人間が“おもちゃ”同士の戦争に巻き込まれる!【ANAISによるB級映画のススメ】

恐竜をこよなく愛するナード系ハーフ

ANAIS

スモール・ソルジャーズ

こどもの日。

私好きです、こどもの日。幼少期にはトイザらスに連れて行ってもらっては、おもちゃやぬいぐるみを買ってもらっていたものです。成長していくに連れて、それは“お小遣い”という名の現金となっていったわけですが……。

さて、この記事を読んでいる方は、買ってもらう側ではなく買う側の方が多いと思いますが、おもちゃは時に少し厄介ではないでしょうか。やけに高いし、片付かないし……軍事用のチップが埋め込まれていて自分の命を脅かすようなら、尚更ね。

そんな馬鹿な話しはないって?どうでしょうね……本日紹介する映画『スモール・ソルジャーズ』をご覧いただければ、その考えは変わるかもしれません。

『スモール・ソルジャーズ』(1998)

スモール・ソルジャーズ

おもちゃがテーマの映画といえば誰もが愛して止まない『トイ・ストーリー』がメジャーですが、マイナーではこの作品が私のお気に入り。グレムリン』の監督であり、B級SF・ホラーに精通しているジョー・ダンテの手がけた作品です。ヒロインにはサム・ライミ監督『スパイダーマン』のMJ役を演じた若きキルスティン・ダンスト、声優としてトミー・リー・ジョーンズが参加。また、B級映画に欠かせない俳優といっても過言ではないディック・ミラーも出演しています。

新発売のクールなフィギュアは、まさかの軍事用最新AIチップ入り?

主人公は父の店である街角のおもちゃ屋で働く非行少年。ある日、いつも店におもちゃを卸すおじさんから新作のおもちゃを見せてもらいます。それは、「ゴーゴナイト」と「コマンドー・エリート」というフィギュアでした。

「ゴーゴナイト」は、本当は心優しい怪物というキャラクターなのですが、メーカーの社長の指示によって「コマンドー・エリート」の敵役に仕立て上げられます。そして「コマンドー・エリート」は“正義のために”、醜い「ゴーゴナイト」を抹殺するようプログラミングされた兵隊フィギュアなのです。

さて問題なのは、なんとこの二つのフィギュアに、製作過程で軍事用の最新AIチップが埋め込まれてしまったこと。よって、主人公が箱から開封し起動させた後、自我を持って動いたり話しだすんですね。早速、ゴーゴナイトのリーダーである獣人アーチャーとコマンドーのリーダー、チップ・ハザードは闘い出します。このチップ・ハザードなのですが、トミー・リー・ジョーンズが声優を務めていることもあって、そこからまず勝てる気がしない。

その後、家にアーチャーを持って帰った主人公は、それがただのおもちゃではない事に気づく。それと同時にコマンドーがアーチャーの命を狙って家に襲撃してきます。無事アーチャーを守ることができたものの、主人公はコマンドーたちが人間を脅かす可能性を十分にもっていると判断し、親に話すんです。しかし、普段から嘘ばっかりついているので、信じてもらえない(まあ、正直だとしても信じてもらえないでしょうね)。それ故に、この少年はこの緊急事態を一刻も早く大人(両親)に理解してもらうために、信頼を取り戻さなければならない。人としての成長が求められるのです。

“お遊び”の時間は終わりだ!家庭用品を駆使したおもちゃが殺人マシンと化す!

さて、コマンドーたちはアーチャーをかくまっただけでなく、仲間である「コマンドー・エリート」のフィギュアの一体を破壊した主人公(人間)を敵と見なします。報復のために武装するのですが、これがまたネイルガンや可燃ガスなどガレージに置いてあるような家庭用品!その規模感なのに意外と破壊力がある、というギャップが笑えます。しかし、彼らにとってはノージョーク。

主人公が気になっているヒロインの部屋にあるバービー人形らを、自分たちに埋め込まれているチップを使って同じような兵隊に改造したり、例の卸のおじさんを襲ってトラック内に残っていた「コマンドー・エリート」のフィギュアを一斉に開封して軍隊を作るなど、手に負えません。彼らは本気(ガチ)です。

それに対しゴードナイトが立ち向かうのですが、リーダーのアーチャー以外は負け腰で隠れてばかり。何故なら、彼らは自分たちがコマンドーに負けるとプログラミングされている事を知っているからです。プログラムで敗北が確定されている弱者が、それでも尚立ち向かおうとする姿勢もこの映画の見所のひとつ

いよいよ完全武装したコマンドー軍隊が主人公の家に攻め入った時、大人はようやくこれが現実に起きていることだと理解して、子供たちと共に闘い始めます。主人公のお母さんなんかはテニスラケットで応戦するという、一見笑ってしまいそうな戦法なのに、その姿はめちゃくちゃかっこ良くて痺れる。果たして、ゴーゴナイトと人間は武装した最強軍事おもちゃに勝てるのでしょうか!?

お気づきの通りストーリーは非常にB級なのですが、決して安っぽくはありませんフィギュアの動作や表情を中心とした映像のクオリティは遥かに高いという点がこの映画の最大の魅力ともいえますね。老若男女問わずに楽しんでいただける作品だと思います。

あなたも、おもちゃを買うなら十分に注意して物を選ばないと大変な事になってしまうかもしれませんよ。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • オゥア
    3.5
    トイストーリーとは方向性の違うおもちゃの大活躍。動いてるのがファンシーな理由じゃないし人間めっちゃ活躍するけど。バービー人形とミキサーが怖くなる作品。 CGとリアル(ロボット?)が混ざりあっていて、それがまたフィギュアの質感を上手く表していて良い。 個人的にはインセニアックが好き。
  • イルカくん
    3.0
    懐かしい、だいぶ昔に見た。
  • のりたま
    4.0
    なつかしい! めっちゃ見てた記憶ある! 激しいトイストーリー的なやつ笑
  • 真っ黒こげ太郎
    4.7
    最新作で沸き立つ某オモチャ映画シリーズをレビューする傍らで、こういうのも再視聴したりして。 おもちゃ屋の息子のアランは、まだ流通前のアクション・フィギュアである”ゴーゴナイト”と”コマンドー・エリート”を手に入れ、お店で取り扱う事になった。 その後、家にゴーゴナイトのアーチャーを持って帰ったアランは、アーチャーが感情を持ち、自分の意思で動くのを見て驚く。 実はゴーゴナイトとコマンドー・エリートのアクション・フィギュアには軍事用(!?)の最新式のAIチップが組み込まれていたのだ! ゴーゴナイトは優しい心の持ち主なんだが、販売会社の都合でコマンドー・エリートの敵役に仕立て上げられていた!その上コマンドー・エリート達はゴーゴナイトを抹殺するようにプログラミングされていたのだ!!! ゴーゴナイトを抹殺するために襲い掛かるコマンドー・エリート部隊に追われるアラン。 コマンドー・エリート部隊とアラン&ゴーゴナイトの追撃戦は、やがて平和な住宅街を巻き込む戦争に発展していくのだった… 軍事用AIを組み込んだオモチャの兵士が大暴れし、人間を恐怖に陥れるパニック・アクション・コメディ。 「動くオモチャ」というコンセプト&制作時期からして、思いっきり某ディズニー&ピクサーの名作CGアニメから影響を受けたと思われる本作。 (どこまで参考にしたかは知らんが、少なくとも影響は受けてるだろうなw) 最も、本作ではCGを使いつつも主にアニマトロニクスを駆使してオモチャ達を表現したり、善のオモチャと乱暴なオモチャとの闘いに主人公たちが巻き込まれたりすることで差別化されていたりするが。 (それは差別化なのかwwwwwww) 本作は序盤こそのんびりした、それこそファミリー映画的なテイストだが、コマンドー・エリート部隊とゴーゴナイトの追撃戦が始まるにつれ段々と本作はぶっ飛び始める。w 大工用具をパクって洒落抜きで武装するコマンドー・エリート部隊。 DIY感溢れる武装で人々を襲うコマンドー・エリート部隊。 やたら下半身がぶっ壊れるコマンドー・エリートの隊員。 ホラー映画並に怖すぎるコマンドー・エリートに改造された女の子の人形。 狂気の笑いを上げながら人形を壊しまくるヒロイン。 炎の球をラケットで撃ち返すお母さん。 ラジコン版のマッドマックス。 彼方此方に盛り込まれたホラー映画やら戦争映画のパロディ。 兎に角全編、ブラックなシーンや容赦のないシーンのオンパレード! イメージとしては某オモチャ映画シリーズから感動を抜いてブラックジョークやドンパチをぶち込んだ感じですwwwwwww これ、家族で観れるのだろうか!?wwwww そんなダークな本作だが、アクションも多いし、ドンパチも小規模ながらしっかり盛り込まれていて意外と見応えがあった。w 正直家族で観るのはどうかと思うが(笑)某オモチャ映画シリーズとは違うベクトルで見ごたえのある本作。 アレな所もあるが、いい意味でB級感漂うパニック・アクション・コメディの逸品。 某オモチャ映画シリーズの最新作で盛り上がってることだし、この機会にでもどうです?wwww 個人的にはオススメ!!!w
  • ガブポッシブル
    4.0
    軍事用チップを組み込まれたアクションフィギュアたちが暴れまわり、人間たちを恐怖に陥れる! 主人公、アラン(グレゴリー・スミス)とヒロイン、クリスティン(キルスティン・ダンスト)は心優しいオモチャ、ゴーゴーナイトたちと心を交わし、残酷なオモチャ、コマンドー・エリートたちと戦うのだが、一言で言うと『グレムリン』+『トイ・ストーリー』だ。特撮が凝っており、フィギュアたちが本当に生きているかのようである。 本作は一見、ファミリー向けSFアクションコメディだけど、かなりマニアックだ。例えば、コマンドー・エリートたちがバービー人形たちを改造するシーンは映画『フランケンシュタインの花嫁(1935年)』などを彷彿とさせる映像を見せてくれる。 またバービー人形たちがキルスティン・ダンストにわらわらとたかり、縛り上げるシーンは最高だ。キルスティンもやられてばかりではない。バトンでバービー人形たちを次々と叩き潰したり、颯爽とスクーターを駆ってコマンドー・エリートたちを蹴散らす。さらにクライマックスでは笑みを浮かべながら草刈カートでコマンド・エリートとバービー人形たちを粉砕しまくる大活躍を見せてくれる。さすが、ジョーダンテ監督は男の子の見たいものをよくわかっている。彼は永遠の少年なのだ。
「スモール・ソルジャーズ」
のレビュー(2950件)