新作ポケモン映画で17年ぶりにクレジットされた首藤剛志さんとは? 

アニメの風通しがもっと良くなりますように

ネジムラ89

大ヒット上映中の劇場版ポケットモンスターキミにきめた!』。

興行通信社の発表している全国動員数ランキングでも、夏休みシーズンを控え大作映画が揃う中、初週末に1位にランクイン。また、Filmarks(フィルマークス)の初日満足度ランキングでも第2位にあがり、今なお大ヒット上映中の話題作です。

劇場版ポケットモンスターキミにきめた!

アニメ「ポケットモンスター」を語るに欠かせない首藤剛志さんとは?

実は今回の映画、スタッフクレジットにある方が一部脚本としてクレジットされているのはご存知でしょうか。ポケモンのTVアニメシリーズを語る上で非常に重要な人物、首藤剛志(しゅどう たけし)さんです。

1997年にスタートしたTVアニメ「ポケットモンスター」でシリーズの構成を最初に務めたのが、他でもない首藤剛志さん。首藤さんは、2010年にすでに亡くなられています。なぜ、首藤さんが『劇場版ポケットモンスターキミにきめた!』にクレジットされているのでしょうか。それは今回の映画では、アニメシリーズのエピソードが盛り込まれているからです。

これにより、ポケモンにあまり親しくない人も楽しめる今までにない“特別な”映画になっているのです。

アニメシリーズの第1話をピックアップ

予告編を見れば往年のファンはピンと来るように、今作では主人公のサトシとピカチュウの出会いのエピソードが描かれます。二人がどうやって出会ったのか、どう親しくなっていったのか。それら疑問の答えとなるアニメシリーズの第1話「ポケモン!きみにきめた!」のエピソードを劇中で再現しています。そして、そのアニメシリーズ第1話の脚本を務めたのが、今は亡き首藤剛志さんでした。

モンスターボールに入らないピカチュウ

首藤剛志さんは、現在にも続く「ポケモンシリーズの特性」の構想に大きく関わっていた人物です。

例えば、第1話で描かれる「なぜかモンスターボールに入らないピカチュウ」もその特性の一つ。

ポケモンといえば、“親しくなったポケモンは、モンスターボールという道具に収納できる”という設定がありますが、そんな中、アニメシリーズに登場するピカチュウだけは、頑なにモンスターボールには入りません。

首藤剛志さんは、このことについて以下のように述べています。

「自己を見失うな」という事も、このアニメのテーマにしたかった。ピカチュウは、サトシとは仲間であっても、サトシの所有物にはなりたくないのである。 

引用:WEBアニメスタイル「シナリオえーだば創作術ーだれでもできる脚本家」より

人間によるポケモンの服従化のように見えてしまう設定は、原作のゲーム内でもたびたび問題提起される内容です。しかしながら、アニメでは最初に、ピカチュウがモンスターボールには入りたくないという意思表示をし、それをサトシが許容します。その仕掛けがまさに二人が服従関係でない非常に大きな説得力となっています。

戦いを止めようとする人間・サトシ

また、ポケモンに距離感がある人ほど気になる点として、「ポケモンの世界では、人間がポケモンに指示して戦わせ合う」という設定があります。これも人間とポケモンが使役関係のように際立って見える部分でしょう。ポケモンに詳しくない人ほど道具のように扱っているように映ってもおかしくない部分です。

そんな視点に対して首藤剛志さんが向き合ったポケモンシリーズのエピソードが、本人が脚本を務めた、ポケモンの劇場版シリーズ第1弾『劇場版ポケットモンスター/ミュウツーの逆襲です。

劇場版ポケットモンスターミュウツーの逆襲

作中ではポケモンとそのコピーポケモン同士がぶつかり合い、争い続けるシーンが出てきます。そして、その争いを止めようとするのが、普段はポケモンに攻撃命令をする立場である人間のサトシでした。サトシは争いを止めようとした結果、攻撃を受けて石化してしまうのですが、サトシの戦いを止めようとした行動を見たポケモンたちは、なんと人間のように涙を流します。ポケモンは人間の戦いの道具ではない、それどころかポケモンは人間と近い存在、もしくは変わらない存在である対等なものであることを描いていました。

20年の時を経て見つめ直すポケモンとの関係

20年の時を振り返ると、首藤剛志さんは最初にアニメのポケモンの世界を描いていただけあって、特にシビアに人間とポケモンの関係を描いていた方のように思えます。今でこそサトシとピカチュウは仲良しで当たり前ですが、その当たり前にしっかり「なぜなのか」を提示してくれていました。

そして今回劇場版ポケットモンスターキミにきめた!では、そんなサトシとピカチュウの物語がリブートされるにあたり、首藤剛志さんがかつて描いてきた、人間とポケモンの関係について、改めてそのテーマに正面から向き合って物語が描かれることになるわけです。

