グザヴィエ・ドランこそ映画界の大谷翔平だ!いや大谷翔平こそ野球界のグサヴィエ・ドランだ!どっちでもいいや!

2017.05.18
女優・俳優

映画狂の唄を大いに謳おう

ロックス

近年、映画界を騒がす話題のグザヴィエ・ドラン、彼こそ映画界の日本ハム・ファイターズ大谷翔平そのものである。

「おいおいロックス、お前何言ってんだよ? 野球選手と映画監督だぞ」なんて思わないでください。今日は、二人の若き天才を比較してみましょう!

若い。とにかく若い。

富む

「若き天才」なんてすでに言っちゃってますがまずここです。
グザヴィエ・ドランはわずか二十歳にして「マイ・マザー」にて監督・脚本デビュー、作品は第62回カンヌ国際映画祭にて上映。ここから彼の快進撃が始まります。その後「胸騒ぎの恋人」、「わたしはロランス」「トム・アット・ザ・ファーム」、「Mommy/マミー」、「たかが世界の終わり」と立て続けに作品を発表。そして2017年現在、いまだ28歳。

大谷翔平は高校卒業時点でメジャー挑戦かプロ野球入団かの選択がありました。そして紆余曲折があり日本ハムファイターズへ入団。昨年はNPB史上初の投手と野手でベストナイン、そしてパ・リーグMVPを受賞という破竹の活躍。2018年にはメジャーへの移籍という噂も流れています。そして現在22歳。

ちなみに僕は高校卒業時点で普通に大学受験をしながら映画を観ていて、22歳の頃はようやく大学を卒業して社会の波に呑まれてアタフタ映画を観ていて、28歳の頃はようやく社会人にも慣れて30歳を手前に映画ばっか観てました。これが凡人と天才の違いです。あれ、なんか書いてて泣けてきた。なんでだろう。

イケメン

マイ・マザー

いや〜二人共悔しいくらいのイケメンですよね〜。天は二物を与えすぎです。ずるいよ神様。
悔しくなってきたのでこの項目はこれくらいにしておきます。
 

主演/監督、打者/投手 何よりも二刀流

ドラン

むしろこれが言いたかったからこの記事書いているようなものかもしれませんが、二人共二刀流。
グザヴィエ・ドランは監督のみならず脚本、編集、そして主演も努めます。
そして大谷翔平はご存知二刀流。打者としては3割、二桁本塁打、投手としては史上最速の球速165kmを達成。
御両人共、凄まじい活躍を見せています。

世界広しといえどここまで活躍をしているのはなかなか類を見ることはできません。
というわけで皆さん、これからはグザヴィエ・ドランといえば「映画界の大谷翔平」と覚えましょう。
ん? 大谷くんが「野球界のグザヴィエ・ドラン」なのか? どっちでもいいや!

2人共すごい!

