まさにリドリー・スコット版『羅生門』。よしひろ・まさみちさんが語る、今こそ観るべき映画『最後の決闘裁判』

よしひろ・まさみち

映画ライター
東京都出身。音楽誌、女性誌などの編集部を経てフリーに。「sweet」「otona MUSE」で編集・執筆をするほか、他誌でも多くの連載を持つ。日本テレビ系「スッキリ」でも月1回レギュラーで映画紹介を担当。

実際の謎多き歴史的事件。
判決を神に委ねる究極の裁判

中世の実話なのに現代社会の縮図を見事に表現しています。

リドリー・スコット監督とマット・デイモンアダム・ドライバーら豪華俳優陣の組み合わせ。それだけでも注目なのですが、本作は予想をはるかに超える素晴らしい内容でした。

舞台は14世紀フランス。騎士カルージュの妻マルグリットが、カルージュの旧友ル・グリに乱暴されたと訴え、夫婦の名誉と命を懸けて戦ったという、実際に起きた決闘裁判が題材となっています。600年以上経った今もこの史実の真相は闇の中。歴史家の間でも今なお議論されています。判決後、様々な臆説を語る年代記や記録が発見されたからです。

主観によって真実は違う。
3者の視点を見事に表現

果たして真実は何だったのか。

本作は一つの事実が、夫、旧友、そして被害者である妻の三つの異なった視点から語られる3部構成になっています。これは黒澤明監督作『羅生門』と同じ手法ですが、違うのは、全員が当事者であること。特に、被害者マルグリットの視点で描かれている点が秀逸なのです。この三者三様の視点のズレの描き方が実にスリリングで、後半に向かうほど緊迫感が増していきます。トリックやギミックの手法ではないミステリーに、時間が経つのを忘れるほどでした。

そもそも人間とは罪深い生き物で、自分の都合の良いように過去の出来事を解釈してしまいがちです。事実は一つしかないのに、それぞれの主観によって全く違う真実になってしまうわけです。それを映像で見事に見せてくれるところがリドリー監督と役者陣の素晴らしさ。とりわけ惹かれたのは、マルグリット役のジョディ・カマー。彼女の視線の動き、一挙手一投足から目が離せませんでした。

既得権益や自尊心、古い価値観。
今こそ公開されるべきテーマ

本作は中世の実話を扱いながらも、まさに現代社会の縮図と言えます。特に被害者マルグリットが何を見ていたかという視点は、10年前だったらフォーカスされなかったかもしれません。

事実は一つにもかかわらず、誰かの主観によってねじ曲げられることは私たちの暮らしの中で現実に起こっています。自分の既得権益や自尊心を守ろうとするあまり、自分の考え方をアップデートできない人も多い。現代社会には14世紀と何ら変わらない面が多々あるわけです。

この映画は、古い価値観がいかに理不尽なのかを知り、現代にアップデートする必要性を私たちに伝えてくれています。今だからこそ観るべき傑作です。(談)

◆『最後の決闘裁判』infomation

STORY:中世フランス、騎士カルージュ(マット・デイモン)の妻マルグリット(ジョディ・カマー)が夫の旧友ル・グリ(アダム・ドライバー)に乱暴されたと訴える。だが、ル・グリは無実を主張、目撃者もいない。真実の行方はカルージュとル・グリの生死を懸けた“決闘裁判”に委ねられる。それはフランス国王が正式に認めた、神による絶対的な裁きだ。

監督:リドリー・スコット 出演:ジョディ・カマー、マット・デイモン、アダム・ドライバー、ベン・アフレックほか
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
原作:エリック・ジェイガー『最後の決闘裁判』ハヤカワ・ノンフィクション文庫(栗木さつき訳)
10.15(金)劇場公開

(C) 2021 20th Century Studios. All Rights Reserved.

