【★4.0の話題作】『かもめ食堂』の荻上直子監督・第二章! 性別、血縁を超えた家族の“普通の日常”に心揺さぶられる傑作邦画完成

2017.02.17
特集

Filmarks編集部

フィルマーくま

トランスジェンダーの女性とその彼、母が家出した孤独な少女。この3人の共同生活を描いた映画『彼らが本気で編むときは、』。『かもめ食堂』の荻上直子監督が5年ぶりに撮った最新作で、生田斗真がトランスジェンダーの女性を演じたことでも話題の作品です。Filmarksユーザー限定の試写会も行われ、★4.0と好評! その見どころは?

kareamu1_2

荻上監督の新境地! さまざまな家族のカタチや、血の繋がり以上に強い結びつきがあることを気付かせてくれる映画

小5のトモは母ヒロミと2人で暮らしていたが、男を追ってヒロミが家を出てしまい叔父のマキオの家へ行くことに。しかしそこにはマキオの彼女でトランスジェンダーのリンコがいて……。最初は戸惑いつつも、家庭的で愛情あふれるリンコに心を寄せていくトモ。次第に家族のようになっていく3人だったが……。

孤独だったトモが徐々に家庭の温かさを知っていく姿、トモやマキオに愛情を注ぐリンコ、すべて受け止めるマキオ。性別を超え、そして血の繋がりも超えた家族の姿を考えさせられる映画です。

また、監督自身が「“荻上直子・第二章”の始まりです」と公言する通り、『かもめ食堂』のような“癒し系”とはまったく違う作品に仕上がっていることにも注目!

kareamu2_2

■かもめ食堂の監督がトランスジェンダーを題材にした映画とのことで少し嫌な予感がした。でも映画をみてその心配はすぐに払拭された。(norurunさん)
■わかりやすい御涙頂戴ものという感じではなく、監督独特の演出というか、美しくて自然で、時に笑いもあり、色々と考えさせられました。(sakaki0214さん)
■全体的に愛と優しさにあふれていて、すべてのシーンが映像効果や感情描写にきれいに繋がっていて、丁寧なのに無駄がない、とても美しい映画だと思いました。(makiko226さん)

丁寧に描かれたバックグラウンドにとらわれない、どこにでもある日常が胸に刺さる

劇中では、セクシュアル・マイノリティであるリンコへの差別や、育児に積極的ではない母親に育てられたトモの、愛情に飢えた悲しみも描かれています。そのため、セクシュアル・マイノリティの人たちへの差別意識やうまく関係が作れない親子の問題など日本にある社会問題を感じることのできる作品でもあります。でもそれ以上に伝わってくるのは、どこにでもある日常

リンコはどこにでもいる女性と同じように仕事をし、恋をして、子供がいる温かい家庭を作ることを望み、マキオはそんなリンコの中にある清らかさを愛し、トモはリンコの母性に惹かれ素直に愛情を求めていきます。

そんな彼らのバックグラウンドにとらわれない“普通の生活”が丁寧に描かれ、そこにある愛情や家族の姿が強く胸に刺さる映画になっています!

kareamu3_2

■とにかく暖かくも心に突き刺さり観た人の性別年齢関係なく必ず誰かに感情が移入できると思います。(norurunさん)
■誰もが大切な人を想うがゆえに、誰かを傷つけてしまうこともある。だけど現代では他者と違う人達が堪えなければいけないことが多い。考えさせられるテーマでした。(sakurabassさん)
■この映画のテーマは解決しづらいことなのに、すごく穏やかな気持ちにさせてくれる映画。(あずたんさん)

彼らが本気で編む“煩悩”も物語のアクセントに!

リンコが悔しい思いをしたとき、“煩悩”を放つためにするのが編み物。でもそのモチーフは実は意外なもの……。何を編んでいるのかは劇場で!

そしてリンコはある目標のために、その“煩悩”を編み続けます。目標達成のために一緒に作り出すトモとマキオ。この“彼らが本気で編む”姿がタイトルに繋がり、そして映画に込められた意味を理解する手がかりに!

kareamu4_2

■タイトルが変わっているなと思いましたが物語が進むにつれて段々理解していき、深く込められた思いもラストで静かにわかりました。(kitamitsuさん)
■トモを優しく包むリンコさんとマキオ、編み物に願をかけながら3人の関係をも紡いでいくなかで溢れる思いやりが胸に沁みました。(ひなたさん)
■複雑だけど題名の意味がわかると涙がとまらない(なつこさん)

難しい役を演じた俳優陣の演技も必見!

