大冒険をしたあの夏休み…『菊次郎の夏』思い出スイカサラダ【映画を観ながら食べたいレシピ】

2017.07.27
ライフスタイル

映画は人生のおいしいレシピ

さわのめぐみ

菊次郎の夏

1999年製作の映画『菊次郎の夏』。

夏休みに母を捜すと決心した小学生の正男と、傍若無人な振る舞いをする近所のおじさん菊次郎。だんだんと打ち解けていく二人の冒険ともいえる夏休み。

笑いあり涙あり、空想と現実世界が交差する北野武監督が贈る夏休みにぴったりの作品です。

夏の思い出スイカサラダ

菊次郎の夏_レシピ

【材料】
小玉スイカ 1/2
赤玉ねぎ 1/2
ミニトマト 5個
きゅうり 1本
モッツァレラ 1個
スライスサラミ 100g
塩 少々
黒胡椒 少々
エクストラバージンオイル 大さじ1

【作り方】
1 小玉スイカを半分にして中を丸くくり抜きます。
2 赤玉ねぎときゅうりは1cm角に、ミニトマトは1/4カット、モッツァレラチーズは一口大カット、スライスサラミは千切りにします。
3 ボールに丸くくり抜いたスイカと、2の材料を混ぜ合わせ、塩胡椒、エクストラバージンオイルで味付けをして、最後にスイカの器の中に入れて完成です。

レシピの経緯

夏といえば「スイカ」とイメージされるように、作品の中にも登場するスイカを使いました。そのままでも美味しいのですが、一手間加えおもてなし料理にもおすすめです。

【あわせて読みたい】

 ほっこりお腹が空いてくる『かもめ食堂』の彩りごはん【映画を観ながら食べたいレシピ】
 ジャック船長も食べたかも?カリブ海のスパイシーなジャークチキン【映画を観ながら食べたいレシピ】
 ほろりと溢れる涙のような食感…スパイシーで儚い『ブルーバレンタイン』【映画を観ながら食べたいレシピ】
 日本中が大熱狂!この夏一番のアトラクション・ムービー!『パイレーツ・オブ・カリビアン最後の海賊』~大久保佳代子~
 誰もが経験したことのある「最高の失恋」をもう一度。実写版『心が叫びたがってるんだ。』

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • 下町バットマン
    4.3
    ちきしょう!こんなの泣くに決まってんだろ、バカ野郎! 最近たけし映画を立て続けに観ていて思うのは、自分の感性と相性が良いということ。 夏、海、旅、笑、哀。 哀しいだけで終わらせない。美しいだけで終わらせない。楽しいだけで終わらせない。 いやぁ、エクセレント。 内容は、どうしよもうない中年男性菊次郎と泣き虫少年マサオが、生き別れた母親に会いにいくロードムービー。 まず、誰もが一度は聞いたことがある久石譲の音楽の秀逸ぶりが素晴らしく、オープニングの時点で涙。 次にマサオと菊次郎の哀愁味しかない真実に号泣し、変なおじちゃん達との戯れに大爆笑。 そして、ラストの菊次郎のセリフと明るい未来を暗示させる音楽に 、全俺が歓喜の渦に包まれました。 やはり北野武という男は、俳優としても一級品のものを持っていて、「不器用で哀愁味のある男」を演じさせたら、日本で5本の指には入るかと。 あの儚い表情は、誰よりも人生経験が深いたけしにか表現できない、唯一無二の技なんですよね。 いやー、にしても冬なのに今の気分は夏だし、なにより2時間だけだけど、童心に帰れたのは心地よかった。 1つ忠告しておくと、予告でかなりネタバレしているので、真っ先に本編から鑑賞しましょう。
  • fujiK
    -
    📼✒️📑
  • AVO
    -
    何回もみたい
  • MountainDew
    3.8
    いやはや、少年とおじさんていう 年齢差コンビに弱いですわ。 不器用で自分勝手で破天荒な男 菊次郎。ある種北野武を地でいってる キャラクターであるが、 この作品に至るまでの北野映画なら バイオレンス展開になりそうなこのキャラ とほのぼのとしたロードムービー調で 少年との素朴な夏休みの思い出として 描くとは、コメディ要素も満載で 盛り上がるシーンは特にないですが 変に泣かせるわざとらしさもなく。 嫌味のない、ドラマに仕立て上げてます。 この時期は優しくありたかったのかな。 久石譲の「SUMMER」が時に悲しく 時に優しく聞こえてきて、今作を 上手いこと包み込みます。 そんな映画。
  • まあや
    3.8
    記録
「菊次郎の夏」
のレビュー(5442件)