グザヴィエ・ドランこそ映画界の大谷翔平だ!いや大谷翔平こそ野球界のグサヴィエ・ドランだ!どっちでもいいや!

2017.05.18
女優・俳優

映画狂の唄を大いに謳おう

ロックス

近年、映画界を騒がす話題のグザヴィエ・ドラン、彼こそ映画界の日本ハム・ファイターズ大谷翔平そのものである。

「おいおいロックス、お前何言ってんだよ? 野球選手と映画監督だぞ」なんて思わないでください。今日は、二人の若き天才を比較してみましょう!

若い。とにかく若い。

富む

「若き天才」なんてすでに言っちゃってますがまずここです。
グザヴィエ・ドランはわずか二十歳にして「マイ・マザー」にて監督・脚本デビュー、作品は第62回カンヌ国際映画祭にて上映。ここから彼の快進撃が始まります。その後「胸騒ぎの恋人」、「わたしはロランス」「トム・アット・ザ・ファーム」、「Mommy/マミー」、「たかが世界の終わり」と立て続けに作品を発表。そして2017年現在、いまだ28歳。

大谷翔平は高校卒業時点でメジャー挑戦かプロ野球入団かの選択がありました。そして紆余曲折があり日本ハムファイターズへ入団。昨年はNPB史上初の投手と野手でベストナイン、そしてパ・リーグMVPを受賞という破竹の活躍。2018年にはメジャーへの移籍という噂も流れています。そして現在22歳。

ちなみに僕は高校卒業時点で普通に大学受験をしながら映画を観ていて、22歳の頃はようやく大学を卒業して社会の波に呑まれてアタフタ映画を観ていて、28歳の頃はようやく社会人にも慣れて30歳を手前に映画ばっか観てました。これが凡人と天才の違いです。あれ、なんか書いてて泣けてきた。なんでだろう。

イケメン

マイ・マザー

いや〜二人共悔しいくらいのイケメンですよね〜。天は二物を与えすぎです。ずるいよ神様。
悔しくなってきたのでこの項目はこれくらいにしておきます。
 

主演/監督、打者/投手 何よりも二刀流

ドラン

むしろこれが言いたかったからこの記事書いているようなものかもしれませんが、二人共二刀流。
グザヴィエ・ドランは監督のみならず脚本、編集、そして主演も努めます。
そして大谷翔平はご存知二刀流。打者としては3割、二桁本塁打、投手としては史上最速の球速165kmを達成。
御両人共、凄まじい活躍を見せています。

世界広しといえどここまで活躍をしているのはなかなか類を見ることはできません。
というわけで皆さん、これからはグザヴィエ・ドランといえば「映画界の大谷翔平」と覚えましょう。
ん? 大谷くんが「野球界のグザヴィエ・ドラン」なのか? どっちでもいいや!

2人共すごい!

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • Chichang
    4.2
    通常のスクリーンが横長なのに対し、Mommyでは1:1の正方形。最初からドランワールドにどっぷり浸かって、細かい描写に釘付けになっていた。カメラワークや音楽の選曲が素晴らしく、途中で流れたwonderwallとアスペクトが切り替わる仕掛けに心が揺れた。 どんなに厳しい状況に立たされても息子を愛し続ける。困難に押しつぶされ、弱気になった時でもグッと堪えて跳ね返す母親の強さと無償の愛が映画の中に詰まっていた。時に感情を爆発させてコントロールが利かなくなってしまうけれど、茶目っ気たっぷりで真っ直ぐに母を愛するスティーブが魅力的。
  • kohei
    3.8
    マミー最強
  • shiro
    4.5
    すごく心に響く映画でした。 ADHDの息子と母親の物語がもがきながらも二人で暮らしていく物語です。 息子の立場、母親の立場、社会からの圧力、そこには愛だけでは解決できない様々な問題がありました。 それでも母親は僅かな希望を信じて息子と向き合っていきます。 親子の不器用な愛がひたすらに愛おしく思える作品です。 オープニングの伏線から想像されるエンディングにいい意味で裏切られました。
  • ますこう
    4.0
    息子がどんな状態でも、息子に何を言われても、母親が息子を愛する心は変わらない。母親って存在は強いんだなあと実感させられる映画だった。スティーブ・ダイアン・カイラ3人の喜怒哀楽の感情が交差していて、感情移入してて楽しかった。
  • みしぇる
    4.0
    どれだけ苦しくても自分は自分でしか生きられないから、残された僅かな愛と希望にすがって。
「Mommy/マミー」
のレビュー(24665件)