リンコには生田斗真、マキオには桐谷健太、トモには本作で映画本格デビューとなる柿原りんかそれぞれ心に葛藤を抱える難しい役を自然に演じているところはぜひ注目してほしいポイントです! ほかにもミムラ小池栄子門脇麦りりィ田中美佐子といった実力派俳優が出演しているのもお見逃しなく。

kareamu5

■女性の心を持つ男性の母性愛を演じる生田斗真さんの演技が光りました。子役の柿原りんかちゃんも演技が光ってました。(じゅうじゅうさん)
■子役ちゃん、スゴく良かった!『すげ〜』のリフレインが耳に残ってる。(mewさん)
■登場人物それぞれの強さと弱さが丁寧に、丁寧に描かれていて、きれいすぎて怖いくらい美しかった どうかこの映画がもっと多くのひとに届きますように………(NatsukiFukayamaさん)

◆映画『彼らが本気で編むときは、』 information

kareamu1_2

第67回ベルリン国際映画祭 パノラマ部門、ジェネレーション部門 正式出品作品
文部科学省選定作品(少年向き・青年向き・成人向き)

あらすじ:優しさに満ちたトランスジェンダーの女性リンコ(生田斗真)と彼女の心の美しさに惹かれ、すべてを受け入れる恋人のマキオ(桐谷健太)。そんなカップルの前に現れた、愛を知らない孤独な少女トモ(柿原りんか)。桜の季節に出会った3人が、それぞれの幸せを見つけるまでの心温まる60日。
小学生のトモは、母ヒロミ(ミムラ)と二人暮らし。ある日、ヒロミが男を追って姿を消す。ひとりきりになったトモは、いつものように叔父であるマキオの家に向かう。ただ以前と違うのは、マキオはリンコという美しい恋人と一緒に暮らしていた。リンコの美味しい手料理や母親が決して与えてくれなかった家庭のぬくもりとトモへの愛情・・。最初は戸惑うトモだったが、リンコのやさしさに閉ざした心を少しずつ開いていくのだった・・・。本当の家族ではないけれど、3人で過ごす特別な日々は、自分らしさと本当の幸せを教えてくれた。嬉しいことも、悲しいことも、どうしようもないことも、それぞれの気持ちを編み物に託して、3人が本気で編んだ先にあるものは・・・

上映時間:127分

2017年2月25日(土)、新宿ピカデリー、丸の内ピカデリーほか全国ロードショー!

