愛とセックスのカンケイ『恋するポルノ・グラフィティ』

Why So Serious ?

侍功夫

title02

近年、『由美香』や『テレクラ・キャノンボール』シリーズなど、映画館で上映されるアダルト・ビデオが登場しています。本来「AV」は極めて“機能的”な役割を持っています。その一方で、他者への信じられないほど深い愛情や、ありえないほど滑稽な姿をセックスを通して引き出します。劇場公開されるAVはウソ偽りの無い人間の姿を捕えたドキュメンタリー映画として見られているのです。

ロマコメ永遠のテーマ「友情とセックス」

koisuru01

『恋するポルノ・グラフィティ』はオタクなことで有名なケビン・スミス監督によるロマンティック・コメディです。

兄妹のように仲の良い幼馴染みザックとミリは家賃を浮かすためにルーム・シェアの共同生活をしています。ただ、2人共だらしのない性格で家賃や光熱費を滞納し続けて、アパートから追い出される寸前です。そこで、手っ取り早く出来るハードコアポルノ映画製作であぶく銭を稼ごうと計画します。

ヒマな友人をスタッフとして集め、『スターウォーズ』を題材に『Star Whores(スター・ホーズ:星の売春婦たち)』とタイトルしたパロディ・ポルノを作り始めます。しかし、いざセックス・シーンの撮影を終えると、それまでお互い仲の良い友人だと思っていた感情が恋愛へと変化してしまうのです。

愛は下半身に宿る

セックスは基本的に絶対にウソのつけない生理現象を元にした行為です。愛情であれ、欲望であれ「相手が好ましい」という感情を持った時にしか起こらない肉体的な反応が現れなければセックスは出来ません(レイピストのような人物は相手を人間として認識できない深い病の持ち主なので除外します)。

映画でもセックスは「愛し合っている」記号として機能します。セックスと友情の不可侵性を描いた多くのロマンティック・コメディでは、その前提の上でプライドや立場上ウソをつくことで、本当は好きなのに別れてしまうメロドラマ要因が生まれます。

『恋するポルノ・グラフィティ』でも、セックスをしたことで2人は互いを愛していると確信するに至ります。ミリは受け入れますが、ザックは混乱のあまり彼女から離れてしまいます。そんな場面を観賞する私たちも「そりゃ情けない! 愛は確定しているのに!」と感情を誘導されるのです。

と、いうことは逆算的に大多数の人々は、セックスが行われた2人の間には分かち難い愛情が絶対的に存在すると思っているフシがあります。「愛の無いセックス」という常套句が悪い意味で多用されているのも、その証左と言えるでしょう。

