ミステリーであり、同時にある女性の自己解放・再生を描いた作品『パーソナル・ショッパー』

Filmarks公式

フィルマーくま

ファッション業界を舞台に、新感覚心理ミステリー映画として誕生した、カンヌ国際映画祭受賞作『パーソナル・ショッパー』が5月12日(金)、公開されます。

パーソナル・ショッパー

鬼才オリヴィエ・アサイヤスが監督し、主演を務めるのは、同監督による『アクトレス 女たちの舞台』にも出演したクリステン・スチュワート

超多忙なセレブに代わって彼女たちの服を買い回る“パーソナル・ショッパー”という仕事をしながら、ある理由があってパリで孤独な生活を送るモウリーン(クリステン)。わがままなセレブに振り回される日々のなか、彼女は見知らぬ人物からとあるメッセージを受け取り、事件に巻き込まれていきます。

 

“シャネルの顔”が選ぶ、煌びやかなファッションアイテムの数々

今作で注目したいのは、劇中に登場するファッションたち。シャネルが衣装協力をしているほか、クリスチャン・ルブタンやカルティエといったハイエンドなブランドの数々が、作品をゴージャスに盛り上げます。特に全体にスパンコールが散りばめられたシャイニーなカクテルドレスは、劇中でもキーとなっています。

パーソナル・ショッパー

パリの街を有名ブランドのバッグを引っさげて、バイクに乗りながら颯爽と買い付けにまわるモウリーンの私服にも注目。ボア付きのレザージャケットに合わせたセーター、ジーンズにスニーカーとシンプルながらエッジの効いたスタイルはパリジャン顔負け。ナチュラルなメイクと、オールバックで軽くウェットな質感でまとめたヘアスタイルが、クリステン・スチュワートという女優のもつ本来の美を際立たせています。

パーソナル・ショッパー

実は彼女の私服は劇中であまり変化がないのですが、どの煌びやかなドレスと比べても、“頑張りすぎていない”そのお洒落さは、思わず真似したくなってしまうほど。ミニマリストな雰囲気が抜群に良い!

■憧れや自己表現方法としてのファッションを描いていると感じました。この映画でも色味を抑えた服を着るモウリーンと煌びやかなラグジュアリーブランドを着るキーラが対照的に撮られてます。(Katymarieさん)
■クリステンがとにかくキレイ。CHANELの洋服にも劣らない美貌。(chiyoeさん)
■CHANELなどのハイブランドを着ている時もドキッとして好きだけど、ラフな格好であれだけ格好良く着こなせるの流石(ke-fxさん)

ファッションと霊能力、2つのテーマが複雑に絡み合う違和感

さて、今作はある意味、鑑賞中にずっと違和感を感じるような、少しギャップのある作品と言えるかもしれません。

得体の知れない人物から送られるメッセージ、そして殺人……とミステリアスでヒッチコックを思わせるようなサスペンス要素が高いながらも、それ以前に描かれているのは主人公の苦悩と解放・再生の物語。

双子の兄とモウリーンには“霊能力”という共通点があり、先に死んだ方が残された方へ何かしらのサインを送るという約束をしています。ファッション業界という物質主義な世界にいる時、彼女の身の回りの人間はその痛んだ心などを知る余地もなく、欲望だけを引き出そうとする。反対に兄のかつての恋人は、モウリーンの未だに癒えぬ傷に寄り添い、彼女の行動を静かに見守るという精神主義な描かれ方がされています。

パーソナル・ショッパー

それ故に、緊迫としたサスペンスと同時並行で、“パーソナル・ショッパー”である彼女が自分自身の生活を精神的な意味で取り返すまでの、自己解放をテーマにしたヒューマンドラマが存在するのです。

その2面性を考慮したうえで今作を鑑賞すれば、より理解が深まり、その結末により心打たれることとなるでしょう。

■サスペンスにホラーが混ざった感じのジャンル。でもシャネルやルブタン、カルティエなどたくさんの煌びやかなものが出てくる。そういった煌びやかなものと、クリステン演じるモウリーンの闇?みないなものが対照的すぎて、キレイなんだけど、ゾッとする不思議な作品でした。(Kayococoさん)
■シャネルやカルティエなどのハイファッションの世界と心理サスペンスを映し出すクラシックなカメラワークがお洒落。(mpcatさん)
■てっきりファッションメインの映画かと思っていたのですが、スピリチュアルだったり、サスペンスだったり、少しホラーな要素もあり当初の期待を覆す映画でした。(runaemmaさん)

