43歳、オタク、女性経験ナシの北欧男から学ぶ本当の〝男らしさ〟の6つのポイント!

2017.06.12
洋画

映画観て、絵描いて、ハイッ!

フクイヒロシ

43歳、オタク、女性経験ナシの大男フーシ初めての恋に奮闘するのがアイスランド映画好きにならずにいられないです。北欧の映画賞で主演男優賞を総ナメしているだけあって、主役のフーシのインパクトがすごいんですよ。

ジオラマが好き(第二次世界大戦ゲームという謎のゲーム)で、ラジオのリクエスト番組の常連リスナーで、会社ではちょっと(いや、かなり)いじめられていて、金曜の夜は1人でタイ料理を食べる、というのがフーシの毎日。

フーシを見ていると「初めての恋、頑張って!応援するよ!」と思わず上から目線で見てしまいそうになるんですが、実はそんじょそこらの男では敵わないくらいに男らしかった!

そんなアイスランドの妖精(?)フーシの隠された男らしさを紹介しますよ。どうぞ!

 

s1

 

s2

 

s3

 

s4

 

s5

 

s6

 

 

フーシは寡黙で外界との接点を絶っているかのように見えるけど、引っ越して来たばかりで友達のいない女の子にせがまれて車に乗せてドライブに連れて行ってあげるほどに心根が優しいのです(その後、幼女誘拐容疑で警察に連行)。

おそらく傷つくことばかりで心を閉ざしてしまったのでしょうけど、初めての恋に出会ってから積極的に動き始めます。しかし思わず暴走しちゃって、出会ってすぐにエジプト旅行を2人分予約して来ちゃったもんだから彼女の方は恐怖。怖いよ、そりゃ。

しかも彼女は心に闇を抱えた女性でした。感情の振り幅がだいぶ大きめの女性です。自分も生きることが上手ではないけど自分よりもっと苦しそうな彼女を助けたいとフーシは思って、できる限りを尽くしていきます。

…が、初めての恋にしては難問すぎてなかなかビターな展開に……。

ネタバレになりますから全てをイラストにはできませんでしたが、他にも「そんなこと普通できないよ!」って思えることを彼女のために淡々と実行します。その姿に観てるこちらも心揺さぶられます。これが無償の愛というヤツか、と。

確実に僕なんかよりも男らしいフーシ。心の中では「フーシ先生」と呼んでいます。

グッと来るラストシーンも含めてぜひ観ていただきたい映画です。

 

北欧でヒゲで大男と言えばそれはほとんどサンタクロース。あなたにもぜひ〝フーシ〟サンタからの素敵なプレゼントが届きますように!(いま、6月)

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • ネム
    -
    好きにはならない、またの鑑賞はない。どんなに心の優しい人であっても見た目で判断されてしまう現実、唯一の星であるヒロインは思わせぶり精神不安定クソ女、それでも少しずつ良くなる方向へ進もうとする終わり方はよかった。 にしても、暗くて切ない内容をピンクの落書き散りばめてハートフルなタイトルとフォントでキメて、ヒップスターも同様、わざと明るくしたようなジャケットがいけ好かねえ、誰だ?これデザインした奴、ちゃんと最後まで観たんか?って言いたくなるような、表紙と内容が全くリンクしてない。こういう浅はかなデザインするのもうやめてほしい(怒)
  • つだ
    3.0
    パッケージがかわいくて気になっていた作品だったのですが、いざ鑑賞してみると全編を通して悲しげなBGMで、こんなに切ない物語だとは思いませんでした。 主人公が不器用すぎて、周りに振り回されすぎて、ほんとうにいたたまれなくなります。主人公フーシはとても真面目で他人想いの優しい人なのに、展開がすごく切なくてほんとうにかわいそうだなって思いました。 主人公の未来が、小さくてもいいから幸せに満ちた穏やかな日々だったらいいのになと願わずにはいられません。
  • kyoko
    3.3
    久々にラブストーリーみた 優しすぎやろ、、、 家で音楽聴いて彼女を思い出してるところが好き、わかるわかる〜
  • mimi
    4.0
    今だなと思って観たけど 今すぎて見たの後悔した
  • いの
    3.6
    「フーシ、だあ---い好き!」って言って、 走って飛びついてむぎゅーって抱きしめてゴロゴロしたい。 そう書きながら、これじゃあトトロのメイと同じだな、と思う。 フーシは甲斐甲斐しくお世話してくれるし日曜大工なんておてのものだし怒らないし優しいし暖かいし仕事は代わりに行ってくれるし、本当に理想的な男性だけれど、でもそう言いながらも、それは私にとって、ただ単に都合の良いオトコの人というだけなのかもしれないと思い、書いている自分が本当に嫌になって自己嫌悪に陥る。 フーシにとってあの女性シェヴンとの出会いは良かったのかどうなのか、考えずにはいられない。でも、その答えは、ラストでの一瞬の、フーシの表情が、物語っている。誰に言われなくたって、ちゃんとフーシはわかっている。 余談です 途中で、マッツのあの映画を思い出し、心配になってハラハラしてしまいましたが、その誤解は解けて良かった。
「好きにならずにいられない」
のレビュー(1878件)