星野源、ロッチ、篠原信一…声優に見出す才、アニメーションに懸ける想い―湯浅政明監督【インタビュー】

2017.07.01
インタビュー

映画のインタビュー&取材漬けの日々是幸也

赤山恭子

アニメーションのクオリティの高さが叫ばれて久しい日本において、風雲児として知られるのが湯浅政明監督だ。「四畳半神話大系」、「ピンポン THE ANIMATION」など、独創的な絵のタッチや既存のアニメ界にはなかった作風に、熱いラブコールが寄せられている。2017年前半は、湯浅監督が手掛ける『夜は短し歩けよ乙女』、『夜明け告げるルーのうた』が立て続けに劇場公開を迎え、ファンの間でうれしい悲鳴が起こった。さらに『夜明け告げるルーのうた』は、先日、アヌシー国際アニメーション映画祭の長編部門にて、見事グランプリにあたるクリスタル賞を受賞し、国内外でますます注目が高まっている。

湯浅政明監督

『夜は短し歩けよ乙女』は人気作家・森見登美彦の初期ベストセラー作品のアニメ化を、一方、『夜明け告げるルーのうた』は劇場用長編作品としては初の完全オリジナル作品と、それぞれ異なる魅力で観る者を唸らせてくれた。公開後の今だからこそ、両作のエピソードを「ネタバレもあり」で語ってもらいつつ、「順当すぎる配役は狙わない」とする、声優選びの極意についても聞いた。

――『夜明け告げるルーのうた』が公開されましたが、湯浅監督のもとには、どのような反響が届いていますか?

意外にと言いますか、「感動した」「泣いた」という話を多く聞きます。「ルーがかわいい」と言ってもらうのもあります。僕は少年の成長物語として書いたつもりなので、極端に「泣いた」っていう声を聞くと、こちらの狙い通りというか、皆感度高いというか。ちょっとした隠し味やベースにひっそり潜ませた部分を感じ取って、感動している方も多いのかなって受け止めています。

夜明け告げるルーのうた
(C)2017ルー製作委員会

――初めての劇場長編作品(オリジナル)が世に出るのは、これまでの作品と違った感覚ですか?

映画はテレビと違い、劇場に観に行くというハードルがありますよね。どうやったら来てもらえるんだろうと思いながら作っていました。前のほうが見てもらえば面白いだろうという考えだけで作っていたかもしれません。映画は広く人に認知してもらおうっていう感じなので、今回のほうがもっと受け手を意識しながら作っていますね。

――大衆に寄りそうというか。

そうですね。想像するような感じで作っていました。僕は結構速いテンポでやりたがるんですけど、あまり速くさせずに、落ち着いて風景を見せるとか。あとは、言っておくべきことをあまり出し惜しみしないようにしました。具体的には、お父さんが最後にカイに言ってあげること、伊佐木先輩が遊歩に言ってあげる言葉などです。これまでは「言わずしてわかればいいな」と思っていたんですけど、キャラクターに言ってもらったほうが言葉って強いと思ったので。

――そうした核となる言葉や台詞は、声優さんにしゃべってもらうとき、細かく演出するんですか?

まずやっていただいて、違えば言う感じです。間に木村さん(音響監督)がいらっしゃるので、木村さんと意見が違えば、そこで指摘する感じでやっています。基本的に台詞は自然なほうがいいと思っているので、大げさにならないように、言いにくければ変えていきます。

――カイ君は典型的な音楽少年というよりも、MPCでの宅録をやっていたりして、監督の人物描写へのこだわりを感じました。

僕はもともとバンドに詳しくないけど、それでもバンドものをやりたいって決めていて(笑)。時々やりとりさせてもらっている音楽家のオオルタイチさんが関西に住んでいらっしゃるので、その地に行って、実際に楽器を見せてもらったりしたんです。「こんな楽器でコードをこうつなげて、こうやって曲作るんだよ。自分のときはこうだった」というような話を聞いたりして。今ガレージバンドとかあって、楽器が弾けなくても曲作れるじゃないですか。最初は、そうやって音楽を始める人も多いし、楽器弾けなくても音楽が作れるという、ハードルなくやれるところが魅力でもあるし、今風でいいなと思ったんです。

――カイ君がウクレレを選択した理由もありますか?

カイ君が本格的に生の方へ向かうとなると、おじいちゃんが使っていたウクレレにいくのが、親子三代の繋がりも感じさせていいのかなと思いました。ウクレレもコードをつないでエフェクターを使うと、すごく強い音にもなるので、最後にウクレレからも成長して歌っている感じになればいいと思ったんです。使う楽器からも、彼の成長が伝わればいいなと思っています。

あと、ルーは、もしかして昔から人間と仲良くしたくて、石を積み上げたりしていたのかもしれない、お爺さんのお母さんを助けたのはルーかもしれないし、お父さんもバンドをやっていてルーと会ったことがあるのかもしれない、とか。そういう親子間のつながり、ルーとのつながりも、何となく想像できる感じになるといいなと思っていました。

夜明け告げるルーのうた
(C)2017ルー製作委員会

――監督自身が、今後音楽を作る可能性もありますか?