モウリーンを体現するクリステンのどこまでもリアルな演技

なにより、クリステンのほかにこの役を演じられる人物はいないと思ってしまうほど、モウリーンにリンクした素晴らしい演技を見せる作品です。クリステン自身もまた、現実では華やかなセレブ社会に身を置きつつも、どこか居心地が悪そうで、アイデンティティについて模索している。そういったモウリーンとの共通点が、もはや演技ではなく、モウリーンそのものだと思わせるのかもしれません。

■クリステン・スチュワートの震える演技とミステリーに引き込まれ、時間を感じなかった。(ayakosさん)
■クリステン・スチュワートの体当たりの演技もありリアルな感覚。(ke-fxさん)
■この作品のシンプルかつ孤高な彼女は、私の大好きなドラゴンタトゥーのリスベットを連想させる所があって、最初から一気に惹かれた。心情の現れる呼吸や、指先までのお芝居が本当良かった。(mamepommさん)

シンプルなファッション映画では決して終わらないアサイヤス監督の世界観。冒頭から受ける衝撃は、ラストまでおさまることはありません。

◆映画『パーソナル・ショッパー』 information

パーソナル・ショッパー

忙しいセレブに代わり服やアクセサリーを買い付ける“パーソナル・ショッパー”としてパリで働くモウリーンは、数カ月前に最愛の双子の兄を亡くし、悲しみから立ち直れずにいた。なんとか前を向き歩いていこうとしているモウリーンに、ある日、携帯に奇妙なメッセージが届き始め、不可解な出来事が次々と起こる― 果たして、このメッセージは誰からの物なのか? そして、何を意味するのか?

上映時間:105分

5月12日(金)公開

公式サイト:http://personalshopper-movie.com/
配給:東北新社
(C)2016 CG Cinema – VORTEX SUTRA – DETAILFILM – SIRENA FILM – ARTE France CINEMA – ARTE Deutschland / WDR

