43歳、オタク、女性経験ナシの北欧男から学ぶ本当の〝男らしさ〟の6つのポイント!

映画観て、絵描いて、ハイッ!

フクイヒロシ

43歳、オタク、女性経験ナシの大男フーシ初めての恋に奮闘するのがアイスランド映画好きにならずにいられないです。北欧の映画賞で主演男優賞を総ナメしているだけあって、主役のフーシのインパクトがすごいんですよ。

ジオラマが好き(第二次世界大戦ゲームという謎のゲーム)で、ラジオのリクエスト番組の常連リスナーで、会社ではちょっと(いや、かなり)いじめられていて、金曜の夜は1人でタイ料理を食べる、というのがフーシの毎日。

フーシを見ていると「初めての恋、頑張って!応援するよ!」と思わず上から目線で見てしまいそうになるんですが、実はそんじょそこらの男では敵わないくらいに男らしかった!

そんなアイスランドの妖精(?)フーシの隠された男らしさを紹介しますよ。どうぞ!

s1

 

s2

 

s3

 

s4

 

s5

 

s6

 

 

フーシは寡黙で外界との接点を絶っているかのように見えるけど、引っ越して来たばかりで友達のいない女の子にせがまれて車に乗せてドライブに連れて行ってあげるほどに心根が優しいのです(その後、幼女誘拐容疑で警察に連行)。

おそらく傷つくことばかりで心を閉ざしてしまったのでしょうけど、初めての恋に出会ってから積極的に動き始めます。しかし思わず暴走しちゃって、出会ってすぐにエジプト旅行を2人分予約して来ちゃったもんだから彼女の方は恐怖。怖いよ、そりゃ。

しかも彼女は心に闇を抱えた女性でした。感情の振り幅がだいぶ大きめの女性です。自分も生きることが上手ではないけど自分よりもっと苦しそうな彼女を助けたいとフーシは思って、できる限りを尽くしていきます。

…が、初めての恋にしては難問すぎてなかなかビターな展開に……。

ネタバレになりますから全てをイラストにはできませんでしたが、他にも「そんなこと普通できないよ!」って思えることを彼女のために淡々と実行します。その姿に観てるこちらも心揺さぶられます。これが無償の愛というヤツか、と。

確実に僕なんかよりも男らしいフーシ。心の中では「フーシ先生」と呼んでいます。

グッと来るラストシーンも含めてぜひ観ていただきたい映画です。

北欧でヒゲで大男と言えばそれはほとんどサンタクロース。あなたにもぜひ〝フーシ〟サンタからの素敵なプレゼントが届きますように!(いま、6月)

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

 

※2021年12月23日時点のVOD配信情報です。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • ニック
    4.3
    ポスターのデザインと邦題はヤラカシてるね。どういうこと?なんでこうなったん?まあ、それはそれとして。 フーシいいヤツ涙がでちゃう。 それにしても女性陣が厄介。彼女に母親に隣人の娘に、それでもフーシいいヤツ涙がでちゃう。 (私も、子供が遊びたいって言って寄って来たときには気をつけよっと。我ら子供には好かれるのよな) 幸せになって欲しい。幸せになって欲しい。幸せになってくれー。ギャー!!! ってこんなに主人公の幸せ願った映画ないわ。なんだよもー、フーシいいヤツ涙がでちゃう。 細かい作業をするときの、フーシの優しい目と長いまつ毛が印象に残った。
  • tetsu
    3.7
    なんだかんだあったけども最後の最後のシーンのフーシの表情がすごく良くて、バチっと目に焼き付いて離れない。
  • Norisuke
    3.4
    アイスランドに住む43歳独身、心優しい大男フーシ。空港で荷物係をしているのに飛行機に乗ったことがなく、同僚からはその巨体をイジられる。そんな冴えない日々を送る彼を見かねた母親と母の彼氏からダンス教室のチケットを受け取った彼は、気が乗らないまま教室を訪れる。そこで、金髪の小柄な女性と知り合って…な話。 笑わないぼっちヲタ属性のフーシが何故か気になってしまう、不思議な映画。 ヘビメタと第二次世界大戦ゲームと金曜の夜に食べる大盛りパッタイが世界の全てだったフーシが、近所の少女やダンス教室の女性と出会い、交流することで世界を広げていく。誤解からすれ違ったりお互いに傷つけあったりすることもあるけれど、フーシはとにかく他人に優しく、自分に出来る精一杯のことを考えて実行していくその姿に心打たれた。 「はやり病」の女性にイラッともさせられるけど、フーシには幸せになってほしい。
  • dna
    4
    行動によって伝えたい事を伝える。見返りを求めない愛。
  • アーロン
    3.5
    意外な結末。確かにポスターなんじゃこりゃ。 非モテで何が悪い。没頭できる趣味も友人も居るじゃないか。親も彼を受け入れている。職場でのイジメは悲劇だがそれを察知した同僚と上司が居る。 周りの人は自覚・無自覚を含めて、彼の優しさにつけ込んでいる。確かに彼は閉ざした人生経験の新たなステージに進むのかも知れないけど、彼の優しさの恩恵にあずかっている人達は彼に対し敬意と感謝する日が来るのだろうか…なんて思ってしまった。 でも、「側から見た幸せ=彼の幸せ」ではないんだろうな。自らの選択で歩み出したことが彼が心の底から出た幸せでありますように。
好きにならずにいられない
のレビュー(9831件)