公式サイト:http://kareamu.com/

配給:スールキートス

(c)2017「彼らが本気で編むときは、」製作委員会

※本記事、タイトルにて紹介しているスコアは2017年2月6日時点のものです。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • メンデス
    4.6
    愛が何か教えてくれる物語。 親世代が観たら、子供を愛おしいと思い、 子供世代が観たら、親を愛おしいと思う。 そんな、沢山の愛に溢れた物語。 子供が、いくら嫌ってる親の事を忘れられないのは当たり前であって、忘れる必要も、努力もいらない。 だが、本当の愛を知らない子にとってみれば、どれほど見放されることが辛く悲しいことなのか、考えさせられた。 子供がいる世代は共感することが多いはずだ。ぜひ観て欲しい。
  • Silence
    4.9
    ベルリン国際映画祭でこの映画を見ました、素晴らしい映画だと思う。
  • まりお
    4.5
    映画を観てこんなに心暖まったのは久しぶりです。切なさや割り切れない思いもありますが、観終わった後は、どういう訳か心が安らぎました。
  • ガチまゆちゃんねる
    4.1
    本編では泣かなかったけど、最後のエンドロールの間に色々自分で考えてると泣けてくる作品
  • みるはつ
    4.0
    「ゲームしたい!」、「犬飼いたい!」など大人が思う子供像だけでなく 「きもっ!」、「マジひいたわ」など子供の間で見せるリアルな子供像も描かれている そこから映画が始まる為、 身近にいないトランスジェンダーを見たことのない観客に リアルに感じる効果を子供が与えている いきなり女装した生田斗真が登場しては抵抗感を持たれてしまう 音楽は、 ぶつけた体に手をあてるように 考えたがる人間に温もりを与えている トランスジェンダーが主だが日本のあらゆる問題が散りばめられたストーリーだと思う 老後、子育て、大人にも影響を与えている子供時代の愛情などが脇を固める 一つ禁止事項を書いておくと 空腹で観ないこと、荻上映画はやっぱり料理がウマそうだ。
  • miya
    4.0
    ボロ泣き。心揺さぶられる。 本当に苦しくなるくらい、優しさがつまってて、 家族がすごく愛おしくなる。
  • むろみ
    4.8
    超絶よかった。人生初の試写会。大好きな荻上直子さんの最新作。生田斗真の女優っぷりは見事。個人的には田中美佐子が良かった。あんなお母さんが欲しい。
  • YoshihiroKubo
    4.5
    母性をまとった生田斗真の演技に圧倒された。2月3本目の試写会は「彼らが本気で編むときは、」。 生田斗真が性同一性障害の役をやると聞いた時から期待は高まっていた。否が応でもエディ・レッドメインを超えられるか(?)という思いで試写会場へ。ところが、今回の生田斗真演ずる役柄は、自らの性同一性障害に悩む役柄というよりは、そこを通り越して「家族」を持ちたい、「母」になりたい女の役柄。子どもがいっしょに暮らし始めた段階で「チョコレート・ドーナッツ」が頭をよぎったが、優しい優しい「チョコレート・ドーナッツ」だった。 性同一性障害で身体の工事は全部終わってるリンコさん(生田斗真)は介護士として働いている。優しいボーイフレンドのマキオと暮らすふたりの部屋に、マキオの姪っ子トモ(柿原りんか)11歳が転がり込んでくる。トモは母とのふたり暮らしだったが、ネグレクトの末に母親が失踪してしまったのだ。かくして、3人の暮らしが始まるが… 本作では他にも、トモの同級生でやはり性同一性障害に悩む男の子や、認知症で介護施設にいるマキオの母など様々な個性を持つキャラクターが登場するが、その誰もに優しい目で愛情が注がれる。性同一性障害に悩む子どもを持つふた組みの親子が描かれるが、その育て方の違いこそ、監督の伝えたかったテーマだろう。 生田斗真はもちろんだが、トモ役の柿原りんかの自然な演技もすごい! 最近の子役は本当にレベルが高いが、柿原りんかはオーディションを経て本作が映画デビュー。これから要チェックな才能だ。 見終わって、本当に優しい、ケチの付け所のない素晴らしい作品。この完璧な脚本は誰?と思ったら、監督も脚本も「かもめ食堂」の荻上直子5年ぶりの新作だった! そりゃ優しいわけだ。でもずいぶんはっきりとしたテーマを持つ作品を撮るようになったなぁ。 生田斗真は本作の後に「土竜の唄 香港狂想曲」の撮影に入ったと言う。なんという振り幅の大きさ! すごい俳優だ。 改めて「生田斗真にハズレなし!」 全映画ファンにオススメします。
  • Kanji
    4.6
    『かもめ食堂』の荻上直子監督がオリジナルの脚本で撮った作品。 トランスジェンダーの女の人を演じてる生田斗真の綺麗さにびっくりするし、浦ちゃんやない桐谷健太も真面目に優しい感じがなんか良いし、子役やのに凄い捻くれた感じがしつつ、それでも最後の方はとても愛おしく見えてくる柿原りんかちゃんなんかは絶対10年後とかに凄い良い女優さんになってる気がする。 基本的にトランスジェンダーや育児放棄がテーマみたいに見えるけれど、お母さんと娘の話が主軸にあって、いろんな愛の形があるんだなと気付かせてくれる。久々に帰省して母親に顔を見に行こうかなと思える。 なんにせよ、普段はおっとりしてる桐谷健太が、愛する人のために本気でキレるところは、男から見ても格好良く、こういふ人に私はなりたいと思った。
