9月9日公開!ノーラン監督セレクトの11作品から、新作『ダンケルク』の全貌を徹底予想!

2017.06.26
特集

FILMAGA編集部

フィルマーくま

あの現代最高峰の監督クリストファー・ノーランが初の実話に挑んだ最新作は、すでに今夏公開の作品の中でぶっちぎりの話題作として君臨する『ダンケルク』だ。第二次世界大戦中の1940年、港町ダンケルクで英仏40万人の兵士たちが絶体絶命の窮地に立たされた歴史的イベントを、こだわりにこだわり抜いて独創的に映像化! <そのヘンに転がっている戦争映画とはまったくの別格感!>をプンプンに漂わせている、映画ファンが待ち焦がれる一作なのだ。

ダンケルク_特集

しかも、毎作品徹底した秘密主義を守り、来日インタビュー時でさえマスコミ陣を煙に巻くノーラン監督が、今作『ダンケルク』を製作するにあたって影響を受けたという作品を“自分自身でセレクト”し、イギリスで「ノーラン映画祭」と銘打ったイベントまでも開催するという異例の大展開! まずはその作品群を知り、最新作の本質、そしてノーランの頭の中を覗け!

ダンケルク_特集

 

『エイリアン』から『スピード』まで、タイムリミット・サスペンスの側面も色濃く加味! 

まず『ダンケルク』を敵の攻撃からの一刻を争うサバイバルの物語とポジショニングすると、自ずとサスペンスの技巧や手法も要るということで、ノーラン監督はアンリ=ジョルジュ・クルーゾー監督作『恐怖の報酬』や、かの有名なリドリー・スコット監督作『エイリアン』など、目に見えない敵や時間をめぐる緊迫感が今なお色褪せない名作たちもチョイス!

またキアヌ・リーヴスの出世作『スピード』や、トニー・スコット監督の遺作『アンストッパブル』など、比較的最近の傑作・秀作まで飽くなき探求心でリサーチするなど、『ダンケルク』がある種のタイムリミット・サスペンスの側面も濃いことを示している! 期待せずにはいられない!

ダンケルク_特集

『西部戦線異状なし』の影響大! 過剰ドンパチ映像=戦争映画じゃないという真の方程式を再提案!

またノーラン監督は、『ダンケルク』を「生き残り(撤退)の物語としてアプローチすることを選択した」と語っている。戦争が人間性を奪うというメッセージを最初にして最高の手法で描いたルイス・マイルストン監督の『西部戦線異状なし』を、影響を受けた重要な一作としてセレクト!

ノーラン監督は、「あの傑作をもう一度観れば、過剰な戦闘描写や恐怖の表現がより優れていたとは言えなくなるはずだ。登場人物たちがそれぞれの運命における意義と論理を見つけ出すという、これまでの戦争映画の常套表現に抵抗する力を示してくれる」として、いわゆる過剰ドンパチ映像=戦争映画ではない、という真の方程式を再提案しているのだ。

ダンケルク_特集

美しいサイレント映画の名作も大胆に参考に 天才監督のルーツ的な作品群がコレだ! 

そしてノーラン監督は、「純粋に視覚的なストーリーテリングの可能性を探求するもの」として、エリッヒ・フォン・シュトロハイム監督の『グリード』なども参考にしたといい、F・W・ムルナウ監督の『サンライズ』などの美しいサイレント映画を観て、文字どおり視覚的な可能性を探ったともコメント。そしてデヴィッド・リーン監督の『ライアンの娘』では、恐怖と孤独さえ感じる吹きっさらしの浜辺や、砕ける波の場面が象徴するような、映画に登場する映像の力に影響を受けたとも。過去、徹底したリアリティーで観客の度肝を抜くような映像を構築した、天才監督のルーツ的な作品群が今明らかに!

ダンケルク_特集

ヒッチコックの影響まで赤裸々に告白! 戦争映画、そして戦争の本質をエグく捉えた大傑作、『ダンケルク』に期待だ!

