続編公開を前にザックリおさらい!ネタバレだらけの『トレインスポッティング』!!

『侵略!外来いきもの図鑑』好評発売中!

ウラケン・ボルボックス

トレインスポッティング

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

 

おしゃれ映画の代名詞『トレインスポッティング』。1996年公開なので実はもう20年も昔の映画です。そんな「トレスポ」が、20年越しで続編公開! うおおぉーー!!! って、いやいやチョット待って。公開当時僕はまだ中学生。R-15指定のこの映画を見たのはだいぶ後。確か大学生になってから、それも見たのは多分1回程度です。

正直、超ウロ覚え!!

ポスターは覚えてるけど、内容自体はサッパリ思い出せません。なんかユアン・マクレガーが走ってたなーぐらいの感じです。でも、たぶんそれって僕だけじゃないと思うんですよね。

「トレスポ、2やるの?!マジ?見る見る!え、でもアレってどんな話だっけ?」

って人他にもいると思うんですよね。じゃあもう、公開前にもう一回見るしかないじゃないですか!しかしながら、こういう人もまたいると思うんですよね。

「えー…2は見たいけど、わざわざ前作見る時間ないなぁ。」

わかる!仕事も学校もバイトも忙しい!公開中の映画も見たい!前作見返す時間がない!そして、こういう時レンタル屋さんに行くと前作は高確率で貸し出し中です!実際、近所のTSUTAYAでは在庫2本が2本とも貸し出し中でした。なので、大きなお世話かもしれませんが、ココで続編公開を前にザックリと前作の結末までのあらすじをおさらいさせていただこうと思います。

いや、大丈夫!前作見てから2見る!

そんな人もいると思います。そもそもトレスポ見たことないヤングな世代の方々には、是非前作見てから映画館へ行っていただきたいところです。ただ、1つだけ言わせて下さい。お家での映画鑑賞にはピザなどの食事がつきものですが、この映画においてはガチでオススメできません。開始10分以内に食欲が急激に減退します。

すみません。前置きが長くなりました。

【注意】この先ネタバレ多発地帯

【ザックリあらすじ】

舞台はスコットランドのエディンバラ。ヘロイン中毒のダメダメ主人公レントンが、クスリをやめて真っ当に生きようとするんだけど、いかんせんつるんでる仲間がどうにもダメ人間の集まりなので、結局何度もズルズルと引き戻され(勿論、彼の意思の弱さも原因)、でもやっぱりそれではいけないと何やかんやあって一念発起、薬物依存を乗り越えロンドンで就職。最終的に皆んなでヤバい人達に売った訳ありドラッグの売上金を1人で持ち逃げし、仲間の元からトンズラするという人生の断捨離みたいなお話。(ダニー・ボイル監督こういう解釈で合ってますか??)

トレスポ_イラスト600

出典:http://ulaken.exblog.jp/26727888/

わかりやすく例えるならば、何倍もタチの悪い木更津キャッツアイ。と言うと、トレスポファンに怒られそうなので、逆に言うとダニー・ボイル監督の『トレインスポッティング』を何倍もマイルドにしてガイ・リッチー映画(『ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズスナッチ)の編集をかけ合わせ、舞台を木更津に移し、ヘロインをビールに置き換えたのが僕も大好き『木更津キャッツアイ』。スパッドなんて完全にウッチーの元ネタ。

…って、その『木更津キャッツアイ』自体もう15年も昔のドラマなの?!ヤングでフレッシュな読者に例え話として通じないよ!ねぇ、そこの高校生!ウッチーって知ってる? (涙目)?

それはさておき、続編の『T2 トレインスポッティングは、レントンが大金を持ち逃げして20年後のお話。彼は仲間の元から去り、橋を渡っていくラストカットのモノローグで

「これを最後に、足を洗ってカタギの暮らしをする。」

と、言ってましたが果たしてカタギになれたんでしょうか。そして最後にチョットだけ分け前をもらえたウッチーは、ブチ切れてホテルの部屋をボコボコにしてたベグビーは、ポン引きに転向したシックボーイはどんなオッさんになっているのでしょうか。さすがに20年も経ってますから、さぞ立派でちゃんとした大人に…

↑なってませんね!

