一夜にして消えた170億ドルの金塊!『ゴールド/金塊の行方』ラスト10秒、あなたもきっと騙される!?

2017.05.24
特集

FILMAGA編集部

フィルマーくま

170億ドル相当の黄金が、こともあろうか一夜にして消失したとんでもない実話を映画化した『ゴールド/金塊の行方』が、6月1日公開される! 株式市場に大混乱をもたらした鉱山史上、もっとも大胆な偽装を疑われたスキャンダルな題材を、驚異の役作りで話題を集めるオスカー俳優マシュー・マコノヒーを主演に迎え、舞台を1980年代に移して映画化した大胆不敵なクライム・サスペンス。世界中が震撼した事件の顛末は、映画史に残るショッキングなもの! しかも本作は、“オレたちが観たかった”マコノヒーの怪演も衝撃の、まさに映画ファン必見の一作だ。

ゴールド/金塊の行方

 

すべてが伏線! すべてが逆転するラスト! 黄金に夢を賭けた男のアドレナリン全開の超展開に、もう一度見直したくなること必至!

史上最大級の詐欺事件を扱ったと言っても過言ではない『ゴールド/金塊の行方』は、驚愕の実話を元に今世紀最大の金鉱にまつわる、170億ドルもの金塊が一晩で消えた事件を描く犯罪サスペンスだ。そこには果てない夢と野望、一攫千金のロマン、信頼と裏切り、そしてショッキングな捜査など、アメリカンドリームからバディムービーまで多くの要素が入っている。

とりわけ混乱を極める事態の後に訪れる終盤では、誰もが予想できなかった急展開へとなだれ込み、驚愕のラストへ突入していく。アメリカはもちろんのこと、世界経済をも揺るがした衝撃の事件をスクリーンで目撃することになるが、すべてが逆転するラスト、本作は、観る者すべてをだましにかかる! 鑑賞後、もう一度最初から観直したくなるはず!

170億ドルの金塊が一夜にして行方不明に! やがてFBIまで動く大事件に発展!

ゴールド/金塊の行方

この衝撃作の主人公こそが、インドネシアの山奥で過去最大と評される巨大金脈を発見し、一攫千金の夢を成し遂げた探鉱者ケニー・ウェルス。祖父の代から続く鉱山採掘会社は業績不振で倒産寸前だったが、巨大金鉱の発見で彼の会社はV字回復。ウォール街の巨大投資銀行から全世界の金山を牛耳ってきた黄金王までがケニーの成功を手放しで賞賛したほか、それを全米のメディアが連日報じたことで、彼は一躍スターの座へと駆け上がる。

ところが、衝撃のニュースが駆けめぐる。170億ドルの金塊が一夜にして消え、「オレは何も知らない!」というケニーの主張も空しく、会社の株価は大暴落。混乱を極めるなかメディアや株主は激しく追求を続け、やがてFBIの捜査もスタートする。一体、ダマした奴は誰だ!? これは史上最大級の詐欺事件か、それとも男の夢と野望の果ての物語か……。

オレたちの見たかったマコノヒーが! まるで金塊版『ウルフ・オブ・ウォールストリート』!ハゲ&全裸のマコノヒー劇場の幕開けだ!

そのケニー・ウェルスを演じる男こそ、演技派として名声をほしいままにしているマシュー・マコノヒー。『ダラス・バイヤーズクラブ』(13)でアカデミー賞主演男優賞を受賞し、最近では大ヒットアニメ作品『SING/シング』(16)で歌声を披露するなど、芸達者な現代の名優だ。そのマコノヒーが野心に燃え、野心にとりつかれたようなケニーを妙演! 表情の奥に本心をチラつかせ、観客の想像力を断続的に刺激。そのモンスター演技は必見だ!

ゴールド/金塊の行方

あの20キロ以上減量した『ダラス・バイヤーズクラブ』とは反対に、今回のマコノヒーはメタボ体形にモデルチェンジ! その上、ロバート・デ・ニーロもびっくりのハゲ頭や、ケヴィン・ベーコンも嫉妬する全裸姿まで次々と披露していく。かつてわずか数シーンでレオ様(レオナルド・ディカプリオ)、そしてオレたちの心を盗み、トラウマ級の印象を残した『ウルフ・オブ・ウォールストリート』(13)の怪演も忘れられないマコノヒーが、本作『ゴールド/金塊の行方』で圧倒的な存在感で先の読めないクライム・サスペンスをグイグイ引っ張っていく。これは金塊版『ウルフ・オブ・ウォールストリート』(13)と言っていい、マコノヒー劇場の幕開けだ!

共演者のリアル助演、時代の記憶を喚起する音楽など見逃せないポイントがズラリ!

