ミュージカル界のラーメン二郎!?歌とダンスがマシマシ映画『ABCD』

Why So Serious ?

侍功夫

title02

『ステップ・アップ』『ダンス・レボリューション』『ストンプ・ザ・ヤード』などなど、若者が恋やダンスに青春を賭けるアメリカ産ダンス・バトル映画はティーンを中心に人気を博し「ダンス・バトル」という概念と共に世界へ拡散しました。もちろんインドへも。

ミュージカルでダンスの喜びを表現!

abcd01

出典:https://en.wikipedia.org/wiki/ABCD:_Any_Body_Can_Dance

『ABCD(Any Body Can Dance)』はダンス・バトルのチャンピオンとして、さらなる連覇を目指す大手ダンス・スタジオと、チームをチャンピオンに導いたにも関わらずスタジオを首になった振付師の対立を中心に、ダンサーたちの青春や挫折を描いています。

主人公の振付師を演じるのは実際にインド映画界でミュージカル・シーンの振付師として活躍し「インドのマイケル・ジャクソン」の異名を持つプラブデーバです。クネクネとした身体さばきと切れのある変則的な動きは、クレジットを見なくても彼の振り付けとすぐ解るほどの記名性とオリジナリティで知られています。本作でも彼の独特で圧倒的なダンスが見せ場の一つになっています。

さて、インド映画と言えば「唄って踊る」が代名詞です。悲しさや喜びを詩情あふれる歌詞にのせて唄い、さらに踊りで表現します。本作も唄って踊るインド映画フォーマットに乗っています。

つまり、ダンス・バトルに賭ける若者の青春をミュージカルで表現しているのです。結果、ダンスの合間にミュージカルが差し込まれるという、ラーメン二郎でヤサイニンニクアブラマシマシでオーダーしたようなコッテリとした作品になっています。

「ダンスの自由」と「ダンスの統率」

また、本作の白眉は「ダンス」の意義について描かれているところです。我々がダンスを観賞するときに「素晴らしいな」と感じるのは、大勢のダンサーたちの一糸乱れぬ統制の取れた動きを見た瞬間です。逆に、クラブやライブ会場で自分が踊る時は何にも囚われずに自由に身体を動かす解放感こそがダンスの魅力です。

ダンスとは統制か?解放か?その解答を見せるラストには落涙必須でしょう。

公式トレイラー

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • eviny
    3.2
    80年代ファッション、音楽、ダンスなどカルチャー記録映画としていまの80年代リバイバルブームの中、楽しめるかもしれないですが、お話の方はチョット、、、な感じですかね。 モデル体型で溶接工やってる主役のダンサーのお方は設定に無理がありすぎだけど、やたら可愛い。うーん、それくらい。
  • saku
    4.0
    高校生の時観た。だから何十年も前。当時サン・ディエゴに1ヶ月ホームステイしてた時と時期がかぶる。ジェニファー・ビールスが初々しかった。化粧品のポスターをもらいに行ったなぁ。。 あと何と言っても曲が良かった。この映画と共に思い出すのはホームステイ先でガンガンかかってたMTVとベストヒットUSA♫ 好きな映画です。
  • クーベルタンはな
    3.4
    昼は溶接工、夜はバーでのダンサー。 ダンスの夢を諦めきれず、追い求めている。夢を諦めなければ叶うという話。 フラッシュダンス、子供の頃見たか見てないか覚えてないくらいで、だが、音楽は今でも耳にしますね。本編90分くらいなのでサクッと見られます。
  • えーせー
    4.3
    YUKIがラジオでオススメしてたので。 フィーリングに任せてステップを踏み続けたい
  • チェさん
    3.4
    この映画の冒頭みたく、なんか作業してる様子をノリのいい曲に合わせてテンポよく編集するの好きだわ。トップガンの冒頭然り。音の重なり具合がフェチ とはいえ1番魅力的だったのは、ジェニファービールスその人ですかね
「フラッシュダンス」
のレビュー(6663件)