【7月5日リリース!】誰の心にも響くメッセージ…『素晴らしきかな、人生』をイラストで解説

2017.07.04
特集

Filmarks編集部

フィルマーくま

プラダを着た悪魔』のデヴィッド・フランケル監督最新作、ウィル・スミスをはじめ超豪華オスカー俳優たちが出演する感動作『素晴らしきかな、人生』が、7月5日(水)に早くもブルーレイ&DVDリリースされます。

誰にとっても心に響くメッセージを伝えてくれるこの『素晴らしきかな、人生』を、今回はイラストで紹介したいと思います!

ウィル・スミス演じる主人公ハワードは、広告代理店の社長。
かつての彼はとても明るく、巧みな言葉遣いで社員の士気を高め、クライアントにも人望のあついカリスマ社長でした。

ところが、6歳の愛娘を病気で亡くしてからというもの、仲の良かった奥さんとも離婚をして、ずっとふさぎ込んでしまっている状態です。

社長だというのに、会社に来てもドミノ(オシャレ&壮大)を5日かけて並べてはそれを倒し、夜は自転車で車道を逆走(本当に危ない……)するだけの日々を繰り返し、友人や社員から心配や憐れみの目で見られるように。

ウィル・スミスはシリアスな役柄も多い演技派俳優ですが、みなさんが持つイメージといえば、サービス精神たっぷりのあのビッグスマイルですよね。
今作でも冒頭では元気な姿を見せてくれるのですが、数分後には突然白髪もシワも増えておじいちゃんみたいになってしまいます。

この役をウィル・スミスが演じるからこそ、観客は「早くあの笑顔を見せて!」と強く願わずにはいられないんですよね。スターでありながらフレンドリーでもある彼の魅力があってこそです。これがケビン・ス●イシーだったら……(自粛)。

この状況を改善したい!と奮闘する周囲のキャラクターたちも豪華。ケイト・ウィンスレットキーラ・ナイトレイエドワード・ノートンヘレン・ミレンナオミ・ハリスマイケル・ペーニャら。
全員合わせてオスカー像何個持ってんだ!っていう名優ばかりです。

 

最愛の娘を失い、落ち込んだ日々を過ごす主人公ハワード

素晴らしきかな、人生

たまに会社に来てもドミノを並べては倒す日々

素晴らしきかな、人生

夜は車道を大逆走!

素晴らしきかな、人生

倒産の危機に直面し、同僚の友人たちが策に出た!

素晴らしきかな、人生

クライマックスで訪れる「幸せのオマケ」

素晴らしきかな、人生

ズドーンと落ち込んでいる男を演じても、彼自身に内包されている明るさが漏れ光ってくるウィル・スミスの求心力が、この映画の最大の魅力です。
また、ケイト・ウィンスレット、エドワード・ノートン、マイケル・ペーニャが演じる友人3人衆にもそれぞれ悩みや葛藤があり、そんなところもみどころ。

果たしてハワードは人生を取り戻せるのか、友人たちはそれぞれの問題とどう立ち向かうのか、謎の役者たちの本当の正体とは!?
観終わったあと、人生のどん底の時期を乗り越えるヒントを、この映画から学び取っていることでしょう。

映画『素晴らしきかな、人生information

素晴らしきかな、人生

ニューヨークの広告代理店で成功を収めていたハワード(ウィル・スミス)。しかし彼は最愛の人を失い、深い喪失感に見舞われ、プライベートも仕事もやる気なし。会社も危ない。同僚たち(ケイト・ウィンスレット、エドワード・ノートン、マイケル・ペーニャ)もそんなハワードと会社を心配していた。そんなある日、人生ドン底のハワードの前に3人の奇妙な舞台俳優(キーラ・ナイトレイ、ヘレン・ミレン他)が突然現れた。不可思議な言動をハワードに投げかける年代も性別も異なる3人。しかし、その出会いによってハワードに徐々に変化が。

上映時間:97分

〈2017年7月5日(水)ブルーレイ&DVDリリース〉

公式サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/subarashiki-movie/
配給:ワーナー・ブラザース
C2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., VILLAGE ROADSHOW FILMS NORTH AMERICA INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT, LLC

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • plantseeds
    3.7
    期待して鑑賞はしましたが、空回りしたのか、意外と流れていってしまいました。 タイミング的なものだと思います。 もう一回ちゃんと見たいですね。 男女3人の再生物語としてほっこりとしました。
  • 3.4
    きれいな詞を読んでる感じ。 分かりやすくてシンプルなテーマで面白かった
  • Eta
    4.1
    見終わってすごく感情移入しちゃってたから自分までハッピーになれたというかすごく前に進めるというか。スッキリしたというか。心の気持ちが良かったです! この映画を見て伝わったのは どんなに辛いことがあってもきっと人生は素晴らしい。ってこと。このタイトルがまず素晴らしいです。笑 音楽のセンスも素晴らしかった。劇中流れてくる音楽では心情や心の変化で音楽も変化していた。明るくなったり暗くなったり悲しくなったり。音からも気持ちが伝わってくるすげぇ新鮮な感覚でしたね! 一人一人のセリフもなんとも言い難い。素晴らしい。 1つ1つがしみてくるというか伝わってくる。名言のオンパレード見たいな? 違うんだろうけどそんな聞こえて来ちゃう、伝わって来ちゃう。笑 そして人生には必ずいいことが待ってるということ。悪い時は悪い気持ちしか起きません。いいことを考える気力がないし心まで落ち込んじゃうから。 でもその先に幸せがあるし今があるから未来もあるんです。 どん底に落ちた人間は強いということ。 どんな失敗もします。必ず。ロボットじゃないんだから。なんならロボットでさえもミスをすることもあります。 なーんだ、人間はミスして当たり前じゃん!!こんな軽い感じでいいんじゃないんですか!?笑 僕はそんな感じがします!! そして周りには多くの素晴らしい仲間たちがいるということ。 1人で悩むこともきっとあるけどこの映画のクレア ホイット サイモンのような同僚、仲間たち。 そしてそれに協力してくれたエイミー ブリジット ラフィみたいな周りの多くの仲間たちがいます。 でも人生の中にあれだけしてくれて勇気をくれる仲間ってきっと大事だと思うね! この映画は仕事のことや、学校のこと。 また何かを失った人。何かを忘れてしまった人。今なにをするべきか希望を失ってしまった人。今後なにをして行くべきか悩んでる人。そんな悩みを抱えている人たちに是非とも見て欲しいです。 そしたらきっと何かが変わるから。 人生ってきっと思ってる以上に難しくてきつくて辛いことばっかりじゃないから! 多くのメッセージを込めます! 最後まで読んでいただきましてありがとう御座います。
  • コウ
    -
    人生で大事な3つの概念が、語りかけてくる作品。映像も演出もストーリーも凄く綺麗にまとまってる。ラストもいい。 主人公を救った大切なものはあと1つある気もした。 大切な何かを失ったら、また観ます。
「素晴らしきかな、人生」
のレビュー(8900件)