今回の映画で脚本にクレジットされている米村正二さんが、首藤剛志さんから続く劇場版脚本のバトンを引き継ぎ、「サトシにとってピカチュウとはどんな存在なのか」そして「ピカチュウにとってサトシがどんな存在なのか」という20年間当たり前だったことを再び見つめ直します。

原点に返ることによる効果は、ポケモンファンにとって懐かしいと思わせるだけではありません。『劇場版ポケットモンスターキミにきめた!』では、ポケモンをあまり知らない人にも、ポケモンという世界が何を描いているのか、非常に汲み取りやすい仕組みを生み出してくれているのです。

(C)Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku (C)Pokemon (C)2017 ピカチュウプロジェクト

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS

  • tomo
    4
    記録✍️ 懐かしかった。
  • ひろぽん
    4.4
    劇場版『ポケットモンスター』シリーズ20作目 マサラタウンに住む少年サトシは、10歳になるとポケモントレーナーとして旅に出ることができるので、その日を楽しみにしていた。オーキド研究所でポケモンを貰える旅立ちの日に大寝坊した彼は、残っていた人間に懐かないピカチュウを受け取ることになる。ことあるごとに衝突するサトシとピカチュウだったが、次第に絆を深めていった彼らは、伝説のポケモン・ホウオウに出会うためテンセイ山を目指していく、サトシとピカチュウの出会いと絆を描いた物語。 初期アニメの1話をアレンジした完全オリジナルストーリー。マサラタウンのサトシがピカチュウと出会い旅をして、伝説のポケモンであるホウオウに出会うまでのストーリーをIFの世界観で描いている。そのため、サトシの旅の仲間にタケシ&カスミがおらず、新しい仲間のソウジ&マコトが加わるというパラレルワールドの世界になっている。 ソウジとマコトはシンオウ地方の出身であるため、手持ちのポケモンがルカリオやポッチャマとカントー地方には存在しないポケモンが登場する。また、ライバルのクロスもルガルガンやガオガエンというポケモンを使うのでアローラ地方出身ではないかと思われる。 そして、エンテイ、ライコウ、スイクンも1箇所に留まらず転々と移動するポケモンなので、カントー地方の隣に隣接しているジョウト地方から移動して来たという辻褄が合う設定になっている。野生ポケモンは基本的には初代のカントー地方に生息するポケモンがメインで登場する。 冒頭のテレビに映る白熱したバトルでは、『ミュツーの逆襲』で登場したトレーナーのソラオとスイートのポケモンであるバーナードとクスクスがバトルする熱い展開から始まるからテンション爆上がりだった! ピカチュウとの出会い、オニスズメの襲撃、捨てられたヒトカゲ、バイバイバタフリーなどの感動のエピソードを交わえながらのストーリーはやっぱり胸にグッとくる熱くなるものがある。 虹色の羽を広いホウオウに会いに行こうとするところからの『めざせポケモンマスター』の20th Anniversary ver.が流れるシーンは心震えるくらい良かった🪶 ポケモンの赤緑などのゲームをプレイしたことある人なら分かるであろう劇中のBGMは懐かしさを感じる。エンディングの『オラシオンのテーマ ~共に歩こう~』は『ディアルガVSパルキアVSダークライ』の歌詞のなかった『オラシオン』の曲に、『七夜の願い星 ジラーチ』で『小さきもの』の主題歌を歌った林明日香に歌わせるという細部までこだわられている。10周年記念の曲を10年後にアレンジするという粋な演出! 自分が正しいと思っていたサトシが、間違っているクロスに敗北を喫してどんどんネガティブな感情が高まり、最初にピカチュウを選んだことを後悔するシーンは切なかった。 そして、マーシャドーの見せる悪夢の白黒世界に現実世界を登場させたのも新たな試みでびっくりした。マーシャドーもそこまで必要に感じなかった。 終盤のサトシとピカチュウの恋人同士のような“愛”には感動した! ピカチュウが喋ったように見える演出も、当初ニャースのように話す予定だったピカチュウが、大谷育江の表現力によって不必要になって没になったモノを体現したかったのだろうと感じた。もしもの世界観だから何でもあり。 この作品以前の年々低迷する興行収入に終止符を打つべく一新させた挑戦が良かったと思う。初代のポケモンから離れた世代を引き込み、子どもから大人まで楽しめるのがイイ。エンドロールの細部の演出までこだわり抜いた制作陣の本気が感じられる作品だった。本当に細かい部分まで見ると新たな発見があるから面白い。20周年記念にふさわしい作品。ポケモン映画の中でも1番好き!
  • m
    -
    記録
