愛とセックスのカンケイ『恋するポルノ・グラフィティ』

Why So Serious ?

侍功夫

title02

近年、『由美香』や『テレクラ・キャノンボール』シリーズなど、映画館で上映されるアダルト・ビデオが登場しています。本来「AV」は極めて“機能的”な役割を持っています。その一方で、他者への信じられないほど深い愛情や、ありえないほど滑稽な姿をセックスを通して引き出します。劇場公開されるAVはウソ偽りの無い人間の姿を捕えたドキュメンタリー映画として見られているのです。

ロマコメ永遠のテーマ「友情とセックス」

koisuru01

『恋するポルノ・グラフィティ』はオタクなことで有名なケビン・スミス監督によるロマンティック・コメディです。

兄妹のように仲の良い幼馴染みザックとミリは家賃を浮かすためにルーム・シェアの共同生活をしています。ただ、2人共だらしのない性格で家賃や光熱費を滞納し続けて、アパートから追い出される寸前です。そこで、手っ取り早く出来るハードコアポルノ映画製作であぶく銭を稼ごうと計画します。

ヒマな友人をスタッフとして集め、『スターウォーズ』を題材に『Star Whores(スター・ホーズ:星の売春婦たち)』とタイトルしたパロディ・ポルノを作り始めます。しかし、いざセックス・シーンの撮影を終えると、それまでお互い仲の良い友人だと思っていた感情が恋愛へと変化してしまうのです。

愛は下半身に宿る

セックスは基本的に絶対にウソのつけない生理現象を元にした行為です。愛情であれ、欲望であれ「相手が好ましい」という感情を持った時にしか起こらない肉体的な反応が現れなければセックスは出来ません(レイピストのような人物は相手を人間として認識できない深い病の持ち主なので除外します)。

映画でもセックスは「愛し合っている」記号として機能します。セックスと友情の不可侵性を描いた多くのロマンティック・コメディでは、その前提の上でプライドや立場上ウソをつくことで、本当は好きなのに別れてしまうメロドラマ要因が生まれます。

『恋するポルノ・グラフィティ』でも、セックスをしたことで2人は互いを愛していると確信するに至ります。ミリは受け入れますが、ザックは混乱のあまり彼女から離れてしまいます。そんな場面を観賞する私たちも「そりゃ情けない! 愛は確定しているのに!」と感情を誘導されるのです。

と、いうことは逆算的に大多数の人々は、セックスが行われた2人の間には分かち難い愛情が絶対的に存在すると思っているフシがあります。「愛の無いセックス」という常套句が悪い意味で多用されているのも、その証左と言えるでしょう。

石器時代から100万年以上、文明誕生から5000年以上経過した現在でも「愛」は極めて肉体的、原始的な感情なのです。

公式トレイラー

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • ドウモト
    -
    じんせいです。
  • fuzy
    -
    そういえば見た! おっさん達の熱き戦い。尊敬する。 美人とセックスするために道行く様々な人とあれやこれやする男のジレンマ。
  • すーちゃん
    3.7
    これは、賛否両論ありますよね笑 結構な衝撃でした。 観てから数日たって、やっと レビューかけた。 衝撃的すぎて、、、、色んな世界が あることを知りました。
  • けんざ
    3.9
    まず最初に、自分は劇場版を借りたつもりが誤ってオリジナル版を借りていたので、10時間丸々AVを観るハメになりました。勿論フルの方が見応えたっぷりではありますが、レンタルする人は注意して下さい。南無。 そして本作は、AV監督カンパニー松尾の代表作「テレクラキャノンボール」シリーズの一編。率直に言うと、とんでもなく最低で最高な作品だった。男たちの荒唐無稽なチャレンジに爆笑しっ放し。男友達と一緒に見ると盛り上がるのは間違いないが、同時に世に出してはいけない映像でもあるなぁと心配になる。 テレクラキャノンボールの概要を説明すると、挑戦者の男たちがAV女優とSEXできる権利を懸けてロードレースとSEXレースに挑むというもの。ロードレースでは車で長距離を移動し、SEXパートでは各地でナンパに繰り出し、SEX中一定の条件をクリアすることでボーナスポイントが入る。 これがまぁ不思議なもので、やってることは最低で今のご時世ではアウトなものも含まれているのだが、何か一つがむしゃらに努力している人たちを見るだけで不思議と胸が熱くなってしまう。だから、これはエロを下敷きにした青春ムービーと言えるのかもしれない。また、奇しくもナンパ というシステムによって出会いが一期一会であることを実感させられた。女の子には様々な背景があり、それも暗いものばかりで、ただ笑っていられるだけの話ではない。7年前の夏、確かに仙台と札幌で男と女たちの物語が存在していたのだと思うと感動すら覚える。 主題歌含め劇中のテーマにWeekday sleepersを持ってきたのも最高の采配で、心の中の青臭さや切なさを煽る完璧なBGMだった。内容の下品さを良い具合に中和している。 ただ終盤の札幌編は、出演者が本気を出しすぎたあまり、見る人をかなり選ぶ内容となっているので要注意。爽快かつ胸糞の衝撃的一本。
  • 雇われ長女
    4
    当時劇場でみて前半は車酔いと闘いながらの鑑賞だったけど後半は面白くて仕方なかった。 このレースってなんなのかわからないし怒らなあかんこともあるんやろうけど面白かった。
劇場版 テレクラキャノンボール2013
のレビュー(2833件)