ほっこりお腹が空いてくる『かもめ食堂』の彩りごはん【映画を観ながら食べたいレシピ】

2017.07.15
ライフスタイル

映画は人生のおいしいレシピ

さわのめぐみ

かもめ食堂

かもめ食堂

2005年製作の映画『かもめ食堂』。

フィンランドの首都ヘルシンキで「かもめ食堂」という日本食の食堂を営むサチエさん。
登場人物が個性的でシンプルなストーリーに彩りを与えています。

「ハラゴシラエして歩くのだ」がキャッチフレーズの今作は、観ているだけでほっこりお腹が空いてきます。そんなときに優しく染み入る彩りあざやかなレシピをご紹介します。

ノルディックライスサラダ

かもめ食堂

【材料】
お米 1/2カップ
大麦 1/2カップ
刺身用サーモン 100g
アボカド 1個
種無しオリーブ 10個
ケッパー 大さじ2
クランベリー ひとつかみ

ードレッシングー
塩 少々
黒胡椒 少々
マスタード 小さじ2
白ワインビネガー 大さじ1
オリーブオイル 大さじ2
ディルみじん切り 1本分

ー飾り付けー
ミント

【作り方】
1 お米と大麦を通常のご飯の時同様に炊飯器で炊きます。
2 ドレッシングの材料を合わせておき、刺身用のサーモンとアボカドは一口大にカットします。
3 1が炊き上がり冷ましたあと、サーモン、アボカド、種無しオリーブ、ケッパー、クランベリーを一つのボールに入れドレッシングを絡めます。塩胡椒(分量外)で味を整えて、お皿に盛りミントを飾り付けたら出来上がりです。

レシピの経緯

サチエさんが日本とフィンランドの共通点を「サーモン」として、フィンランドでならお店を営むことができると話していたシーンから、このレシピが生まれました。

【あわせて読みたい】
ジャック船長も食べたかも?カリブ海のスパイシーなジャークチキン【映画を観ながら食べたいレシピ】
ほろりと溢れる涙のような食感…スパイシーで儚い『ブルーバレンタイン』【映画を観ながら食べたいレシピ】
ポップコーンの変わりに“アランチーニ”はいかが? 『ニュー・シネマ・パラダイス』【映画を観ながら食べたいレシピ】
誰もが経験したことのある「最高の失恋」をもう一度。実写版『心が叫びたがってるんだ。』
5人の絆に胸アツ!『パワーレンジャー』にティーンエイジャーが大興奮するワケ

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • MikiOnishi
    3.6
    日曜日の午後のような映画、誰かがそう言ってた というのを聞いて、まさにその通りだなーと思った。 やりたいことをやるんじゃなくて、やりたくないことはやらなきゃいい。 ゆったり、ぼーっとしたい時に観たい映画。
  • めい
    4.0
    何度観ても面白い!
  • ゆっこ
    3.8
    この映画の影響でフィンランドに行った人増えたよね。 鮭の塩焼きが食べたくなった。
  • 鯖缶
    4.0
    白い塗り壁と水色と木目、真鍮のペンダントライト、それとアアルトの柔らかい白木の家具が北欧のいい味出してる! 北欧と日本の空はなんとなく似てるから、この北欧風インテリアはきっと会うはず! 目線より上の腰壁にミラーで空間の広がりが出てる! 「(やりたい事してるのではなく、)したくないことをやらないだけ」って言うのは言い方が違うだけかもしれないけどいいスタンスだと思う。 後半落ち着いてからの怒涛の日本食ラッシュは飯テロ! 服とか食器がいちいち可愛い…! いいなー、フィンランド行きたい!! やっぱり妖精っているんだね! こういう素敵なお店はどこかでひっそり人気なのがいいよね。これがニュースで特集組まれちゃうとちょっと萎えるから。
  • カッパ
    3.5
    記録
「かもめ食堂」
のレビュー(20898件)