「これぞメルギブの信念」齋藤孝&枡田絵理奈が説く『ハクソー・リッジ』を観るべき4つの理由

2017.06.16
映画

映画のインタビュー&取材漬けの日々是幸也

赤山恭子

本年度の米アカデミー賞で編集賞、録音賞の2部門を受賞した映画『ハクソー・リッジ』の公開を記念した試写会が、6月8日、Filmarksユーザー限定で行われました。上映前には、教育学者・作家・明治大学文学部教授の齋藤孝さんと元TBSアナウンサーの枡田絵理奈さんによるスペシャルトークショーも実施され、本作の見どころについて熱い意見交換が展開されました。

ハクソー・リッジ トークイベント

第2次世界大戦下、沖縄・前田高地で苦戦を強いられるアメリカ軍の中で、何ひとつ武器を持たずに激戦地を駆け回り、75名もの命を救った兵士の実話に基づいた映画『ハクソー・リッジ』。本作を一足先に観た齋藤さんは、「世界に配給される映画で、沖縄戦を舞台にしているのは珍しいことだと思います。迫力のある映像ですよね」と意義のある映画だとし、枡田さんも「主人公のドスが殺しに行くのではなく、助けに行くんです。イメージを超え、どれだけ困難で危険なことだったかを感じました。また、奥さんが、ドスの背中を押す強さにも感銘を受けました」と、人物について女性らしい視点での感想を伝えてくれます。

本作は「アメイジング・スパイダーマン」シリーズで知られるアンドリュー・ガーフィールド演じる衛生兵が主人公。日本では、あまりよく知られていない「衛生兵」という存在について、齋藤さんは「衛生兵を主人公にして映画を作るのは、かなり珍しいことではないですか? 衛生兵は戦争において後ろでケアをするので、スターになりにくい存在。けど、本作では主人公が普通の衛生兵じゃないのもポイントですよね」と、武器を持たずに戦場に行く行為に敬意を表します。枡田さんは、「自分を守るための武器も持たずに、戦場に行く強さは驚きでした。実在する方だったんですよね」と、本作が実話を基に描かれている事実にも触れ、目を丸くしていました。

10年ぶりにメガホンを取ることになったメル・ギブソン監督は、できるだけ現実に近づけるために、CGをほとんど使わず、生身の俳優のスタントや実際に爆発を起こすといった特殊効果を最大限に利用したそう。迫力のある映像について、枡田さんは「思わず目を背けたくなるような、生々しい描写もたくさんありました。自分がその場にいるような感覚になるシーンがたくさんありました。特に、日本兵の気配を感じると一緒になって息をひそめて……本当にドキドキして観ていました」と話します。実際に、爆発で身体の破片が飛び散る描写など、監督のこだわりが詰まった映像に、枡田さんは「あれだけオブラートに包まずに描いたことで、どれだけ戦争が悲惨なものかを伝えたんだと思います」と、その手腕を絶賛。

ハクソー・リッジ トークイベント

第二次世界大戦をアメリカ側から描いたことで、日本人として観るのは複雑な思いがあるのも正直なところかもしれません。現代の私たちが作品を観ることの意義を、齋藤さんはこのように語ります。「現代はテロが頻発したり、北朝鮮問題があったりと大変な時代です。やられたらやり返すという報復的な考え方があります。そんな中、静かな湖面のような心を持つことが大事だと思うんです。この映画は、周りが激しいのに、主人公の心の中だけは静か。そういう気持ちを持たないと、波にのみ込まれてしまい、戦いのスイッチが入りやすいから。平和というものを保ち続ける精神の一貫性を、映像から読み取っていただければと思います」。

齋藤さんは、メル監督が伝えたかったことをさらに説明してくれます。「メル・ギブソンが伝えたかったのは、信念の力だと思います。信念を持った人間は、周りがどうであっても流されない。時代は空気があり、流されてしまうこともあると思うんです。信念の力こそが、人を動かし周りの目も変えていきます」。そして、スコットランドの英雄が独立のために戦い続けるという、メル監督のオスカー受賞作『ブレイブハート』(95)を引き合いに出し、「メル・ギブソンは信念が生きているような人物ですから」と、きっぱりと表現していました。

ハクソー・リッジ トークイベント

メルが描いた強い信念の映画『ハクソー・リッジ』は6月24日(土)よりTOHシネマズ スカラ座ほか全国ロードショーです。(取材・文・写真:赤山恭子)

