「俺、結婚したいかも」彼をその気にさせる夫婦の話【ジューン・ブライド特集】

2017.06.10
まとめ

映画も音楽も本も好き。

みずき

6月といえばジューン・ブライド!

そこで今回は、結婚が題材の映画をご紹介です。描かれ方は三者三様ですが、どれもがともに人生を過ごすひとがいることの嬉しさを感じられる作品です。ぜひ、この機会にご覧ください!

グッド・ストライプス(2015)

goodst

グッド・ストライプス』は、岨手由貴子監督による、オリジナル作品の長編商業映画デビュー作。

交際期間4年。マンネリ状態だった破局寸前のカップル・緑と真生。ところが緑の妊娠を機に結婚を決め、お互いの家族やルーツを知ってくラブストーリー。主演は、菊池亜希子中島歩

カップルのマンネリや倦怠感が描かれてますが、それよりも緑と真生は生活そのものに不感症にも見え、それはふたりの世代の特徴なのかなと思います。アラサーが感じる先行きへの期待の持てなさと、この世代特有の生き方を描いてます。

結婚とはお互いの家族を知り、それは本人たちのルーツを知るきっかけにもなるでしょう。真生は緑の家庭の淡白さを知り、緑は真生の家庭環境を知る。同時にふたりは自身の家族の在り方を再確認する。

『グッド・ストライプス』は、当たり前の日常を慈しむ映画です。
両親の離婚を経験している真生は「何かを期待しても、いつも違うことが起こる」と言いますが、緑は「わたしには特別なことは起こらない」と笑います。
マンネリを刺激のない日常と捉えがちですが、これからの人生を共に歩むのなら、日常の些細な出来事も共におもしろがりたい。特別なことが起こらない人生も楽しいですよね、きっと。

ツレがうつになりまして。(2011)

tureustu

ツレがうつになりまして。』は、漫画家・細川貂々(ほそかわてんてん)の同名コミックエッセイの実写化作品。

ある日、仕事をバリバリとこなすサラリーマンだったツレが「死にたい」と言った。診断の結果は、心の風邪。うつ病だった。売れない漫画家の妻、晴子との闘病生活を描いた物語。主演は、堺雅人宮崎あおい

いわゆる、闘病生活を描いた作品なのですが、物語のトーンは全体的にはやわらかく、比較的に重さは控えめです。ただ、生活の何気ないところで起こる、小さな引っかかりや、心にチクリと刺さるような出来事。それらを鋭く捉えているので、日常の些細なことが原因で起こりうる病なのだなと、あらためて気づかされます。

本作のキャッチコピーは「すこやかなる時も、病める時も、君と一緒にいたい。」結婚式の誓いの言葉の引用ですが、この言葉が物語のすべてを言い表しています。ツレがうつ病とわかったときに、晴子は「会社を辞めないなら離婚する」と告げるのも、最愛のひとの心身の健康を案じるからこそですが、バシッと決断を下せるのは素晴らしいし、すごいことだなと思います。

物語のテーマはあくまでも、うつ病とその闘病なのですが、堺雅人さん演じるツレの神経質な性格と佇まいと、宮崎あおいさん演じる晴子の自由であっけらかんな役どころが軽すぎず、重すぎない絶妙なバランスの物語に仕上げています。それらを通して描かれる夫婦の絆は普遍的で、大切だと思えるパートナーがいる方には響くものがきっとあるかと思います

海よりもまだ深く(2016)

umiyorimo

『海よりもまだ深く』は、ある団地を舞台に描かれる家族の物語。監督は、是枝裕和

売れない小説家の主人公・良太。団地に独り住いのその母親・淑子。別れた元妻と息子、響子と真悟。淑子の家に集まった3人は、一夜限りの家族の時間を取り戻す。おもな出演者は、阿部寛真木よう子樹木希林ほか。

主人公の良太を演じる、阿部寛さんは是枝監督の『歩いても 歩いても』や『奇跡』などに出演。もはや、常連ですね。『海よりもまだ深く』と『歩いても 歩いても』は、通ずるところも多く、どちらも主人公の名前は良太で、母親役は樹木希林さん。また、どちらの良太も頼りなくて、ちょっとダメな男に思えます。男前な阿部寛さんですが、そんな役も見事に好演。

本作は、結婚というよりも、その先にある家族の在り方を考えさせられます。良太と響子の夫婦の関係は終わりましたが、家族の縁は続きます。それは、真悟という息子の存在があるから。まさに、子はかすがいでしょう。