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • わかちゃん
    4.1
    泣いた泣いた〜 発達障害にもアスペルガーとADHDと種類があって程度も人によって違う。 今では社会人になって自分の異変に気付いて病院で大人の発達障害と診断される人も多い。 医療がもっと発展して薬で発達障害が完治される世の中になったらいいな。と思いながら号泣 見るべき映画だ!
  • ペンソー
    4.0
    初のグザヴィエドラン作品。 映画好きの友達がドランを崇拝していて、最初に何を観るべきか聞いたらこれだと言うのでTUTAYAでレンタル。 スピード感のある独特なカメラワークと、画面の比率という映画の外側までをも使う演出、そしてキャッチーな音楽。全てが融合して、あまりにも独特な雰囲気を放つ映画になっていた。ドランが「若き天才」と言われる理由が分かったような気がする。 理解できない芸術的な要素は感じながらも、ストーリーはいたってシンプル。息子と母親は互いを愛するが故に激情をぶつけ合い、それが多少は歪んでいたとしてもそれもまた親子の形なのかもしれないなぁと思った。 画面の比率を使った演出は今まで観たことなかったし、その比率が変わる瞬間が恐ろしくピタリとハマるようなシーンで変わるために観ていてとても感情移入しやすい。この演出は本当に凄かった。 グザヴィエドランの映画は初めて観たけど、"マイマザー"とか、母親に対するなにかしらのコンプレックスがあるのだろうか…。 希望の物語か、はたまた絶望の物語か、とにかく素晴らしい作品でした。
  • tmcてむしー
    3.6
    映画というより、映像作品を見終わったというのが近い ストーリー 架空の世界のカナダでは、障害を抱える家族により精神的・経済的に実害がある場合法的手続きなしで施設に入所させることができるというショッキングな法案が可決された。 ADHDのスティーヴ(アントワーヌ・オリヴィエ・パイロン)と母親ダイアン(アンヌ・ドルヴァル)の日常は、この法案によって少しずつ変わっていく。 音楽と映像のマッチングがす・ご・い! とにかくグッと目を引く画面と音楽で、胸が高鳴ってしまう…!! 個人的には、これだけでも見る価値が十分あるなあと思います。 ストーリーはそんなに起伏があるという感じではなく、3分の2は問題を起こすスティーヴにダイアンが振り回されるシーンです。 スティーヴは感情の起伏が激しく、可愛く甘えたかと思えば汚い言葉で罵ったり、母親をからかった男をぶん殴ったりとかなり情緒不安定。 見ているこちらもソワソワするほどです。 それでも、親子の愛だけを頼りに協力し合う2人は微笑ましくもあります。 ダイアンはスティーヴを手放すことを拒み続けますが、スティーヴの起こした事件の被害者に訴訟を起こされ、生活が著しく困窮してしまいます。 近所の弁護士に助けを求めますが、弁護士がダイアンを狙っていることを懸念したスティーヴによって無くなってしまい ダイアンはついに苦渋の決断をすることに…。 ラストは切なく、スティーヴが子猫のように思えて胸が締め付けられるようです(>_<) ちなみに、カナダなのになんでフランス語が公用語のように使われているの?!と思ったら、 カナダはフランスとイギリスの植民地だった歴史があるために、10個ある州のうち、ケベック州ではフランス語が公用語として話されているようです。 (ニューブランズウィック州では英語とフランス語の2つが公用語)
  • chisato
    3.7
    どうにかなりそうなくらい寂しくなる。テーマが発達障害を持つ息子と母親の話で、胸が痛い。 2015年のカナダが舞台で、「障害児を持つ親は育児放棄をして良い法律」が制定される。あらすじにこう書いてあるので、もっと法律がプロットに関わってくるのかと思ったけど、親子と近所のおばちゃんの三人のやりとりがメインのヒューマンもの。 初っ端から正方形の画面で違和感(のちに閉鎖感と気付く)を感じるが、これは途中びっくり、ワクワクする!こんな画面の使い方があるんだね。 2回目は「おお〜」ってなるけど、ぼかしも入ってて幻想的で、号泣します。画面の使い方で人の心を動かせるって素敵。斬新なアイデアだった。『Buffalo'66』の独特な小窓の演出も面白かったけど、こっちも良い。 環境はあまり恵まれていないけど、ファンキーで明るく生きる親子。それに近所の吃音症に悩むおばちゃんがうまくマッチしていく。みんな生きることに必死で、エネルギッシュさを感じる。 若者とおばちゃん2人っていう、あまり見ない絵面なんだけど、凄く落ち着く。テーマもニッチなところから選んできて、新しい価値を提供してくれてる感じ。 悲惨に終わるのは哀しいのでラストの締め方は結構好きかも。あの手が動かせない洋服可哀想。 見る人みんなすっきりはしないと思います、不思議な気持ちになる。私も留学したらママのこと恋しくなるんだろうな。鑑賞後みんなお母さんのこと思い浮かべて寂しくなると思う、ならないかな?笑
  • 3.9
    オシャレな映画だった
「Mommy/マミー」
のレビュー(21189件)