43歳、オタク、女性経験ナシの北欧男から学ぶ本当の〝男らしさ〟の6つのポイント!

2017.06.12
洋画

映画観て、絵描いて、ハイッ!

フクイヒロシ

43歳、オタク、女性経験ナシの大男フーシ初めての恋に奮闘するのがアイスランド映画好きにならずにいられないです。北欧の映画賞で主演男優賞を総ナメしているだけあって、主役のフーシのインパクトがすごいんですよ。

ジオラマが好き(第二次世界大戦ゲームという謎のゲーム)で、ラジオのリクエスト番組の常連リスナーで、会社ではちょっと(いや、かなり)いじめられていて、金曜の夜は1人でタイ料理を食べる、というのがフーシの毎日。

フーシを見ていると「初めての恋、頑張って!応援するよ!」と思わず上から目線で見てしまいそうになるんですが、実はそんじょそこらの男では敵わないくらいに男らしかった!

そんなアイスランドの妖精(?)フーシの隠された男らしさを紹介しますよ。どうぞ!

 

s1

 

s2

 

s3

 

s4

 

s5

 

s6

 

 

フーシは寡黙で外界との接点を絶っているかのように見えるけど、引っ越して来たばかりで友達のいない女の子にせがまれて車に乗せてドライブに連れて行ってあげるほどに心根が優しいのです(その後、幼女誘拐容疑で警察に連行)。

おそらく傷つくことばかりで心を閉ざしてしまったのでしょうけど、初めての恋に出会ってから積極的に動き始めます。しかし思わず暴走しちゃって、出会ってすぐにエジプト旅行を2人分予約して来ちゃったもんだから彼女の方は恐怖。怖いよ、そりゃ。

しかも彼女は心に闇を抱えた女性でした。感情の振り幅がだいぶ大きめの女性です。自分も生きることが上手ではないけど自分よりもっと苦しそうな彼女を助けたいとフーシは思って、できる限りを尽くしていきます。

…が、初めての恋にしては難問すぎてなかなかビターな展開に……。

ネタバレになりますから全てをイラストにはできませんでしたが、他にも「そんなこと普通できないよ!」って思えることを彼女のために淡々と実行します。その姿に観てるこちらも心揺さぶられます。これが無償の愛というヤツか、と。

確実に僕なんかよりも男らしいフーシ。心の中では「フーシ先生」と呼んでいます。

グッと来るラストシーンも含めてぜひ観ていただきたい映画です。

 

北欧でヒゲで大男と言えばそれはほとんどサンタクロース。あなたにもぜひ〝フーシ〟サンタからの素敵なプレゼントが届きますように!(いま、6月)

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • ayaaako
    3.8
    フーシが幸せになるかどうか気になって最後まで一気に見てしまった。何故かシザーハンズを見た時と同じ気持ちになる。
  • 切身
    3.8
    丁寧に作り込まれた作品。 ただのデブハゲおっさんとうつ病女の恋愛思ったら大間違い。 冒頭とラストが秀逸。 物悲しげなのは北欧映画だから仕方ないとしても、これはもっともっと評価されるべき一作だと思う。
  • 骨壺
    -
    北欧映画どれ観ても色温度一緒。ポップな童貞成長譚かと思ったのになぁー。
  • ovo
    3.8
    あらすじとパッケージのPOPな見た目でレンタルしました。 出だしは切ない音楽と暗い画面と雰囲気。いつ明るくなるんだと見ていたけれど結局最後まで暗く切ないまま… 見終わって切ないというかやるせない気持ちになったけど、タイトルの意味ってこうゆうことか!と納得。 決してハッピーエンドとは言えないけれど、自ら行動を起こせるようになったフーシの今後に期待できそうな、観てよかった…と思える映画でした。
  • umaso
    2.5
    普通 彼女が自分勝手すぎて好きじゃない。 邦題がわけわからない。
「好きにならずにいられない」
のレビュー(1924件)