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • chi
    3.8
    クリステンを見るために観る映画
  • ベルサイユ製麺
    4.0
    タイトル、『パーソナ…』まで読んだところで、日課にしていた竹中平蔵を(伏せ字にするの忘れた!)呪殺する儀式を最近サボっている事に気がつきました。イッケネー☆ 宜しければ皆さまもご唱和下さい。“エコエコアザラク エコエコザメリク…” …明日、起きてヤフーのトップに訃報が載ってたら、流石にちょっとは罪悪感あるだろうか?無いか。…いやいやそもそも無関係。全ては気のせいです。 モウリーンは、バッキバキのセレブの若い女キーラの為に洋服やアクセサリーを買い付ける仕事をしている。取り敢えず。 試着は禁止。キーラに似合いそう・彼女が好みそうな物をイメージして持ち帰る。戦利品の受け渡しと、軽い会話程度なのだが、彼女の事はなんとなく分かる。 モウリーンはそのパーソナルショッピングの仕事でメゾンのアトリエとキーラの豪邸を往復する毎日。オフの時はそこそこの狭いアパートに帰り絵を描いたりする。今はこの暮らしで良いのだそうだ。 モウリーンには双子の兄ルイスがいて、2人とも心臓に同じ病が有り、兄はつい最近それが元で亡くなった。モウリーンはルイスの事が頭から離れない。彼の存在を感じたいと願い、最近では微かながら彼から届くサインを感じている、と語る。自らを霊媒師だと…。 ある日、ルイスと過ごした古めかしい屋敷で、彼のサインを感じた…と思ったのだが、それは凶暴な霊体で、大きな音や恐ろしい姿で彼女を震え上がらせた。彼女は、確かにそれを感じた。 ある日、モウリーンのiPhoneにメッセージが届く。 非通知「お前を知っている」「お前も俺を知っている」 モウリーンは、この正体不明のメッセージの送り主とヒリヒリするようなやりとりを続ける。やがて、彼女は敢えて気がつかないようにしていた、内なる願望を抑えられなくなる…。 …とか、書いたところで。 もう清々しい!一般映画のフォーマットからの逸脱ぶりにノックアウトされます。「ジャンル?何?なんで?」って言われてる感じ。 基調はアート志向のフランス映画のようで、その中にヴァーホーヴェンみたいなスリラーと、無意識に身構えたくなるような明け透けなスピリチュアル映画が同居している。腑に落ちて然るべき傾向と、落ちるはずもない傾向の作品がごっちゃになってる。しかも主人公自体がスピっているので心象や願望と、実際の現象の見極めが非常に困難。…しかし一方で、モニターを見つめる愚肉ことわたくしと、モニターの中で結晶の様に純粋な美しさのクリステン・スチュワートの、どちらを信じるべきなのか、というのは結構真理に迫る問題かもしれませんね。はい適当。 あの世の兄からのサインを待ち、誰からか分からないテキストメッセージはそのサインなのではないかという考えを打ち消せないモウリーン。閉じ込めた内なる欲求と、外界からの刺激の狭間に、確かにモウリーンは形取られ存在する…のか? 一方、何処からか届くメッセージやあの世からのサインの送り主の実存はどのように確認すれば良いのか?自分、ホントに生身の人間とやりとりしてるのかな? そもそも、人は、どうやって自分の実際を確認する事が出来るのでしょうね。自我が有るから人間?自分や、あなたを形作るものは?それらは本当に別のもの? この作品、矛盾やほつれの無い一本の物語として理解するのが本当に難しい。筋道立てていく上で大きなネックになるのは、中盤の夜の屋敷での出来事と、終盤の“サイン”のシーンだと思います。これらを一編に飲み込めるようにする解釈って、もう“そもそもアレ“”ってくらいしか残って無いようにも思えるのだけど…。だとしたらどこからそうだった? あー、もう、いつまでもこの映画の事考えてられます。全ての要素がルーズフィットで、一向にカチッと嵌らない。主演がクリステン・スチュアートだからこそ成立しているのは間違いないと思います。ジェンダーの揺れ幅を、エロスとタナトスの狭間を無自覚に横断出来る彼女についての物語だからこそ、無限に思考を巡らせる事が出来る。スカ・ヨハとかではこうはいきません。 一本の作品で、これだけ頭を働かせる事が出来るなんてお得としか言いようがありませんが、あんまりコッチにかまけていると、日課の呪殺の方が疎かになっていけません。 …よし!今日はもう少しやっとくか! エコエコアザラク エコエコザメリク…
  • plantseeds
    3.9
    『直感ですべてを感じ取っていた』 (劇中) ずっと気になりながらも、鑑賞できず。 ようやく鑑賞できた作品。 初、オリヴィエ・アサイアス作品。 評のなかで、「ジャンル分けできないと」、ありましたが、 本当に、自分がどういう映画を見ているのか、 よくわからなくなる作品でした。 ここ近年の中で、MCUなど規格外の作品は除き、 「新しい映画体験をしたな」、という印象がものすごくある作品でした。 「パーソナルショッパー」 それは、時間がなく多忙な人に代わり、当人の買い物を代行する人物のこと。 クリステン・スチュワート演じる主人公はそのパーソナルショッパー。 ジャケットや予告にあるように、パーソナルショッパーである主人公が、 パーソナルショッパーでありながら、私物ではない、仕事で、届けるために購入したドレスを、こっそり着用してしまいどうなるのか… なんて、予想もつくような展開になんかなりません! 予想なんてできなくて、途中から訳が分からない展開になります。 それが、逆に新鮮でありました。 人によって好みが結構分かれる作品かと思うので、 万人におすすめできなとは思いますが、変化球な作品が好みな人は刺さる気がします。 お試しあれ。 最後に、クリステン・スチュワートさんは、 トワイライトのころから知っていて、最近ではカンヌの審査員をやっていたりと(万引き家族がパルムドール受賞したときの)、活躍が素晴らしいですね。 今作では、かなり気合の入った演技とお見受けし、 今までのアイドル女優的なイメージを完全に払拭しにかかっていたのかなとも思いました。
  • もなお
    1.5
    亡くなった兄からのサインを待つ買物係の物語 微妙な感覚を描いているのか定かじゃないけど 輪郭が捉えにくく雰囲気を取り繕った風に見え 以前観たプラネタリウムとかなり似た様な印象 メッセージのやりとりも妙に軽々しく嫌な薄味
「パーソナル・ショッパー」
のレビュー(2943件)