「B級映画」の本来の意味って?〜曖昧になってしまった表現を考える~

ハットを被ったドールホラー愛好家

Nekubo

こんにちは! Nekuboです。

DVDスルー、DVDダイレクト、Z級映画etc.

みなさんは、これらの言葉を聞いたことはありますか?

1895年にフランスのリュミエール兄弟によって「シネマトグラフ・リュミエール」が公開されたことにより始まったとされる映画の歴史は、時代の流れとともに語り継がれ、“映画”という存在そのものは人々の娯楽の一つとしてその存在を確立し、現代にいたるまで映像技術の発展とともに更なる進化を続けています。

サイレント映画、トーキー映画…時代は進んで特撮映画、VFX映画、3D映画など、映画における映像技術の進歩とともに、ある一定の条件を満たした映画のことを指す言葉が生まれたこともご存じでしょうか?

それが「ブロックバスター映画」や「ローバジェット映画」、そして「B級映画」という言葉たちです。

ブロックバスター映画(Block buster movie)とは、億を超える予算をかけて製作され、大規模で宣伝をする映画のことを指します。ローバジェット映画(Low budget movie)とは、読んで字のごとく、低予算(=Low budget)で製作された映画のことを指します。

そしてB級映画とは…

B級映画の本来の意味

映画ファンのみならず、誰もが一度は聞いたことがあるであろう「B級映画」という言葉ですが、近頃、その言葉の意味や定義が曖昧になってきていると感じています。

B級映画の“B”とはなんでしょう? 何を基準に「B級映画」というレッテルを貼るのでしょう? そもそも、いつごろからこの言葉は生まれたのでしょうか?

「B級映画」という言葉が生まれた歴史を辿ってみると、それは1930年代にまでさかのぼります。

30年代から50年代にかけてのアメリカの映画史において「低予算・短期間・限定的上映時間」という非常に限られた枠組みの中で、いわゆる大作映画A級映画の二本立て興行における添え物として製作された映画を“B-Movie”あるいは“B-Pictures”と呼んでいました。

つまり、その和名を「B級映画」としていたのです。

現代におけるB級映画とは?~言葉の汎用性の高さと危険性~

先述したように、現代における「B級映画」という言葉の定義は非常に曖昧なものになってきています。それはある意味で仕方のないことなのかもしれません。

そもそものB級映画には、大作映画の二本立て興行における添え物としての立ち居地があったのにも関わらず、現代においては二本立て興行というものがほとんど無いことが「B級映画」という言葉の使い方を曖昧なものにしてしまったのではないでしょうか

映画の興行形態の変化とともに本来の立ち居地を失ってしまったはずの「B級映画」という言葉が今でも使われていることは、どことなく理解されている人も多いと思います。そこには言葉そのものの汎用性の高さがあるからなのでしょう。

実際に数年前の私も「B級映画」という言葉を多用していました。どのような映画を指すときに用いていたかといえば、いわゆるアルバトロスやトランスフォーマー(会社名)がソフトをリリースしているようなDVDスルーの映画です。

その映画の持つイメージだけを膨張したかのような、実際の中身とはかけ離れたジャケットのデザインが特徴的なモンスター映画やホラー映画のことを「B級映画」と呼んでいたように記憶しています。

実際、その当時はそういった映画の類を「B級映画」とする風潮もどことなくあったような気がします。

そこに関しては現代においても変わらないように感じています。やはり今でもDVDスルー映画や、書店やホームセンター等で買えてしまうワンコインのDVDをB級映画と紹介したり、呼んだりすることは多く見かけますから。

あくまで個人が映画を観て、その映画のことを「B級映画だ」と評したり紹介することにNO! を突きつける気は毛頭ありません。何かを表現することは個人の自由であり、個人の表現を奪う権利は誰にもありませんから。

しかし、「B級映画」という言葉を用いて一つの映画を紹介するのならば、その言葉の持つ本来の意味や歴史を考える必要はあるかと思います。

なぜならば、あなたが「B級映画だ」と評したその映画の作り手は、必ずしも「B級映画」として作っているわけではないからです。

世の中には「自主製作映画」というものがあります。基本的に自主製作映画とは、あくまで個人が個人の力だけで予算と人をかき集めて撮る映画のことを指します。つまり、必然的に低予算で製作されるものがほとんどです。

こういった自主製作映画も「あくまでB級の範疇だ」とか「B級映画としておもしろい」などと評されていることが多くあります。

「自分が撮る映画に出資してくれるような会社はないけれど、それでも自分が面白いと思ったアイディアを盛り込んで、熱意をもって映画を撮りたい!」

そういう想いの中で、個人が会社や学校へ通う合間をぬってコツコツと、何年もかけて製作した映画をいとも簡単に「B級映画」と呼んでしまってよいのでしょうか? それは失礼に値するのではないでしょうか?

