5人の絆に胸アツ!『パワーレンジャー』にティーンエイジャーが大興奮するワケ

2017.07.13
特集

Filmarks編集部

フィルマーくま

7月15日(土)より全国公開になる映画『パワーレンジャー』は、“メイド・イン・ジャパン”のヒーローを総製作費120億円の圧倒的スケールで描く、日米ハイブリッド超大作! 「アベンジャーズ」「トランスフォーマー」シリーズに次ぐ高レベルのアクション映像に興奮するだけでなく、パワーレンジャーに選ばれた普通の若者たちが自身の運命を受け入れて真のヒーローになっていくという青春映画のような感動も待っています。

パワーレンジャー

パワーレンジャー

平々凡々な君たちに告ぐ! この夏『パワーレンジャー』で「なりたい自分になれ!」

総製作費120億円のアクションが炸裂! “メガゾード”とゴールダーの死闘に胸アツ

昨今、ハリウッドを中心とした洋画アクション映画界では、さまざまなタイプのヒーロー映画が人気を集めています。本作『パワーレンジャー』も、その系譜に名を連ねるヒーロー活劇で、地球を守る運命を託された5人の若者の活躍を描いています。総製作費は120億円。至近距離の肉弾戦をはじめ、巨大ロボの大爆走など、ありとあらゆるシチュエーションで描く一大スケールのアクションは必見!

古代の地球で封印されるも、再び世界を滅ぼすためによみがえった悪の戦士=リタ・レパルサや、超巨大な敵=ゴールダーとのバトルシーンでは、逃げ惑う人々がいる街中で、パワーレンジャーたちとのアクロバティックな活劇シーンが連続! とりわけレンジャーたちの相棒的存在でもある“ゾード”に乗り込み、5人全員が合体した後の“メガゾード”とゴールダーとの激しい死闘は、ヒーロー・アクション映画史に残るメガ系バトルでしょう。

パワーレンジャー

■とにかくCGがかっこいい。お金かかってるなぁと思った。アクションや画かっこいいし、ロボットも動いてるところを見たらとてもよかった。迎え撃つ時の横並びはテンションが上がったしし、ブルーの話もよかった。(unimotiさん)
■迫力のあるアクションシーンとBGMがすっごくかっこいい。変身シーンからのラストの戦闘はわくわくした!(m1928r5さん)
■総制作費120億円かかってるだけあって映像美と迫力はすごかった!ストーリーはやはり戦隊モノという感じですが、アメリカのテイストが入っていてよかったです(nanarurusabuさん)

それぞれに悩みを抱える普通の高校生たちが、新たなパワーレンジャーに

映画『パワーレンジャー』の物語の舞台は、のどかで小さな街エンジェル・グローブ。ジェイソン、キンバリー、ビリー、トリニー、ザックの5人は、それぞれ同じようにありふれた日々を送り、それぞれ悩みも抱えているどこにでもいるようなごく普通の若者です。

ところがある日、偶然にも同じ時間、同じ場所で不思議なコインを手にしたことで超人的なパワーを得て、新生パワーレンジャーとして地球の危機を救う運命にあることを知ります。

しかし苦労なしにスーパーヒーローになれるわけもなく、自分たちの運命を受け入れられずにいる彼らは、その秘めたる力を解放できないままです。その状況下、古代の地球で封印されていた、悪の戦士リタ・レパルサが現代によみがえり、その脅威が彼らの街に迫りつつありました。、もはや彼らに残された時間はわずか。

5人を立派なレンジャーに育てようと奮闘する初代レッドレンジャー=ゾードンと機械生命体のアルファ5も、本当に彼らに任せていいのか不安に。

パワーレンジャー

■5人が本当のヒーローになるまでがしっかりと描かれていて良かったです。能力に気づいた後の動きは観ていて楽しかった!音楽もカッコイイ。(rindusさん)
■映画を観て私はブラックレンジャーのファンになりました。レンジャーになるまでのドラマが長めにきちんと描かれているので、パワーレンジャーに変身した時は「遂にきた!」と鳥肌が!この感じ、沢山の人に味わって頂きたいです!(Filmoさん)
■とりあえずナオミスコットが可愛すぎました。内容はほんとに青春映画だなと思います!!アメコミ的な要素もあり少しうるってくる場面もあり程よいぐらいでした。(ieeeiさん)
■本当に良かった。アイアンマンやスーパーマン達とは違い少年らしい悩みや葛藤と戦いながらも敵に向かって行くのが心にきた(yamazakidazさん)