そして、「映画的なサスペンスや視覚的なストーリーテリングの探求は、ヒッチコックなくして完成しない」ともノーラン監督は惜しげもなく言う。「『海外特派員』での飛行機が海に墜落する様を描いたヒッチコックの才能は、我々が『ダンケルク』で試みたことの多くにインスピレーションを与えてくれた」と公言しているほどで、『ダンケルク』鑑賞前にぜひともヒッチコック作品を体験するのがベター。これまで秘密主義が恒例だったノーラン監督がここまであけすけに語るほど、並々ならぬ情熱を『ダンケルク』に注いでいる。

ダンケルク_特集

これだけを見ても、何も銃弾や流血だけが戦争映画ではないという主張がビンビンに伝わる。というより、サバイバルやサスペンスを最重要ファクターとしてIMAX65ミリカメラで撮影に挑んだノーラン監督の『ダンケルク』こそ、戦争映画、そして戦争の本質をエグく捉えた大傑作の誕生に違いなく、我々はその目撃者になるのだ!

イギリスで開催「ノーラン映画祭」での上映作品
『西部戦線異状なし』(1930)/ルイス・マイルストン監督
『恐怖の報酬』(1953)/アンリ=ジョルジュ・クルーゾー監督
『エイリアン』(1979)/リドリー・スコット監督
『スピード』(1994)/ヤン・デ・ボン監督
『アンストッパブル』(2010)/トニー・スコット監督
『グリード』(1924)/エリッヒ・フォン・シュトロハイム監督
『サンライズ』(1927)/F・W・ムルナウ監督
『ライアンの娘』(1970)/デヴィッド・リーン監督
アルジェの戦い』(1966)/ジッロ・ポンテコルボ監督
炎のランナー』(1981)/ヒュー・ハドソン監督
『海外特派員』(1940)/アルフレッド・ヒッチコック監督

【参照URL】
Christopher Nolan curates BFI Southbank season of influences on new film Dunkirk
http://www.bfi.org.uk/news-opinion/news-bfi/announcements/christopher-nolan-presents-dunkirk

◆映画『ダンケルク​』 information

ダンケルク_特集

上映時間:110分

9月9日(土)丸の内ピカデリー 新宿ピカデリー他 全国ロードショー
公式サイト:dunkirk.jp #ダンケルク
配給:ワーナー・ブラザース映画
(C)2017 Warner Bros. All Rights Reserved.