もちろん、自主製作映画やそうでない映画の中には、あえて「B級映画」と呼ばれるように作り手が意識して撮っている映画もあります。しかし、その場合の映画の作り手はあらかじめ「これはB級映画のように撮ったんだ」と明言していることがほとんどです。

そうでない映画のことを…、それも時間と労力と熱意をもって撮られた自主製作映画のことを、本来は二本立て興行の添え物としての意味を持つ「B級映画」という言葉を使って評してしまってよいのでしょうか?

映画が安っぽければ「B級映画」、潤沢な製作費をかけていてもストーリーが安っぽければ「B級映画」、怪物やエイリアンが出てくれば「B級映画」等々…。

「B級映画」という言葉の定義や本来の意味が曖昧になってしまったことで、同時に汎用性も高まり、便利化してしまったことは少し問題のような気がします。そしてなにより、安直に使ってしまうことの危険性というのも考えていくべきではないでしょうか。

好きだからこそ表現には気をつけたい。~次号にむけて~

現在、私は「B級映画」という言葉を一切使わないようにしています。理由はすべて先述したことに尽きるのですが、実はある一連の映画群を観るようになってからは自然とこの言葉を使わなくなったのです。

その一連の映画というものが、いわゆる日本におけるDVDスルー映画です。もちろん、その中にはローバジェット映画や自主製作映画も多く含まれています。

多くの人々はビデオレンタルショップを利用されていると思います。なにか映画を観たくてTSUTAYAやゲオに足を運び、そこで『アルマゲドン20××』だとか『~シャーク』という映画のジャケットを見かけたことはありませんか?

そういう作品の大半は日本の映画館ではかけてもらえないものばかりで、それを「DVDスルー映画」や「DVDダイレクト」と呼ぶのですが、私はそういった映画に言い知れぬ魅力を感じてしまい、すこぶる大好きなんですね。

明らかに嘘八百なあのジャケットの画…ワクワクしませんか?

brock buster

学生時代の私が某ビデオレンタルショップでアルバイトをしていた時は、よく仕事をしながらお客様の声に耳をそば立て…「なにこれ!? 観たいけど絶対につまらない!」「パクリじゃん!」という声を耳にし、悔しい思いをしていました。

こういった作品群こそ「B級映画」と呼ばれてしまう筆頭だったりするのですが、ジャケットだけで判断せず、要らぬ先入観などは捨てて映画を観てみれば、実はその中にも非常に優れた映画が紛れ込んでいたりするのです。だからこそ、私は「B級映画」という言葉を自然と使わなくなったのです。

DVDスルー映画が好きだからこそ、映画そのものが好きだからこそ、安直に使ってはいけない表現や言葉があります。

「B級映画は褒め言葉だ」なんて言う人も中にはいますが、そんなものは独りよがりに過ぎません。

好きなものを自分の言葉で表現し伝えることは楽しいですし、大切なことでもありますが、間違った表現を用いてしまうことで、そのものにとって失礼に値してしまうこともあるということは、頭の片隅に入れておきたいですね。

というわけで、次号より本題に入っていきたいと思います。

手始めに…DVDスルー映画の中身はともかく、嘘八百(かもしれない)ジャケットのデザインに魅了されてみませんか? 大作映画のパクリのようなジャケットの面白さや、なぜか本編にはないスケール感満載のジャケットの魅力をご紹介いたします。

こんな映画のはずじゃなかった! と言わしめてしまうものが大半といえるDVDスルー映画のジャケットですが、その魅力に取りつかれてしまえば「こんな映画のはずじゃなかった!」がむしろ幸せになってきます。

