこさんの過去の話で、お母さんが毛糸で偽のおっぱいを作ってくれてブラジャーをプレゼントしてくれてた。 「胸はあげられないけど」って。 柔道着や水着が嫌で体育出てないのも学校は理解は示さなくても母親がこんなに理解してあげられてたなんて素敵だな。 ここでまず涙が出た。 介護施設でもみんな受け入れてくれていた。素敵な職場。 どんだけのつらいことがあっても当たらず編み物をしてその気持ちをぶつけてきたりんこさん。 思い出したくもないひどいことがあったのだろう。 「性別は変えれてもこの大きな手は変えられない」 生殖器の手術を終えてもということ。 整形手術や声帯の手術をのちのちしても、手を小さくする手術って聞いたことないな。 大きな手と言われるのもコンプレックスの人もいるんだ。 日本人ってすぐ顔の評価をする人種らしいので、褒めてることでもそれが失礼に値する国もあるそう。 そんな日本なくせに整形かよーとかすぐ整形を叩く人がまだまだいる。 自分がしないからって整形してる相手を受け入れられない人がLGBTを本当の意味で受け入れられるのだろうかと考える。 簡単に「でもまだ顔が男」とか言うよきっとそういう人たちは…。 他人から見れば小さな事でも、少しでも生きやすくできるなら何でもしていいと思う。 入院してしまって戸籍上男だからと男性病棟に入れられてた。 今後どうなるんだろうこういう問題。 昔LGBTの人がシェアハウスの問い合わせをしていた。 ほぼ無回答の中お断りのお返事があった理由は「お風呂やトイレなど男女で分けていて性別が男性のままでは男性の方を使ってもらうしかない」「特記がない共用のお風呂やトイレがあるシェアハウスもあるがそこは女性専用のシェアハウスである為戸籍上女性であることが規約で難しい」というところと「前例がないのでうちではお断りさせてもらう」という2社だった。 難しいよね。 シェアハウスじゃなくしてでも、こういう病院にしろ前例がないことを考えていかなければならないなと思う。 戸籍変えたくないけど女性として在りたい人もいるしひとくくりにはできない、様々だろうし。 ここに出てくる介護施設のように、ピンクの作業着を着せてもらえるような場所がたくさんできればいいのに。 もちろん、隠したい人は隠したままでいいと思う。 あのおうち男二人で住んでるのよって噂になるのもね。女性同士だとあまりそういう噂にならないらしいけど。 そんないろんなことがあったであろうりんちゃんがこんなにも心がきれいでまっすぐに人を愛せて主人公のことも愛おしくて仕方がないと話してた。 生田斗真さんが演じてたけど、無理な感じもなく素晴らしい演技だったと思う。 また、りんちゃんとは別に主人公のお友達の男の子がなぜかわからないという気持ちの中男の先輩が好きということを主人公にも相談している。すごく悩んでいる中、その先輩へのラブレターをみつけた母親は破ってそのままその男の子の部屋のゴミ箱に捨ててしまう、バレバレ。 主人公とりんちゃんを見つけて、いい人のように「何かあれば私達に言って」と正義感溢れた形で主人公に伝えてしまったり、男の子にもりんちゃんのような異常な人と関わるなと言ったり…多分嫌がらせで児童相談所に通報したのもあの母親だろうな。 そんな母親のもとだから男の子はODして入院したんだろうね。 可哀想すぎた。 まだまだあの母親のモラハラは続くんだろうな。 りんちゃんのお母さんのように 「だって私の娘が一番可愛いんだもん」 って言ってあげられる母親、すごいよ!! そして…。親子の問題。 主人公の母親のネグレクト、帰ってきて悪びれもせず「お金すっからかんになっちゃったー」じゃねーよw おじさんに主人公を置いていなくなるのはなぜなのかと問いつめられても 「だってそんなのわかんない」「女なんだもん」 だった。 女なんだもん…。いろんな意味でとれるよね。母親である前に女性である。それは間違ってない。でも母親である限りは安全に娘を育ててあげてほしいというか…。 恋愛してもいいし預ける日があってもいいから、そんないきなり1ヶ月も放置したり娘がコンビニのおにぎりばかり与えられてトラウマになっておにぎり吐いちゃうくらいまで追い詰めてるのに、女性だから仕方がないなんて片付けていいとは思わないな。 あの場で主人公である自分の娘に諭されて「お母さんと一緒ににいるから、今日は一人で帰って」って帰れちゃう時点でなぁ…。 母親の元に戻るのはモヤモヤしたけど、総じて母親という存在の二人(主人公の母親と主人公の男友達の母親)以外がいい人だった。 老後施設にいたおばあちゃん、主人公をお母さんと勘違いしてきつめに服装の注意をしてたけどあれは何かのフラグ? 母の性格とか歪んだのはそのまた母の教育の失敗ってこと?それともただ単に主人公に母親の幼少期を想像させたかっただけ? おじさんがタクシーに乗る主人公に「姉をよろしくお願いします」って言うのもね。うーん。。。私があの年だったらポカーンとしちゃいそうw
  • のばら
    4.1
    み終わった後、題名に納得した。その行為が彼らにとってどのような意味があるのか、客観的にみてどうかを感じることができた。
「彼らが本気で編むときは、」
のレビュー(11244件)