『オクジャ』ポン・ジュノ監督来日、主演アン・ソヒョンは「監督が何よりも最優先!」

Filmarks公式

フィルマーくま

韓国発のモンスターパニック映画『グエムル -漢江の怪物-』(06)で国内外にその名を知らしめた鬼才ポン・ジュノ監督が、Netflixさらにはあのブラッド・ピットとタッグを組んで発信する最新作『オクジャ/okja』。

その来日記者会見が22日行われ、ポン・ジュノ監督と主演のアン・ソヒョンが登壇しました。

オクジャ

ポン・ジュノ監督の実に4年ぶりとなる新作は、ブラッド・ピットが代表を務める「プランB」が制作、「ナルニア国物語」シリーズなどで知られるハリウッド女優ティルダ・スウィントンや『ブロークバック・マウンテン』のジェイク・ギレンホールなどの演技派が出演していることでも大きな話題となっているアドベンチャー巨編。

今作について監督は、自身初の“ラブストーリー”だと明言。大きくてやさしい動物と美しい少女への愛を込めて作ったと明かしました。

主人公の少女・ミジャに大抜擢されたアン・ソヒョンさんは、2,100人の中から選ばれたシンデレラガール。しかし彼女の起用は“当然のことだった”と監督は言います。

「オーディションが進む中でも、ソヒョンはつねにリストのトップにいました。オーディション以前にすでに会う機会があったんです。ある作品で観た彼女の演技がとても印象的で、オーディションが進んでいく中でも、共同プロデューサーのティルダ(・スウィントン)も私も、ソヒョンが特別な子だという気持ちが消えることはありませんでした」。

オクジャ

ところが肝心のソヒョンさんは、「ミジャ役にキャスティングされたと聞いたとき、2,000じゃなくて1/20の間違いでしょ?と思いました。きっと映画の配信がはじまってから、じわじわ実感が湧いてくるんじゃないかな」と笑顔を見せました。

ポン・ジュノ監督に対する印象についてソヒョンさんは、「こんなに俳優を気遣ってくれる監督はいるんだろうか?と思うくらい、私たちへの気配りをしてくれました。これからたくさんの監督とお会いするでしょうが、ポン・ジュノ監督のような監督はいないと思います」と、強い絆で結ばれている様子。

今後、日本を含めた海外進出も機会があればチャレンジしたいと語るソヒョンさん。宮崎駿監督作『ハウルの動く城』や『となりのトトロ』、新海誠監督作『君の名は。』などが大好きだそうで、「日本でも女優をやってみたい。『君の名は。』の三葉のような役を演じてみたい」と明かし、「私を必要だと思ってくれる監督がいらっしゃれば、ぜひ挑戦したいです」とアピールするも「でもポン・ジュノ監督のオファーが最優先です」とにっこり笑いました。

オクジャ

すると監督は「よろしくおねがいします」と日本語で応じました。

そんなポン・ジュノ監督も宮崎駿監督をはじめ、たくさんの日本人監督に影響を受けた人物のひとり。本作『オクジャ』も、「未来少年コナン」の女の子バージョンをイメージしたとか。また、ミジャとオクジャがニューヨークのど真ん中に登場するシーンは、「純朴な子供が資本主義のど真ん中に立つというところで、押井守監督の『イノセンス』に登場するパレードのシーンを参考にしました」と明かしました。

オクジャ

Netflixという新たな映画の形に挑戦したポン・ジュノ監督ですが、「大きなスクリーンで多くの人が一緒に観て、泣いたり笑ったりするのが最もすばらしいという考えに変わりはありません。しかし、テクノロジーの飛躍・発展によって、自宅でハイクオリティな映像を楽しむこともでき、それも新しい形ではないかとも思うのです。

60年代にテレビが登場したときにも、映画の時代は終わったと恐怖した人々がいましたが、実際にはそんなことは起こらず、現代でも共存しています。今後も、映画とオンラインストリーミングは、平和に共存していくのではないかと考えています」と映像表現の可能性を語りました。

オクジャ

Netflixオリジナル映画『オクジャ/okja』は、6月29日(木)より全世界オンラインストリーミングスタート。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • 844
    3.5
    がっかり。思ってたんと違う。 もはや俺の好きな韓国映画では無い。 豚とカバ混ぜたみたいなオクジャ。 たしかにかわいいけど、こんな面子でやることなのか? 環境とか自然とか動物とか活動したいのはわかるけど、肉食なんて今に始まったことではないよね。 なんなら草食動物もおい詰まると肉食うし。 オクジャは可愛かったのみ。 コリンズは可愛いギレン謎ダノ普通。 なんならオクジャ食いたいわ。
  • キムミキ
    3.4
    家だと集中できな!!
  • ロックン
    4.0
    畜産について、考えさせられる映画。ファンタジックな内容なんだけど、食糧不足が世界的な課題である現代において、あり得そうな話。 多くの人は、畜産による食物を食べるのが普通である。その普通なことが、果たしてそれで良いのか?と考えさせられる。知ってはいるけど、目を逸らしている現実を、映画を通して突きつけられて、何を思うか、どう行動に移すかは、その人次第ということだとは思うけど、かなり強烈なメッセージを含む映画。。。食べ物には感謝しようと改めて心に誓いました。
  • maya
    3.7
    オクジャを守りたい側が全員子供なのも、屠殺業という昔から差別されてるのに必要不可欠なビジネスを描いてるのも、この問題で巻き起こってる対立や議論の歪さを物語ってるな、という感じ。最後のシーンは多分ホロコーストに似せて、殺される側の気持ちを私たちにも理解しやすくしてるんだろう。正直CGの豚が全く可愛く思えなかったのでそこではじめて感情移入できた。 過剰広告も過剰反応もクソ、焼け野原に割り切ったビジネスか、さもなくば田舎に引っ込み資本主義社会と縁を切ってのどかに暮らせ、というオチに見えたところは好きです。姉ティルダと参謀の男性、よきでした。 ジェイクは特にどこにも属さない変態枠。
「オクジャ okja」
のレビュー(6882件)