ほろりと溢れる涙のような食感…スパイシーで儚い『ブルーバレンタイン』【映画を観ながら食べたいレシピ】

2017.06.13
映画

映画は人生のおいしいレシピ

さわのめぐみ

ブルーバレンタイン

ブルーバレンタイン

今年の話題作、『ラ・ラ・ランド』で主演しているライアン・ゴズリングと、『マンチェスター・バイ・ザ・シー』が記憶に新しいミシェル・ウィリアムズが夫婦を演じ、切なくも印象深く残る作品『ブルーバレンタイン』。
楽しさと喜び、そして不安を乗り越えた恋人時代、永遠の愛を誓ったはずの夫婦のすれ違い。キラキラとまばゆい光を放つ過去と、お互いの存在があるだけで心がすり減っていく現在が、切り替わりながら進むストーリーは、観ているこちらも胸を締め付けられ、心を揺さぶられます。

今日紹介するのは、そんな『ブルーバレンタイン』をテーマに、甘くスパイシーで儚いレシピです。

口どけスパイシーバレンタイン

ブルーバレンタイン

【材料】
薄力粉 170g
粉糖 105g
アーモンドプードル 70g
ココナッツオイル 110g
シナモン 1g
チリパウダー 1g
ライムの皮すりおろし 1/2個
ライム汁 1/2個


【作り方】
1 薄力粉をフライパンで混ぜながら炒め、全体的にきな粉色になったらすぐに別の容器に移して冷まします。

ブルーバレンタイン

ブルーバレンタイン

2 柔らかくなったココナッツオイルに粉糖を加え、ゴムベラで滑らかになるまで混ぜる。
3 炒めた薄力粉、アーモンドプードルを振るい、2に一気に加えシナモン、チリパウダー、ライムの皮のすりおろし、ライム汁を加えます。全体がしっとりするまで固まりを潰すように切り混ぜる。全体がそぼろのようになってきます。
4 ポリ袋に入れまとめ、常温で1時間ほど休めます。
5 オーブンを140℃に予熱。
6 生地を1cmの厚さに延ばす。どうしてもやりにくければ手で丸めても大丈夫です。
7 3cmの丸型で型を抜き、クッキングシートを敷いた天板に並べ25分焼きます。
※お好みで粉糖をかけてください。

レシピの経緯

スペインの郷土菓子「ポルボロン」。
口の中に入れて「ポルボロン」と3回言えたら幸せになると言われている、ほろっと崩れる独特の食感です。だんだん崩れて行く二人の関係と甘いだけじゃない愛を、チリペッパーを加えピリッと舌に残る刺激で表現してみました。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • Furunya
    3.4
    ゴズ兄、あんさんなんでそんな切ない演技ばっかやってるんや。 切なさの先にある一筋の光には、いつになったら手が届くんや。 恋愛って結局赤の他人同士、必ずどこかで綻びが生まれて、それを縫い直してなんとかやり過ごそうとしても、やっぱ綺麗に元通りってわけにはいかないんやな。 でも、お気に入りの穴の空いたセーターは、毎年冬になったら箪笥から引っ張り出して着てまうやん。で、冬が終わると、もう着ないよな、って思いながら箪笥の奥の方にしまって、また冬がやってくると奥から引っ張り出して着ちゃう。 好きなものって少しぐらいほつれてても、気にならないし、むしろそれがアジになってもうてる。 そんな感じですっぱり割り切ってパートナーを理解できれば、ゴズ兄もダンスとか音楽に頼って女の子ナンパして、結局うまくいかなくなって別れる負のスパイラルから抜け出せるのになあ。なんて思ったりして日曜が過ぎて行く。
  • aiueo
    5.0
    日比谷シャンテで見た時同じ列で見ていたおじさんがエンドロールで嗚咽していた。顔は見ないでおいた。
  • MizukiWatanabe
    3.4
    大切なことを思い出したいときに観る映画。
  • 2.0
    恋愛ってこうやって終わるんだな、と。 その時その時にちゃんと向き合えていないと、少しずつ気持ちは離れていく。
  • はち
    3.5
    綺麗な過去とどんよりとした現在が交互に映し出される感じがもう。。 どんなに大恋愛でも永遠の愛を誓っても、容赦なく変わっていく2人の愛がリアルで切ない。 端から見たらダメ男っぽいけどちゃんと子どもも奥さんも愛してるディーン。だけどそれを受け入れないシンディー。 誰が悪いとかではないとこに夫婦の難しさ結婚のリアルさがみえる。 フランキーとディーンお行儀悪いけど微笑ましい。 ライアンはやっぱりセクシー。 あとタクシーの運転手がよかった◎笑
「ブルーバレンタイン」
のレビュー(18193件)