マコノヒー節が炸裂する一方、共演者にもクセ者がズラリと揃い、ケニーを支える恋人のケイ役を『ジュラシック・ワールド』(15)のブライス・ダラス・ハワードが好演するほか、金鉱の発見に一役買う怪しげな地質学者のマイケル・アコスタ役に『X-ミッション』(15)のエドガー・ラミレスなど、みな映画に異様なリアリティーを付与することに貢献している。

ゴールド/金塊の行方

本作はサウンドトラックも話題の的で、名プロデューサーのデンジャー・マウスが参加! 作品の舞台となった1980年代を音楽でも追体験させていくという匠の技で、過去の大事件を観る者の記憶を喚起しながら観せていく手法で、スリリングな映像体験として盛り上げていく。アメリカ生まれの日本人バイオリニスト、Kishi Bashiの楽曲や、イギー・ポップが本作のために書き下ろした主題歌「Gold」がゴールデン・グローブ賞の主題歌賞にノミネートされるなど、映像と芝居、音楽のそれぞれの面で見逃せないポイントが多い一作だ。

◆映画『ゴールド/金塊の行方』 information

ゴールド/金塊の行方

インドネシアの山奥で過去最大と呼ばれる巨大金脈を発見し、一攫千金の夢を成し遂げた探鉱者、ケニー・ウェルス。倒産寸前だった彼の会社はV字回復。ウォール街の巨大投資銀行から全世界の金山を牛耳ってきた黄金王までがケニーの成功を賞賛し、それを連日報じる全米のメディアは、彼を一躍スターへと押し上げた。そんな中、報じられたのは衝撃のニュースだった。170億ドルの金塊が一夜にして消えた―。「オレは何も知らない!」ケニーの主張も空しく、会社の株価は大暴落。混乱の中、メディアや株主からの追求は激しさを増し、そして遂にFBIの捜査が始まった。

上映時間:122分

6月1日(木)全国公開
公式サイト:gold-movie.jp
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント=STAR CHANNEL MOVIES
(C)2017 Sony Pictures Entertainment (Japan) Inc. All rights reserved.

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • kkrgets
    3.0
    視聴記録
  • ベルサイユ製麺
    3.5
    実話ベース!巨大詐欺!好き!! 90年代アメリカ。炭鉱者ケニーが父から受け継いだ金鉱会社は倒産寸前。起死回生ですがりついたのは胡散臭い地質学者アコスタ。アコスタの読みに従いインドネシアの山奥での採掘作業を始めたもののぜーんぜん金出ない…。更にマラリアにかかり、あ、もう死ぬ。数週間後、生死の狭間から生還したケニーに、アコスタは告げます。「出た。」 一発逆転の一攫千金、会社は復活、株式上場、成り上がり街道まっしぐら…から、二転三転。果たして彼等の行く末は? …てな感じです。一先ず、とにかくマシュー・マコノヒーを見よ!頭髪のクールさはニコラス先輩を凌ぐ勢い。ぽっこりお腹の超だらしないボデー。年季の入った白ブリーフ。脂ぎった顔…。す、すげぇ。『トロピックサンダー』のトム・クルーズとタメを張ります!これはもうマコノヒーぢゃ無いぢゃないか。もう止せ、こんな事は。[高村光太郎 “ぼろぼろなマコノヒー”より抜粋] 監督スティーブン・ギャガンは、脚本家出身。(シャマランの『アフターアース』とかやってた方です)今作が初監督のようですが、普通に上手い。キレの良い編集とファンキーなBGMで、ぐいぐい持っていきます。 企業の成り上がり物といえば、“品のない男達がみっちり詰まった煙もうもうのオフィスを我が物顔で闊歩する男。電話に出て何やら話し出すと、オフィスが静まり返り固唾をのんで彼を見つめる。電話を切って「商談成立!」。書類が舞い散る大盛り上がりの山師たち!「YES!YES‼︎」”…それ、有りますよ!もう、見たいやつがバッチリ有ります。 ぐんぐん成り上がって身なりも良くなっていくのに、洗練のカケラも見せないマシューが凄い!ホントにちょっとキライになってしまいそう。ブライス・ダラス・パワードの所帯染みた雰囲気も、初期の頃からのファンにはショックでは。今も良い?…そうですね! 詐欺事件の顛末は複雑なので実際観ていただくしかないかと思います。ウォール街のマネーゲームに巻き込まれ転落→復活の連続は羨ましいばかりの生命力!別に見習いたくない!! どの位まで実話に基づいてるのか不明ですが、終盤の展開もそのままなのだとすると、あの頃のアメリカの金融業界の杜撰さ怖い!インドネシア政府も勿論怖い!やっぱり人間の欲望怖い‼︎ …このへんで、純度の高〜い金塊が一本怖い。 お後がよろしいようで。(めちゃくちゃダサイな!!!!)
  • モリゾー
    3.0
    ハゲデブが、貧乏になり、金持ちになる話
  • おおやん
    3.6
    この実話モノ 面白かったね!!! ストーリーの 山アリ 谷アリ の応酬 見てて こんなにもおこるかねっ! って感じが好きでした ラストのシーン とても良かったです!!!
  • saya
    4.8
    やられた!! こうゆう映画いいねぇ CEOは大変だな
「ゴールド/金塊の行方」
のレビュー(1552件)