『ラブ&マーシー終わらないメロディー』知っておきたいザ・ビーチ・ボーイズ&代表曲

映画好きをこじらせLAへ

MaryK

8月1日に公開の期待作『ラブ&マーシー 終わらないメロディー』。結成から50年以上が経つ今でも根強い人気を誇るロックバンド、ザ・ビーチ・ボーイズの元リーダーであるブライアン・ウィルソンの伝記映画です。

Love and Mercy

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

 

ザ・ビーチ・ボーイズといえば、一度聴いたら思わず口ずさんでしまう数々の名曲を残していますよね!しかし、中心的存在だったブライアン・ウィルソンの人生はそんな明るく楽しい曲とは大きくかけ離れたものでした。プレッシャーにより薬物と酒に溺れ、20年という長い間、苦悩の日々を送ったこともあったのです。

そこで今回は、映画を見る前に知っておきたいザ・ビーチ・ボーイズについて&彼らの代表曲をご紹介させていただきます。

ザ・ビーチ・ボーイズの輝かしい歴史と闇

ザ・ビーチ・ボーイズ

出典 : https://en.wikipedia.org/wiki/The_Beach_Boys

1961年ブライアン・ウィルソンを筆頭にカリフォルニアで結成されたザ・ビーチ・ボーイズ。アメリカ西海岸の開放的な雰囲気やサーフィンをイメージさせるテーマの曲が多く、ブライアンの父親のマネージメントのもと、デビューシングル『サーフィン』をリリースします。

その後、大手レコード会社のキャピトル・レコードと契約。62年にデビュー・アルバム『サーフィン・サファリ』を発表したあとは1年にアルバムを2枚以上というペースでリリースをし続けます。

まだ21歳と若かったブライアンですが、63年のアルバム『サーファー・ガール』からはボーカル、ベース、キーボードだけではなくプロデューサーとしても制作に関わることに。ほとんどの曲の作曲もしていたブライアンはライブ活動と曲作りのプレッシャーからコンサート活動からは身を引き、音楽作りに専念をすることを決意

そして作りあげたのが66年の『ペット・サウンズ』です。今ではザ・ビーチ・ボーイズの最高傑作だと言われ、ロック史上に残る名盤の1つとして語り継がれてきています

しかし、当時のアメリカでは今までのザ・ビーチ・ボーイズとかけ離れた音楽だったこともあり、それまでのアルバムと比べると売上は伸びませんでした。皮肉なことに、キャピトル・レコードはその後すぐに今までのヒット曲を集めたベストアルバムを発表。そのアルバムが『ペット・サウンズ』よりも売上を伸ばしてしまいます。

そのことから、次こそいいアルバムを作らなければというプレッシャーに耐え切れず、次回作『スマイル』の制作中に精神を病んでしまったのです。それから20年もの長い月日を、酒やドラッグに溺れ自堕落な生活を送ることとなります。そんなどん底まで落ちた彼を救ったのは一人の美しく聡明な女性だったのです…

世代別のブライアンを演じるのはこの名優たち

『ラブ&マーシー 終わらないメロディー』では、60年代と80年代のブライアン・ウィルソンを二人の俳優が演じ分けるという大胆な手法を用いています。

60年代のブライアンを演じるのは『リトル・ミス・サンシャイン』や『ルビー・スパークス』で知られる若手実力派のポール・ダノ。後者の作品では出演だけでなく、製作総指揮も手掛けました。プライベートではバンド活動もしていますが、今作品では歌声も披露しています。

80年代以降は、タレ目でどこか頼りない雰囲気を醸し出すベテラン俳優ジョン・キューザック。数えきれないほどの代表作がありますが、やはり外せないのはキャメロン・クロウ監督のデビュー作で青春映画の傑作とも言える『セイ・エニシング』やレコード・オタクがぴったりだった『ハイ・フィデリティ』の二作でしょう。

実はこの2人、監督の意向により撮影中に会うことを禁止されていました。異なる世代のブライアン・ウィルソンを別の人物として演じて欲しかったため、お互いの話し方や振る舞いを一緒にしないようにと考慮した結果だそうです。

参照:IMDb Love and Mercy Triviaより

ザ・ビーチ・ボーイズの名曲もチェックしよう!

1. Surfin’ USA

ザ・ビーチ・ボーイズが興行的に大ヒットを残したはじめての曲がこちら。今ではリリースされてから50年もの月日が経ちましたが、決して色あせることのない永遠のサーフサウンドです。聴いているだけで海へ行きたくなってしまいます!

