ほろりと溢れる涙のような食感…スパイシーで儚い『ブルーバレンタイン』【映画を観ながら食べたいレシピ】

映画は人生のおいしいレシピ

さわのめぐみ

ブルーバレンタイン

ブルーバレンタイン

今年の話題作、『ラ・ラ・ランド』で主演しているライアン・ゴズリングと、『マンチェスター・バイ・ザ・シー』が記憶に新しいミシェル・ウィリアムズが夫婦を演じ、切なくも印象深く残る作品『ブルーバレンタイン』。
楽しさと喜び、そして不安を乗り越えた恋人時代、永遠の愛を誓ったはずの夫婦のすれ違い。キラキラとまばゆい光を放つ過去と、お互いの存在があるだけで心がすり減っていく現在が、切り替わりながら進むストーリーは、観ているこちらも胸を締め付けられ、心を揺さぶられます。

今日紹介するのは、そんな『ブルーバレンタイン』をテーマに、甘くスパイシーで儚いレシピです。

口どけスパイシーバレンタイン

ブルーバレンタイン

【材料】
薄力粉 170g
粉糖 105g
アーモンドプードル 70g
ココナッツオイル 110g
シナモン 1g
チリパウダー 1g
ライムの皮すりおろし 1/2個
ライム汁 1/2個


【作り方】
1 薄力粉をフライパンで混ぜながら炒め、全体的にきな粉色になったらすぐに別の容器に移して冷まします。

ブルーバレンタイン

ブルーバレンタイン

2 柔らかくなったココナッツオイルに粉糖を加え、ゴムベラで滑らかになるまで混ぜる。
3 炒めた薄力粉、アーモンドプードルを振るい、2に一気に加えシナモン、チリパウダー、ライムの皮のすりおろし、ライム汁を加えます。全体がしっとりするまで固まりを潰すように切り混ぜる。全体がそぼろのようになってきます。
4 ポリ袋に入れまとめ、常温で1時間ほど休めます。
5 オーブンを140℃に予熱。
6 生地を1cmの厚さに延ばす。どうしてもやりにくければ手で丸めても大丈夫です。
7 3cmの丸型で型を抜き、クッキングシートを敷いた天板に並べ25分焼きます。
※お好みで粉糖をかけてください。

レシピの経緯

スペインの郷土菓子「ポルボロン」。
口の中に入れて「ポルボロン」と3回言えたら幸せになると言われている、ほろっと崩れる独特の食感です。だんだん崩れて行く二人の関係と甘いだけじゃない愛を、チリペッパーを加えピリッと舌に残る刺激で表現してみました。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • みじりめし
    4.0
    胸が苦しくなる。
  • madokaaa
    3.2
    愛の始まりと終わりを描いた リアルな物語。 結婚7年目。 ペンキ屋として働くも向上心もなく、 朝から酒を飲む毎日を過ごすディーンと 看護師として忙しい日々を送るシンディ。 かつては愛し合った2人の関係は 今では冷え切りつつあった。 あの頃の2人に戻ろうと 何とか修復を試みるディーンだけど シンディの心は離れていく一方で… 互いに愛し合っていた幸せな日々と 破綻寸前の現在を交錯させながら、 対極のゴールへ向けて それぞれのストーリーは 進んでいきます。 もうなんというか、 すっごくやるせない気持ちになりました。 愛の終わりの、あの救いようのない感じ。 妻との関係をなんとか修復させようと 努力するディーンの姿が猛烈に痛々しかったし、 もはや完全に心が冷え切っているシンディに 夫が何をしたところで響かないのは一目瞭然。 上昇志向が高く現実主義のシンディ。 尊敬できない夫に嫌気がさしてくる。 一方のディーンは、家族3人で慎ましくも 幸せに暮らしていければ十分なタイプ。 恋愛体質だったシンディの過ち込みで ありのままを受け入れたディーンに対して 「正直、その仕打ちはないんじゃないの?」と 不憫に思うシーンも多かったのですが、 シンディの気持ちに全く共感できないか? と言われれば嘘になる。 プロットは良いのですが、 やたらと生々しいエピソードや ひたすら切ないストーリーに ひどく精神を持っていかれる作品だった。 ライアン・ゴズリングは、 この映画のために自分で髪を抜いて 禿げ上がった哀れな男を演じています。 これがあのライアン・ゴズリング? ララランドやドライヴの? 役者魂に感服。 キュートなミシェル・ウィリアムズは 増量してもやっぱりキュートだからすごい。
  • torudaze
    2.5
    終始よくわからんかった
  • スイートシャポー(甘いパン)
    5.0
    人生ベストワンの映画 今後も観る! 切なさでこれを超える映画は無い
  • 3000TUF
    3.9
    いや、どっちも色々あるじゃん!!ってなる。ギスギス感が最高です。
「ブルーバレンタイン」
のレビュー(24374件)