ほろりと溢れる涙のような食感…スパイシーで儚い『ブルーバレンタイン』【映画を観ながら食べたいレシピ】

2017.06.13
ライフスタイル

映画は人生のおいしいレシピ

さわのめぐみ

ブルーバレンタイン

ブルーバレンタイン

今年の話題作、『ラ・ラ・ランド』で主演しているライアン・ゴズリングと、『マンチェスター・バイ・ザ・シー』が記憶に新しいミシェル・ウィリアムズが夫婦を演じ、切なくも印象深く残る作品『ブルーバレンタイン』。
楽しさと喜び、そして不安を乗り越えた恋人時代、永遠の愛を誓ったはずの夫婦のすれ違い。キラキラとまばゆい光を放つ過去と、お互いの存在があるだけで心がすり減っていく現在が、切り替わりながら進むストーリーは、観ているこちらも胸を締め付けられ、心を揺さぶられます。

今日紹介するのは、そんな『ブルーバレンタイン』をテーマに、甘くスパイシーで儚いレシピです。

口どけスパイシーバレンタイン

ブルーバレンタイン

【材料】
薄力粉 170g
粉糖 105g
アーモンドプードル 70g
ココナッツオイル 110g
シナモン 1g
チリパウダー 1g
ライムの皮すりおろし 1/2個
ライム汁 1/2個


【作り方】
1 薄力粉をフライパンで混ぜながら炒め、全体的にきな粉色になったらすぐに別の容器に移して冷まします。

ブルーバレンタイン

ブルーバレンタイン

2 柔らかくなったココナッツオイルに粉糖を加え、ゴムベラで滑らかになるまで混ぜる。
3 炒めた薄力粉、アーモンドプードルを振るい、2に一気に加えシナモン、チリパウダー、ライムの皮のすりおろし、ライム汁を加えます。全体がしっとりするまで固まりを潰すように切り混ぜる。全体がそぼろのようになってきます。
4 ポリ袋に入れまとめ、常温で1時間ほど休めます。
5 オーブンを140℃に予熱。
6 生地を1cmの厚さに延ばす。どうしてもやりにくければ手で丸めても大丈夫です。
7 3cmの丸型で型を抜き、クッキングシートを敷いた天板に並べ25分焼きます。
※お好みで粉糖をかけてください。

レシピの経緯

スペインの郷土菓子「ポルボロン」。
口の中に入れて「ポルボロン」と3回言えたら幸せになると言われている、ほろっと崩れる独特の食感です。だんだん崩れて行く二人の関係と甘いだけじゃない愛を、チリペッパーを加えピリッと舌に残る刺激で表現してみました。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • AyaKondo
    -
    どうにもならないこともある
  • とと
    3.6
    つら…
  • ちょぼ
    4.8
    こんな悲痛の"give me a chance"きいたことないよ…。 自分本位になっても相手本位になっても、うまくいかないんですね。 お互いにちょうど良いバランスを取り続ける努力をすること、これが2人には足りなかったな…。 あれだけ尽くしたのに報われない夫、辛すぎ。でも尽くせばいいってものではないらしい。 中盤から涙止まらず、ラストのクライマックスで嗚咽。大ダメージです。 学べる恋愛映画。 実際には起こってほしくないことを、映像でリアルに擬似体験させてくれました。 少女漫画どーのこーのじゃなく、こういう映画こそ価値がありますね、きっと…笑
  • ひかり
    3.7
    リアルすぎて現実見せ付けられた感がすごい。結婚当初の愛はどこへ
  • マリリン
    4.5
    【最近観た中で最高のラブストーリー!】 このライアン・ゴズリング、すごく好きだわ〜。ちょっと荒っぽいけど、ロマンチックで子煩悩で一途な感じが人間臭くてたまらない! カップルの出会い、結婚、別れを描いた作品。二人がまさに「恋に落ちている瞬間」と「冷めていく夫婦関係」が対照的に、でも現実味を持って描かれているのがすごく良い。 ミシェル・ウィリアムズって「マンチェスター・バイ・ザ・シー」でも旦那に疲れた奥さん役を演じているけれど、金髪で綺麗な中にもくたびれた感じがあって良い。近所にいる綺麗な奥さんって感じで、近からず遠からずな存在感が男性にはそそるんだろうな。 ライアンの娘をあやす姿も微笑ましいし、おでこが剥げてきちゃってる感じもリアル。 ウクレレで奏でるライアンの歌が本当に素敵!エンドロールも凝っていて見応えがあるから最後まで観てしまった。
「ブルーバレンタイン」
のレビュー(14577件)