【7月5日リリース!】誰の心にも響くメッセージ…『素晴らしきかな、人生』をイラストで解説

プラダを着た悪魔』のデヴィッド・フランケル監督最新作、ウィル・スミスをはじめ超豪華オスカー俳優たちが出演する感動作『素晴らしきかな、人生』が、7月5日(水)に早くもブルーレイ&DVDリリースされます。

誰にとっても心に響くメッセージを伝えてくれるこの『素晴らしきかな、人生』を、今回はイラストで紹介したいと思います!

ウィル・スミス演じる主人公ハワードは、広告代理店の社長。
かつての彼はとても明るく、巧みな言葉遣いで社員の士気を高め、クライアントにも人望のあついカリスマ社長でした。

ところが、6歳の愛娘を病気で亡くしてからというもの、仲の良かった奥さんとも離婚をして、ずっとふさぎ込んでしまっている状態です。

社長だというのに、会社に来てもドミノ(オシャレ&壮大)を5日かけて並べてはそれを倒し、夜は自転車で車道を逆走(本当に危ない……)するだけの日々を繰り返し、友人や社員から心配や憐れみの目で見られるように。

ウィル・スミスはシリアスな役柄も多い演技派俳優ですが、みなさんが持つイメージといえば、サービス精神たっぷりのあのビッグスマイルですよね。
今作でも冒頭では元気な姿を見せてくれるのですが、数分後には突然白髪もシワも増えておじいちゃんみたいになってしまいます。

この役をウィル・スミスが演じるからこそ、観客は「早くあの笑顔を見せて!」と強く願わずにはいられないんですよね。スターでありながらフレンドリーでもある彼の魅力があってこそです。これがケビン・ス●イシーだったら……(自粛)。

この状況を改善したい!と奮闘する周囲のキャラクターたちも豪華。ケイト・ウィンスレットキーラ・ナイトレイエドワード・ノートンヘレン・ミレンナオミ・ハリスマイケル・ペーニャら。
全員合わせてオスカー像何個持ってんだ!っていう名優ばかりです。

最愛の娘を失い、落ち込んだ日々を過ごす主人公ハワード

素晴らしきかな、人生

たまに会社に来てもドミノを並べては倒す日々

素晴らしきかな、人生

夜は車道を大逆走!

素晴らしきかな、人生

倒産の危機に直面し、同僚の友人たちが策に出た!

素晴らしきかな、人生

クライマックスで訪れる「幸せのオマケ」

素晴らしきかな、人生

ズドーンと落ち込んでいる男を演じても、彼自身に内包されている明るさが漏れ光ってくるウィル・スミスの求心力が、この映画の最大の魅力です。
また、ケイト・ウィンスレット、エドワード・ノートン、マイケル・ペーニャが演じる友人3人衆にもそれぞれ悩みや葛藤があり、そんなところもみどころ。

果たしてハワードは人生を取り戻せるのか、友人たちはそれぞれの問題とどう立ち向かうのか、謎の役者たちの本当の正体とは!?
観終わったあと、人生のどん底の時期を乗り越えるヒントを、この映画から学び取っていることでしょう。

映画『素晴らしきかな、人生information

素晴らしきかな、人生

ニューヨークの広告代理店で成功を収めていたハワード(ウィル・スミス)。しかし彼は最愛の人を失い、深い喪失感に見舞われ、プライベートも仕事もやる気なし。会社も危ない。同僚たち(ケイト・ウィンスレット、エドワード・ノートン、マイケル・ペーニャ)もそんなハワードと会社を心配していた。そんなある日、人生ドン底のハワードの前に3人の奇妙な舞台俳優(キーラ・ナイトレイ、ヘレン・ミレン他)が突然現れた。不可思議な言動をハワードに投げかける年代も性別も異なる3人。しかし、その出会いによってハワードに徐々に変化が。

上映時間:97分

〈2017年7月5日(水)ブルーレイ&DVDリリース〉

公式サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/subarashiki-movie/
配給:ワーナー・ブラザース

Rakuten TVで観る【登録無料】

C2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., VILLAGE ROADSHOW FILMS NORTH AMERICA INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT, LLC