やりたいんですけどね! 時間があったらガレージバンドやりたい。誰でも死ぬまでに1曲くらい名曲を作れると思うんです。プロはそれを続けていくのが大変なわけで、素人でも1曲くらいはいいものが作れると……。ジョン・カーペンターとかクリント・イーストウッドとか自分で劇伴作ってるけど、曲は大したことがないじゃないですか……って、それは失礼か(笑)。いいメロディを反復して使っていると「なんかそれらしいなあ」ってなるかなと思っていて、画に合う音楽で何となく流れるくらいなら、作ってみたいと思っています。

――楽しみにしています。演者さんの話もお聞きしたく、『夜明け告げるルーのうた』では篠原信一さんに特に注目が集まっていて、短い言葉で表現する力やインパクトに驚きました。

本当にすごく上手いんで、僕もびっくりしました。逆に、ああいう声と言うか音って指示できないので(笑)。持っている方の能力しかないんです。保険をかけてSEでもいけるようにと考えていたんですけど、全然必要なかったですね。篠原さんは、「もうちょっとこうできますか?」と聞くと、バリエーションもいっぱいあるんですよ(笑)。すぐその場でできるので、すごいなあって。こちらは楽ちんな収録で、たぶんすごく早く終わったと記憶しています。

――篠原さん、準備していらしたんですね。

準備……していたのかなあ(笑)? 冗談ばっかりなんですよ。初日舞台挨拶のときも言っていたけど、アフレコの現場に来たときも「俺、カイの役だと思ってたから、カイのところしか読んでないよ」って言いましたから(笑)。

湯浅政明監督

――それこそ、舞台挨拶では監督からの手紙を贈る場面で、ルー役の谷花音さんが泣いちゃうという一幕がありました。

僕はいつも、スタッフをあまり褒めないんです。それについて不満は言われるんですけど、褒めている時間がないというか(笑)。ずっと一緒に仕事してるじゃん、って。

――一緒にやっていることが信頼の証だ、と。

でも、やっぱりたまには口にしないといけないなあと思って、元々思っていたことを手紙にしました。作品は、声が入ると本当に命が入った感じになって、必ずイメージよりよくなります。花音さんは、歌の面ではちょっと苦労していたけど、サクサク進みました。歌や台詞も「よけいな感情が入らないように、人間的じゃないように」って言っただけですけど、収録を聞き直すと、やっぱりすごいんです。片言で淡々としたことしか言わないけど、あれだけ安定してハマッているっていうのは、すごい力だし演技力なんだと思います。

――今回のルー役に関しては、成人女性ではなく少女の声がよかったというところがあるんですか?

できれば、そのほうが純真というか。演技をしている感じが、あまり伝わらないほうがいいと思ったんです。大人がやると、多少気持ち悪さが出てしまう。知能高い声なのに幼くしている感じがルーのキャラクターとしてまずいなと感じまして。とはいえ、小さい子がやると、ただの子供になってしまう。だけど、ルーを花音さんがやると、子供だけど思慮深いところが出るんです。力強く心の底から「好き」と思っているんだろうなっていう感じが、花音さんがやるルーにはあると思います。

夜明け告げるルーのうた
(C)2017ルー製作委員会

――カイ君役の下田翔大さんも最高の配役でした。

本当にいいものをもらったと言いますか、彼もやっぱり役者ですよね。演技なんですけど、たぶんほかの人の演技ではできないところがあって。言うなれば、「今このときでなければ獲れないちょうどいい果物をいただいた」ような感じで。作品にとって、すごくありがたいです。

――基本的に、声優は全部監督が決めているんですか?

メインは決めていますが、木村さんといつも一緒に決めています。キャスティングは本当に楽しいんですよ。「この人はいいなあ」と思ってハマると、「やっぱりな!」って、とてもうれしいんです。

――決め手はどこにありますか?

