まさにリドリー・スコット版『羅生門』。よしひろ・まさみちさんが語る、今こそ観るべき映画『最後の決闘裁判』

よしひろ・まさみち

映画ライター
東京都出身。音楽誌、女性誌などの編集部を経てフリーに。「sweet」「otona MUSE」で編集・執筆をするほか、他誌でも多くの連載を持つ。日本テレビ系「スッキリ」でも月1回レギュラーで映画紹介を担当。

実際の謎多き歴史的事件。
判決を神に委ねる究極の裁判

中世の実話なのに現代社会の縮図を見事に表現しています。

リドリー・スコット監督とマット・デイモンアダム・ドライバーら豪華俳優陣の組み合わせ。それだけでも注目なのですが、本作は予想をはるかに超える素晴らしい内容でした。

舞台は14世紀フランス。騎士カルージュの妻マルグリットが、カルージュの旧友ル・グリに乱暴されたと訴え、夫婦の名誉と命を懸けて戦ったという、実際に起きた決闘裁判が題材となっています。600年以上経った今もこの史実の真相は闇の中。歴史家の間でも今なお議論されています。判決後、様々な臆説を語る年代記や記録が発見されたからです。

主観によって真実は違う。
3者の視点を見事に表現

果たして真実は何だったのか。

本作は一つの事実が、夫、旧友、そして被害者である妻の三つの異なった視点から語られる3部構成になっています。これは黒澤明監督作『羅生門』と同じ手法ですが、違うのは、全員が当事者であること。特に、被害者マルグリットの視点で描かれている点が秀逸なのです。この三者三様の視点のズレの描き方が実にスリリングで、後半に向かうほど緊迫感が増していきます。トリックやギミックの手法ではないミステリーに、時間が経つのを忘れるほどでした。

そもそも人間とは罪深い生き物で、自分の都合の良いように過去の出来事を解釈してしまいがちです。事実は一つしかないのに、それぞれの主観によって全く違う真実になってしまうわけです。それを映像で見事に見せてくれるところがリドリー監督と役者陣の素晴らしさ。とりわけ惹かれたのは、マルグリット役のジョディ・カマー。彼女の視線の動き、一挙手一投足から目が離せませんでした。

既得権益や自尊心、古い価値観。
今こそ公開されるべきテーマ

本作は中世の実話を扱いながらも、まさに現代社会の縮図と言えます。特に被害者マルグリットが何を見ていたかという視点は、10年前だったらフォーカスされなかったかもしれません。

事実は一つにもかかわらず、誰かの主観によってねじ曲げられることは私たちの暮らしの中で現実に起こっています。自分の既得権益や自尊心を守ろうとするあまり、自分の考え方をアップデートできない人も多い。現代社会には14世紀と何ら変わらない面が多々あるわけです。

この映画は、古い価値観がいかに理不尽なのかを知り、現代にアップデートする必要性を私たちに伝えてくれています。今だからこそ観るべき傑作です。(談)

◆『最後の決闘裁判』infomation

STORY:中世フランス、騎士カルージュ(マット・デイモン)の妻マルグリット(ジョディ・カマー)が夫の旧友ル・グリ(アダム・ドライバー)に乱暴されたと訴える。だが、ル・グリは無実を主張、目撃者もいない。真実の行方はカルージュとル・グリの生死を懸けた“決闘裁判”に委ねられる。それはフランス国王が正式に認めた、神による絶対的な裁きだ。

監督:リドリー・スコット 出演:ジョディ・カマー、マット・デイモン、アダム・ドライバー、ベン・アフレックほか
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
原作:エリック・ジェイガー『最後の決闘裁判』ハヤカワ・ノンフィクション文庫(栗木さつき訳)
10.15(金)劇場公開

(C) 2021 20th Century Studios. All Rights Reserved.

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS

  • Ayano
    4.1
    構成めちゃくちゃ良かったな…。 人の視点によって見えてるものが違うのリアル。 アダムドライバーの視点は靴を脱いで誘ってるようにみえたけど、奥さんの方は脱げてしまってたのが衝撃的だった。 マッドデイモンのお母さんも怪しい…🤔
  • kei
    -
    記録のみ
  • mai
    4
    映画館の予告で観て、ずっと気になっていた作品。 愛する妻のための決闘、といった愛の話かと思いきや、そんな単純で甘い内容などでは全くなかった。 時代背景がわかりやすく描かれていて、女性がどういう扱いを受けていたのか、むしろ史実として勉強になった。 江戸時代に置き換えてみると、納得の描写も多々あるが、「決闘裁判」という文化があったということが、やはり日本の縦社会との大きな違いであり、興味深く感じた。 キャストも絶妙。 マット・デイモンの無骨な騎士が、何とも良かった。最後はラッセル・クローかと思うほどだった。 ラストで紹介されるヒロインのその後の人生についても、色々な思いを馳せてしまわざるを得ない。
  • 大豆晴
    4
    ひでぇ㊚しか出てこない。 当事者の㊚は仮にも騎士。 こいつらはバカだからどうしょうもない もっとムカムカしたのは従者の顔と 検察官か弁護士しか知らんけど (腹立ってtoiletにいって臭いものに蓋をしてきたので) 偉い奴の尋問。 アダムは早撃ちだし 皇族も含めどいつもこいつも糞ぢゃ。 でも… ㊛を最も苛むのは㊛ 黒人を最も苛むのが白人についた黒人のように、まぁここもかなりキツかった。 超大画面にリモコン投げつけそうになったのでtoiletでクールダウンして良かったです。 決闘の後に死ねばいいのにと思った。
  • Yuta
    4.5
    上手い構成。豪華俳優。引き込まれました。昔の時代設定でありながら、現代にも通じる話。被害者が嫌な目にあう社会にならない未来にしないとね。
最後の決闘裁判
のレビュー(14514件)