“Filmarksユーザー”町田啓太の映画愛が止まらない 『HiGH&LOW2』への想いと煌めきのワケ【インタビュー】

映画のインタビュー&取材漬けの日々是幸也

赤山恭子

劇団EXILEがノリに乗っている。2003年『渾身 KON-SHIN』で主演を飾った青柳翔は、その後も『サンゴレンジャー』、『たたら侍』など映画に出演し続け、劇団EXILEの顔とも言える存在感でチームをリードし、前クールで放送したTBSドラマ「あなたのことはそれほど」でひょうひょうとした態度で悪い男を好演した鈴木伸之といえば、現在公開中の『東京喰種トーキョーグール』で亜門鋼太朗役に抜擢され、鍛え抜かれた筋肉から見せるダイナミックなアクションで大きな注目を集めている。

そして、彼らと並んで劇団EXILEを盛り上げているのが、『HiGH&LOW THE MOVIE2 / END OF SKY』(以下、『HiGH&LOW2』)に出演している町田啓太だ。小さくて整った顔、筋肉質でスリムな肉体と、乙女心に火をつけるのに充分すぎるルックスを持ち、朗らかな笑みを絶やさない。一見ガツガツしたような男っぽさとは無縁な町田ではあるが、ふとした瞬間、『HiGH&LOW2』で演じたノボルのような「強さ」や「知性」などの煌めきをにじませる。「Filmarksユーザー」で、実はシネフィルな一面さえ持つ町田の素顔をより知るべく、根掘り葉掘り単独インタビューで聞いた。

HiGH&LOW2_町田啓太

――今日のインタビューはFilmarksで掲載されます。よろしくお願いします。

もう、僕も使っています、Filmarks! ずっと見ています。すごく面白いレビュー、たくさんありますよね。

――ありがとうございます。ご自分の出演作品レビューもご覧になります?

わからないんですけど、あったのかな(笑)? 自分のは全然見ていないんですよ。

HiGH&LOW2_町田啓太

――町田さんの使い方は?

新しい映画情報とか、まだ日本で公開前の作品でも海外で公開になっていたりすると、もうレビューがついているじゃないですか。一早く情報をキャッチできるので、Filmarksはありがたいです。

――普段から、かなり映画を観ていらっしゃるんですね。

そうですね、映画は昔から好きなんです。サスペンス、クライム、アニメ、ラブコメ……、ジャンルを問わず、気になったものはざっくばらんに何でも観ます。あとは韓流作品がすごく好きなんですよね。

――ノワール系ですか?

もちろん好きです。『友へ チング』、『アジョシ』、『悪魔を見た』とかも大好きですし、『猟奇的な彼女』とかも観ます。韓国の俳優さんは素晴らしいなといつも思います。脚本や物語もすごく面白いので、観入ってしまいます。大体「このアジアの映画は何だろう?」と気になると、韓国映画の確率が高いんです。このあいだ観た『哭声 コクソン』や『お嬢さん』とかもそうでしたね。気になりますねぇ~。

HiGH&LOW2_町田啓太

HiGH&LOW2_町田啓太

――ものすごい詳しいですが、もしかして、韓国進出を視野に入れています?

(笑)! いえ、進出は考えていないですけど、ご縁があったらいいなあ……とは思います(笑)。

――町田さんの出演作『HiGH&LOW2』についてお聞かせください。長く続いているシリーズですが、「いつまでやる」というのは知らされているんですか?

どうなるかは全然わからないです。ずっと続いていくんじゃないですかね(笑)? 逆に自分から「こういうのは面白そうじゃないですか?」と提案したら本当に通るかもしれないので、広がり方は無限大だと思っています。決められていないので。

――そうして演者さんの意見を取り入れて変わっていく現場は、なかなかなさそうです。

ないですね。設定の話は根本のところじゃないですか。そこから関わらせていただくのは、「HiGH&LOW」プロジェクトならではだと思います。普段の現場だったら、やはり「こういう役で、この作風で、これでやります」と言われて、もちろんその中で監督やプロデューサー、共演者の方々とディスカッションをします。ですけど、こんなに本当に最初のほうからずっと自分も参加して作っていくという環境は、僕はほかには経験したことがありません。

HiGH&LOW2_町田啓太

HiGH&LOW2_町田啓太

――演じているノボルは、山王連合会の中でも頭脳派ですが、町田さんに近しい部分はありますか?