大体いつも順当すぎる配役は、狙わない感じです。意外性がありながら、ハマるといいなと思って選んでいます。自然な感じが出る人がいいと思いますし、タレントさんの声自体が好きなら、役と合って相乗効果になるほうがいいので、その人が出るほうがいいですし、ベテラン声優さんなら今までやっていないような役で、「こんな役もできるんだ」というのをやってほしいと思っています。

湯浅政明監督

――『夜は短し歩けよ乙女』の主人公・先輩役の星野源さんの起用も非常に話題になりましたよね。

星野さんにお願いした理由は、声の質がソフトで演技もできて歌も歌えて、というのもあるんですけど、どこか憎めないキャラクターというかパーソナリティを持っている方なので、彼がハマるとすごくいい主人公になると思いました。先輩は、ちょっと間違えば、内向的すぎでエキセントリックなところがあって、おかしな人で困ったちゃんじゃないですか。嫌われる可能性もあるキャラクターですけど、星野さんがやると、それは憎めない愛らしいキャラクターにしてくれるだろうという期待があったんです。

――実際に、演出で記憶に残っていることはありますか?

最初はきっちり演じられて、星野さんじゃない風でやられていたんです。それでもOKだったんですけど、だんだん星野さんらしさが出ながらの先輩になっていったので、冒頭を録り直しました。しかし冒頭一個目の台詞が、なかなか星野さん納得いかなくて、すごく何回もやったのが記憶に残っていますね。自分からもリテイクを何回も出されて「もう1回」って。僕は喉が心配になって「もういいんじゃないですかね?」とか言いながら(笑)。

夜は短し歩けよ乙女
(C)森見登美彦・KADOKAWA/ナカメの会

――『夜は短し歩けよ乙女』では、お酒の描写も秀逸で、DVD化されたときに家で飲みながら観たい映画でもあります。

僕も、お酒は嫌いじゃないです(笑)。若いときはお酒も強くなかったので、よくお酒を知らなかったんです。段々年を取って飲めるようになって、発見していくのが楽しみでした。最初は焼酎も芋や米、麦の種類もわからず飲んでいて、ワインも飲まなかったんですけど、あるときイタリアで飲んだ白ワインのおいしさに衝撃を受けたんです。「めっちゃおいしい♥」と(笑)。だから、その場所で飲んだり、出会わないとわからないものなんだと思い、掘っていきました。出会いがある飲み歩きの雰囲気が好きなんですよね。

――アニメではもちろん、実写でもなかなかあの飲み歩きの雰囲気は出すのは難しいのではないかと思います。

実写だと、本当にものが出てしまうので少し生々しくなるんですけど、絵だとイメージで描けるので「おいしそう」とか「光ってる」みたいな感じにできますよね。僕の感覚で言えば、ウイスキーは若いときはハイボールとかでカパカパ飲んでいたけど、いいもの割らずにはちびちび味わってもおいしいんだなと思うようになって。そんなお酒の感動を、そのまま絵にする感じで作っていました。

夜は短し歩けよ乙女
(C)森見登美彦・KADOKAWA/ナカメの会

――ありがとうございました。最後に、今、組んでみたい声の方っていますか?

ああ、います! 僕は大概バラエティ番組しか見ていないので(笑)、お笑いの方に注目していて。やりたかったロッチさんは念願かなってやらせてもらいました。好きでも作品にハマる役がないと、なかなかオファーも出来ないんですよね。「オーディションでは求める物が違って別の人になったたけど、あの人の声面白かったよなあ」というのは覚えていたりするので、合う役ががあれば、その人とやりたいと思います。お名前は出せないですけど、見た目は違うけどすっごく男前の声だと思う人がいて、その人といつかめちゃ男前なキャラをやれたらと考えています。あと、何度もご一緒している方ですけど、もっと新鮮な役をやってもらいたいなっていう方もいます。いつも楽々とやっている様に見える強者の演者さんもいるので、もっと難しい役をやってほしいとか(笑)。

――芸人さんの起用が続いている理由を、もう少しお伺いしてもいいですか?

マインド・ゲーム』のときに思ったんですけど、芸人さんは、すごくアニメに合うと思ってるんです。人によっては実写では「下手くそ」と言われてしまうかもしれない方でも、アニメだと意外とハマる場合があって。というのも、たぶんコントをやられているからか、感情の緩急が早いんですよね。鼻水ズルズルとか、「うえ~~」って泣くとか、アドリブも上手い方が多いです。なおかつ声が独特だったりすると面白いんですよね。(取材・文:赤山恭子/撮影:市川沙希)

湯浅政明監督

『夜は短し歩けよ乙女』、『夜明け告げるルーのうた』は絶賛上映中。

夜明け告げるルーのうた

【あわせて読みたい】

 「死ぬかと思った」夏帆×満島真之介が激白する園子温監督作『東京ヴァンパイアホテル』【インタビュー】
 陰と陽、どちらの顔にも心奪われる村上虹郎の魅力『武曲 MUKOKU』【インタビュー】
 ついに終焉…ヒュー・ジャックマン、『LOGAN ローガン』で迎える17年のラストを語る【インタビュー】
 【この夏必見!】新世紀の最恐ホラー『バイバイマン』が面白いワケ
 99日公開!ノーラン監督セレクトの11作品から、新作『ダンケルク』の全貌を徹底予想!
 