石器時代から100万年以上、文明誕生から5000年以上経過した現在でも「愛」は極めて肉体的、原始的な感情なのです。

公式トレイラー

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS

  • ことのは
    3.5
    【ヤルかヤラナイかの人生なら、俺はヤル人生を選ぶ。】 テレクラや出会い系で女の子とSEXしながら、東京から札幌を目指し競い合う、10時間のAVを劇場版に編集した映画。 TSUTAYA シネマハンドブック2016(この¥200の本が大好きで、毎年楽しみにしていてお風呂で繰り返し繰り返し読んでいたのに、何年か前に急にやめてしまったみたいで、是非とも復刊してほしい。)のランキング上位に入っていて、ずっと気になっていた作品を、TSUTAYAのレンタル落ち¥200でみつけて購入して鑑賞。(観たかったけど、これを探しにAVコーナーに行くのもなと) そんなに何回も観るような映画でもない気がするけど、一回観る分にはビックリするくらい馬鹿らしい内容で楽しめた。 AV要素はほとんどなく、出演AV男優6人のロードムービー(良く言い過ぎ笑)のよう。 当たり前だけど、AVだからナンパとかじゃなくお金が発生してるんだよなと。 だから交渉も結局お金によりけりなんだろうから、そこがイマイチ面白くなかった。 TSUTAYA シネマハンドブックで紹介されてなかったら、絶対観ることも、ましてや知ることさえなかっただろうなぁ笑 けど、観て損はない怪作だと思う笑
  • mao
    4.4
    10時間の完全版を2日かけて視聴。後半は目を背けたくなるトンデモ展開てんこ盛り。 みちるさんは関西弁が色濃く出てるし、お花撮影してるシーンは王子様すぎた。梁井さんは相変わらずかっこいいし、みのるさんは元編集マンの知性が飛び出してるし、バクシーシ山下さんは走り屋で強運だし、松尾総監督は相変わらずさすがの一言。登場人物全員魅力的だし、出演してくれた素人さんたちも全員さいこう。 判定Vをみんなでゲラゲラ観てるシーンが最高すぎるし、監督・クリエイターとしてのプロ根性は涙が出るほど素晴らしい。最後のスピンオフキャノンボールも泥臭くて部活みたいで楽しい。
  • 群青
    -
    評判高い知る人ぞ知る作品なんだけど、個人的には微妙だった。 倫理的な問題というよりただただ好きになれなかった。 一番気持ちいい、とか言わせたりするとポイントが上がるんだけどそれよりも、アブノーマルなことをする方が稼げる。んでその方法が本当にアブノーマル。うわぁ本当にやるんだそれ、って感じ。しかもヤリたいとはとても思えないような人でもポイントを稼ぐためにはヤる。 やるかやらないかだったらやる方を選ぶ、というのがこの作品のコンセプトらしいんだけど… また、この作品では肝心のプレイ自体はほぼ割愛される。それはないんかと思ったが出てくる人がまあまあ訳アリだしやっぱりいいか、となった。 まあ簡単にいうと生理的に受け付けられなかった。セクシャルな話だしね、まさに生理的に、でした。説明ができないわ…
  • さなだまる
    4.9
    10時間のAV! FANZAでオカズ目的以外の動画を購入する時が来るなんて... 三日かけて見たぜ 1日目(〜Wグラサン3P) AVの絡みを最後まで見たのは初めてだった。 素人のセックスを見ているだけなのに、めちゃくちゃ面白い。 この人は一体どんなセックスをするのだろう...とワクワクしてくる。 不思議な気持ちになったけれど、それが何かは分からなかった。 2日目(〜しゃかしゃか王子の願い) コイツらはプライドを賭けているんだと気づいた。 本来、発表会はそれぞれの作品をぶつけ合う場所なんだ。 人のセックスを応援する時が来るなんて、思いもしなかった。 俺もこんなナンパとハメ撮りをしたいと憧れた。 AVに比べたら、映画は甘えているとさえ思った。 だけど、順位が決まって所謂普通のAVパートが始まった途端、つまらなくなった。 セックスが演技になるからだと思う。 自分の行為を見られて興奮する人もいるけれど、多分その人らは別に見る人のために演技なんかしない。 (ありのままの自分を見られることに興奮するはずだから) バクシーシ山下のAVを超えた何かを探そうとする足掻きも虚しかった。 結局、自分の中で映画とAVは別物であり、その線引きを消すことは出来なかった。 俺は何だかそれを認めるのが嫌で、必死にこの映画でオナニーをしようとしたけどダメで、オカズ探しに困った時の腐るほど見たAVで抜いた。 オナニー後の虚無感に包まれたのはいつ振りだろう...と思った。 3日目(〜それぞれの朝) 完全なる蛇足だった。 そうかこれはAVだったんだ...と冷めた。(ちゃんと始めに説明されてたけど) 自分のケジメなんてものは何にもならない。 あのプライドを賭けた勝負の後だと、茶番にしか見えない。 犠牲やプライドがない表現は全部オナニーだ。 俺はもう、オナニーはしたくないんだ。
  • もふ
    3.9
    人生
劇場版 テレクラキャノンボール2013
のレビュー(3090件)