マイケル・ファスベンダーと初対面の斎藤工「空前絶後の喜び!」【取材レポート】

アサシン クリード

3月3日(金)に公開される映画『アサシン クリード』の舞台挨拶が先日、TOHOシネマズ六本木ヒルズにて開催され、主演のマイケル・ファスベンダーが登壇しました。

ファスベンダーが日本で一般向けのイベントに登場するのは今回が初。「コンバンハ。トウキョウ!」と日本語であいさつすると、会場につめかけたたくさんのファンは、盛大な拍手と歓声で迎えました。

実は昨年の10月に初来日していたというファスベンダーは、すっかり日本が気に入った様子で、「早く帰ってきたかった」とコメント。イタリアンと並んで日本食が一番好きな料理とあかし、「建築やデザインも気に入ったけど、みんなフレンドリーで規律を重んじる風潮や他人に対するリスペクトがすばらしい」と満面の笑みを浮かべていました。

アサシン クリード

本作『アサシン クリード』を“愛の結晶”と語るファスベンダー。「映画化の話が出たのは6年も前のことで、今日ようやくここまでたどり着きました」と想いを明かしました。

全世界で大人気のゲームをアクション映画として昇華させた本作でファスベンダーは、「パルクール」というアクションにも挑戦。“忍者スポーツ”とも呼ばれており、走る・跳ぶ・登るなどの動作が複合されていますが、このパルクールについてファスベンダーは、「38歳ではじめるのは年を取りすぎていたけど、子どもの頃から走ったり木に登ったりするのが好きだったから、自分には合っていると思った」と言います。CGなしで挑むパルクールアクションにも注目ですね。

アサシン クリード

今回の舞台あいさつには、ファスベンダー演じる主人公カラム・リンチの日本語吹き替えを担当した斎藤工も登壇。

ファスベンダーの大ファンだという斎藤は「あまりにも魅力的な笑顔で悩殺されそうです。たまらないです」と興奮をおさえられない様子。「とにかく今日は邪魔しないように、お吸い物のような気持ちで同席させていただきます。失礼します」と笑いを取りながらも控えめなコメントをすると、「とてもいいネタだったから僕も使わせてもらうよ(笑)」とファスベンダーの高評価をもらいました。

アサシン クリード

斎藤が登場するなり息ぴったりのかけあいを見せた二人は、ときおり言葉なく見つめ合うシーンも。共演の可能性についてファスベンダーは、「兄弟の役や『アサシン クリード2』でもいいね。可能性は無限にあるよ」とコメント。

これに対し斎藤は、「リップサービスもあると思うんで、実現させるためにはどうすればいいのかを考えながら、日々目の前にある仕事をがんばっていきたいと思います」と意気込みました。

アサシン クリード

『アサシン クリード』は3月3日(金)、全国ロードショー。

アサシン クリード

(C)2016 Twentieth Century Fox and Ubisoft Motion Pictures. All Rights Reserved.