  • なっち
    3.6
    2023.02.03 1本目
  • kanaco
    3.5
    サトシとピカチュウの出会い、成長と絆について初期アニメのエピソードをベースに新しく描き直したIF物語。大人=「ポケモンを卒業したかつての子供たち」が見ることを意識している作品かなぁ🤔挫折と和解を繰り返しながらポケモントレーナーとして成長していく過程が96分の中に凝縮されていたと思う😌(140文字) ****以下ネタバレあり&乱雑文**** ◆あらすじ◆ 「ポケモンと共存する世界」にある小さな町マサラタウン。その町では10歳になるとポケモン研究家のオーキド博士から初心者用ポケモンのヒトカゲ・ゼニガメ・フシギダネのいずれか一体をもらい、ポケモントレーナーとして旅立つ習慣があった。マサラタウンで暮らす少年サトシは10歳になった旅立ちの日、寝坊して遅刻してしまう。ヒトカゲ・ゼニガメ・フシギダネは他の新人トレーナーの手に…。残されていたのは、見た目は可愛いが、モンスターボールに入らず人に懐こうとしないピカチュウだけ。サトシはピカチュウと共に旅立つが、言うことを聞いてもらえず…。 ❶サトシとピカチュウの出会いと絆を再び描くIFストーリー サトシとピカチュウの出会い、成長と絆について、初期アニメのエピソードをベースに新しく描き直したIFストーリー。23年前にアニメに親しんだ世代に刺さるよう、大人…それも「ポケモンを卒業したかつての子供たち」が見ることを意識したような、“エモーショナル”を引き出すことに力を注いだと思われる作品。私自身、アニメは初期の方で離脱したため懐かしかった。 私が知っているサトシ…つまりワガママで少々傲慢・無鉄砲だが、根性があってポケモンに対して真っすぐと向き合おうとする未熟な少年が、挫折と和解を繰り返しながらポケモントレーナーとして成長していく過程が、96分の中にうまく凝縮されている作品だと思った。 舞台がカントー地方になるので、サトシの手持ちや野生ポケモンは基本的に赤緑青。伝説ポケモンはもうすこし距離をのばして金銀。ただ、サトシの周りに集まっているトレーナーたちが他の地方出身のため、数は少ないがサンムーン世代までのポケモンたちも出てくる。数は圧倒的にカントー地方勢が多い。 個人的には、今の第9世代までで1000種類以上のポケモンがいるが、その中で一番私が好きなレントラーが出てきて感激😆💕初めてアニメで動いている姿をみたのでテンションあがったが、すぐに「あれれ~…」という展開になったので、しんみり…。 ❷美しい風景とキャラクターアニメの調和が良い! 作画がとても美しくてビックリした。直近で鑑賞したのが2006年「ポケモンレンジャーと蒼海の王子マナフィ」だったが、こちらも画はキレイだったものの、どうしても平面的になるキャラクターアニメーションと水や無機物のCGっぽい表現が分離しているように見え、世界観が合致して見えなかった。本作は、風景とキャラクターのアニメーションが見事に調和していて、世界観が出来上がっており感激してしまった。自然の描き方が凄く綺麗。映画館でこの雄大な風景をみたら気持ち良かっただろうなぁと思った。 また、戦闘の描写も勢いがあって良かった。例えばトレーナーが技名を叫んでその技をポケモンが繰り出すのは分かりやすいが、そうではない戦闘時の動きや野生ポケモンの攻撃についても、解説がなくても「あの技かな」と理解できるところが特に良かった。 ❸相棒ピカチュウの可愛らしさ、これに尽きる 本作でもう一度描かれる、サトシとピカチュウの出会い、ヒトカゲとトレーナーの関係、バイバイバタフリーは23年前に見ていたはずだが、その頃のピカチュウの表情や動きがこんなにもクルクル・コロコロと豊かだったかは覚えていない…。少なくとも本作は、ピカチュウのしぐさや声がとびきり可愛い。20年以上主役を張ってきた男の唯一無二の相棒であり、商業的な意味合いでもポケモン界トップアイドルとして第一線を走り続けてきたピカチュウさんの貫禄を感じた…👏😭 終盤のピカチュウの「それ」はなかなか賛否両論で意見が分かれるところではないだろうか…。私としては解釈不一致。それは禁じ手だと思う。ただ、これは確実に「サトシだけが理解したもの」だったのだろうからエモーショナルであることは肯定できるし、これはあくまでIFストーリーなので、映画の演出として有といえば有かなぁ🤔 ✨🐝「それにしても、ホウオウさんは懐の深いお方だった…。そして、オコリザルの怒りかたが何回見ても独特すぎる…。エンディングの演出は中々粋だったと思います。ところどころ、結局何が起きたのかよく分からないところはあったのはちょっとマイナス…。初期アニメの思い出を刺激することに注力したポケモン映画といった感じでした🤭」
劇場版ポケットモンスター キミにきめた!
のレビュー(14015件)