【7月5日リリース!】誰の心にも響くメッセージ…『素晴らしきかな、人生』をイラストで解説

プラダを着た悪魔』のデヴィッド・フランケル監督最新作、ウィル・スミスをはじめ超豪華オスカー俳優たちが出演する感動作『素晴らしきかな、人生』が、7月5日(水)に早くもブルーレイ&DVDリリースされます。

誰にとっても心に響くメッセージを伝えてくれるこの『素晴らしきかな、人生』を、今回はイラストで紹介したいと思います!

ウィル・スミス演じる主人公ハワードは、広告代理店の社長。
かつての彼はとても明るく、巧みな言葉遣いで社員の士気を高め、クライアントにも人望のあついカリスマ社長でした。

ところが、6歳の愛娘を病気で亡くしてからというもの、仲の良かった奥さんとも離婚をして、ずっとふさぎ込んでしまっている状態です。

社長だというのに、会社に来てもドミノ(オシャレ&壮大)を5日かけて並べてはそれを倒し、夜は自転車で車道を逆走(本当に危ない……)するだけの日々を繰り返し、友人や社員から心配や憐れみの目で見られるように。

ウィル・スミスはシリアスな役柄も多い演技派俳優ですが、みなさんが持つイメージといえば、サービス精神たっぷりのあのビッグスマイルですよね。
今作でも冒頭では元気な姿を見せてくれるのですが、数分後には突然白髪もシワも増えておじいちゃんみたいになってしまいます。

この役をウィル・スミスが演じるからこそ、観客は「早くあの笑顔を見せて!」と強く願わずにはいられないんですよね。スターでありながらフレンドリーでもある彼の魅力があってこそです。これがケビン・ス●イシーだったら……(自粛)。

この状況を改善したい!と奮闘する周囲のキャラクターたちも豪華。ケイト・ウィンスレットキーラ・ナイトレイエドワード・ノートンヘレン・ミレンナオミ・ハリスマイケル・ペーニャら。
全員合わせてオスカー像何個持ってんだ!っていう名優ばかりです。

 

最愛の娘を失い、落ち込んだ日々を過ごす主人公ハワード

素晴らしきかな、人生

たまに会社に来てもドミノを並べては倒す日々

素晴らしきかな、人生

夜は車道を大逆走!

素晴らしきかな、人生

倒産の危機に直面し、同僚の友人たちが策に出た!

素晴らしきかな、人生

クライマックスで訪れる「幸せのオマケ」

素晴らしきかな、人生

ズドーンと落ち込んでいる男を演じても、彼自身に内包されている明るさが漏れ光ってくるウィル・スミスの求心力が、この映画の最大の魅力です。
また、ケイト・ウィンスレット、エドワード・ノートン、マイケル・ペーニャが演じる友人3人衆にもそれぞれ悩みや葛藤があり、そんなところもみどころ。

果たしてハワードは人生を取り戻せるのか、友人たちはそれぞれの問題とどう立ち向かうのか、謎の役者たちの本当の正体とは!?
観終わったあと、人生のどん底の時期を乗り越えるヒントを、この映画から学び取っていることでしょう。

映画『素晴らしきかな、人生information

素晴らしきかな、人生

ニューヨークの広告代理店で成功を収めていたハワード(ウィル・スミス)。しかし彼は最愛の人を失い、深い喪失感に見舞われ、プライベートも仕事もやる気なし。会社も危ない。同僚たち(ケイト・ウィンスレット、エドワード・ノートン、マイケル・ペーニャ)もそんなハワードと会社を心配していた。そんなある日、人生ドン底のハワードの前に3人の奇妙な舞台俳優(キーラ・ナイトレイ、ヘレン・ミレン他)が突然現れた。不可思議な言動をハワードに投げかける年代も性別も異なる3人。しかし、その出会いによってハワードに徐々に変化が。

上映時間:97分

〈2017年7月5日(水)ブルーレイ&DVDリリース〉

公式サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/subarashiki-movie/
配給:ワーナー・ブラザース
C2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., VILLAGE ROADSHOW FILMS NORTH AMERICA INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT, LLC

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • フィルマー
    -
    ウィルの喪失感 コラテラルビューティ =幸せのおまけ
  • em
    -
    ウィルスミスって演技が本物お上手。
  • とっこ
    5
    まず予告を観て、キャストの豪華さに感動。期待最大値で鑑賞しましたが、裏切られませんでした! また。Collateral beauty を幸せのオマケと訳しているところにグッときました。 美しくて温かい映画だったな〜😌
  • キネマと海月
    -
    ★あらすじ★ 広告代理店経営者として輝かしい経歴を持つハワードは、最愛の娘を失ったことによって人生が一転、悲しみに暮れる日々を送り、会社にも危機が訪れていた。 良き仕事仲間であり友でもあるホイット、クレア、サイモンはそんな彼を心配し、また会社の危機を救うべく行動をはじめる。 ある時からハワードの前には性別年代人種も違う「死」「時間」「愛」を名乗る者たちが現れ、自身の意義を受け入れるよう問いかけをするようになり…。 ★感想★ ハワードを悲しみから救うべく行動しているようで実はホイット、クレア、サイモン自身の救済もしているというところが巧くできた構成だなと思いました。これによりハワードの個人的な悲しみ、抽象的で哲学的な「死」「時間」「愛」について観るものそれぞれの境遇でより具体的で身近なものに自然と置き換えて共に感じ考えられる扉を開いてくれています。 並べ続けたドミノが一気に倒れていくように全てが繋がっていく瞬間を物語と一緒に観るものも理解し分かち合えるはず。 映画としては少し説明過多なのかも知れませんが折に触れて見返したくなる親切で温かい一本です。 ★オススメ★ 悲しみから立ち直ることができない人。 「死」「時間」「愛」に憤りを感じている人。 幸せのおまけについて知りたい人。
  • Harigane
    3.8
    <あらすじ> ニューヨークの広告代理店で成功を収め、華やかな生活を送っていたハワード(ウィル・スミス)だが、娘の死により心を閉ざすようになっていた。 同僚のホイット(エドワード・ノートン)やクレア(ケイト・ウィンスレット)らも心配する中で出会った3人の役者に"愛"、"死"、"時間"を演じてもらうように頼む。 <感想> 『素晴らしき哉、人生!』とは別物の映画でした。他の邦題にすることは出来なかったのかな・・・ ただ豪華なキャスト揃いで、塞いでいたハワードの心の変化を表していくストーリーも面白かったです。 最後の展開には驚きました。 マデリンという女性から何度も亡くなった娘の名前を聞かれる所はしつこいなぁと思って観ていましたが、、、 なるほど、そういう事だったのか。このラストへの繋がり方は深かったです。
素晴らしきかな、人生
のレビュー(22565件)