【名古屋上映企画】あの『ミッドサマー』の元ネタとなる奇祭映画『ウィッカーマン final cut』

「名作を映画館のスクリーンで観たい!」そんな想いを形にする、映画館で名作を観るプロジェクト「プレチケ」。

今回は、あの『ミッドサマー』の元ネタとも言われる『ウィッカーマン final cut』を名古屋のミッドランドスクエアシネマで上映します!

『ウィッカーマン final cut』とは

©2019 CANAL+

行方不明の少女の捜索のために上陸したその島は、ケルト神話に支配された禁断の地だった― 果たして<ウィッカーマン>とは何なのか!?

1973年の公開当時は、映画会社の意向で勝手に編集された短縮版が公開され、その後フィルムのネガが消失して長らく行方不明が続いていたものの、2013年に40年ぶりにフィルムが見つかり、監督自ら再編集したのが今回上映するファイナルカット版です。

 

滅多にない上映会ですので、ぜひこの機会にご参加ください。皆さまのご来場お待ちしております。

作品概要

ウィッカーマン final cut

2013年 / イギリス/ 94分
・監督:ロビン・ハーディー
・出演:エドワード・ウッドワード、クリストファー・リー、ブリット・エクランド

開催概要

・日時:2021年7月28日(水) 19:00開演
・会場:ミッドランドスクエアシネマ(名古屋市中村区名駅四丁目7番1号 ミッドランドスクエア商業棟5階
・上映時間:94分
・価格:1,600円
・座席:全席指定
・定員:168名

※この企画は、7月14日(水)までに40名以上の参加がない場合は開催されません。予めご了承ください

※Livepocketへの登録が必要です
※当日、劇場窓口にて申込名で照合してご入場いただきます
※本作は、字幕版での上映となります。予めご了承ください
※いかなる理由においてもチケット購入後の変更やキャンセルはできません
※劇場オープン時間は、直接劇場サイトでご確認ください
※入力方法等、Livepocket(ライブポケット)関するご質問は直接サイトでご確認ください

【新型コロナウイルス感染予防の取り組み】
・アルコール消毒にご協力ください
・ご鑑賞中もマスクをつけてのご鑑賞にご協力お願いいたします
・もし発熱、咳などの症状がある場合は、ご来場を控えて頂きますようお願い致します

ミッドランドスクエア シネマとは

名古屋駅前にある、14スクリーン、全席ソフトレザー張りの2,250席を備えた都市型シネマコンプレックス。
昼夜を通して木漏れ日をイメージしたゆったりと落ち着いた空間を演出。
全席に光触媒ソフトレザーシートを採用しております。疲労は最小限に、長時間の鑑賞をリラックしてご覧いただけるオリジナルシアターシートです。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS