【オンライン試写会】世界中の映画祭を席巻中!今年一番の青春映画『サマーフィルムにのって』

サマーフィルムにのって』Filmarksオンライン試写会へご招待します!

時代劇オタクの女子高生監督が主役に抜擢したのは、未来から来た謎の青年!?

日本映画界に彗星のごとく現れた『サマーフィルムにのって』。第33回東京国際映画祭で上映されるやいなや話題を集め、世界各国の映画祭での上映が続々と決定。青春映画には欠かせない恋と友情に加え、時代劇、SF、全ての要素が華麗にシンクロ。物語は奇跡的なラストシーンへと向かい、唯一無二の魅力を放つ。

主役には、猫背&がに股を披露し勝新オタクを熱演、殺陣にも挑戦する元乃木坂46の伊藤万理華。勝新を敬愛する高校3年生のハダシを演じる。共演に金子大地河合優実祷キララと、今後の活躍が期待される新星が勢揃い。監督はドラマや CM、MV など幅広く手掛ける松本壮史、脚本は劇団「ロロ」主宰の三浦直之が担当。注目の次世代俳優&若手クリエーターが集結した。

Filmarksユーザー300名様をご招待!

■鑑賞期間:2021年7月28日(水)18:00 〜 7月30日(金)23:59の期間内いつでも視聴可能
■上映時間:97分
■視聴環境:PCのみ(Windows/Macの最新のChromeもしくはFirefox)

※スマホ・タブレット端末での視聴不可
※応募ページにて、動画が再生できる環境か必ず確認の上、ご応募ください

【応募資格】
・日本在住のFilmarksユーザーで作品を鑑賞期間にご視聴いただける方
・上記視聴環境をお持ちの方
・対象作品をClip!(観たい)している方
・作品鑑賞から2日以内に対象作品のレビューを投稿していただける方

【応募方法】
・応募フォームに必要事項をご記入の上ご応募ください

【当選発表】
・応募締め切り後、当選者へのメールをもってかえさせていただきます

応募締め切り:2021年7月25日(日)23:59までのご応募分有効

【各キャリアより提供予定の新料金プランをご検討されている方へ】
新料金プランでは、キャリアメールをご利用いただくことができなくなります。
Filmarksにキャリアメールアドレスを登録されている方で新料金プランへの変更を検討されている場合は、事前にWebメールなどキャリアメール以外のメールアドレスに登録をご変更ください。詳しくはこちらから。

【ご注意点】
・当選権はご本人様のみ有効です
・当選権利の譲渡、換金は一切できません
・応募内容に不明な点があった場合は、応募を無効とする場合がございます
・同一人物が複数アカウントを使っての応募はできかねます、応募を無効とする場合がございます
・お使いのメールサービス、メールソフト、ウィルス対策ソフト等の設定により「迷惑メール」と認識され、メールが届かない場合があります。 (特にYahoo!メールやHotmailなどのフリーメールをお使いの方) その場合は「迷惑メールフォルダー」等をご確認ください
・当選通知のメールが迷惑フォルダに入らないよう、キーワード「@filmarks.com」を含むアドレスの受信設定を推奨します。設定方法はお使いのサービスサポートにてご確認ください

◆『サマーフィルムにのって』information

あらすじ:勝新を敬愛する高校3年生のハダシ。キラキラ恋愛映画ばかりの映画部では、撮りたい時代劇を作れずにくすぶっていた。そんなある日、彼女の前に現れたのは武士役にぴったりな凛太郎。すぐさま個性豊かな仲間を集め出したハダシは、文化祭でのゲリラ上映を目指すことに。青春全てをかけた映画作りの中で、ハダシは凛太郎へほのかな恋心を抱き始めるが、彼には未来からやってきたという秘密があった――。

上映時間:97分
公開日:8月6日(金)より新宿武蔵野館ほか全国ロードショー
配給:ハピネットファントム・スタジオ
公式サイト:https://phantom-film.com/summerfilm/
(C)2021「サマーフィルムにのって」製作委員会

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • Shiny太田慎一郎
    -
    試写会で行きました! バラバラの個性溢れたメンバーで有志で映画作って、コンテスト出たりした高校時代を思い出しながら、しかもそれを映画仲間の友人と一緒に共有できて個人的に良い時間でした。 映画作る高校生の青春×タイムトラベルっていってたから、全然期待してなかったんだけど、めちゃくちゃ面白かった。 未来では映画は****になってるって、もう今ほぼそうなってて恐ろしい。映画という芸術の良さを改めて実感。
  • sasha2021
    3.7
    カリコレ第6弾  脚本三浦直之さんの舞台挨拶付き🙌🏻  夏×高校生×ラブコメ×映画×SF🐠すごい要素が盛りだくさんですが90分とコンパクトにまとまっていて見やすかったですしコメディ要素強く、ずっと笑えました✨高校生たちとは対局にある時代劇とかマニアックなテーマ設定が映画ファンに受けそうだし、ストーリーの意外性も散りばめられていてよかった!
  • ホイッスル
    4.9
    カリコレ2021にて。 「映像研には手を出すな!」的な高校生が映像作品を撮る青春譚として大いに楽しめましたし、キャストの皆さんが等身大の輝きを放っているようで、とてもよかったです。 時代劇、青春、恋、SFなどジャンルを横断したストーリーを97分にまとめあげた脚本が圧巻でした。 「映像研」浅草氏や「映画大好きポンポさん」ジーンくんなどをミックスしたような映画好きを演じた伊藤万里華さん、受けの演技が多めでしたが存在感を放っていた河合優実さん、中々に良かったです。 金子大地さんに関しては殺陣のシーンも含めかなりの存在感を放っていて、魅力的な方だな、と改めて思いました。 脚本が劇団の主宰をされている方とのことで、ラストの展開が本当に熱かったです。 カメラワークや編集が気持ち良いシーンも多く、公開されたらもう一度観に行こうと思います。
  • おじゃ
    5
    映画の面白さが沢山詰まった作品。 初めて見たのは東京国際映画祭。あの時もなんて面白い(=^▽^=)!と感動したけど、今日は隅々意識して鑑賞。やっぱりキャスト全員魅力的すぎて、観たあとの爽快感がたまらない。現場がとてもいい雰囲気だったというのがそのまま伝わってきた。 あの完成したハダシ組の(武士の青春)観たいなぁ(笑)。 映画館で作品の中に溶け込みたい傑作! これだから映画はやめられない‼️ 伊藤万理華さんは表情、仕草がハダシそのもの。金子大地さんも未来人かつ若武士そのもの。カッコ良いし可愛いし…こりゃ好きになるわ(笑)
  • ヨンカタ
    5
    カリコレ先行上映にて鑑賞。 映画部落ちこぼれ組が未来人と出会い、時代劇を自主制作する、ひと夏の物語。 要素マシマシなのに綺麗にまとまっていて見事でした!! 文化祭までの編集期間のシーンがとても印象的。
サマーフィルムにのって
のレビュー(208件)