※2022年1月21日時点のVOD配信情報です。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • Miki
    -
    記録
  • RYO
    3.9
    この映画に関しては、物語より主題歌が好き。
  • 滝和也
    4.2
    死と時間 そして…愛。 どん底に墜ちた男の 心の再生を描く 現代のお伽噺… 人生には幸せなおまけ がある… 「素晴らしきかな、人生」 泣けました…。泣ける…。作品と真摯に向き合えた気がします。それは何かしら自分や家族が通ってきた道に心が重ね合わせられたからでしょう…。人の人生には誰しも辛く悲しい事がある。その一部でも共感できれば…優しくなれる。この作品を受け入れられるはずです。 新進広告代理店の取締役ハワードは壊れていた。2年前に最愛の娘を失い、全てに自暴自棄になり、心を閉ざした。彼を支えていたホイット、サイモン、クレアは会社の危機に対して一つの決断をする。それは…彼が出した手紙の相手…死、時間、愛とハワードを現実に対面させる事だった…。 作品として…確かにギミック過多な部分はあるんです。劇団員を雇い、ハワードを現実に引き戻そうとする友人たち。会社、社員を救うためにそうするわけなんですが…。それはあくまで伏線で…と言う展開。 そのキーワードに合わせて友人たち、ホイット、サイモン、クレアも問題を抱えていて、ハワード以外にもストーリーが紡がれる。更にハワードにももう一つ、ストーリーがあって絡み合う。 そのギミックが見事にラスト収束していくんですね。確かに御都合的にもみえるのですが…その中身が素敵過ぎて、共感してしまう。正にお伽噺なんです。いやお伽噺の教訓こそ、真理なのかもしれませんね。だから響く。特にどん底に墜ちた事がある人間なら…。 またこの題名が嘗てのアメリカを代表する名作、素晴らしき哉、人生!とかけられている意味を理解できますし、素敵なオマージュになってると思います。 ハワードと友人3人に舞い降りる天使(笑)いや役者3人がまた素晴らしくて。死を演じるはヘレン・ミレン。流石に上手い…その落ち着いた語り口は正に死を司る天使です。優しさを含めて。時間の若手も溌剌としていて可愛げがある。そして愛にキーラ・ナイトレイ様。正に愛です。2回目にハワードと遭遇するシーンで死と時間はハワードに言い返せない、でも愛である彼女だけが言い返す。それは…なによりも愛が大事でそれが全て…人の繋がりがあって人生は意味があり、時間も死も存在すると言う意味を表すシーンでした。小さなギミックなんですが…そこが素晴らしかったです。 主演ハワードにはウィル・スミス。ややギミック過多で、彼の存在が狂言回しに見える部分(彼の存在で周囲が演じ、動く)があるのですが、それも彼という存在がどっしりと主演に座っていないと難しい。その存在感、演技ともに素晴らしくて…泣かされました。親友ホイットにエドワード・ノートン。憎らしいくらいに上手い方です。自然すぎる…いつ裏切るか期待しちゃいますが(笑)今回はなし。クレアにケイト・ウィンスレット、サイモンにマイケル・ペーニャ。ペーニャさんはヘレン・ミレンと組むのですが…上手いわ…。二人のシーン見応えあります。と言うか…この作品どんだけ豪華キャストなんだよと。これに更にナオミ・ハリスがキー役でいますからね。豪華キャストの演技合戦ですよ。  この作品…シンクロし過ぎて泣きすぎて目が痛い(笑)…僕は若い頃どん底になったことが何度もあって…。死とも向き合いましたし…時間がそれを癒やしてくれても、すべて解決してくれない事も一応、知ってます。そして愛が助けてくれることも…(^^) これは長く生きてると誰しもが何らか関わる痛みであり、生き続けたならば感じる救いだと思います。 自分を振り返って真摯に見てほしい作品ですね。オススメです。 追記…因みに僕は21%の確率から生まれた子供です。父と母に感謝しています。
  • ティミ
    3.6
    途中から見たことあるような気がしてたけど、最後で確信した。これ絶対見たことある。いつ見たか全く覚えてないんだけど笑 見てないと思ってもう1回見てしまった…
  • あびぃ
    -
    【記録用】
素晴らしきかな、人生
のレビュー(28621件)