ポップコーンの変わりに“アランチーニ”はいかが? 『ニュー・シネマ・パラダイス』【映画を観ながら食べたいレシピ】

映画は人生のおいしいレシピ

さわのめぐみ

ニュー・シネマ・パラダイス

ニューシネマパラダイス

映画に魅せられた少年が青年へと成長していく物語。
恋をして、傷ついて、生まれ育った街を去る。第二次世界大戦後のシチリア。とても貧しい生活を表現しながらも人々に愛され続けた映画館はまさに“パラダイス”と言えます。
少年期、青年期、そして大人になった主人公・トトのように、映画館も少しずつ表情を変えていくシーンにこころ惹かれます。そんな田舎町、風景は変われど昔から愛され続けているシチリアの郷土料理をご紹介いたします。

パラダイス座特製ライスコロッケ

ニューシネマパラダイス

【材料】8個分
お米 1合
サルフランパウダー(なくても○)2振り

玉ねぎ 1/4個
赤パプリカ 1/4個
スライスベーコン 4枚
オリーブオイル 大さじ1
粉チーズ 大さじ1
塩コショウ 少々

1口チーズ 8個

小麦粉 1/2カップ
水 適量

パン粉 1カップ

揚げ油 適量

レモン 1個(8等分にカット)
ローズマリー 飾り

【作り方】
1 お米を炊きます。サフランパウダーがあれば加え、炊飯器で普段通り炊きましょう。
2 玉ねぎ、赤パプリカ、スライスベーコンは細かくみじん切りにしてオリーブオイルで玉ねぎがしんなりするまで炒めます。
3 ご飯が炊けたらボールに移し2と粉チーズを加えて塩コショウで味を整えます。
4 3を8等分に分け、1つずつ手に取りチーズをのせて丸めていきます。その際にチーズがはみ出ないように包みましょう。すべて包み終わったら冷まします。
5 小麦粉と水でどろっとした衣を作り、しっかり冷ました4にまんべんなく付け、パン粉をまぶします。
6 180℃に熱した揚げ油できつね色になるまで揚げて出来上がりです。
7 レモンをたっぷりかけて食べましょう。

レシピの経緯

シチリアの郷土料理の「アランチーニ」。
アランチーニはイタリア語で“小さいオレンジ”の意味で、形がオレンジに似ていることに由来します。
シチリアのバールや総菜屋には必ず並んでいる定番の郷土料理。今でこそ映画のお供はポップコーンになっていますが、シチリアの映画館ではきっとアランチーニが楽しめるはずです。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • KeisukeOtsuka
    4.9
    ジュゼッペ・トルナトーレ監督作品。 自分が 何かを見失いそうになった時、 自信を失い路頭に迷った時、 悩みに苦しみ目の前が真っ暗な時、 そんな時にこの映画は、一筋の光を灯してくれるような気がする。 アルフレードの遺したフィルム。 トトの少年時代からの一途な映画愛。 エレナとの出会い、そして別れ。 母との再会。 30年ぶりの村の景色、人々。 この映画の全てが人生とは何か、教えてくれているような気がする。ただ決してはそれは模範解答ではないし、正しい道を指し示す誘導灯でもない。路頭に迷った我々へのヒントとして、これからもずっと「古典」として残る作品であろう。 印象的なアルフレードのセリフがある。 「この場所から出ろ。ここにいると自分が世界の中心にいると感じる。何もかも不変だと感じる。だが2,3年も他にいると、何もかもが変わってる。頼りの糸も切れる。会いたい人もいなくなってしまう。一度ここを出たら、長い年月帰るな。年月を経て帰郷すれば、友達や懐かしい土地と再会できる。 今のお前は私よりも盲目だ。人生はお前が観てきた映画と違う。人生はもっと困難なものだ。行くんだ。お前は若い。もうお前と話したくない。お前の噂が聞きたい。 帰ってくるな。私たちを忘れろ。手紙を書くな。ノスタルジーに惑わされるな。自分のすることを愛せ。子供の時、映写室を愛したように。」 このシーンを観た時、全身に雷が走ったような気がした。この映画はヤバイ、と笑。こんなにたくさんのことを教えてくれる作品があるのか、と。 まだ観てない人は、絶対に人生で一度は観た方が良いと思った。 <あらすじ> 舞台は戦後間もないシチリアの村。教会と兼用の映画館は村で唯一の娯楽施設であった。村に1人しかいない映写技師の名はアルフレード。官能的なシーンを毛嫌う厳格な教会の司祭は上映前にチェックし、キスシーンをアルフレードにカットさせていた。映画好きなサルヴァトーレ少年、通称「トト」は、何度も映写室に忍び込んではアルフレードに追い返されていた。ある日トトはカットしたキスシーンのフィルムを譲ってくれと頼むが、アルフレードは拒否する。初めは犬猿な仲であった2人であったが、様々な出来事をきっかけに、次第に歳の差を越えた友人関係となっていく。トトはアルフレードから映写機の操作技術を教えてもらうようになっていた。しかし、とある日に事件は起きる。映画を上映中にフィルムに火がつき、それがきっかけで映画館が火事となり、アルフレードは一命を取り留めるも失明してしまったのだ。仕事を続けられなくなったアルフレードの代わりにトトが映写技師として引き継ぐことになった。 それから、思春期を迎え、初めての恋を経験するトトであったが、ある日アルフレードはトトに村を出ろと声をかける。それは村に留まり一生を村の映写技師として費やした自身の人生の自戒を込めた、また、愛するトトの将来に賭けた期待を込めた言葉であった。その言葉通り、トトは村を出ることになり、以来30年村に戻ることはなかった。 それから、遠い年月が過ぎ、かつての「トト」、サルヴァトーレに訃報が届く。アルフレードだ。村へ30年ぶりに戻ったサルヴァトーレが見た村の景色。人々。そして、かつての映画館「シネマ座」。そして、アルフレードが生前に「トト」に遺したものとは。。
  • ウッチャン
    4.4
    難しいかなって思ったけど そんなことなくて心動かされる トトとアルフレッドの友情は本当に美しいものだし、「言葉じゃなくて目に見えるもの」というセリフと、この村はまぼろしっていうセリフはグッときた 最後のシーンは なんでか分からないけど涙が止まらない
  • りりさん
    3.3
    3部構成ぐらいで子供の頃はアルフレードとトトが戯れてて面白かった。でもちょい長かった。
  • Yukari
    4.0
    アルフレードみたいなおじいちゃん欲しかったなぁ
  • アンナ
    4.0
    「なにをするにしても 自分のすることを愛せ」 アルフレードとトトの友情 健気で健気で 愛おしくてたまらなかった〜 私も2人にいろんなことを おしえてもらったきがする。 またゆっくり見直したい。 音楽も印象的
「ニュー・シネマ・パラダイス」
のレビュー(52457件)