酸いも甘いもある人生のようなかき揚げ『歩いても歩いても』【映画を観ながら食べたいレシピ】

2017.08.10
映画

映画は人生のおいしいレシピ

さわのめぐみ

歩いても 歩いても

歩いても歩いても

おばあちゃんの家で過ごすある一家の夏休み。なんでもない日常の風景のはずなのにどこかノスタルジックな感情を抱く方も多いのではないでしょうか?

思い出の品や思い出の会話、ふとした時に両親の老いを感じるシーンなどとてもリアルに描かれています。映画『歩いても 歩いてもの中には、たくさんのおいしそうなごちそうが登場しますが、その中でも夏に試して頂きたいレシピをご紹介します。

苦味と辛味のとうもろこしのかき揚げ

歩いても歩いても

【材料】
<A 具材>
ともろこし 1本
ゴーヤ 1/2本
玉ねぎ 1/4個
パクチー 5本(苦手な方はなくてもOK)

<B てんぷらの衣>
薄力粉 40g
片栗粉 10g
ベーキングパウダー 小さじ1/2
水 60g
塩 ひとつまみ
揚げ油 適量

<C カレー塩>
塩 小さじ1
カレー粉 小さじ2

【作り方】
1 Aの具材を用意します。とうもろこしは芯から実を手でほぐします。ゴーヤは1cm角にカットします。玉ねぎは薄切りにします。パクチーはざく切りにします。
2 揚げ油を180℃に温めておきます。その間にBのてんぷらの衣を作ります。ボールにBのすべての材料を入れ混ぜ合わせます。
3 揚げ油が温まったらAの具材とBのてんぷらの衣を絡ませ、テーブルスプーンですくい、揚げ油の中に落としていきます。油がはねないように気をつけながら行っていきましょう。
4 ほんのりきつね色になったら取り出し、お皿に盛りつけます。カレー塩を添えて出来上がりです。

レシピの経緯

劇中にも登場するとうもろこしのかき揚げ。子どもや孫にたくさんの料理でもてなすおばあちゃんが作る料理はどれもお腹が空いてきます。その中でも印象的なシーンがこの「とうもろこしのかき揚げ」をつくるシーンですが、人生ってとうもろこしみたいに甘いだけではありませんね。ゴーヤの苦味とカレー塩のスパイシーさがアクセントの夏の味を提案しました。

【あわせて読みたい】

 大冒険をしたあの夏休み…『菊次郎の夏』思い出スイカサラダ【映画を観ながら食べたいレシピ】
 ほっこりお腹が空いてくる『かもめ食堂』の彩りごはん【映画を観ながら食べたいレシピ】
 ジャック船長も食べたかも?カリブ海のスパイシーなジャークチキン【映画を観ながら食べたいレシピ】
 【映画ファンのための真夏の祭典】カリコレ2017公開作品をオンライン映画館で
 作り物じゃない愛に溢れた『ギフト 僕がきみに残せるもの』を多くの人に観てほしい理由とは?

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • 怒髪猫なんじゃった
    4.0
    樹木希林さんの追悼の意味合いから、録り貯めたDVDからチョイスして久しぶりに観ました。 2014年7月3日にBS放映されたものを録画しておいたものです。 是枝裕和監督の家族物語の映画です。 家族の中心は母親(樹木希林)です。 長男の法要に集まる、次男家族、長女家族が実家に集まり過ごす二日間の物語です。 私も、亡き義母であるカミさんの母親を思い出して観てました。 居間と仏間を開けて長机を二つ並べて、ご馳走を沢山作って私達家族、カミさんの妹家族と集まり、わいわい賑やかに過ごした事を想い出して、心疼くものがありました。
  • TOT
    4.0
    お盆に集まる家族、丁寧な暮らしの描写。 混ぜご飯、パックで作る麦茶、お風呂場のタイルの割れ、部屋に迷い込んだ蝶に亡き人を重ねる。 限りなくリアルに見える描写を重ねて作り出す虚構の強度が高い。 ‪「いつもこうなんだよな。ちょっと間に合わないんだ。」 樹木希林さんが亡くなられた今、この台詞が宙に浮いている。
  • ヒルコ
    3.2
    「夫の母親」って、リアルにあんな感じ。笑顔に含ませる敵意を隠さないと言うかなんと言うか・・・たぶんどこもそうかもしれないよね。どこにでもある風景が本当に怖い映画でした。
  • KaitoOta
    5.0
    たまたま手に取ったのが この映画のDVDだった。 見なきゃ!と思った。 家族写真を撮る前の ぞろぞろと集まるシーン。 あれはえぐい。 息子を失った辛さを少し語る希林さんのあの芝居も、えぐい。 凄まじい。 本当に、とても大切な人を失ってしまった。 人は終わりがあるから、美しい。 それはそうかもしれぬが、やはり、もっと樹木希林さんの映画を見たかった。 どうか、安らかにお眠りください。
  • 映画太郎
    4.4
    【 おばあちゃん ち 大好き 】 【 あら、惜しいわね おばあちゃん ち が、つかなきゃ もう一本 アイス おまけしたのに 】 これ、希林さんの アドリブじやないかなぁ 希林さんが ふつうにいいそうな感じ 笑わない王子【あつし】 死んだパパと 新しいパパ(良多) 新しいパパを 良ちゃんと呼ぶ どうしても パパと 呼べない 新しいパパである 良多 良多 には 兄がいた 兄は 人を助けて 自分が死んだ 父や母は 何年経っても ずっと それを 引きずっている 【 比べるなって 言ってんだよ! 人の人生を】 お墓まいりで見つけた 黄色い蝶々 母は それを 死んだ息子の生まれ変わりだと思い、 【 あつし 】は、昔 パパと捕まえたのと 同じ蝶々だと思う 【 死んじゃってもね いなくなっちゃうわけじゃないのよ パパもちゃんといるのよ あつしの中に あつしの半分は パパで 半分は ママで できているんだから 】 【 じや、良ちゃんは ?】 【 良ちゃんは これから 入ってくるのよ じわじわ と 】 【 あつし】君は、こっちの家族と あっちの家族を 繋ぐ 黄色い蝶々 樹木希林さんに 哀悼の意 を込めて 鑑賞しました
「歩いても 歩いても」
のレビュー(6642件)