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • おたしん
    3.9
    男という生き物は創り上げられたときからこんな感じなんですかね。 ジャケットかっこいいからclipしたけどまさか胸糞だと思わなかった。 ル・グリへの怒りが止まらん。 気持ち悪すぎたな。 3人の目線で物語が進むけど2回も見ることになるとは。 マルグリッド視点のときがさらにつらかった。 告発できなかった女性は数えきれないよね。 耐えてきたんだなと悲しくなる。 それでもいつも通りを振る舞うなんて。 いつの時代にも起きてるんだろう。 マジで男は汚らわしいな。 真実を告げているだけなのに批判を浴びる。 それでも主張をやめないマルグリッドの強さ。 少しでも疑った人たちが申し訳なくなるほど。 中世の話とかあまり得意じゃない方だけど本作は時代が違うだけで内容は現代でも起こり得る。 モヤモヤしながらも最後まで見れてしまいました。 実話だもんな…胸糞悪い。 邦題から勝手に法廷で戦うのかと思ったらリアル決闘でした。 キングが楽しんでる感じとか本物っぽい。 激しい闘いの末…って言いたくなるデュエルだった。 てかル・グリのせいで霞んでるけどカルージュも全然ダメよ。 自分のことしか考えてない。 事実を知ったときに「アイツはいつも俺に不利益なことばかりする」みたいなこと言ったときビックリしたわ。 結局は自身の成功が1番で妻の幸せはそのおかげで勝手に付いてくると思ってる。 古い男の考え方って感じだな。 あとピエールはシンプルにクソ男。 というより人間的に欠陥多すぎた。 普通に嫌いでした。 マルグリッドに尋問してたジジイたちもクソだったし。 ウザい姑ババアも無理でした。 ろくな人間がおらん。 内容が面白かったかどうかは置いといて150分ちゃんと見れたからよく作られてたんだろうと思える。 ラストの子供は結局…? 『フリーガイ』からのジョディカマーでした。 こういうキャラクターも合うのね。 同情もしたけど芯のある女性でかっこよかった! てか家にアダムドライバー入ってきたらそれだけで怖いw さらに追ってくるとなっては男でも悲鳴あげるわw デカいし死体姿も恐怖でした。 ベンアフレックあんまり好きじゃない。
  • なっちゃん
    3.9
    最後まで、どうなるのだろうと思いながら、興味深く観れた。 女性の目線からは、あのレイプシーンなど2回も見せられて、いい気はしないが、振り返って、やっぱり嫌がっているという確認にはなって安心した。嫌じゃなかったら、報復を望まないとは思うが。 いろいろな背景があって、それが分かりやすかった。 男は色んな意味で、強くないと生きていけない時代だと思った。
  • ミサホ
    4
    アダム・ドライバーに今更ながらハマってしまいました。昨日、DVDショップに寄ったら本作があったので、秒で(若い子が使うよね)買いました。 帰ったら晩の8時だったし、153分という長尺に一瞬ひるんだけれど、観ることにした。 ベン・アフレックの名前もあって、「お〜!」とパッケージをよく見たら金髪やったんで、観る前から笑ってしまいました。(幸先…) 本作は中世フランスが舞台。 昔は歴史モノをよく観ていたが、実のところ、少し苦手だ。一本観ると何作か観たりするのだけど、最初の一本に時間が掛かるのだ。 事件の原告と被告の言い分に対し、いわゆる肉体を使った“決闘”によって判決を下すことを決闘裁判というらしい。(そのまんまやね) 本作では、マット・デイモン扮する原告(妻の代理みたいなもんやけどね)のド・カルージュがシャルル6世に直訴して、それに至る。 被告がアダム扮するル・グリだ。 アダムは体格がよくて迫力があるし、長めの黒髪がよく似合う。 本作は、裁判に至る流れを、原告、被告、原告の妻それぞれの視点で繰り返す…という見せ方。 長尺にひるむどころか、最後まで見入ってしまった!めちゃおもしろかった。 アダムが演じるル・グリはクズで汚れっぷりもエグかった。カルージュの妻に対する彼の想いは本物だったと思うけど、いかんせん、そのアプローチの仕方が駄目だ。プラトニックではアカンのかい?そういうやり方でしか想いを遂げられないのが恐ろしい。 カルージュも最終的に妻を守るけれど、そんなに「ええ奴〜」て感じではなかったよね。 三者の視点から、本人と第三者で解釈が異なるところなんかは、時代に関係なく、人間の「自分に都合よく解釈する」というある種の愚かさみたいなものが見てとれて、とても興味深かった。 わたしも日頃の言動には注意を払わなければな〜と思った。肩入れが過ぎたり、保身に回ったりしないように。
  • てん
    -
    記録) 書いたものの辛すぎて消してしまった 人権って 尊厳って
  • kanappe
    4
    【男性の有害さ】 めちゃ面白かったな、黒澤明の「羅生門」に影響を受けているとのこと。 御歳84歳のリドリー・スコットの作風といえばだが、フェミニズムと言うよりかは男性の野蛮さや有害さが色濃く描かれている。今よりももっと男尊女卑が酷かった時代、中世のパリを描かせたらここまで気持ち悪く出来るのか。この作品を現代に撮った意義よ。 一人の女性がレイプされた。たったその真実を紐解くにあたって、複数の人物が複数の見解を持っているのが非常に恐ろしい。 法律が整備された近代国家においてですら、性被害の告発が難しいのだから、もっと酷い当時の女性が声を上げた全ての影響に心を痛める。見ている観客ですら「真実なのか?」と疑問に思わされるが、それすらも作品が終わってみれば苦しくなる。 結論、被害者以外全員キモイ!
最後の決闘裁判
のレビュー(13687件)