【7月5日リリース!】誰の心にも響くメッセージ…『素晴らしきかな、人生』をイラストで解説

2017.07.04
特集

Filmarks公式

フィルマーくま

プラダを着た悪魔』のデヴィッド・フランケル監督最新作、ウィル・スミスをはじめ超豪華オスカー俳優たちが出演する感動作『素晴らしきかな、人生』が、7月5日(水)に早くもブルーレイ&DVDリリースされます。

誰にとっても心に響くメッセージを伝えてくれるこの『素晴らしきかな、人生』を、今回はイラストで紹介したいと思います!

ウィル・スミス演じる主人公ハワードは、広告代理店の社長。
かつての彼はとても明るく、巧みな言葉遣いで社員の士気を高め、クライアントにも人望のあついカリスマ社長でした。

ところが、6歳の愛娘を病気で亡くしてからというもの、仲の良かった奥さんとも離婚をして、ずっとふさぎ込んでしまっている状態です。

社長だというのに、会社に来てもドミノ(オシャレ&壮大)を5日かけて並べてはそれを倒し、夜は自転車で車道を逆走(本当に危ない……)するだけの日々を繰り返し、友人や社員から心配や憐れみの目で見られるように。

ウィル・スミスはシリアスな役柄も多い演技派俳優ですが、みなさんが持つイメージといえば、サービス精神たっぷりのあのビッグスマイルですよね。
今作でも冒頭では元気な姿を見せてくれるのですが、数分後には突然白髪もシワも増えておじいちゃんみたいになってしまいます。

この役をウィル・スミスが演じるからこそ、観客は「早くあの笑顔を見せて!」と強く願わずにはいられないんですよね。スターでありながらフレンドリーでもある彼の魅力があってこそです。これがケビン・ス●イシーだったら……(自粛)。

この状況を改善したい!と奮闘する周囲のキャラクターたちも豪華。ケイト・ウィンスレットキーラ・ナイトレイエドワード・ノートンヘレン・ミレンナオミ・ハリスマイケル・ペーニャら。
全員合わせてオスカー像何個持ってんだ!っていう名優ばかりです。

 

最愛の娘を失い、落ち込んだ日々を過ごす主人公ハワード

素晴らしきかな、人生

たまに会社に来てもドミノを並べては倒す日々

素晴らしきかな、人生

夜は車道を大逆走!

素晴らしきかな、人生

倒産の危機に直面し、同僚の友人たちが策に出た!

素晴らしきかな、人生

クライマックスで訪れる「幸せのオマケ」

素晴らしきかな、人生

ズドーンと落ち込んでいる男を演じても、彼自身に内包されている明るさが漏れ光ってくるウィル・スミスの求心力が、この映画の最大の魅力です。
また、ケイト・ウィンスレット、エドワード・ノートン、マイケル・ペーニャが演じる友人3人衆にもそれぞれ悩みや葛藤があり、そんなところもみどころ。

果たしてハワードは人生を取り戻せるのか、友人たちはそれぞれの問題とどう立ち向かうのか、謎の役者たちの本当の正体とは!?
観終わったあと、人生のどん底の時期を乗り越えるヒントを、この映画から学び取っていることでしょう。

映画『素晴らしきかな、人生information

素晴らしきかな、人生

ニューヨークの広告代理店で成功を収めていたハワード(ウィル・スミス)。しかし彼は最愛の人を失い、深い喪失感に見舞われ、プライベートも仕事もやる気なし。会社も危ない。同僚たち(ケイト・ウィンスレット、エドワード・ノートン、マイケル・ペーニャ)もそんなハワードと会社を心配していた。そんなある日、人生ドン底のハワードの前に3人の奇妙な舞台俳優(キーラ・ナイトレイ、ヘレン・ミレン他)が突然現れた。不可思議な言動をハワードに投げかける年代も性別も異なる3人。しかし、その出会いによってハワードに徐々に変化が。

上映時間:97分

〈2017年7月5日(水)ブルーレイ&DVDリリース〉

公式サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/subarashiki-movie/
配給:ワーナー・ブラザース
C2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., VILLAGE ROADSHOW FILMS NORTH AMERICA INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT, LLC

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • 小川大希
    4.0
    2018/10 良い映画
  • 素晴らしき哉映画
    -
    🔶 広告代理店の職場のオープニングでは意気揚々と話すハワード(ウィル・スミス) その後人生のドン底に落ちた彼は別人のように変わっていました ハワードは娘を亡くし妻とも別れた ホイットの母親は脳卒中にもなっていて不倫か何かで離婚をしている 娘とも不仲 クレアが見ていたPC内はそれとなくなるほどと分かる内容 サイモンの咳は一体なんだろう 体調が悪いんだろうか ハワード以外にもそれぞれの問題がある マデリンの幸せのオマケの話は頭で理解できても心で知る感じなので体験しないと中々共感できないかもしれない 言いたいことは何となく分かる 生死の部分になると心の問題が深くなるので、本来ならとても難しいんでしょうね 感動とまではいかなかったけど、やはり色々と繋がってるってのはその通りだと思う 話によっては違う方向でいうなら四次元五次元みたいなところもあったり 頭で考えることが少し多すぎたかな それと昔と似たタイトルですが別物ですね 【ジェイコブ・ラティモア】 『メイズ・ランナー』に出演 ヘイデン・クリステンセン主演の『リセット』で子役として出演 これはあまり有名ではない ____________________ 【ハワードと共に働く仲間たち】 ウィル・スミス♠ハワード エドワード・ノートン♠ホイット ケイト・ウィンスレット🔴クレア マイケル・ペーニャ♠サイモン 【協力者】 キーラ・ナイトレイ🔴エイミー ヘレン・ミレン🔴演技を指導 ジェイコブ・ラティモア♠ラフィ 【小さな翼の会(集会名?)】 ナオミ・ハリス🔴マデリン 1回目
  • nonoka
    4.0
    クリスマスに起こる ちょっと不思議なおはなし。 涙が自然と流れてくる 大人のおとぎ話って感じ。 舞台である ニューヨークのクリスマスってイルミネーションとか雪とかすごく魅力的で綺麗だった。 主人公が どん底にいるときに周りの友達同僚が どうにかしたいという思いで こんな事で立ち直らせることができるのか?という事をし始める。 悩みがない人なんて1人も出でこなかった、私はまだ子供を失うとか 経験した事ないし むしろ結婚もしてないから 未体験ばっかりの世界だったけど とても引き込まれた。 最後の展開にはびっくりした!苦悩を乗り越えて ハッピーエンドで終われてよかった。 ちょっと重めな内容だけど、時々入ってくるちょうどいい感じのコメディがあったから重くなりすぎずに見られた ヘレンが良かった 一番年齢は高いけど 可愛くて 少し目立ちたがりのおばあちゃん。 そして、特典映像も見たけど キャストがみんなこの映画に全力で すごく仲がいいの! ウィルスミスは この映画の役では ふざけたりしないキャラだけど 裏ではみんなを笑わせるおふざけキャラで すごくお互いを尊敬しあっていた。そういう裏側があるからこそ より素敵な映画になったのね って納得しました。 人生の分岐点 があるたびに見たい映画だと思った。 何かをなくしても そこから何かを絶対に得られる 、
  • ほっぺ
    5.0
    This movie told us mostly everything about the purpose of our life. Absolutely fantastic movie and I would watch it again and again.
  • 国民衛生の動向
    3.5
    ラストで「ははーん!!」ってなった。辛い過去を忘れるんじゃなくて、自分の一部と認められる強さのお話。
「素晴らしきかな、人生」
のレビュー(17697件)