、いうわけで『T2 トレインスポッティング』は4月8日(土)公開です。

T2 トレインスポッティング_1

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

 

※2020年8月30日時点のVOD配信情報です。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • いあおおあうあ
    4.2
    いよいよ閉館が近づいてきたテアトル梅田にて見るトレインスポッティング。 クラブのシーンのフラッシュや、デカい音の音楽など映画館で見ると文字通り映えますね。 本当に無くなってほしくないな、テアトル梅田。最終日の最終上映がよだかの片思いorこの世界の片隅になのでどちらか見に行こうと思います😢
  • 味噌汁
    4.5
    くそったれな世界から逃げ出すための選択  最低な生き方ってなんだろう。今生きているって現実から逃げ出すこと?———スコットランドに住む若者たちが幸せを掴むために翻弄する物語。  僕らには見慣れない街中を駆け抜けていく所から始まる映像。仲間とサッカーをして楽しんだ後に倒れ込むと、そこは薄汚いアパートに早変わり。映画の内容を総括しているといえる屈指の名オープニング。床に寝そべる青年レントンは薬物中毒者である。クスリをキメるためなら汚物まみれの便器にだって潜りこめるし、犯罪だって犯せる。彼の元には愛するべき仲間たちがいるが、アルコールに溺れている喧嘩狂ベグビーや同じく薬物中毒者のシックボーイにスパッドなどとてもじゃないけど〈まとも〉な生活を歩んでいる者は誰ひとりとていない。唯一レントンはこの生活からの脱却を試みるが、いつも失敗してしまう。ヤク抜きの為に挑戦したときも「これが最後」だと言い聞かせながら一回、また一回と白い液体を身体に流し込む。一度は足を洗い、新しい街で順風満帆な生活を手にしても結局は逆戻り。彼の目の前にあるのは抜け出せない孤独感と将来に対する焦燥感。唯一まともだと思えたトミーや、仲間内の誰かとの子供ドーンの死が生きづらさに拍車をかける。そんな折にシックボーイから提案された金策を実行した彼ら。幸せになれるだけの金額を手にした筈だったのだが、そんな中レントンがとった選択は金を持ち逃げする事だった。金が詰まったカバンを手にかけ、逃げ出す男が心の中で呟くのはこれからの展望。まるで自分に向けられた幸運を逃さないように、彼が普通だと思う人生に欠かせない物事を羅列していく。期待に満ちた笑顔で物語は幕をおろす。  劇中頻繁に登場するchoose lifeは本作のキャッチコピーでもあるんだけど、普段なんとなく生きているこの今も数多くの選択から掴み取った選択なのかと思うと虚しくなる。誰しも昔は華やかな将来が待っていると盲信していたけど、実際はそうじゃない。学業や就職に失恋、その他もろもろに妥協して生きていく内にいつしか取り返しのつかない所まで堕ちてしまう。そうした人間がすくなくないからこそ、この映画は共感されるんだろう。だから刺激を求めてヤクに溺れる彼らが発言する「ビタミンCが違法だったらやってた。」って台詞もなんだか理解できるし、ベグビーがいつもの〈発作〉を起こしたあとに金を持ち出すことを決意するのも共感できる。ラストにレントンのナレーションで「ずっと探し求めてた、あんたと同じような人生を。」なんて僕らに語りかけてくれるが、案外こっち側もそんなに変わらない最低な世界だったりして。  公開して何十年後でも色褪せないアイコニックなファッションと音楽。いつかこの映画を観て「懐かしいな」なんて感想を述べるとき、僕らはどんな大人になっているのか。閉館する劇場でそんな事を思いました。
  • なつみかん
    3.9
    テアトル梅田さよなら興行にて 昔序盤の汚シーンで離脱したけど、潜ってしまえば(!)意外と大丈夫。 みんなどこまでも意志は弱いしブレブレで、でもそこが愛らしいという不思議。 映画音楽というより音楽映画なぐらい主張強めのサントラも最高!
  • じゃるずわうす
    -
    夢を見ているようだった 90年代だねぇ〜って感じ それよりも前か?
  • なんじょう
    5
    何回みたこれ
トレインスポッティング
のレビュー(108409件)