  • mi
    4.0
    完成披露試写会にて鑑賞。
  • naokonaoko
    4.3
    いつも素敵な作品の試写会を開催してくださるフィルマークスさん独占試写会で鑑賞。 生田斗真主演なので、女性ばかりかなぁなんて思い込んでいたら男性が多かったのが(半分くらいは男性だったような気がする)何だか意外でした。 序盤から自然と涙が。(『誰も知らない』を思い出しちゃったよ) そして泣いたりクスっと笑ったり、とても優しい。 タイトルにちなんで、優しさや愛をゆっくり編んで紡いでるような作品でした。 トランジェスターと難しいテーマの作品かと思いきや、その言葉(トランジェスター)を知らないくても、そして性別も関係なく、そんな枠を超えてすっと心に入っていくから先入観とか捨てて心配(?)しないでくださいね。 桜と美味しそうな食事が印象的。 好きな映画がまた一本増えました。 しっかし、生田斗真演じるリンコさんの女子力は女子より高い!高すぎる!!見習わなくては!! 優しくて広くて温かくて強いリンコさん、素敵だな。
  • norurun
    3.9
    かもめ食堂の監督がトランスジェンダーを題材にした映画とのことで少し嫌な予感がした。 トランスジェンダーはもちろん同性愛など性について近年取り上げられるようになったが2017年というこの時代なのにテレビなどではオネエなどひとくくりにされ笑われている。 でも映画をみてその心配はすぐに払拭された。とにかく暖かくも心に突き刺さり観た人の性別年齢関係なく必ず誰かに感情が移入できると思います。 小池栄子さんの役がとにかく嫌な女で観ててムカムカしそうになったのでかなり見ものです。そのくらい役がハマっていて大好きです。 そして早く日本にもLGBTについて堂々とできる日が来て欲しくなりました。 暖まりたくなったり寂しくなったらまたみます。
  • ryucas
    4.2
    試写会にて鑑賞。 これまで「かもめ食堂」,「めがね」,「トイレット」も好きで観ていて、ストーリーもさることながら、シナモンロール,かき氷,キョウザ など登場する食べ物も、なんともおいしそう、と注目していました(「めがね」のかき氷は、世界一おいしそう!)。 本作は2016年に映画館でチラシを見かけて以来、たのしみにしていました。 小学5年生の女の子トモは、母親とふたり暮らし。 ある日、母が出奔してしまい、叔父であるマキオの住まいに身を寄せる。 リンコと暮らすマキオとトモの3人での暮らしが始まる。 キッチンの調理台やシンクは、リンコさんが炊事するのにはやや低めのつくりと見受けられるが、料理上手という彼女の手料理はおいしそう。 いっしょに食卓を囲んだり、お花見に出かけたり、編み物をしたり、3人暮らしの時間が流れる。 リンコがトランスジェンダーであることで、理不尽なめにあうこともあるが、ともに乗り越えようとする。 ひとは、自分が尊重され、大切にされる、そんな居場所や家族をもてる、その可能性がある。 「チョコレートドーナツ」(2012年 米)と設定が似たところがあるが、 編み物のモチーフなどもあり、本作ではところどころ笑わせられた。 家族、親子をあたたかく描いた物語。
  • manaby18
    3.3
    試写会で観ました。部屋で一人、コンビニおにぎりを食べるシーンが切なすぎて…。家庭の温かみを考えるきっかけとなる映画でした。
  • ぼやん
    3.7
    試写会で鑑賞させていただきました。 トモ役の女優さんの演技に泣かされました。将来、子供を授かるとなったときにもう一度観たいと思う作品でした。 特にLGBTに対する理解が薄い50,60,70…代の方々に是非観ていただきたいと思い、差別のない社会になっていってほしいと考えさせられました。
  • sakaki0214
    4.6
    結構序盤からじんわりと目頭があつくなり、かなりぐっとくる内容でした。 生田斗真がトランスジェンダー役っていうのにとても興味があって見に行きましたが、予想以上にしっくりと役にはまっていて、生田斗真の幅の広さに驚かされつつ、かなり泣かされました。優しくて、たまに切ない表情を見せ、終始その演技に魅了されてました。 わかりやすい御涙頂戴ものという感じではなく、監督独特の演出というか、美しくて自然で、時に笑いもあり、色々と考えさせられました。 この作品がたくさんの人に受け入れられるといいな、と思います。
  • けいすけ
    3.7
    Filmarksの試写会で鑑賞させていただきました。 言葉1つ1つに暖かさを感じることのできる素敵な作品でした。考えさせられる部分もあるので色んな方にぜひ見て欲しいです。 出演者の方々の演技が全体的にとても良く、個人的には生田斗真さんと柿原りんかさんと門脇麦さんの演技がとても良かったと感じました。
  • クロベー
    4.0