等身大の5人に感情移入 夏休み、友だちと一緒に観て語り合ってほしい一作

映画『パワーレンジャー』の感情移入ポイントのひとつは、ジェイソン、キンバリー、ビリー、トリニー、ザックの5人が、等身大の存在であるということ。パワーレンジャーに選ばれた高校生たちは、およそヒーローたる素質や条件を当初からクリアしているわけではなく、ある者は過去の悲劇を引きずり、ある者は病に苦しみ、またある者は孤独と日々戦っている、どちらかというとマイノリティな存在なのです。

そんな5人がパワーレンジャーという運命を受け入れ、その資格を肉体的にも精神的にも得るために過酷な訓練を重ね、その過程で友情を育み、勝利を手にしようと強い決意と絆で結ばれていくことに。5人の若者たちの成長物語に自らを重ねれば、明日への勇気と、友情の大切さに気づくことができるでしょう。

パワーレンジャー

■超人的能力を手に入れたら私も空を飛ぶし地球と仲間を守るね。楽しみながら作品撮っていたことが伝わってくる!少年ジャンプみたいなかんじ(atyaty12さん)
■戦隊が好きだった人やマーベル、トランスフォーマーとか好きな人にもおすすめできます。親子で見に行っても良いかもしれませんね。(Masaru95さん)
■やはり男の子たるものあれは興奮せざるえないでしょう。変身シーンだったり登場シーンは本当にかっこよかったです!(myoichiro10さん)
■ある意味「パワーレンジャー ビギンズ」と呼べるもので、彼らが「パワーレンジャー」になるまでの悪戦苦闘を中心に描いた作品だと思う。その「パワーレンジャー」になる荊の道のドラマは、「ONE PIECE」や「NARUTO -ナルト-」、「ドラゴンボール」のような「友情・努力・勝利」をベースにした胸熱なもの。(866025さん)

◆映画『パワーレンジャー​』 information

パワーレンジャー

上映時間:124分

7月15日(土)全国ロードショー
公式サイト:http://www.power-rangers.jp/
配給:東映
(c)2017 Lions Gate TM&(c) Toei & SCG P.R.