自分に近いところもありますし、全然ないところもあったりします。HIROさんが「ノボルは町田をイメージして作った」とおっしゃっていたので、「そういうふうに思われているんだ、なるほど!」と。そう思っていただいているんだったら、その部分を膨らませて、ノボルに反映していけたらいいなと思ってずっとやっていました。

――実際、イメージで与えられた役を膨らませることで、魅力的な人物に仕上がっています。

でしたら、うれしいです。ノボルは感情の起伏もかなり激しいです。紆余曲折してきた過去があったので、すごく情けないところもあるし、意固地になって間違えたときもあったし……。トータル、すごく人間味がある役だと受け止めています。「人間はそういうところがあるな」と思うので、そうした幅の広い表現ができるのはすごくありがたいです。HIROさんはもちろん企画プロデュースなので、全部チェックしてくださって、全部観ていただているので、都度感想を言っていただきました。

――かけられた中で、印象的な言葉はありましたか?

ドラマのシーズン1の一番最後で、コブラ(岩田剛典)、ヤマト(鈴木伸之)、ノボルが感情的になるシーンがあるんです。「戻ってこいよ」と言われて、ノボルが山王に戻れるシーンなんですけど。HIROさんは現場にも見にいらして、「楽しみだ!!」と言ってくださっていて。あがりを見てからは、「ああいう熱い感じ、やっぱりいいね!」と言葉をかけてくれました。すごくうれしかったのと、ちょっとホッとしたのと、「よし、もっと頑張ろう」と気合いが入りました。

HiGH&LOW2_町田啓太

HiGH&LOW2_町田啓太

――「HiGH&LOW」は迫力のあるアクションも観どころでありながら、もう1軸では、友情や仲間との絆がしっかり描かれています。そこも魅力ですよね。

はい、そうですね。あのときのシーンも、僕らだけが感情的になるシーンだったんですけど、気がついたら後ろにいる(山下)健二郎さんや、山王メンバーのみんなが泣いていたんですね。それを見て「ああ、いいチームだ」と、しみじみ思いました。男くさい現場の中で、涙を見せるなんてことは、ほぼないじゃないですか。全員で「HiGH&LOW」のシーンを作っているんだなと、改めて感じられた瞬間でした。

――反対に言えば、近い立場の人たちと演技をしていることの照れはないんでしょうか?

ないですね。入るまではドキドキしたりもしますけど。僕よりも相手をしてくださるみなさんがすごく役を作ってきているので、違和感がないのかなと思います。本当に自分として普通に会話をしたり、ドキュメントのように「勝手にカメラを回すから適当にしゃべって」となると、相当照れてしまうと思うんです。

HiGH&LOW2_町田啓太

HiGH&LOW2_町田啓太

――『HiGH&LOW2』での印象深いシーンを挙げるとすれば、どこになりますか?

えっと……ネタバレにしかならないので、何も言えない……(笑)。想像していただきたいのが、新しいキャストが増えたので、彼らとノボルがどう絡むのか、です。今までにない組み合わせのシーンがあったりします。楽しんでいただけるポイントのひとつですし、アクションシーンも絡みがあるので、いろいろ想像しながら公開を楽しみにしてほしいです。言いたいことはたくさんあるんですけど、本当に言えないので……。

HiGH&LOW2_町田啓太

――ありがとうございました。最後に、現在27歳の町田さんは、「20代後半をこうやってすごしていきたい」という俳優としての思いはありますか?

