【独身禁止の世界?】恋愛下手の男子から学ぶ!失敗ばかりする男の4つの特徴

映画観て、絵描いて、ハイッ!

フクイヒロシ

独身は禁止であり、独身のままだと動物に変えられる世界を描いたシュールなコメディ映画がロブスターコリン・ファレル主演で、第89回アカデミー賞脚本賞候補にもなった隠れた名作ですよ。

独身者は施設に入れられて、そこで45日以内に新たなパートナー探しをしなければなりません。失敗したときに変身させられる動物は自分で選ぶことができます。大抵の人は犬を選ぶので世界に犬が増えている、とのことです。

セクシースターのコリン・ファレルがお腹ポッコリの非モテ中年に扮して、妻と別れてこの施設に入れられ新たなパートナーを探すべく奮闘する姿が悲しくも可笑しい

意中の相手に近づくためいろんな技を駆使しますが、どれも裏目に出そうなものばかり…。 やりがちな失敗例の数々が羅列されていますので、恋愛下手男子のフリ見て我がフリ直していきましょう!

1.無理して相手に合わせちゃう

r1

最初はいいけど、あとで無理が生じて破綻をきたしますからね。

 

2.タイプじゃない人は雑に扱っちゃう

r2

たぶんモテ男って誰に対しても優しくできるんでしょ。石田純一さんみたいに。

 

 

3.いつも男友達といる

r3

漫画「東京タラレバ娘」にもありましたね。〝もし結婚したいなら〟女子会をちょっと減らしたほうがいいんじゃない? と。

 

4.相手が興味のない話をずっとする

r4

これは気をつけたい…。好きな映画聞かれて「『ラースと、その彼女です。え、知らないんですか?主人公がダッチワイフに恋する話で…」とか延々と喋っちゃいけなかったんだ…。

【あわせて読みたい】

ライアン・ゴズリングが人形と恋する? ハートフルコメディ映画『ラースと、その彼女』を紹介!

【まとめと注意】

人気英国俳優のベン・ウィショーが〝足の悪い男〟という役名で出ていますよ。モテモテ俳優だけにすぐにパートナー見つけますが、鼻血がウソだとバレたらヤバイ(コリン・ファレルはそのウソを知っている…)。

そこにキングコング: 髑髏島の巨神で影の主役だったジョン・C・ライリー(役名:滑舌の悪い男)が加わり、コリン・ファレルと3人で結託しつつもそれぞれの思惑がぶつかり合ってサスペンスな展開に…。

こんなことやっておきながらなんとラストには深い深い愛の物語になるという、本当に異色のシュールコメディです!

突飛な設定のようですが、現実でも独身者は肩身狭いですしね。ある意味脅迫のように結婚を勧められるわけですから現実もこの映画とさして変わらないのでは?

ちなみに「なんか恋愛映画らしいょ♪」ってカップルでこの映画を観たらすごく変な空気になると思うので是非そうしてください。ただ、R-15ですので決して家族団欒のときに観たりしないように!

あわせて読みたい

43歳、オタク、女性経験ナシの北欧男から学ぶ本当の〝男らしさ〟の6つのポイント!
『ドント・ブリーズ』プロデューサーが放つ戦慄ホラーをオンライン映画館で
今週公開/新作レンタルおすすめ映画10選 《人気漫画の実写化公開他》
作り物じゃない愛に溢れた『ギフト 僕がきみに残せるもの』を多くの人に観てほしい理由とは?
【DVDプレゼント】『ラ・ラ・ランド』他各国で評価の高い映画をご紹介!Filmarks×映画美食宣言

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • ショウキ
    4.5
    2019年288作目(再視聴) フィクションの中のノンフィクション。 ネタバレ嫌な方は、飛ばしてください。 結局のところみんな自分が好き。 ひとつになる必要はなくて認め合えばそれでいいのに、 キスしながら唾を吐いてるようなそんな世界。 明らかにフィクションのように、 滑稽だな~と思いながら観ていたら大変、 本作は僕らに射られた大きくて辛辣な風刺の矢です。 メインであるコリンファレルとレイチェルワイズを、 二つ目のディストピアの中で繋ぐ共通点は「近視」です。 コリンファレルはレイチェルワイズと話した男性が、 近視かを確かめに行くシーンがあります。 それは他の男性も近視だと共通点が被ってしまうから。 そんな脆い共通点(運命)を信じ、二人は惹かれ合います。 そして終盤、レイチェルワイズはあることで、 「近視」から「盲目」になってしまいます。 脆く儚い共通点が消えてしまった二人はどうなるのか。 相手の愛に寄り添うか、自分の愛を貫くか。 ラストシーン。 あの暗闇はどちらの暗闇だったんでしょうか。 愛って一体何なんでしょうか。 2018年104作目 メタファーのクセがすごい。 独身は罪っていうディストピアの中で、 独身の男女が大勢、ホテルにほぼ缶詰にされ 45日間以内にカップルにならなければ、 別の動物に変えられてしまう。そんな設定。 基本的にそのホテル内では、 共通点があるもの同士が惹かれ合う。 性格や価値観が合うってやつ。 ストーリーが進行していくにつれ、 無理に相手に合わせようとすると自分が苦しい、 逆に共通点が多い、強い人を探し過ぎると 結局いつまでも相手が見つからない。 現実でも良くあることをうまーく見せてくる。 しかも皮肉たっぷりに。 そして、主人公もその餌食に。 主人公は逃げ出す。 そんな主人公がたどり着いたのは、 結婚もキスすらも許されない独身しかない森。 しかし、そこでも彼は恋をしてしまう。 しかも、近視という共通点で。 世界観のクセがすごい。 ラストシーンのクセもすごい。 ユーモアを超えてシリアス。
  • イトウモ
    2.2
    企画書の段階が一番面白い話だよ
  • WS
    4.0
    非常にシュールな映画だった。ただ不思議な世界を描いて終わりと思いきや、意外と視聴者に考えさせるシーンが数多くあり(特にオープニングとラスト)、示唆に富んだ作品となっている。観ていて『面白い』かと問われればNOだが、映画としての質が高いと感じた一作
  • kame
    3.6
    記録
  • 蟻子
    3.0
    変な映画。
「ロブスター」
のレビュー(11732件)