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • gassky
    3.6
    ヤバい
  • まなみ
    -
    観たよ 豪華ハリウッド版スーパー戦隊モノ!! 日本のスーパー戦隊シリーズをローカライズしたテレビドラマを、最新の映像技術を使いリブートし映画化したアクション大作 超絶雑なあらすじ 平凡な毎日を送っていたジェイソンら5人の若者達 5人はある時、砕石場にて不思議な5つのコインを手にする 翌日、何故か超人的なパワーを得て戸惑う彼らの前にかつて世界を守った「パワーレンジャー」の1人、ゾードンとアンドロイドのアルファ5が現れる 地球を滅ぼすべく眠りから覚め復活した悪の戦士リタレパルサを阻止するためにジェイソンたちが新たなパワーレンジャーに選ばれたと告げられるが、、、 《レビュー》 めっちゃ楽しかったー!!(≧∀≦) 毎日毎日録画のスーパー戦隊シリーズを観せられている私(それも1日何回もルーティン) 30分で終わらない、子供向けすぎないこの派手でしっかりとした作りのレンジャーモノを観れただけでお腹いっぱい大満足でした!! レンジャーになる為に訓練→それぞれの成長→変身!! 変身までの青春物的な過程も割に楽しめピンクの屑っぷりには若干引きつつ、ブラックは男前だなぁなんて思いながらいざ変身の際には皮膚にスーツが張り付いて変身するタイプなんやwとその斬新さには目を奪われました👀 お決まりの砕石場での戦闘や合体なんかのお約束シーンも楽しく、いつも観てる戦隊モノでは物足りなかったアクションや破壊シーン、巨大化なども最高にキマっててテンション上がりました! 後リタのホラーなビジュアルが最高!リタのラストが最高!←これかなり笑えたw とにかくリタ最高かよ!で宝石店でゴールドを食べるリタがシュールで超好みだったのでまた何か機会があれば出てほしいな😍👍 只、キメのシーンが少なかったり、レンジャーは何故か変身してもフルフェイスなのは少しの間だけで、変身スーツ姿なのに顔だけマスク無しなのはいただけなかったかな🤔後それぞれの人物像が若干弱いので誰にも感情移入が出来ず、とりあえずビジュアルのみでブラック推しな次第でございます 続編あると嬉しいラストには期待😆!! 子供も大人も楽しめる娯楽映画で大満足でした! ちなみに息子はかなり好きだったみたいで鑑賞中は食い入るように観ていてそれを見て私も嬉しくて自然とレビューも甘くなるのでした← ”ゴーゴーパワーレンジャー♪” うん、今なら変身できそや(`・ω・´)!!←無理や
  • ひかりーな
    4.4
    いわゆる戦隊もののアメリカバージョン。アメリカ圏では普通にスーパーのレジ脇にお菓子置いてたり、キャラものの靴が売ってたりするくらいメジャー。 ビバリーヒルズ白書と戦隊を掛け合わせた感じで最後まで面白かった。
  • EriTeraguchi
    -
    みました‼ 賛否ある感じで、期待値低く目で鑑賞したところ、 |・ω・) めっちゃ‼おもろ-いってなりました。。(笑) めっちゃ簡単あらすじ‼ 10代わけあり男女5人のヒ-ロ-になるまでのお話‼ 日曜の朝、毎週戦隊ものをみてるため、なかなかよく出来てると思う♪ ヒ-ローになるまでがじっくり描かれてる為、変身までお時間かかり気味(笑) でもそこが良かった‼ 日本の戦隊ものは、レンジャ-たちはもともとあまり強くないし、変身してからが凄いけど、パワーレンジャ-はス-ツがなくても、メダルげっとでス-ツがなくても強い‼(笑) ✧ฺ・。(✪▽✪*)・。✧ 変身シ-ンは初回のせいか、さっと変身はしない‼ 焦らす。。。。(笑)ここで一度睡魔に襲われました( ̄▽ ̄;) 見所‼ ブラックがイケメン‼(笑) そんどもって 悪役がめっちゃいいんです‼ 倒され方に大注目です 多分、わらっちゃうはずですよ~っ
  • シュウ
    3.8
    正直思っていた以上にスーパー戦隊していた映画。 海外でも人気のあるシリーズとはいえ、一体どんな雰囲気になるのかずっと気になっていたこの映画。 色々忙しくて全く映画館に行くことが出来ていなかったのですが、なんとか見に行くことが良かった。 高校のアメフト部のスター選手であり将来を期待されていたジェイソン・スコットは、自分が起こした事件をきっかけにその道は閉ざされ、毎週土曜の土曜の補習に通うことになった。 彼はそこで出会ったビリー・クランストンと親しくなり、放課後に郊外の採掘場に連れていくよう頼まれる。 そこで2人は同じ補習クラスのキンバリー・ハート、そしてたまたま居合わせたザックとトリニーと出会い、彼らは崩落した崖の中から光るコインを手に入れる。 コインを手にしたことをきっかけに彼らは不思議な変化を体感する。 そしてそれにより彼らは大きな戦いに巻き込まれることとなるのだった。 海外で一番最初にテレビドラマとして放映されたのが、日本の「恐竜戦隊ジュウレンジャー」を元にしたものだそうで、この映画もそれに倣ってロボットたちは恐竜モチーフになっています。 そしてお約束の合体もしっかりやってくれます。笑 予想通りと言えばその通りなんですが、普段の放送と違って2時間強も尺があるので、彼らがどうして戦うのかとか、どんな悩みを抱えているのかとか、変身するための試行錯誤にかなりの時間を割いてます。 監督のディーン・イズラライトは前作の「プロジェクト・アルマナック」から、いわゆる青春ものを撮るのが非常に上手だった上、今作はかなりテンポやストーリーの緩急に気を使っているようで、全く間延びしたような感覚はありませんでした。 ネタバレは控えたいのですが、正直に言えば変身や戦いは本当に最後の最後までやりません。笑 でもよくよく考えれば日本版でも海外版でもそうですが、30分とか1時間の尺の、なんか見つけた→俺たち選ばれたっぽい→街が危ないから勢いで変身してしまえ!って黄金パターンは結構ムチャしてるストーリーにも思えてきます。 その意味で、この映画がティーンエイジャー特有の悩みだけでなく、自閉症やLGBTや人種問題とかも盛り込んであることもあるのですが、しっかりとその辺りに時間を割いて描いてくれたのは、とても丁寧で良いと感じました。 その一方でラスト付近の戦闘シーンは、今まで焦らしに焦らした分を全部清算するがごとく怒涛のバトルが始まります。 戦隊ものっぽいカットや戦闘シーン、お決まりの怪人巨大化、そしてそれに対抗してこっちも合体と、まさに「いつもの」やつです。 合体はもっとこうメカメカしく変形しつつといった感じなのかと思えば、ほとんど勢いでこなしてますし、必殺技も武器とかそんなのじゃありませんし、とにかく熱量で乗り切った感がしてとても好きです。笑 前半まで見ればリブート版の「ファンタスティック・フォー」に近いものを感じるのですが、上手くやっていればこんな映画になったのかなと思うとあれには悲しいものがありますね… どうやら続編もやる気満々なようですが、中国での興行不振を見ると夢に終わりそうで怖いですが、1以上に面白くなりそうだと勝手に期待しているので、ここはなんとか頑張ってほしいですね。
「パワーレンジャー」
のレビュー(1854件)