大冒険をしたあの夏休み…『菊次郎の夏』思い出スイカサラダ【映画を観ながら食べたいレシピ】

映画は人生のおいしいレシピ

さわのめぐみ

菊次郎の夏

1999年製作の映画『菊次郎の夏』。

夏休みに母を捜すと決心した小学生の正男と、傍若無人な振る舞いをする近所のおじさん菊次郎。だんだんと打ち解けていく二人の冒険ともいえる夏休み。

笑いあり涙あり、空想と現実世界が交差する北野武監督が贈る夏休みにぴったりの作品です。

夏の思い出スイカサラダ

菊次郎の夏_レシピ

【材料】
小玉スイカ 1/2
赤玉ねぎ 1/2
ミニトマト 5個
きゅうり 1本
モッツァレラ 1個
スライスサラミ 100g
塩 少々
黒胡椒 少々
エクストラバージンオイル 大さじ1

【作り方】
1 小玉スイカを半分にして中を丸くくり抜きます。
2 赤玉ねぎときゅうりは1cm角に、ミニトマトは1/4カット、モッツァレラチーズは一口大カット、スライスサラミは千切りにします。
3 ボールに丸くくり抜いたスイカと、2の材料を混ぜ合わせ、塩胡椒、エクストラバージンオイルで味付けをして、最後にスイカの器の中に入れて完成です。

レシピの経緯

夏といえば「スイカ」とイメージされるように、作品の中にも登場するスイカを使いました。そのままでも美味しいのですが、一手間加えおもてなし料理にもおすすめです。

【あわせて読みたい】

 ほっこりお腹が空いてくる『かもめ食堂』の彩りごはん【映画を観ながら食べたいレシピ】
 ジャック船長も食べたかも?カリブ海のスパイシーなジャークチキン【映画を観ながら食べたいレシピ】
 ほろりと溢れる涙のような食感…スパイシーで儚い『ブルーバレンタイン』【映画を観ながら食べたいレシピ】
 日本中が大熱狂!この夏一番のアトラクション・ムービー!『パイレーツ・オブ・カリビアン最後の海賊』~大久保佳代子~
 誰もが経験したことのある「最高の失恋」をもう一度。実写版『心が叫びたがってるんだ。』

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • やまもくん
    3.3
    久石譲の「summer」が名曲すぎていい映画を観てると錯覚させる効果がある。「大人はする事ないんだよ」は名言すぎます。
  • マス
    5.0
    チンピラまがいの北野武、いつも下を向いてばっかりの内気な正男。最初は互いを知ろうともしないが、徐々に心を開いていく。母を訪ねる旅の途中で出会う人たち、いい人もいれば冷たい人もいる。正男の悲しそうな、いいことなんか起こりやしないというようなあの顔に胸が苦しくなる。北野武も正男のことを知るにつれて、自分を重ねて自分をみつめる。 シュールな笑いが多いけどすごく心が暖まる。北野武はヤクザ映画ばかりのイメージだったけどこれをみたら本当に印象が変わる。劇中何度も流れるsummerもたまらない。 最後のシーン、正男が北野武に名前を聞く。菊次郎の夏、彼にとってもきっと忘れられない夏になったのだろう。
  • kune
    4.5
    記録
  • yukiga
    5.0
    キラキラハピネス映画
  • あるるかん
    -
    期待して観たけど分からなかった‥‥‥ ただsummerは素晴らしい
「菊次郎の夏」
のレビュー(8037件)