    試写会参加しました。 四五十代の私達世代は、子供の頃親から何かにつけて『男らしく・女らしく』しなさいと言われ、口喧しく育てられました。 そんな私達世代は企業の管理職が多く、昨今のトランスジェンダー認知に関し、戸惑いながらも理解しようとしています。 本や講話等ではなかなか理解し難い為、この様な作品を観る機会を提供頂き感謝します。 とても素晴らしい作品で、一つの事を世代・性別・立場・状況等多面的に考える事の重要性を、再認識しました。 是非、幅広い世代の方に観て欲しい作品です。
  • tasatasap
    4.0
    愛を感じた映画。 年代・立場・環境で、観る度に感じ方が変わるのではと思いました。 自然と涙が出て、やさしい気持ちに。
  • ひなた
    4.2
    トモを優しく包むリンコさんとマキオ、編み物に願をかけながら3人の関係をも紡いでいくなかで溢れる思いやりが胸に沁みました。 一方で何度も一緒に悔しさを噛み締める瞬間に、 そうだろうなぁ、、と思わされる現実。 リンコさんやトモを取り巻く人たちの視線に何度もハッとさせられた。 あの人たちはかつての自分だったかもしれないし、 明日の自分かもしれない…。 こういうテーマに興味を持つ人が増えて、リンコさんの優しさが少しでも広がれば良いなぁと思えてならなかった。 空腹には堪える飯テロ映画でもあるので、しっかりと腹ごしらえしてから観ることをオススメしますw
  • oyama
    -
    なかなか自分の周りにはいない人達です 実際身近にいたらどの立場をとってしまうのだろう 考えさせられる映画でした
  • カレイコ
    4.9
    そのタイトルの意味がわかったときに、ぎゅっとこころが締め付けられた気がした。 生田斗真演じるリンコさんが美しすぎる。理解ある人に支えられ共に幸せを感じてるけど、時に世間はうまくいかない。トランスジェンダーだから、とかそういう枠を超えて沁み入ってくるストーリーでした。
  • NatsukiFukayama
    3.9
    登場人物それぞれの強さと弱さが丁寧に、丁寧に描かれていて、きれいすぎて怖いくらい美しかった どうかこの映画がもっと多くのひとに届きますように………
  • mew
    4.6
    荻上直子監督の映画はどれも好きだ! 飯島奈美ちゃんのご飯は毎回美味しそうだ! 全ての人に理解して貰うのはきっと無理なんだと思うけど、理解出来ないからといって攻撃しないでね。放っておいてね。そう言いたい。 私もお〇ん〇ん、編むの手伝いたかったなぁ。 子役ちゃん、スゴく良かった! 『すげ〜』のリフレインが耳に残ってる。 私は母の握るおにぎりが好きだった🍙 コンビニおにぎりのない時代で良かった。 男のも子供のも胃袋掴まなくちゃね!
  • emi
    3.6
    心が温まりました
  • makiko226
    5.0
    編み物好きなので、編み物ネタということと監督に惹かれて試写会に応募して観せて頂きました。 全体的に愛と優しさにあふれていて、すべてのシーンが映像効果や感情描写にきれいに繋がっていて、丁寧なのに無駄がない、とても美しい映画だと思いました。 「きれいすぎて涙が出る」という感覚を味わせてもらい、既に今年イチを観てしまった気がします。公開したらまた観たいと思います。
  • moonvenus
    -
    ジェンダーだけのお話と思いきや、ネグレスト、いじめ、差別、介護etc、現代が抱える悩みや問題が詰まった、色々考えさせられる作品でした。 これ程心の綺麗な人はいない。事実を知って驚いたが、それでも気持ちは変わらなかった。心に沁みました。
  • サンスター
    4.4
    お仕着せの常識に果敢にチャレンジし続けている、「非」常識の人、荻上直子さんの最新作はどストレートのLGBT、ジェンダー、家族がテーマ。また、小学生の子供が、親という大人とどう付き合うか、人格形成をする上での困難とどう戦うかも上手く織り込まれていた。 キャストも、新人の女の子を含め、見事に嵌っていた。特にこれまで色々不安のあった主人公たちが、予想を遥かに上回る快演。ミムラ、小池栄子、故りりぃさんまで無駄使いスレスレの豪華さ。 本年度のベスト10に既に確定。お薦めします。
  • sun
    4.0
    性や家族との関わりについて考えさせられる映画だった。 性同一性障害に対する理解が多くの人に広まることを願う。 もしリンコのような女性が自分の周りにいたら、マキオやリンコの母のように理解して接することができるか不安になった。
  • MizuKi
    2.5
    試写会。 見終わって「愛情の難しさと尊さ」を感じた。トランスジェンダーのリンコに惚れ込んだマキオ、実娘を上手く愛せないヒロミ、同性を愛してしまうカイ、リンコとマキオを取り巻く心の頑な大人達… 編み物をモチーフに、LGBT・育児放棄など社会課題の根底にある愛の問題が描かれている。 しかしながら、主人公リンコの心が美しすぎて、個人的にはあまり共感や感情移入が出来なかった…。世界観に入り込めるかが分かれる映画だと思う。 トモの友達・カイが苛められるシーン。自分の小学校でも、少し女の子っぽい男子がいじめられていたことを思い出した。 当時は「差別してはいけない」なんて分からなかった。でも、その時こういう映画を観ていたら、理解はできなくても、感じることは出来たのかもしれない。
「彼らが本気で編むときは、」
のレビュー(132件)