夫婦だったふたりを中心に描いた物語なので、結婚に後ろ向きな考えを抱くかなとも思うのですが、意外にも人生の方向性を考えるきっかけをもらえます。良太の「なりたいものになれていない」という台詞が印象的で、非常にモラトリアムっぽい。中年男のモラトリアムなんか、いかにもダメな男ですが、そのダメっぷりは男性には共感と反面教師の表裏一体かと。男性にお薦めの一本です。

モヒカン故郷に帰る(2016)

mohican

松田龍平が演じる、永吉は、鳴かず飛ばずのバンドのボーカル。ある日、永吉は恋人の妊娠をきっかけに結婚を決意。その報告がてら、7年ぶりに故郷に帰省する。ひさしぶりの一家団らんかと思いきや、父親のガンが発覚。余命がわずかな父親のために奮闘する家族の姿を描く。監督は、沖田修一。おもな出演者は、松田龍平、前田敦子柄本明もたいまさこ千葉雄大ほか。

物語はシリアスですが、悲壮感や重苦しさを感じさせない軽やかな印象。たくさんのシュールな笑いも散りばめれられます。沖田修一監督の作品は『南極料理人』や『横道世之介』など、ほのぼのと笑えるものが多いですね。

『グッド・ストライプス』でも、『海よりもまだ深く』でも、結婚を機に訪れる相手の家族との関わりを描いていましたが、それぞれが異なる切り口でした。相手のルーツを知るきっかけだったり、元夫の家族との関係性だったり。
『モヒカン故郷に帰る』では、もたいまさこさんが演じる、永吉の母・春子と、前田敦子さんが演じる、永吉の恋人・由佳のかけ合いがほがらかで、あんな関係性を築けるのは理想的だなと思わされます。

結婚を考えたときに、不安に思うことはたくさんあるかと思います。恋人と自身の家族の相性はどうだろうかとか、経済的にこの先の生活は大丈夫だろうかとか。本作には、不安に感じる悩みを吹っ飛ばす力があります。なぜなら、永吉と由佳は傍目には不安だらけなのに、ポジティブに生きてるから。
みなさんも前向きな気持ちになれると思いますよ。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • ratstalus
    4.0
    人付き合いの本質を見た。ちょっとした偶然が生み出す人間関係をリアルに描いている。誰しも仲の良い友達であったり大事なパートナーがいるからこそ、共感できる部分が沢山あるはず。価値観も趣味も合わない人達が刹那的な出来事で距離を縮めていく。
  • ryohei
    3.8
    何気ない日常の幸せに気付かさせてくれるそんな映画。 人との繋がりについて嫌でも考えさせられますね。 和装の結婚式もいいもんなんだろうな〜ってなる。 主題歌も安心感があって大橋トリオって夫婦で作詞作曲してるんですね。そんなところもあったかいなって思いましたね〜 周りから見る2人の姿よりも、2人にしかわからない居心地のよさってのもほんとはあるのかもな〜 別れたほうがいいよ!とか簡単に言えねえな〜って笑 万年筆の下りがとても印象的でした!いろいろ思うところあってよかった!!!
  • ミルクチャン
    -
    二人がクスクス笑う感じが好き この和装なら結婚式和装着るのもかわいいなって思った
  • エルドレッド
    3.5
    武蔵野館 わたしの人生には何も起こらないから 何も起こらない世界のすばらしさ あたりまえのことを行うのは あたりまでではないということ 人は普遍的なものこそ、本気で願う
  • asuka
    3.4
    結婚とは?? 現実ってこんなものだよ、と言わんばかり 現実にあった誰かの話を聞いたような… 友達にこの主人公ふたりのようなカップルがいたら、「別れるか、距離置きなよ」って言いたくなりそうだけど、ふたりにしかわからない居心地の良さや、世界観があって 趣味や好みが違うくてもお互いのいいところ悪いところを補って、上手くやっていけるものなんだなぁーと。 新しい価値観の発見にもなりました。 幸いにも?周りの同級生で結婚した という話はまだ聞かないので、結婚のことを深く考えたことはないですが、 就活が終われば、次に考える大きな悩みとしては婚活になってくるのかなーと思うと、まだまだ先でいいやって思っちゃいますね(笑) また数年経ってから、できれば恋愛観が全く異なる誰かと観たい映画です。
「グッド・ストライプス」
のレビュー(1887件)