映画界が絶賛!父と娘の愛に涙し、笑った『ありがとう、トニ・エルドマン』試写会へご招待!

2017.05.19
試写会

Filmarks編集部

フィルマーくま

第89回アカデミー賞(R)外国語映画賞ノミネート、全米、ニューヨーク、ロンドンなどの映画批評家協会賞の外国語映画賞を受賞。世界の映画祭、映画賞で40以上の賞を獲得したマーレン・アーデ監督の最新作『ありがとう、トニ・エルドマン』Filmarks試写会へ50名様をご招待!

ありがとう、トニ・エルドマン1

 

世界中で異例の大ヒットを記録! 『ラ・ラ・ランド』『ムーンライト』をも超える名作誕生!

2016年カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品された本作は、公式上映されるやカンヌの話題を一気にさらった。スクリーン・インターナショナルの星取では、史上最高得点を獲得し、各国の有力誌がこぞって2016年の映画ベスト1に選んだ注目作『ありがとう、トニ・エルドマン』が6月24日にいよいよ日本公開!

本作を観て、惚れ込んだ名優ジャック・ニコルソンが、ハリウッド・リメイクを熱望! 引退表明していたにも関わらず、それを撤回しリメイク版で父親役を演じることが決定しました。

ありがとう、トニ・エルドマン2

悪ふざけが大好きな父・ヴィンフリートと、コンサルタント会社で忙しく働く娘・イネス。たまに会っても、ろくに話すこともできない。仕事一筋で笑顔を忘れかけている娘を心配し、父は、出っ歯の入れ歯とカツラを装着し<トニ・エルドマン>という別人になって、神出鬼没に娘のもとに現れる…。

不器用な父の愛情表現に世界中が涙し、笑った、この愛すべき父と娘の物語をイチ早く観れるチャンスです。

上映終了後、町山広美さんのトークイベントを開催!

試写会当日は、雑誌「In Red(インレッド)」や「and GIRL(アンドガール)」など鋭い視点での映画紹介も人気の、放送作家でありコラムニストの町山広美さんのゲスト登壇が決定! 上映後、本作の魅力をたっぷり語っていただきます。こちらもどうぞお楽しみに!

Filmarksユーザー限定50名様をご招待!

日時:2017年6月6日(火)  

18: 00開場/18: 30上映開始

会場:日本シネアーツ試写室
最寄駅:JR総武線/東京メトロ南北線、有楽町線/都営地下鉄新宿線 市ヶ谷駅より徒歩5分 JR中央線、総武線/東京メトロ丸ノ内線、南北線 四ツ谷駅より徒歩8分
募集人数:50名様
※お1人でご参加可能なFilmarksユーザーの方対象
※当日はマスコミによる取材が入る可能性がございます
※当日は開映時間前にご来場ください
※開映後及び満席の際のご入場はいかなる理由(交通機関の遅れ、お仕事のご都合など)がございましても、固くお断りしております。

この機会を是非、お見逃しなく!

【応募締切】

2017年5月28日(日)23:59 までのご応募分有効

 【当選連絡】
・当選の発表は、当選者へのメールをもってかえさせていただきます

【レビュー投稿のお願い】
試写会鑑賞後、6月8日(木) までに本作のレビューのアップをいただく事がご応募の条件となります 

【応募資格】
・Filmarksメンバーで日本在住の方
・上記【レビュー投稿のお願い】にご同意いただける方

【応募方法】
・応募フォームに必要事項をご記入の上ご応募ください

【ご注意点】
・当選権はご本人様のみ有効です
・当日は開映時間前にご来場ください
・開映後の入場はお断りしております
・試写会場までの交通費はご本人様ご自身でご負担ください
・会場内でのご飲食、写真撮影、録音、録画はお断りします
・当選権利の譲渡、換金は一切できません
・応募内容に不明な点があった場合は、応募を無効とさせていただくことがあります
・開映後及び満席の際のご入場はいかなる理由(交通機関の遅れ、お仕事のご都合など)がございましても、固くお断りしております

◆映画『ありがとう、トニ・エルドマン』 information

ありがとう、トニ・エルドマン

あらすじ:ヴィンフリートとコンサルタント会社で働く娘・イネス。性格も正反対なふたりの関係はあまり上手くいっていない。たまに会っても、イネスは仕事の電話ばかりして、ろくに話すこともできない。そんな娘を心配したヴィンフリートは、別人<トニ・エルドマン>となって、イネスの元に現われる。職場、レストラン、パーティー会場――神出鬼没のトニ・エルドマンの行動にイネスのイライラもつのる。しかし、ふたりが衝突すればするほど、ふたりの仲は縮まっていく・・・。

上映時間:162分

〈2017年6月24日(土)、シネスイッチ銀座、新宿武蔵野館ほか全国順次公開〉

配給:ビターズ・エンド
公式サイト:http://www.bitters.co.jp/tonierdmann/
(C) Komplizen Film

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS