【7月5日リリース!】誰の心にも響くメッセージ…『素晴らしきかな、人生』をイラストで解説

Filmarks公式

フィルマーくま

プラダを着た悪魔』のデヴィッド・フランケル監督最新作、ウィル・スミスをはじめ超豪華オスカー俳優たちが出演する感動作『素晴らしきかな、人生』が、7月5日(水)に早くもブルーレイ&DVDリリースされます。

誰にとっても心に響くメッセージを伝えてくれるこの『素晴らしきかな、人生』を、今回はイラストで紹介したいと思います!

ウィル・スミス演じる主人公ハワードは、広告代理店の社長。
かつての彼はとても明るく、巧みな言葉遣いで社員の士気を高め、クライアントにも人望のあついカリスマ社長でした。

ところが、6歳の愛娘を病気で亡くしてからというもの、仲の良かった奥さんとも離婚をして、ずっとふさぎ込んでしまっている状態です。

社長だというのに、会社に来てもドミノ(オシャレ&壮大)を5日かけて並べてはそれを倒し、夜は自転車で車道を逆走(本当に危ない……)するだけの日々を繰り返し、友人や社員から心配や憐れみの目で見られるように。

ウィル・スミスはシリアスな役柄も多い演技派俳優ですが、みなさんが持つイメージといえば、サービス精神たっぷりのあのビッグスマイルですよね。
今作でも冒頭では元気な姿を見せてくれるのですが、数分後には突然白髪もシワも増えておじいちゃんみたいになってしまいます。

この役をウィル・スミスが演じるからこそ、観客は「早くあの笑顔を見せて!」と強く願わずにはいられないんですよね。スターでありながらフレンドリーでもある彼の魅力があってこそです。これがケビン・ス●イシーだったら……(自粛)。

この状況を改善したい!と奮闘する周囲のキャラクターたちも豪華。ケイト・ウィンスレットキーラ・ナイトレイエドワード・ノートンヘレン・ミレンナオミ・ハリスマイケル・ペーニャら。
全員合わせてオスカー像何個持ってんだ!っていう名優ばかりです。

 

最愛の娘を失い、落ち込んだ日々を過ごす主人公ハワード

素晴らしきかな、人生

たまに会社に来てもドミノを並べては倒す日々

素晴らしきかな、人生

夜は車道を大逆走!

素晴らしきかな、人生

倒産の危機に直面し、同僚の友人たちが策に出た!

素晴らしきかな、人生

クライマックスで訪れる「幸せのオマケ」

素晴らしきかな、人生

ズドーンと落ち込んでいる男を演じても、彼自身に内包されている明るさが漏れ光ってくるウィル・スミスの求心力が、この映画の最大の魅力です。
また、ケイト・ウィンスレット、エドワード・ノートン、マイケル・ペーニャが演じる友人3人衆にもそれぞれ悩みや葛藤があり、そんなところもみどころ。

果たしてハワードは人生を取り戻せるのか、友人たちはそれぞれの問題とどう立ち向かうのか、謎の役者たちの本当の正体とは!?
観終わったあと、人生のどん底の時期を乗り越えるヒントを、この映画から学び取っていることでしょう。

映画『素晴らしきかな、人生information

素晴らしきかな、人生

ニューヨークの広告代理店で成功を収めていたハワード(ウィル・スミス)。しかし彼は最愛の人を失い、深い喪失感に見舞われ、プライベートも仕事もやる気なし。会社も危ない。同僚たち(ケイト・ウィンスレット、エドワード・ノートン、マイケル・ペーニャ)もそんなハワードと会社を心配していた。そんなある日、人生ドン底のハワードの前に3人の奇妙な舞台俳優(キーラ・ナイトレイ、ヘレン・ミレン他)が突然現れた。不可思議な言動をハワードに投げかける年代も性別も異なる3人。しかし、その出会いによってハワードに徐々に変化が。

上映時間:97分

〈2017年7月5日(水)ブルーレイ&DVDリリース〉

公式サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/subarashiki-movie/
配給:ワーナー・ブラザース
C2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., VILLAGE ROADSHOW FILMS NORTH AMERICA INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT, LLC

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • akiratanaka
    3.5
    2019-051
  • なん
    -
    よかった。泣いた 時間と死と愛が現れる 娘をなくした人のわつ
  • フライ
    4.0
    題名からして素敵な映画なんだろうなと思って観たが、期待を裏切らない納得の素晴らしい作品だった。 娘の死に苦しむウィルスミスの苦悩と助けようとする友人3人もそれぞれに色々と問題を抱え苦しむ内容は複雑な気持ちにさせられ悲しくなる。更にウィルスミスを精神障害として見せるための仕掛けは正直少し複雑な思いになるが、若干のユーモアと感動でとても楽しめた。そして最後の展開は余りにも素敵な結末が用意されていて感動せずにはいられなかった。 豪華キャストの演技も凄いが涙無くして見れない素晴らしい内容に終始釘付けにされた。
  • まおう
    3.0
    最愛の娘を亡くして以来、抜け殻のようになってしまった男の前に突如として現れた「愛」「時間」「死」を名乗る3人の男女。彼らとの出会いが、男を、そして周りの人々を少しずつ変えていく…豪華俳優陣による冬にぴったりなクリスマスキャロルのような温かい感動ストーリー
  • FukiIkeda
    3.9
    この邦題とジャケでは絶対に観ない。 信頼してる人から、「いいらしいから、一緒に観よう」って言われて内心「本当〜?」と半信半疑で観たけど、かなり躊躇させられる残念なこの邦題とクリスマスのラブコメを彷彿させるジャケのセンスの悪さのせいで、正直、そこまで乗り気ではなかっただけに、想像していたものと全く違って、いい意味で複雑によく出来ていて、斜め上から超えてくるから、棚ぼた的だった。 3人の「死」と「時間」と「愛」が問いかける。 そして貪欲な人、無気力な人、時間に迫られている人、活力のみなぎる人、それぞれの役割もうまく出来ている。 限りあるもの。 全く難しさを感じさせずに、問いかけてくる映画。 大切な人と観るにはピッタリかと。
「素晴らしきかな、人生」
のレビュー(18916件)