大冒険をしたあの夏休み…『菊次郎の夏』思い出スイカサラダ【映画を観ながら食べたいレシピ】

2017.07.27
ライフスタイル

映画は人生のおいしいレシピ

さわのめぐみ

菊次郎の夏

1999年製作の映画『菊次郎の夏』。

夏休みに母を捜すと決心した小学生の正男と、傍若無人な振る舞いをする近所のおじさん菊次郎。だんだんと打ち解けていく二人の冒険ともいえる夏休み。

笑いあり涙あり、空想と現実世界が交差する北野武監督が贈る夏休みにぴったりの作品です。

夏の思い出スイカサラダ

菊次郎の夏_レシピ

【材料】
小玉スイカ 1/2
赤玉ねぎ 1/2
ミニトマト 5個
きゅうり 1本
モッツァレラ 1個
スライスサラミ 100g
塩 少々
黒胡椒 少々
エクストラバージンオイル 大さじ1

【作り方】
1 小玉スイカを半分にして中を丸くくり抜きます。
2 赤玉ねぎときゅうりは1cm角に、ミニトマトは1/4カット、モッツァレラチーズは一口大カット、スライスサラミは千切りにします。
3 ボールに丸くくり抜いたスイカと、2の材料を混ぜ合わせ、塩胡椒、エクストラバージンオイルで味付けをして、最後にスイカの器の中に入れて完成です。

レシピの経緯

夏といえば「スイカ」とイメージされるように、作品の中にも登場するスイカを使いました。そのままでも美味しいのですが、一手間加えおもてなし料理にもおすすめです。

【あわせて読みたい】

 ほっこりお腹が空いてくる『かもめ食堂』の彩りごはん【映画を観ながら食べたいレシピ】
 ジャック船長も食べたかも?カリブ海のスパイシーなジャークチキン【映画を観ながら食べたいレシピ】
 ほろりと溢れる涙のような食感…スパイシーで儚い『ブルーバレンタイン』【映画を観ながら食べたいレシピ】
 日本中が大熱狂!この夏一番のアトラクション・ムービー!『パイレーツ・オブ・カリビアン最後の海賊』~大久保佳代子~
 誰もが経験したことのある「最高の失恋」をもう一度。実写版『心が叫びたがってるんだ。』

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • nago
    4.0
    当時映画館で観たのですが、とにかく音楽のパワーが強過ぎて、何も物語が始まっていない冒頭にもかかわらず泣いた作品。 物語は不器用で少し乱暴な男と、ぼーっとした少年のふたりのロードムービー。 普通で考えたら噛み合うはずがない関係性のふたりを、物語のパワーでガッチリ噛み合わせようとするのが一般的だと思いますが、そこを無理にしていないのがリアルで好きです。 映画としては遅すぎるスピードでふたりの関係が縮まっていくのですが、このスピードの遅さがシュールでリアルだなと思いました。 ラスト、不思議と熱くなる作品。
  • ふじこ
    -
    記録
  • ウェイド
    3.5
    記録
  • すかい
    4.0
    夏に観たい。井手らっきょ良い。
  • ごっど
    3.7
    世界の北野監督の作品。 ビートたけし演じる菊次郎と近所の少年のひと夏の物語です。 少年の母親に会いに行くのですが、その道中でドタバタ。心温まるストーリーですが、たけし軍団のくだりとたけし色がイマイチだったので少し辛口です。20年くらい前?だと思いますが、昔は良かったなーと思える作品です。
「菊次郎の夏」
のレビュー(5262件)