ハクソー・リッジ トークイベント

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • umaso
    3.5
    感動した やはり自分の命より大切なものはあるんだなあと思った。 それは息子とか親とか信念だったりするけど、本当に命にかえて守るのはすごいことだと思うし、ぼくにはできる自信ない。 けど、どうしても日本軍を応援してしまう気持ちがあって複雑。 最後本物の映像が流れたのには涙
  • みほみほ
    4.4
    今まで観た戦争映画の中で、最も印象に残り苦しかった。残酷だから目に焼きついたのではなくて、心に訴えかけてくるものが強かった。思いの外、心情が手に取るように描かれていて、戦争とは無情で不条理な事だと見せつけるのは勿論、それぞれの立場も分かりやすかった。 そもそもハクソー・リッジが何かも知らずに観たわけだが、沖縄だったとは… 沖縄の崖。命懸けの戦闘。日米の殺し合い。信念を持った一人の男の救出劇。 相手はエイリアンではなく、人間。そして日本人。複雑な気持ちと葛藤しながらも、米兵側の恐れを知り、日本の作品で描かれる米兵との差にとても驚いた。どちらを主役にするかによって植え付けられるイメージの恐ろしさを知った。 主人公が戦争へ行く動機に対しては、冒頭の家族風景を見ていても全く入り込めなかった。あんなに可愛い奥さんに出逢えたのに、何故戦地へ…と思ったが、観ていくうちに、なるほどな…と自然に納得していた。もっと描いて欲しかった部分がここであるのは事実だが、圧巻の戦闘シーンを観ていたらそんな事は忘れていた。 皆は殺すが僕は助ける この言葉に私自身矛盾を感じたので、少し遠い目をしてる自分も居たのだが、戦闘シーンに入ってからは度肝を抜かれ 涙を流し続けた。こんなに止まらない涙あるかってくらい泣いてた。辛かった。 人が本気で殺しあうっていうのはこういう事なんだとまざまざと見せつけられた。それを目の前にしてもはや言葉もない。 あの沖縄戦。逆の立場から違った角度で見せられた時、絶句した。 こんなところで リメンバーパールハーバーの教訓が生きてくるとは思いもしなかった。憎むけれど、お互いに傷つけあった事を忘れてはいけないし、そう仕向けさせた国のお偉い方の罪は深い。 米兵の持つ火炎放射器や焼夷弾は沢山の人を苦しませ焼き殺してきた最低最悪の武器だし、なんて鬼畜な武器を持つのだろうと昔から恐れと怒りに震えていたのだが、逆の立場でこういう風に見せられると、死ぬ気で戦う日本兵の持つ刃のついた銃も恐ろしかったんだと気付かされた。 戦場でモルヒネを打ってもらえるってどれだけ幸せなのだろう…。 どちらが勝つ負けるとかそういう事ではなく、1人の信念が沢山の命を救うので、後味の悪さも少ないし、戦争映画としては観やすい方だと私は思う。 沢山の人間が悶え苦しみながら死んでいったこんな歴史は、もういい加減にやめて欲しい。何も痛い思いをしてない世代が言える事じゃないけれど、体験を祖母から聞いたり映像や本を通じて見て学んできたけど、戦争が無い平和な今の世であっても人間同士で揉めあって 憎しみあって、集団になれば誰かを苛めたり、人と競い合ったり、今日も何処かで誰かが死んだり泣いているのだから、せめて 人が人を殺す事が正義になる戦争だけは 世界中で無くしてほしい。 罪のない女性や子供ってよく言うが、兵士になる男性にも罪なんか元々ないんだから、これからも平和な世の中で生きていきたいと強く思うそんな映画。 少し美談に見えた節もあるけど、素晴らしい行動であり、ラストはこんな事されたら拍手したくなっちゃうよ!と思いました。素晴らしかったです。 日本人にモルヒネを打ってあげるシーンは心がツーンとしました。この青年が助けた命の重さが染みる映画でした。
  • ボブ
    3.5
    2017/7/2鑑賞。軍に志願したデズモンドは、宗教的信条により銃に触れる事を拒否した結果、上官や仲間達からの迫害を受け、遂には軍法会議にかけられてしまう。しかし元軍人の父の助けによって、衛生兵として沖縄戦へ参加する事になる…という話。 ゴア描写はかなりキツく、一部だけの死体もゴロゴロ出て来ます。これを見たら「戦争に行きたい」なんて口が裂けても言えません。ドスの事をちょいちょい気にかけるスミティが最高にいい奴でした。聖書を奪ったのも発破をかける為だったって分かりましたよね。音で驚かせるシーンが幾つかあるので注意です。 70点
  • katsumi
    4.0
    鑑賞記録
  • nanako
    5.0
    キャップっぽくて感激しました。素晴らしい。戦争物は見るのが疲れるんですが、これは見て良かったです。敵が日本なのも、ハクソー・リッジが沖縄なのも、見ながら知りました。 見終わった後TVに切り替わったら、DA PUMPがU.S.A.を歌っていました。平和バンザイ!
「ハクソー・リッジ」
のレビュー(18547件)