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • orchideous
    4.7
    ずっと見れてなくてたのしみに見に行った、結論から言うといい映画だった。 トミーの耳を通して、目を通して、わたしが知らない戦争を体験した気分になった。 ストーリーももちろんよかったけど、映像体験っていう言葉が本当にふさわしい。ダンケルクの砂浜で空から攻撃される緊迫感と怖さ、飛行機の近寄ってくる音、全部怖くて思わず力が入っちゃった。 あとは水の苦しさ、息ができないとか、光が入らないとか、そういう本能として怖いっておもう描写が凄かった。 最初はトミーたち陸兵の"陸"の1週間、その最後の1日からピーターとジョージたち"海"と話が交差して最後の1時間、コリンズ、ファリアたち"空"、3つの時間が交差するのがノーラン監督らしいし、気持ちの良い繋ぎ方だった。 私が一番好きなシーンは、最後のイギリス兵を送り出した中佐(ケネスブラナー)が、フランス兵のためにダンケルクに残るシーン。ケネスブラナーが名優たる所以がありありとしてた。ずっとロックハート先生って呼んでてごめんなさいって思いました。これからは呼び方改めます笑
  • Yuka
    3.0
    記録
  • CoHeyさんは凍結されました
    4.8
    なんじゃこりゃあああああ!!! 「ダンケルク」なんなんだこれは!!!!! 凄すぎるわ!!!! どーやったらコレ破綻させずに繋いだんだよ!!?? おかしすぎるだろ!!? いや、プロットレベルねはわかるよ、時間軸をああすることで軽くネタバラシしながら進行して、時間軸をスムーズに見せてしまうテクニックは。 でも、この完成度でこれを繋ぎきるか?? 頭おかしいわ!!!! ノーラン、「インターステラー」やって、頭、別次元に行っちまったんじゃねーのか??? そのくらい異常な作品だよ、「ダンケルク」 あと、これやっぱ、フィルム上映見ないとダメや!!! もう完全に上映までフィルム前提!!立川で極音、丸ピカで35mmフィルム、品川でIMAX上映見たけど、IMAXフィルム上映がみえてぇぇぇぇぇ!!だけど国内じゃ無理っ!!!!悔しい!!!! いや、これホント、フィルム上映見るべき!!質感が圧倒的!! 滲み、明暗、ノイズ、フィルムの持つマイナス要素の全てが、この作品の質感としてアドバンテージとして機能する!! 機会があれば絶対にフィルム上映見るべき!! なんだろうな、トータルの映画的な衝撃としては、これ最初のスターウォーズ級じゃないですかね。 映画としての構造や、音の使い方、編集の凄さみたいな部分、凄くスターウォーズのもたらしたものに近い。 戦争映画にサスペンスの緊張感を持ち込んで、体験としてのライド感をあそこまで感じさせながら見せる、それも複雑な時系列を見せつつもその一つ一つがエンターテイメントとして完成された繋がりになってる。 それら全てをフィルムの明暗と不鮮明さを通して、ある種印象派の絵画のように脳に認識させることの効果たるやね…。至福の恐怖と絶望とそこからの解放体験ですよ。 否定的な意見を言う人の話で今回の音楽演出、ハンス・ジマーの曲のチキチキ言わせてる時計の秒針のような音がずーっと流れるのが癇に障るって話よく聞くんですけどね、スターウォーズが公開当初に「なんでずっーっと音楽鳴らしてるんだ」って批判されたのと同じで、その斬新さについていけない好みの問題だとおもうんだよね。 場合によっては意識高いがために「わかりさすさ」のための演出の否定。 「シン・ゴジラ」とか「ダンケルク」みたいな映画の革新性って、それらの持つドラマ性が希薄で状況を過剰な演出で描くのみという表現をエンターテイメントの方法論として完成させたことにあると思うんよね。 もちろん、似たようなチャレンジは過去にもあったんだけど、エンターテイメントという文脈で有無を言わさずに「オモシロイ!」と言わせる力に欠けていた。結局そこを補うためにドラマが必要だったとも言えると思うの。わかりやすいところで「タイタニック」みたいなさ。 そう思うと、ドラマを捨てても成立するエンターテイメントとは何ぞや?の解が「シン・ゴジラ」とか「ダンケルク」にはあるわけでさ、っていうか実は「ラ・ラ・ランド」なんかもこの潮流の作品だとも思うのよね。あれだってドラマはありきたりなお話なわけで。 そういう意味で、ドラマ性に限らずなんだけど「自分の中で良いとしてきたもの」に対する観念が強すぎるほど、それらの作品の「つまんない」に繋がりやすいよなーっていう。なのであれは「つまんない」なんじゃなくて「新しいことに付いていけない」なのかもねーって思ってる。別に悪いことじゃ無くね。 音の話つながりで言うと、ちょっともの知ってると多分さらに面白いよね。 始まって間もなしの浜でサイレン音が聞こえただけでスツーカの地獄のサイレンだと認識できると、画で機体を見せられる前にまだ敵が見えないからこその瞬間的な恐怖がくるよね。 スツーカでなかったとしても疑心暗鬼の恐怖になる。 スツーカってフィクションに対して偉大な功績を残した機体だと思い知らされるね。スツーカのことを知らなくても、演出の記号としてあの降下の時の音が敵の飛行機が迫ってきてるのを勝手に受取らせてくれる。あれは実に良い。 あの英仏兵達の恐怖の追体験構造がさらに深まるというかね。 だからこそのカタルシスもちゃんとある。脱出自体がそうだし、なにより最後のアレ!!w しかし、正直、スピットファイアカッコ良すぎw 飛行機的にはメッサーの方が好きだから、メッサーがやられ役でスピットファイアカッコ良すぎなのは納得がいかないw だいたい、ダンケルクの空戦のキルレシオ、3倍くらいドイツの勝ちじゃなかったっけ? メッサーがあんなにスピットに落とされるのはらたったわw 興奮しかございません!! 必見です!!!!
  • チャック
    2.5
    うーん
  • MarilynMonroe
    4.1
    史実好きにはたまらん エンドロールまでharryの存在気づかなかった😂
「ダンケルク」
のレビュー(41663件)