それでは、また次号でお会いしましょう。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • SharKei
    1.2
    カレーライスを食べながらの観賞がお勧め。
  • ひどぅん
    2.5
    "パンツから飛び出した尻が怪物となり人類と視聴者を恐怖のドン底に陥れる"という救いようのないストーリー タイトルを読んで"くだらねぇなぁ"と思って実際に見てみると"うわ、本当にくだらねぇじゃん“となりました もう"尻怪獣"なんて単語を思いつくだけで頭おかしいのに、マジで尻が襲ってくるんだからどうしようもない かの名作『モスラ』を茶化しているのは日本人ならすぐに分かりますが、まさかのザ ・ピーナッツまで茶化した双子のアジア系姉妹が登場したのはビックリ イスラム系の男が情けない声を上げながら肛門に突入して糞まみれのままライターを着火して自爆して一件落着という退治方法は不謹慎を通り越して滑稽極まりない 笑劇のラストも注目
  • blacknessfall
    3.5
    コロナのせいで今はBSや配信で映画観てるけど、TSUTAYAもGEOのレンタル店舗好きなんだよ。 ワゴンセールで得体の知れない映画やドマイナーなホラーとか買うのが特に好きで、そういうとこに落ちてるのは大抵普通につまらないんだけど、中には想像を越えたおもしろさを持った映画もあって、それをチョイスした喜びは格別なんだよ。 これがなければ『フロッグマン』や『新アリゲイター 愛と復讐のワニ人間』のようなズンドコ超怪作を知ることはなかったわけで笑 そんな気分を味わいたくなりワゴンセールからサルベージしたこいつを再鑑賞。 怪獣クラスのバカデカイ尻が街を破壊するというバカ映画だけど、出オチだけで終わらない楽しさが詰まってる。 ロス在住の陰キャの青年ウォルドがバカンスに来たメキシコのビーチで「尻食いウシカエル」に尻をレイプされ前立腺に毒が回り生命の危機に、ワンサムサキという日本人の医師の放射線治療を受け事なきを得る。しかし、数日後、ウォルドの尻はウォルドの元を離れ夜な夜な人を殺すように、やがて尻は怪獣並みに巨大化!尻怪獣アスラに変体する、ロサンゼルスは壊滅の危機に! というバカなところはあるけど尻じゃなければ王道の怪獣映画と言えるあらすじ。 かなりふざけているけど怪獣映画、特にゴジラを本気でリスペクトしてると思った。 放射線で巨大化凶暴化なのは定番だし、モスラのインファント島のミニ双子みたいな女性2人組がストーリーテラー的な存在で話の展開やキャラを例のモスラ~やモスラ~♪のメロディに乗せて歌う。他にセリフでゴジラ、ラドンの名前が出てきたり、かなり日本の怪獣が好きなのが感じられる。なんかあまりに安くふざけてるからバカにしてるようにも見えるけど、でも、リスペクトしてんだろうな笑 怪獣ネタ以外も頑張っていて、まだアスラが普通の尻サイズの頃の連続殺人を捜査する女刑事が自分が『羊たちの沈黙』のジョディ・フォスターだと思い込んでる精神疾患を持った設定で、あまりおもしろくない『羊たちの沈黙』のパロディがある。 2004年公開だからまだ911がデリケートな時期なのにビンラディンをモデルにしたアラブのテロリストが出てくる。これは正直やり過ぎたし、偏見を強めてるようでまったく笑えなかった。 なんか全体的冴えないみたいになってるけど、巨大化した尻が街蹂躙し人々を尻穴に吸い込んだり、大量のゲ○便を吐き出すシーンはファニーでバッドテイストでサイコー笑 それに事が起こるまでの退屈さを緩和するために、主人公ウォルドの妻の浮気が発覚したり、また妻がウォルドを毒殺しようとする本編に関係ないラインを入れてこれをブラックユーモアに仕立てる努力も嬉しい。 あと、ストーリーテラーの2人組の女性、彼女達の歌の歌詞がウィットに富んでいる。何気に一番力が入ってる気がした。やたらと出てきて歌うし、その出現も凝っている。エンドロールまで歌いっぱなしで、出演時間はウォルドの次に長いんじゃないかってぐらいになってた笑 エンドロールにも出てきた時、ちょっとウザいなと思ったとこで「私たちのこと出てきすぎとおもってるでしょ~♪」と歌ってきて、分かってやってるのかよ、と虚を突かれた笑 おそらく、自分が好きなもの、おもしろいと思ったことを無邪気にストレートに表現したんだと思う。ギャグ見せ方に楽しませたいってサービス精神を感じる。監督は人のいい映画好きなんじゃないかと思った。『サウスパーク』のトレイ・パーカーとマッド・ストーンぐらいセンスがあればもっとおもしろい映画になったんだろうな。
  • オシリンポ
    3.5
    小さい頃に見たい映画。クソ中のクソ映画だってことは覚えてる。また見たい
  • マツヲ
    -
    タイトル通りお尻の怪獣です。 モスラを意識した歌に始まり途中では『羊たちの沈黙』パロを入れる余裕っぷり。こいつぁいい度胸してやがるぜ。 ビーチで尻食いウシガエルにファックされた主人公 治療のため日本人(設定)に「核収縮棒」と言われる凶悪なものをケツ穴にぶち込まれると、ケツが1人で歩き出し人を襲い始めた!というもの 馬鹿だなぁ…しみじみ 今回は吹き替えで鑑賞したのですが、声優が無駄に豪華です。 アドリブも満載で楽しそうに吹き替えしてるのがたまらんですよ。 全体的に映像のクオリティは低く雑すぎるCGに合成感丸出しの人間 日本と言いながらHollywoodの文字が見切れてたりととにかくめちゃくちゃ 脳みその2%くらいしか使わずに作成したに違いない!! 続編作る気満々のエンドを迎え、次は金玉怪獣だ!! と楽しそうに終わるものの、続編が未だに作られてないところもまた好き。
尻怪獣アスラ
のレビュー(254件)