20代のうちにしかできないことは、すごくたくさんあると思うんです。等身大でできる役や物語、作品に多く出会いたいです。30代になったときに、また違うところで挑戦していけるようになるためにも。「こういう作品がやりたい」とどんどん広がって、もしかして自分たちで作りあげていける作品ができたら、すごく楽しいのかもしれないと思っています。今のうちに、たくさんの経験を積んでおきたいです。(取材・文:赤山恭子/撮影:市川沙希)

映画『HiGH&LOW THE MOVIE2 / END OF SKY』は8月19日(土)より全国にて公開。

HiGH&LOW2
(C)2017「HiGH&LOW」製作委員会

【あわせて読みたい】
 『HiGH&LOW』の世界がよみうりランドに爆誕!この夏は“最強の夏祭り”を体験!!
 世界の映画祭で話題の『たたら侍』青柳翔×AKIRAが生み出した「JAPAN PRIDE」の可能性【インタビュー】
 かわいい顔して男前!『スパイダーマン ホームカミング』トム・ホランドに直撃!【インタビュー】
 ナチス「第三の男」暗殺を描く“もう一つの戦争”キリアン・マーフィ&ジェイミー・ドーナンが命を懸ける!
 【映画ファン必見】『ベイビー・ドライバー』がカーチェイス版『ラ・ラ・ランド』と言われるワケ

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • がりつぃあん
    4.5
    これを観たら全人類ホワイトラスカルズの女になります。
  • あーちゃん
    3.5
    WhiteRascalsの危機にSWORD全員が立ち向かうシーン胸熱だった😭はぁん、みんなかっこいい。
  • YTcrow
    3.0
    五つのチームがしのぎを削るSWORD地区。ある日、かつて警察官に暴力を振るい収監されていた悪名高いスカウト集団「DOUBT」のリーダー、林蘭丸(中村蒼)が釈放される。DOUBTはROCKY(黒木啓司)率いる「White Rascals」と深い因縁があり、勢力拡大をもくろむ蘭丸はプリズンギャングと手を組み、SWORDをつぶすために抗争を仕掛けてくる。 記録
  • ちゃっぴー
    4.0
    5チームそれぞれを最大限に 「「「魅せる」」」演出が整いすぎてて天を仰ぐ回数多すぎました たぶん日向はくそ生意気なガキが好きなので村山VS日向は決着つかないまま日向が折れたのでは?と思った、殺人鬼な林遣都もあいかわらず最高だぜ 今までの中では回想も少なめで見やすい。ストーリーもそこそこ出来ているのではぁ〜みたいな展開がない。とてもよい。 たぶん村山的にはSWORD協定はただみんな集まったら強い、集まろうみたいなノリだったと思う。鬼邪高と村山良樹好きすぎて大乱闘の登場シーン2回見た。村山良樹はほんとに、、、おまえさぁ、、、、 今回からコブラはコブラ先輩、RockyはRockyさんと呼ばせて頂きます。
  • 4.0
    ザワからハマり過去作一挙鑑賞中。 語弊があること承知で言うと、HiGH&LOWシリーズってインド映画なのでは、というのが今回の気付き。 1.なんかよくわかんねぇがすげぇアクション 2.がんがんかかる曲 3.ややこじつけ感のあるストーリー 4.魅力的なキャラ インド映画のそれでしょ。 ハマった理由がなんとなくわかった。 今までの劇場版で一番面白かった。 冒頭、各チームがそれぞれの曲とともにド派手紹介され、アクションブチかましてくれる。それだけでご馳走様ありがとう感謝。 鬼邪高のテェーーーッッってイントロでテンション上がらないわけがないんだ。村山さんほんとお前という人は。コブラちゃんのこと大好きだな。 あとルードの皆さんの戦闘スタイルすごい好き。飛び回りすぎだよ。妖精? 前半はUSB(USB)をめぐる追いかけっこ、後半はSWORD大集合、という感じでわかりやすく見せ場があったのが良かった。 USB剥き出しで持ち運びしてたときはどうしようかと思ったけどなんか途中からケースに入れてたので安心しました。あのケースもよくわかんないけど。紛失防止か? にしても村山良樹、凄まじい男だ〜〜〜沼。
「HiGH&LOW THE MOVIE2 / END OF SKY」
のレビュー(4203件)