配給:20世紀フォックス映画

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • つるぴ
    -
    2021/07/06 死刑囚カラムの遺伝子に眠る祖先の記憶を目覚めさせ、ルネサンス期スペインを“追体験”することに...。伝説のアサシンとして人類の未来をかけて戦う...! 数世紀に渡りテンプル騎士団は、人類の自由意志の鍵とされる伝説上の“エデンの果実”を探してきた。その果実の秘密を解き明かせば、人類の思考を自由を支配できるとされていた。アサシン教団はそれを阻むために、身命を賭して果実を守っていた。数世紀後、カラム・リンチ少年は父が母を殺した現場を目撃する。そこへ銃を持った大勢の男たちが現れたが、父ジョセフに〝逃げろ!〟と言われたカラム少年は咄嗟に逃亡する。それから30年後、殺人罪で死刑宣告を受けたカラム(マイケル・ファスベンダー)は、テキサス州の刑務所で処刑された。ところがカラムは死ななかった。表向きは死亡と発表されたが、アブスターゴ財団の医療施設に引き取られ、ドクターのソフィア・リッキン(マリオン・コティヤール)の研究の被験者とされた。アブスターゴ財団はソフィアの父アラン(ジェレミー・アイアンズ)が取り仕切る、テンプル騎士団と縁の深い民間組織。そして、母を教団に殺されて以来、暴力の治療法の研究に取り組むソフィアは、人類の遺伝子記憶から情報を得る“アニムス”という機械を開発。早速、被験者となったカラムはアニムスにセットされ、先祖の人生を追体験することに...。しかし、カラムの先祖は、スペインでテンプル騎士団に立ち向かう伝説とアサシン(暗殺者)であり、禁じられた秘宝“エデンの林檎”のありかを知る人物だったのだ...。 数世紀に渡り、テンプル騎士団は伝説上のエデンの果実を探してきた。その果実は、人類最初の不服従を種のみならず、自由意志そのものの鍵を持つと信じられており、もし見つけてその秘密を解き明かせば、思考の自由全てを支配できるようになる。唯一それを阻もうとしているのが、アサシン教団だった。 スペイン アンダルシア 1492年 〝我らは闇に生き、光に奉仕する者なり。我らはアサシン。〟 メキシコ バハ・カリフォルニア 1986年 自転車に乗る男の子。 屋根から飛ぶけど落ちる。 家に帰ると、お母さんが死んでいた。 〝お前の血はお前のものならず。〟 突然、行け!行けば分かる!と言われて、ひたすらに走る。 アメリカ テキサス州 ハンツビル刑務所 絵を描いている。 〝俺の魂を救いに?〟 〝ああ、そうだ。〟 殺人罪で有罪。死刑。2016年10月21日。 〝親父に地獄で会おうと。〟 薬で死んだと思ったら...生きてた! 存在しない者になる。 フラフラな足つきで街が見渡せる場所まで。 アンダルシア 1492年へ。 アニムスにセットされる。 タカマキガイ挿入。首の後ろに刺さる。 アギラールの記憶。 少年(王子)が捕まるが、アサシンたちは彼を守るために戦う。 アニムス=先祖の人生を追体験できる。 現実みたいに感じる。 みんな先祖同様殺人者。 ポン引きを殺した。 エデンの果実。 なぜ人間が暴力を振るうのか?それを説き明かす鍵。 協力すれば、もっといい人生を生き直せる。 ムサ。 200年前に死んだ。毒殺者。 みんなカラムが気になる。 強制的にアニムスへ。 〝教団存続のため、我が肉と我が血をも喜んで犠牲にせん。〟 火あぶりになる直前で逃げる。 シンクロ。 素晴らしい身体能力。さすがアサシン。 見てて気持ちいい、パルクール。 弓矢と短剣。 飛び降りたら、現実では下半身麻痺に。 お母さんのネックレス。 アサシンブレード。 果実を持っていかないといけない。 母さんの記憶をアニムスに盗まれるのを防いだ。それに、カラムも殺そうとしたが、できなかった。 〝果実こそ全て。母さんはそのために死んだ。〟 襲われ、自分の意思でアニムスへ入る。 〝アサシンの名の由来は知ってるか?アラビア語の“覇者神”だ。彼らは社会の除け者。盗みをし、冷酷に人を殺す。周りは嘲笑った。反抗的だの愚かだの、麻薬漬けだの。だが、彼らは賢く、その悪評を隠れ蓑にし、掟に身を捧げた。忠誠心はどんな強敵にも負けなかった。そこを俺は尊敬している。でも、あんたは彼らとは違う。そうだろ?〟 〝確かめよう。〟 〝教団のために。我らの命は無。大事なのは後に何を残すか。〟 息子と果実を交換。 〝人類の初の反抗の種がこの中にあるのだ。そして自由意志も。エデンの果実に感謝を。この世は新たな時代に導かれる。平和な時代。戦いに明け暮れた者どもは、頭を垂れ従うであろう。我らがテンプルの掟に。〟 お互いに人質を取る。 仲間は殺されるが、勝負には勝つ! 地下で戦う。そして、追い詰められる。 橋からのダイブ。イーグルダイブ。名前着いてんだ。 太陽の光を追ってこの古い世界を後にせよ。 クリストファーコロンブス。 スペインの大聖堂。 施設の中では、暴動が始まる。 仲間がやられる。 エデンの果実がテンプルの手に。 カラム登場。完全にアサシン。 〝俺は君を助け、君は俺を助ける。〟 お父さんが殺される。 〝我々にはあらず、未来にこそ栄光を与える。〟 アサシンたちは生きている。
  • TK
    -
    2021.11.23
  • そーやん
    3.6
    原作のゲームしたことないけど、世界観もよかったし、パルクールなどのアクションもキレキレで、このまでスコア低くなくてもいいのに。 過去のあるものを探しに、子孫が、スペシャルな機械で、先祖の記憶を追体験する感じ(語彙力) からの、原罪にもつながって的な。 もはや、アサシン・クリード関係なしでも楽しめるレベルに作られてると思うんだけどなあ。変に、このタイトルやからB級感出たけど。
  • KSK
    3
    神話的要素とSF要素組み合わせているけど話が全然入ってこない。エデンの林檎にそんな意味があるのか謎。マイケル・ファスベンダーの無駄遣い。
  • 武者鬼
    3
    過去視聴記録
アサシン クリード
のレビュー(12150件)