【え?嘘なの?本当なの?】あなたを騙す珠玉の“モキュメンタリー”映画3作

2017.05.31
映画

映画狂の唄を大いに謳おう

ロックス

こんにちは。長いこと生きていると「騙された〜! くそ〜! でもやるな〜こいつぅ〜」なんて思うことありませんか?

映画の世界ではよくあることでして、俗に「モキュメンタリー」なんて呼ばれたりしています。つまり偽ドキュメンタリーのことです。ということで、今日はあなたを騙すモキュメンタリー特集をお贈りいたします!

偽ロックスターの偶像『スパイナル・タップ』

スパイナル・タップ

偽ヘヴィメタルバンド「スパイナル・タップ」を追ったモキュメンタリー。ロングヘアーに髭、金髪という当時のヘヴィメタルバンドをステレオタイプに表現、人気バンドあるあるのメンバー間の衝突や苦悩が描かれています。もちろん全部嘘だけど。

この作品はなんと役の設定だけ与えられてあとはすべてアドリブで進められています。映画の人気が出すぎてまさかの「クイーン」のボーカル=フレディ・マーキュリー追悼コンサートにもちゃっかり出演しています。また、作品としての評価も非常に高く、アメリカ議会図書館によってアメリカフィルム登記簿にも登録されています。嘘もここまでやれば立派な本物になれる、ということの証明ですな……。

僕たちはバンクシーの掌で踊らされている『イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ』

バンクシー

ロンドンを拠点に世界的に活躍する覆面ゲリラアーティスト・バンクシーの初監督作品。バンクシーをはじめグラフィティアーティストを追った映像ディレクターがバンクシーによってグラフィティアーティスト「ミスター・ブレインウォッシュ」になってしまうというストーリーですが、実はミスター・ブレインウォッシュというアーティストは元から存在しています。一見普通に観ているとミスター・ブレインウォッシュ誕生譚のように見えますが、嘘なのか本当なのか、結局わかりません。結局僕らはバンクシーの掌で踊らされているだけ。憎たらしいですがスタイリッシュな映像も魅力の一つとして面白い作品に仕上がっています。

これが本当のクレイジー! 『容疑者、ホアキン・フェニックス』

ホアキン・フェニックス

早逝した伝説の名優リヴァー・フェニックスを兄に持ち、オスカー作品『グラディエーター』では、傲慢な皇帝コモドゥス帝を演じアカデミー助演男優賞にノミネート、そして『ウォーク・ザ・ライン』では悲願のアカデミー主演男優賞を受賞、という誰もが羨む栄光を手にしたホアキン・フェニックス

そんな彼が突然の俳優引退宣言をする。次に選んだ道はなんとミュージシャン。しかもウォーク・ザ・ラインで演じたジョニー・キャッシュのようなカントリー歌手ではなく……なんとヒップホッパーに転向! ミュージシャン転向後、公の席に現れた彼はだらしない髭にブクブクに太った体、全米のファンは大いに嘆いた。と、ここまでは本当の話。実はこの話すべてホアキン・フェニックスがこのモキュメンタリー映画を撮りたいがためにやった「演出」なのです。

2年間映画のために私財を投資し、地位も名誉も捨ててモキュメンタリーを撮りたいがためにゲラゲラ笑っていたのです。クレイジーすぎる……!

いかがですか? モキュメンタリーというジャンル、たまには騙されてみるのも一興。どの作品もクレイジーな仕上がりとなっています。ぜひご覧になってください〜!

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • rainer1978
    3.1
    なんか無茶苦茶だった気がするw
  • mpc8600
    1.8
    記録
  • もりもりかー
    2.8
    🖇記録
  • 橋本光司
    -
    ホントのドキュメンタリーなのに身内からフェイクだってリークされて困ってるところをドキュメンタリーで撮った、という体なんだけど実際は全部演出のフェイクドキュメンタリー。そういったコンセプトのレイヤー構造が非常に面白く、個人的には楽しめました。ホアキンフェニックスがキャリアの2年間を捧げて撮っただけあり、芝居に狂気を感じる。名家に産まれ、なんの不自由もなく美しく狂っていく中年男性のリアリティ。貯金が100万ドルあるらしいので、映画褒めたら2万円くらい貰えんだろうか。。
  • 来夢
    4.0
    突如役者を辞めて素人ラッパーに転身をし世間を賑わせたホアキンのその時期を追ったドキュメンタリー。 フェイクドキュメンタリー、モキュメンタリーという表現はこの映画に対してはあまり適切では無い気がするんだよね。これはドキュメンタリーだと思うよ。彼の本気が伝わってくるからね。 とは言え、まぁ結構な馬鹿映画なんだけれども。 でも本当に馬鹿なのはホアキンなのかメディアに踊らされている視聴者たちなのかってことだったり。 最後のカットは皆を馬鹿にしているのか、それともホアキンがここから羽ばたく予兆なのか。 ※2018年追記 もともといい役者ではあったけれど、この映画のあとのホアキンはなんか凄い気迫を感じるよね。
「容疑者、ホアキン・フェニックス」
のレビュー(466件)