43歳、オタク、女性経験ナシの北欧男から学ぶ本当の〝男らしさ〟の6つのポイント!

2017.06.12
映画

映画観て、絵描いて、ハイッ!

フクイヒロシ

43歳、オタク、女性経験ナシの大男フーシ初めての恋に奮闘するのがアイスランド映画好きにならずにいられないです。北欧の映画賞で主演男優賞を総ナメしているだけあって、主役のフーシのインパクトがすごいんですよ。

ジオラマが好き(第二次世界大戦ゲームという謎のゲーム)で、ラジオのリクエスト番組の常連リスナーで、会社ではちょっと(いや、かなり)いじめられていて、金曜の夜は1人でタイ料理を食べる、というのがフーシの毎日。

フーシを見ていると「初めての恋、頑張って!応援するよ!」と思わず上から目線で見てしまいそうになるんですが、実はそんじょそこらの男では敵わないくらいに男らしかった!

そんなアイスランドの妖精(?)フーシの隠された男らしさを紹介しますよ。どうぞ!

 

s1

 

s2

 

s3

 

s4

 

s5

 

s6

 

 

フーシは寡黙で外界との接点を絶っているかのように見えるけど、引っ越して来たばかりで友達のいない女の子にせがまれて車に乗せてドライブに連れて行ってあげるほどに心根が優しいのです(その後、幼女誘拐容疑で警察に連行)。

おそらく傷つくことばかりで心を閉ざしてしまったのでしょうけど、初めての恋に出会ってから積極的に動き始めます。しかし思わず暴走しちゃって、出会ってすぐにエジプト旅行を2人分予約して来ちゃったもんだから彼女の方は恐怖。怖いよ、そりゃ。

しかも彼女は心に闇を抱えた女性でした。感情の振り幅がだいぶ大きめの女性です。自分も生きることが上手ではないけど自分よりもっと苦しそうな彼女を助けたいとフーシは思って、できる限りを尽くしていきます。

…が、初めての恋にしては難問すぎてなかなかビターな展開に……。

ネタバレになりますから全てをイラストにはできませんでしたが、他にも「そんなこと普通できないよ!」って思えることを彼女のために淡々と実行します。その姿に観てるこちらも心揺さぶられます。これが無償の愛というヤツか、と。

確実に僕なんかよりも男らしいフーシ。心の中では「フーシ先生」と呼んでいます。

グッと来るラストシーンも含めてぜひ観ていただきたい映画です。

 

北欧でヒゲで大男と言えばそれはほとんどサンタクロース。あなたにもぜひ〝フーシ〟サンタからの素敵なプレゼントが届きますように!(いま、6月)

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • yuho
    3.8
    いつかの北欧映画祭で都合がつかず見れなかった作品。 邦題から受ける印象とは違い、終始暗くダウナーな雰囲気の映画。ただ、そっちの方が個人的に好みだし、最後のシーンの演技は素晴らかった。余韻のある良い映画。
  • まつだりょうたろう
    3.6
    あれは相手が悪かった。悲しいなぁ…
  • 山田蓮
    3.5
    どこまでも優しい人が最後報われてよかったな。それを表情を数ミリ変えるだけ示す表現力すごい。
  • LaserCats
    3.7
    とてもシャイなフーシに共感して応援したり、あんなに優しい人をいじめる奴なんて許さんと思ったり、ここまで心が広くて思いやってくれるフーシがどうにか報われて欲しいと思ったり。 内容とは関係ないけど、Haddwayの"What Is Love"がかかったところで、ロクスベリーナイトを思い出して体が動いてしまった…
  • Tyga
    3.7
    このお話を、行動すれば上手くいかなくても理解してくれる人や、自分の理解できることが、少し増えるんだな、と思えたら世界はひとつ進みそうだ。 でもやっぱり、失恋は辛いし落ち込まずにはいられない。 アイスランドは絶景なロケーションが注目されがちだから、雪国の寂しげな都市みたいな今回のロケーションは新鮮。 心やさしきヘビメタとミリタリーの40代男に幸あれ。
「好きにならずにいられない」
のレビュー(2336件)