酸いも甘いもある人生のようなかき揚げ『歩いても歩いても』【映画を観ながら食べたいレシピ】

映画は人生のおいしいレシピ

さわのめぐみ

歩いても 歩いても

歩いても歩いても

おばあちゃんの家で過ごすある一家の夏休み。なんでもない日常の風景のはずなのにどこかノスタルジックな感情を抱く方も多いのではないでしょうか?

思い出の品や思い出の会話、ふとした時に両親の老いを感じるシーンなどとてもリアルに描かれています。映画『歩いても 歩いてもの中には、たくさんのおいしそうなごちそうが登場しますが、その中でも夏に試して頂きたいレシピをご紹介します。

苦味と辛味のとうもろこしのかき揚げ

歩いても歩いても

【材料】
<A 具材>
ともろこし 1本
ゴーヤ 1/2本
玉ねぎ 1/4個
パクチー 5本(苦手な方はなくてもOK)

<B てんぷらの衣>
薄力粉 40g
片栗粉 10g
ベーキングパウダー 小さじ1/2
水 60g
塩 ひとつまみ
揚げ油 適量

<C カレー塩>
塩 小さじ1
カレー粉 小さじ2

【作り方】
1 Aの具材を用意します。とうもろこしは芯から実を手でほぐします。ゴーヤは1cm角にカットします。玉ねぎは薄切りにします。パクチーはざく切りにします。
2 揚げ油を180℃に温めておきます。その間にBのてんぷらの衣を作ります。ボールにBのすべての材料を入れ混ぜ合わせます。
3 揚げ油が温まったらAの具材とBのてんぷらの衣を絡ませ、テーブルスプーンですくい、揚げ油の中に落としていきます。油がはねないように気をつけながら行っていきましょう。
4 ほんのりきつね色になったら取り出し、お皿に盛りつけます。カレー塩を添えて出来上がりです。

レシピの経緯

劇中にも登場するとうもろこしのかき揚げ。子どもや孫にたくさんの料理でもてなすおばあちゃんが作る料理はどれもお腹が空いてきます。その中でも印象的なシーンがこの「とうもろこしのかき揚げ」をつくるシーンですが、人生ってとうもろこしみたいに甘いだけではありませんね。ゴーヤの苦味とカレー塩のスパイシーさがアクセントの夏の味を提案しました。

【あわせて読みたい】

 大冒険をしたあの夏休み…『菊次郎の夏』思い出スイカサラダ【映画を観ながら食べたいレシピ】
 ほっこりお腹が空いてくる『かもめ食堂』の彩りごはん【映画を観ながら食べたいレシピ】
 ジャック船長も食べたかも?カリブ海のスパイシーなジャークチキン【映画を観ながら食べたいレシピ】
 【映画ファンのための真夏の祭典】カリコレ2017公開作品をオンライン映画館で
 作り物じゃない愛に溢れた『ギフト 僕がきみに残せるもの』を多くの人に観てほしい理由とは?

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • s
    2.0
    動画 ・う〜ん…是枝監督の映画何本か見たけど私は是枝監督の映画とあまり相性良くないっぽいw大体BGM化しちゃう ・前から思ってたけどYOU演技上手い!喋り方独特だけど味があって良い感じだった◎
  • happy299
    3.0
    どこにでもいる親族のどこにでもある話なんだろう 長男の死亡理由はどこにでもはないと思うけど、母親が亡くした息子を思う気持ちを吐露するにはうってつけのベースなのかな それぞれがテキトーにその場の話を合わせるけど、家族だから親族だからという甘えが含まれた辛辣な言葉が遠慮なく飛び交ったり テキトーに時間が過ぎていって、特に何も起きない 思い出補正なのか年寄りあるあるなのか、過去の出来事を語る時に人物の記憶が年寄りに都合よく入れ替わってる そんないい加減でテキトーな話を聞かされる当人はとても気分が悪い 嫁姑あるある←嫁として観て、めっちゃ胸糞 まぁ、自分はどちらの立場にもなることがないのでカンケーないけど この映画を見て里帰りをしたいと思った人は、きっと親にたっぷり当たり前に愛情を注がれて 実家という場所が当たり前にある人なんだろうね 樹木希林さんがレースを編みながら、静かに怒りと悪意を語るシーン 自分もレース編むけど、ホッソイ糸を裸眼で!とてもキレイな手で すっっごい優雅な動きで編んでいて見惚れたし、 それまでは普通に話してたのにサーっと表情が変わって、怒りを抑えきれなくて体が震えてニッコニコになるのよくわかる 樹木希林さんのこういう芝居が大好き
  • ジェイ
    3.8
    [感想・あらすじ] ある田舎の一家の話。別に大きな事件が起こるわけでもなく、いわゆる家庭という日常が繰り広げられる訳だが、面白い。昔似たような雰囲気の「東京物語」という作品を見たが、その時は至極つまらなく感じた。今またもう一度、見てみたら何かが変わっているだろうか。 15年前、水難事故で死んだ長男のお参りに田舎へ帰る良太・その妻のゆかり・連れ子のあきら。田舎では医者をやめた父と母がいて、姉のちなみ一家が帰ってきている。ここにいる人々が実によく練られたストラクチャーのもと、対話と反発をおこし、物語になっていくのだ。別に綺麗事で終わらせてはいない。物事なんて解決しないことの方が多い。それでも何かを学び、何かを受け継いでいくのが人間ではなかろうか。
  • MJJM
    3.9
    樹木希林の狂気
「歩いても 歩いても」
のレビュー(7756件)