2. Good Vibrations

次々と曲調が変わり不思議な感覚を覚えるだけではなく、世界初の電子楽器テルミンを使用した革新的な作品。この曲を作り上げたことにより、天才ブライアン・ウィルソンの名を世間へ知らしめました。アメリカだけではなくイギリスでもNo.1を獲得。

3. Wouldn’t It Be Nice

最高傑作アルバム『ペット・サウンズ』の一曲目を飾る曲。キラキラしたイントロを聴くだけでワクワクしてしまいます。そんなメロディにぴったりなラブソングです。

4. God Only Knows

The Beatlesのポール・マッカートニーが今まで聴いた中で一番と絶賛したことでも有名な一曲。God(神)という言葉が使われたはじめてのロックソングだそうです。去年は、BBC Musicがチャリティのためにブライアン・ウィルソンはもちろん、エルトン・ジョン、Queenのブライアン・メイ、Coldplayのクリス・マーティンなどの豪華アーティストによってカバーされました。時代を超えて今でも愛されています。

5. Love & Mercy

映画のタイトルにもなっているこの曲は、死の淵からよみがえったブライアン・ウィルソンの復活後初のソロアルバムからの曲です。苦しかった時期をやっと乗り越え、作り上げた傑作は優しさと美しさに溢れた名曲です。

 

いかがでしたでしょうか?どの曲も時代を感じさせない名曲ばかりですよね!そんな数々の名曲を生み出したブライアン・ウィルソンの苦悩の人生について知ることで、今後ザ・ビーチボーイズを聴く時の感じ方も変わってくるのではないでしょうか。

 

※2021年9月28日時点のVOD配信情報です。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • 映画ファン
    4.1
    ザ・ピーチボーイズのブライアン・ウィルソンの絶頂期60年代の若き日とメリンダと出会ってからの80年代を交互に描いていく伝記映画 ブライアンの異常な精神科医ユージン・ランディを演じたポール・ジアマッティはカッコーの巣の上での看護婦ラチェッドを思わせるような威圧感があってとても印象深い ブライアンがメリンダと付き合うにつれかつての魂を取り戻していく描写も丁寧
  • べん
    1.5
    まあまあ良かったはずだがビーチサイドのシーンしか覚えてない。
  • BOB
    3.8
    ザ・ビーチ・ボーイズ、ブライアン・ウィルソンの半生を描いた音楽伝記映画。 "I want you to leave, but I don't want you to leave me." ザ・ビーチ・ボーイズ。アルバムは聴いたことがあるが、バンドについてはほとんど知らなかった。波打ち際でサーフボードを抱えた爽やかなイメージの裏に、こんな暗いドラマがあったとは。 60年代と80年代を交互に行き来する構成。60年代のブライアンはポール・ダノ、80年代をジョン・キューザックが演じている。ポール・ダノがまたまた病的な人間を怪演。容姿もそっくりだった。 音の演出が素晴らしい。悩める天才音楽家の頭の中を疑似体験できる。雑音、耳鳴り、籠もった音、生活音が悪魔の囁きのように襲ってくる。ナイフ、フォークと皿がカチャカチャ響き渡るのは恐怖だった。真っ暗で無音の画面から音が溢れ出てくる冒頭のシーンも印象的。天才ってこんな感覚なのかなと思った。 強い拘りの見える楽曲制作の様子が興味深かった。人の話し声から、動物の鳴き声、自転車のベル、車のクラクションまで聴こえる音は何でも音楽に取り入れる。そこに注目して、聴いてみたい。 法的後見人である悪い医者ユージンとブライアンの支配被支配関係を、コントロールルームとレコーディングルームで見事に演出。 素晴らしい女性に会えて、探し求めていた愛を見つけられて良かった。エンドクレジットで流れる"Love And Mercy"と"One Kind Of Love"♪の歌詞が心に染みた。 "We're *not* surfers, we *never* have been, and *real* surfers don't dig our music anyway!" "Paul McCartney called "God Only Knows" the greatest song ever written." 243
  • サーフ
    3.9
    ザ・ビーチ・ボーイズのリーダー、ブライアン・ウィルソンの20代、40代2つの時代における彼の姿を描いた作品。 そこまでビーチ・ボーイズを深く知らないが「海」「サーフィン」から連想する陽気さ、「ペット・サウンズ」のようなキラキラして尚且つ繊細さも併せ持っているというのが自分の持つビーチ・ボーイズのイメージだった。 今作は陽気さは無く非常にヘヴィな内容の作品となっている。20代の頃は自分の思い描く音楽、湧き出るイマジネーションに周りが付いていけず自分自身の才能に押しつぶされるブライアン。 他のメンバーとの軋轢、父親との関係は複雑。ポップな音楽性とそれを生み出す人物の救われなさとの落差。 40代は主治医の監視、薬漬けで活動を制限されるブライアン。そんな孤立無援の環境の中でメリンダという女性と本当の自分をつかみ取ろうとする姿。そんなストーリーの中で流れる「Wouldn't It Be Nice」は本当に胸に沁みる。
ラブ&マーシー 終わらないメロディー
のレビュー(3428件)