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • やすす
    4.0
    ものすごいよかった 当然なんだけど、歌シーンが多くてあぁ…ってなった
  • mazda
    3.9
    想像をはるかに上回る強烈で斬新な映画。とにかくぶっとびまくったストーリー展開と映像の熱量に圧倒されて閉じても閉じても気づいたら口が開いてた。 物語自体はありがちで、転校してきた心を閉ざした男子高校生がルーという女の子に出会って変わっていくという話だが、この女の子が人魚だということと、人魚といっても7:3くらいの割合で魚要素が強いというか、ぎょろぎょろ動く目とゼリーみたいなプルップルの見た目からは、もはや人の要素をほとんど感じられない、かなり斬新なヴィジュアルから一発目の印象がすごい。 ディズニーとかジブリとかが好きだからちっとも説得力ないけど、人魚とか妖精とか魔女とかのおとぎチックなものにすこしも惹かれないから、予告の雰囲気と絵のタッチでなんで人魚なの?人魚の意味あるの?みたいな拒否反応がでてしまって、バイト先の劇場で公開してたにもかかわらず見送ってしまうほど食わず嫌いしてしまった最初。(結局評判をきいてうちの劇場での上映終わってからわざわざ渋谷までいってみるというお金の無駄遣いっぷり) 結果的にお金を払って観る価値が十分にあって、映画館でみれてよかったと思うし、最初の偏見をぶちのめされるような勢いに全部もってかれてすごいしかでてこなかった上映後。 どこかポニョっぽい雰囲気がありつつも、ポニョよりももっと、ティーンズみたいなパンチがあって、めまぐるしくスピーディで、新しいことをしてやった感がすごくて、ついていけなくなる観客がでてもおかしくなさそうだけど不思議なことに何故かはまれてしまう。 まったくもって異なる映画だから比較するのもどうかと思うけど、メアリで足りなかったものが、ルーの唄には全部つまってるって感じがした。どんな思いで作ったのかわからないけど、見る人がこれをみてどう感じるかということを気にせず、自分がやりたいものをとりあえず作ってみたみたいな、思いたってすぐ行動しましたみたいな、批判もふっとばすほど高速でかけぬけてる感じで、すごく自由を感じる絵だった。 べた褒めしてるけど結局この絵のタッチが好みかというとうーんとなんとも受け入れにくく、とても好みの映像ではないのだけど、一周まわって好きっていうみてるうちに謎の愛着が湧いていた。話が面白いかどうかというよりも、釘付けになってまだ見ていたいという、アニメにとってとても大事な感覚が100%で溢れていて、だから時間がたってもずっと印象に残ってる。 犬の人魚とか、ルーのダンスとか、ブロック型の水とか人魚とかいいつつどうみても鮫なお父さんとかもうはっきりいってわけわからんし、ふぁっ!?って感じだし、思うことはいっぱいあるのだけど突っ込むスキを与えてもらえない、それほどこっちのペースは丸呑みにされてる。 最後のおじいちゃんやタコ婆の再会は、まって普通にいい話やん・・・ってさんざん意味わからんことやりまくっといて普通にまるくおさめる感じもよかった。1番好きなのは鮫父ちゃんが魚の活け締め教えるとこが好き。なんども繰り返しみたいシーン多数あり。。
  • のぎり
    4.0
    内向的な主人公の男の子カイが人魚の女の子ルーとの出会いによって変化。外の人間関係を作り、外に対しても興味をもつ。こういう話、とても好きな展開。ルーたち人魚と人間たちが、すれ違いから相互理解へつながっていき、最後は災害に対して共闘する流れも素晴らしい。 フラッシュアニメということで、CGより違和感なくヌルヌル動く。ズームアップしていくシーンは特にいい感じ。ダンスシーンも、ヌルヌル感とスピードで圧巻のシーン。 湯浅監督の、サイコでポップな色彩世界はルーたちの不思議な雰囲気にとてもよくあっている。最後の共闘のとき、人間たちがカラフルな傘で人魚たちを太陽から守るシーンはとてもポップで、傘というアイテムの伏線回収としてもハッとするものがあった。 【重要】 カイくん、細身でよくへそチラするしたまらん…これがフラッシュアニメの賜物か。 犬の人魚もとてもかわいい。
  • mikazuki44
    4.5
    「好き」の意味を知りたくなる
  • のみー
    2.9
    なぜか観てて恥ずかしくなった
「夜明け告げるルーのうた」
のレビュー(2312件)