【発表】映画『犬部!』初日満足度ランキング1位獲得

111

国内最大級の映画レビューサービス・Filmarks(フィルマークス)は、ユーザーが投稿した★スコア・レビュー数をもとに、「7月第4週公開映画の初日満足度ランキング」を発表。先週末に劇場公開され、高い評価を集めた7作品がランクインしました。

1位『犬部!

[★ 3.92/レビュー数:271]

2位『劇場版 Gのレコンギスタ III 宇宙からの遺産

[★ 3.88/レビュー数:133]

3位『サイダーのように言葉が湧き上がる

[★ 3.82/レビュー数:611]

4位『親愛なる君へ』[★3.70/レビュー数:57]
5位『復讐者たち』[★3.64/レビュー数:116]
6位『最後にして最初の人類』[★3.54/レビュー数:121]
7位『セイバー+ゼンカイジャー スーパーヒーロー戦記』[★3.53/レビュー数:363]

■初日満足度ランキングとは
Filmarksの初日満足度ランキングは、前週に公開された映画を対象に、公開日から公開週の週末のFilmarksでの平均★スコア(5.0点満点)とレビュー数(Mark!数)を集計し、★スコアが高い作品から順に算出したものです。

※本ランキングは公開日から7月26日までの★スコアが3.0以上の作品を対象としています。 ※本ランキングは公開日7月26日までのレビュー数(Mark!数)が50件以上の作品を対象としています。※Mark!及び★スコアは、メンバー登録から一定期間Filmarksを利用しているユーザーから投稿されたものを対象にしています。※★スコアが同率の場合は、Mark!数が多い作品が上位となります。※★スコアは、映画鑑賞後に各ユーザーが★の数(5.0点満点)で評価をしたものです。 ※レビュー投稿(Mark!)は、1作品につき1メンバー1件までです。

(c)2021「犬部!」製作委員会、(c)創通・サンライズ、(c)2020 フライングドッグ/サイダーのように⾔葉が湧き上がる製作委員会

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS