【ウルフの譲れない7つのルール】なぜこの男に虜にされるのか? 新たなアンチ・ヒーローをイラストで徹底解説!

Filmarks公式

フィルマーくま

バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』でバットマンことブルース・ウェインを演じたベン・アフレック主演のクライム・アクション映画『ザ・コンサルタント』が、5月17日(水)にブルーレイ&DVD発売レンタルが同時開始されます。

 

ベン・アフレック演じるクリスチャン・ウルフは田舎町の会計士。しかし裏の顔は年収10億円を稼ぎ、最強のファイターでもあり、命中率100%のスナイパー。

本作が他のアクション映画と一線を画すポイントは、さらに一歩踏み込んだキャラクターの多面性にあります。本籍・本名・私生活、そのすべてが謎に包まれた会計士が、アメリカ政府、マフィア、一流企業に追われてまで危険な仕事に手を出す本当の理由とは何か?

映画の中では、幼い頃からウルフというキャラクターが丁寧に描かれていきます。サスペンスやアクションを楽しめるだけではなく、ウルフというキャラクターの生き様をじっくり知ることができるのが映画の醍醐味の一つ!

観た人は必ず魅了されてしまうウルフの人柄について少しでも理解してもらうために〝ウルフの譲れない7つのルール〟として以下まとめましたのでご紹介します。

① 表向きは会計士

ザ・コンサルタント1

② 実は凄腕の殺し屋

ザ・コンサルタント2

③ 数字にこだわりアリ

ザ・コンサルタント3

④ 本気を出すときは指フッフッする

ザ・コンサルタント4

⑤ 幼少期のことを思い出すとブルーになる

ザ・コンサルタント5

⑥ 寝てる女性を起こすのがヘタ

ザ・コンサルタント6

⑦ 私服がダサい

ザ・コンサルタント7

実は、④の「指フッフッ」が一番特徴的。ココに思わず萌えた!という方も多いのではないでしょうか。仕事で本気出す前に「指フッフッ」。見ると病み付きになってしまう不思議な魅力があります。かっこよく真似したいと思った方は、ぜひウルフの仕草をDVD・ブルーレイで勉強してトライしましょう。

⑦については、自分(ベン・アフレック)はバットマンとして『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』でスーパーマンと戦っているのにもかかわらず、彼の初版本を宝物として持っているという、茶目っ気たっぷりの演出が含まれています。こういった細かい点にも、ウルフの人柄を反映するような表現がされているのです。

いかがでしたでしょうか。

サスペンスやアクション映画はちょっと苦手…という方でも、主人公であるウルフのキャラクターに着目すると自然と好感が持てたのではないでしょうか。気になった方はぜひ、二面性を持つ彼がどのような人生を送ってきたかということに注目しつつ映画を楽しんでください。

本作のメガホンをとるのは『ウォーリアー』のギャヴィン・オコナー監督。財務調査の依頼をした会社の経理担当デイナを演じるのは『マイレージ・マイライフ』『ピッチ・パーフェクト』のアナ・ケンドリック。『セッション』のJ・K・シモンズなど豪華キャストが総出演しています。

会計事務所で淡々と仕事をする姿と、正確な射撃やマッチョな体でのアクション、主人公に二面性がある濃密な人間ドラマを合わせ持ったクライム・アクション映画『ザ・コンサルタント』を劇場で見逃してしまった方は、是非この機会にご覧ください。

◆映画『ザ・コンサルタント』 information

ザ・コンサルタント

あらすじ:田舎町のしがない会計士クリスチャン·ウルフに舞い込んだ、大企業からの財務調査依頼。 彼は重大な不正を見つけるが、なぜか依頼は一方的に打ち切られる。 その日から、何者かに命を狙われるウルフ。 実は彼は、世界中の危険人物の裏帳簿を仕切る裏社会の掃除屋でもあったのだ···。 年収10億円、天才的頭脳を持ち、最強のファイターでもあり、命中率100%のスナイパー。 本籍·本名·私生活、そのすべてが謎に包まれた会計士が、アメリカ政府、マフィア、一流企業に 追われてまで危険な仕事に手を出す本当の理由とは?

上映時間:128分

〈2017年5月17日(水)ブルーレイ&DVD発売レンタル同時開始!〉

公式サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/consultant-movie/
配給:ワーナー ブラザース ジャパン
(C)2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED.

(イラスト:フクイヒロシ

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • 沙夜
    5.0
    伏線回収の気持ちいい映画が好きなのですが、本作も例に漏れず。 自分の弱点を強みにするか、そのまま弱みにするか。難しい問いが私たちにも投げかけられます。 考えさせられる作品でありながら、最後はスッキリと終わる観賞後感の良い作品でした。
  • 森鷗外pvq
    2.8
    頭脳戦系作品は外れないって期待して観たけどどっちかというと肉体派映画、なんなら肉弾戦チートだった 自閉症を隠した天才会計士がオフィスに籠り、マジック1本で壁一面に数式を書き殴ってくお決まりのシーンはちゃんとあります ただ伏線の張り方もわざとらしくて鑑賞後の納得感も薄い、この映画に何を求めればいいんでしょう
  • zzz
    5.0
    ところどころに散りばめられた“箱”の描写がいとおしい。 良くも悪くも“箱”の中でいきている感覚、身に覚えがあるひとはきっといるだろう。 ◯を見て円だと決めつける思考は寂しくないだろうか。 ほかの角度から見たら球体かもしれないし円柱かもしれないし円錐かもしれないし長方形かも。 あなたが見ている世界とわたしが見ている世界が全く同じ形をしている確証なんてあるだろうか。 自分の目に見えるものだけが正しい全てではない。 “自分と違うこと”を、縦の優劣ではなく横の個性として、恐れ憎悪するのではなく敬い尊重する、そんな世界は絵空事だとわらうひともいるだろう。 けれど、この作品のキャラクター達に思いを馳せると仄かな灯火を感じられるのだ。 暴力が飛び交い死体がゴロゴロ転がっているのに、じんわりとした不思議なあたたかさが、血の滲んだ脆い心の部分を包みこんでくれる。 やさしくなくて、やさしくて、ヘンテコないとおしさが溢れる。 涙を流したとき、抱きしめ励ましてはくれないけれど、泣き疲れ穏やかな寝息をたてられるようになるまで只々そっと傍にいてくれる。 そんな作品。 「家族や周囲の人達との繋がりに思うところがあるひと」「みんなは当たり前のようにできることが自分は上手にできないと思っているひと」エンディングを迎えたとき、主人公と同じほほえみを浮かべられますようにと願わずにはいられない。
  • みけねこさん
    4.0
    計算された冷静な殺し屋で会計士としても優秀という矛盾しそうな設定だったが内容も良く面白かった
  • Chubby
    4.2
    どタイプ♡
「ザ・コンサルタント」
のレビュー(27022件)